01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

消費税を上げるべきか?、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

国民の生活が第一



    どうもkんにちは、


  さて、今日は、消費税を上げるべきか?、ということでも書いてみようかと思います、

  よく消費税は上げるべきだとマスコミはいう、しかしマスコミは嘘つきなので額面どおりには受け取れない、何か裏があるんじゃないか、そう思う人は多いと思います、

  というわけそんな話を書いてみると、


  それで消費税を上げるべきか?ということで、自民党や官僚、そういう利権に巣食う連中は挨拶の様に増税を言う、

  連中にとって増税は収入の増加ですから、利権の拡大のためには増税が一番いいわけです、

  それは国民からみれば逆になって、これ以上増税されたら死んでしまうと、そんな気持ちもわくわけですが、
  

  で、消費税を上げるべきかと客観的に考えてみると、現状で見る限りあげる必要はないでしょう、

  まず、消費税は社会保障に使われるといわれていますが、実際はそうはなっておらず、消費税を上げても社会保障には使われません、


  どういうことかというと、自民党や政府は消費税は社会保障のために使うといっていますが、確かに消費税は社会保障に入るのだけど、その分増えた予算は別のほうに行くので、消費税が社会保障に使われる様になった分、税金がほかの用途にも使われるようになり、実態としては社会保障には使われない様になっている、


  じゃあ消費税が社会保障に使われるのでなければ、財政再建に必要なのではという意見もあるが、

  消費税を上げると景気が急激に悪化するので、かえって税収が減るんですね、
 

  過去でも消費税を上げて景気が悪化した例や、税収が減ったこともあるので、消費税を上げて財政再建というのは間違いで、消費税は経済に与えるダメージが大きいので、財政再建に対しては役に立ちません、


  そもそも財政の問題は支出の問題であり、自民党のいうような100兆の公共事業や、海外でばら撒いている何十兆もの出費を考えると、消費税を上げたところで殆ど意味はないですから、消費税を上げても意味はないでしょう 


  消費税もそうですし、財政問題もそうですが、根本的な問題としてこの国の無責任さがあり、

  消費税を上げるのは、自民党や官僚の天下り先の税金を下げるためという意味が強く、知り合いの便宜を図るために増税しているのであって、私利私欲のためにやっている、


  財政問題もそうでしょ?、財政問題そのものはあるけど、役人も政治家も財政問題について全く考える事がなく、対策を打っていないのに財政問題を利用して増税だけはやる、


  大きく見れば復興予算の流用もそうで、あれだけのことをしたのにだれも責任を負わず、またその増税は復興のための言いながら、自民党や役人の懐に消えていたわけだから、同じようになる、


  消費税議論というものがあってもいいけど、日本はそれを議論できるレベルの国ではない、

  税金を使うならその支出問題を考えるべきだが、そういうことは一切しておらず、また、税制度は役人と政治家の利権で、特定の勢力の税収を下げることによって便宜を図る、そういう意味しかない、


  そしてそんな風にやっているから税金の目的もデタラメで、自民党は消費税を社会福祉に使うといっているけど、実際は公共事業に使うことはほぼ決まっていて、社会保障に使われる可能性はない、

  更に財政再建も、最初からする気がなく、そういって国民を騙して金を巻き上げようとしているだけだから、泥棒の屁理屈に過ぎない、


  消費税を上げるべきかといわれれば、税金の必要性そのものはあるかもしれない、財政問題や社会保障問題等はあるだろう、

  しかし、政府は財政問題も社会保障問題も対策をする気がないのだから、流用した復興予算とやることは同じなので、消費税を上げてもそれは役人と自民党の懐に消えるだけで、全く意味がない、


  更に消費税は経済や社会に対するダメージが大きいので、それによる社会問題や経済問題が発生し、それを全部政府は国民の所為にするだろうから、消費税を上げるたびに国が衰退することになる、


  日本という国は、デタラメに組み立てられた家みたいなもので、設計も何もしないままただ適当に作られたものですから、何かをしようとしてもまともな結果になることはない、


  税金を上げても、それが何かちゃんとした目的に使われるならばいいが、実態は政治家と役人の利権以外には使われることはなく、既得権を肥え太らさせるだけですから税金を払う意味がない、


  それは国家制度の問題であって、本来であれば国家は管というか通路みたいなもので、国民が何かを入れてそれが返ってくるもののはずが、

  日本は中が腐りきった底無しブラックホールになっているから、入れたものが亜空間に飛んで、何も返ってこない、


  消費税議論というのは、この国の形の問題であり、日本が異常な国であるから、議論がおかしくなるという性質がある、

  例えばいま自民党は税収が足りない、だから増税だといっているが、安部のやつが外遊するたびに数千億や、数兆の金をばら撒いている、それだって税金で、そうやってばら撒いているから税金が足りないのに、そういうことは一切考えない、


  この国は狂った国で、物の良し悪しを考える能力がなく、国民を騙して権力を拡大しようという、そういう考えしかない、

  だから消費税に関しても、マスコミや政府のいっていることはほぼ全て嘘だし、ただ単に税金を上げて自分らが豊かに暮らしたいというだけで、国の形をなしていない、


  消費税を上げたければまず国の形を変えるべきで、いくら金を注ぎ込んでもそのまま食っちまうような国では無駄になりますから、国の形を変えることを優先する必要がある、


  とはいえそれはかなり難しいわけですが、ともかく、自民党は消費税を上げようとしている、民主党もそうやっていたが、三党合意を完全に無視して増税しようとしているのだから、自民党が単独でやっていると見るべきだろう、


  そしてその消費税のアップですが、自民党がいう社会保障への補填は実は全くしないので、消費税は公共事業に使う予定ですうから、消費税は自民党の交遊費に消えると思っていい、


  更に、財政再建と自民党や役所はいっているが、日本政府には財政再建プランはなく、財政再建をする気はないですから、税金を払っても無駄で、

  たとえ税金を払っても、安部のやつが海外に行くたびに数千億や、数兆をばら撒いてしまうから、全く意味がない、

  今の自民党は海外利権をあさるのが主流なので、そうやってばら撒いた金を後で回収しているようだけど、そういう利権のための増税にしかならないので、自民党のいう増税には全く意味がない、


  この国はまともな国ではないので、税金を払ってもまともに使われることはなく、また、税金を払うべしという理屈も全て嘘なので、国家とは詐欺の一種だと考えて、日本政府が消費税というのならば、泥棒がまた来たくらいに思っておけばいいです、




リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



TPP 黒い条約 (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



バブルの死角 日本人が損するカラクリ (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



真説! 小沢一郎謀殺事件
クリエーター情報なし
ビジネス社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR