01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

変動株式と左翼安部と汚染うなぎと盗聴アメリカ、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

国民の生活が第一


    どうもこんにちは、


  台風が来るらしいですね、台風=梅雨みたいな事を天の神様が考えたのかもしれませんが、最近の気候はインスタントです、


  さてそれはいいとして何か起きているかな、ふーむ、今日はあまりネタがなさそうだが、では株がまた乱降下しているので、それについて書いてみると、

  一昨日株価上がって、安部政権の成果だ、GDP成長4%の成果だとマスコミは騒いでいたのですが、

  次の日には暴落し、今日も暴落している、気流に突っ込んだ飛行機のように蛇行を繰り返していますけど、


  何故こうなっているかというと、相場の独特の癖が要因になっています、

  今の相場は、4月以降株価が急激に上がりましたが、その多くは外国人による株買いで、そしてその理由は円安だったんですね、

  つまり外国から見れば円安は株が下がることなので、円が10%安くなれば株も同じくらい安くなるので、海外から見れば一割引で買えるわけですから、どんどん買いが入った、


  それが5月くらいまで続いたのですが、その相場を見ていると一つ見えるものがあって、

  それは外国人の買い以外は全部売りしかなく、通貨安で買っている外国人以外は誰も買っていなかった、

  例えば銀行とかそういうところも全部売りで、個人も売りだし、日本国内で株を買っていた人は全くいなかった、

  だから今の相場は、通貨安による株高しか起きていないので、円高になると簡単に暴落するのです、


  それが株の乱降下の原因で、海外から見れば株が乱降下しているのではなく円が乱降下しているように見えていて、それに合わせて株の売買をしているから日本国内の株がおかしくなっているのであって、株が変動しているのではなく通貨の変動が強くある、


  そして通貨変動の原因は、アメリカと日本の金融政策に連動し、アメリカの金融がどうなるか、そして日本の場合は金融緩和をしすぎて、日本の国債制度は破綻し始めていますから、それによって失われた信用が相場に影響を与えている、


  今相場を見るならば、日本の国債をみるとみやすいかもしれない、国債の金利が上昇すると変動がおきやすいので、

  前も書いたように、債券市場を土台に金融システムは組まれていますから、そこを注視すると多少は見えてくるかもしれませんが、

  ただいえるのは安部アホ政権はもう失敗した政権であり、さっさと潰したほうがいいということでしょう、


  次に、安部のアホがTPP反対のデモを左翼といったらしいね、アホの一つ覚えというところだが、こいつには世界は全て左翼に見えるのだろうな、

  安部は近所の犬が吠えても左翼だといいかねないが、ともかく、安部のやつがどこかで演説をしていると、そこを反TPPのデモが通りかかった、

  そして安部は馬鹿だから、自分対する反発は左翼だと考えたようだが、実は全く関係なくたまたま通りすがっただけらしい、


  しかし安部は馬鹿なネトウヨだから、自分を悪く言うやつは左翼か在日しかないと思い、フェイスブックにその件の誹謗中傷を書いた、

  こんな左翼がいるから世の中おかしくなるとか、そんなことを書いたら批判が来て、無責任の塊みたいなやつだから、それを直ぐ消したらしい、

  それで更に批判が来たら戻したらしいけど、知能のないゴミがやることはそんなことなのだろう、


  ここから見えるのは、こいつは憲法改正といいながら憲法を読んだ事もなく、他の件もそうだが基本的に馬鹿で、この世の物事の多くを理解できていない事、

  よくネットウヨクは世間知らずだ、常識がないといわれているけど、安部はそういう連中の支持が非常に厚いわけで、それはどういうことかといえば自分らの同類だと思われているからだろう、


  安部はネトウヨレベルの知能しかないという事で、連中の様に自分に反するやつは左翼であり在日であり、それを批判するオレは愛国者だと思っているようだが、基本的に頭のおかしい人物である、

  日本の知性は段々痴性になりつつあるけど、安部は救い様のない馬鹿なので早めに始末するべきでしょう、


  後は、そういえば東京のうなぎが汚染されていたようだ、100ベクレル越えのものが見つかって出荷停止になったようだが、そろそろきますかね、

  東京湾へ注ぐ川は、その川自体が汚染されているという訳ではないのだけど、上流の山の汚染が酷いので、それが流れてきて非常に強い汚染になる事がある、


  放射能の汚染は、底にある泥に混ざって流れてきて、水そのものが汚染されているわけではないのですが、川底などにある泥が放射性物質と結合し、その泥の流れに沿って汚染が移動する、

  水中のホットスポットみたいなもので、地上でも吹き溜まりみたいな所の汚染が強くなりやすいですが、水中も汚染された泥が溜まりやすいところでは、汚染が強くなる、

  そして東京の場合、東京湾が湖のような意味を持っているので、流れてきた汚染物が堆積し、長期的な問題になるといわれている、


  今回の件はうなぎの例だが、うなぎは回遊魚なので東京湾からどこかに行って、返ってきたときに汚染されたことになるが、そう考えると非常に汚染されやすい生物なのかもしれません、

  ずっと川や東京湾にいるわけではないですから、うなぎといえば泥とかに潜っていそうですし、その辺りの影響があるのかもしれませんけど、


  ともかく、東京湾やそこへ流れる川は汚染されていくので、気をつけたほうがいいと思います、

  そして汚染は泥に混ざって進むので、泥に突っ込んだ魚の汚染が強くなるような、そういうどう汚染されるのか分かりづらい形になるので、汚染対策が難しい、

  やるのならば、東京湾やその付近で取れたものは食べないようにするしかないのですけど、これでまた日本の文化が一つ消えたといえるでしょう、


  それ以外だと、アメリカの諜報機関が多くのネット情報を盗んでいたらしい、

  プリズムというシステムを使って、世界中の情報を盗んでいたようだ、


  その対象になっていたのは、グーグル、マイクロソフト、アップル、ヤフーとか、後はフェイスブックもそうだったかな、まあ、アメリカのネット関連ではほぼ全て情報が盗まれていたらしい、


  顔写真とか、個人的なメールなど、そういうのを何百億と盗んでいたようだが、

  これは昔いわれていたエシュロンと殆ど同じだから、あのシステムがばれたのかね、

  エシュロンといえば陰謀論といわれていましたが実際やっていたようで、やはりかという感じがしますけど、


  しかしグーグルもマイクロソフトも駄目となると、ウインドウズを使えば情報は全て盗まれるわけで、マックもアップルだから駄目になるし、

  メールサービスも殆ど駄目だよね、フェイスブックはCIAが作った諜報管理システムだといわれているが、そうだったということになるのかな、


  こうなってくると何をすればいいのかが分かりづらいけど、ネット上でアメリカ製品を排除しなければならないとなると、殆どの製品は駄目ですから、自作でもしない限り駄目になりますね、

  そういう意味でいえば、中国が自作のOSを作っていたのは先見の明があったといえますが、

  いままで日本政府の情報も、企業の情報も全てアメリカ政府は知っていたことになるから、余程酷いインチキばかりを繰り返していたのだろう、


  ネットワークは自由な世界であるが、同時に人を管理するシステムも高度化できるので、極端な管理社会にもなりうる、

  よくSFで、コンピューターに管理された奴隷のような人間という世界が描かれるけど、ネットワークの発達は極端に抑圧された社会の具現化でもある、


  つまり自由というのは、国民の自由にもなるし、権力者の自由にもなりうるということで、国民が便利に使えるものは、権力者が悪意を持って使う可能性の高いものでもある、そう考えていい、

  ネット以前はそれがテレビや新聞のようなマスメディアであったが、ネットの発達によって権力者が重心を変えてきたの事が、今回の事件の本質ではないかと思うけど、


  ともかく、国民にとって便利なものは権力者にとっても都合のいいものが多い、そして権力とは情報の非対称によって生まれる一種錯覚であるから、国民にとっての便利な情報というのは非常に危険なものであることが多い、


  ネットワーク社会は万々歳というわけではなく、それを悪用する権力者も多いということで、何か手を打たないと国民がどんどん損をする社会を作られてしまう気がします、



リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



【文庫】 放射性物質から身を守る食品 ―内部被ばくの処方箋 (文芸社文庫 い 1-1)
クリエーター情報なし
文芸社



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



福祉と私 ~「支えあう社会」を国政の場から~
クリエーター情報なし
廣済堂出版



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像
クリエーター情報なし
講談社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR