03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

株の変動とコスプレ記者会見と慰安婦問題は地獄への扉を開く、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

国民の生活が第一




    どうもこんにちは、


  そろそろ梅雨らしいですね、まあどうせ暴風雨や台風が来るのでしょうけど、今年はどんな感じになりますか、


  さてそれはいいとして何か起きているかな、聞いたところでは株が乱降下しているらしい、このごろはずっとそういう感じですが、今日の動きも変なようだ、

  それをマスコミは調整が起きているといっているが、どういう調整なのかよく分からないね、上がりすぎて下がるのは分かるけど、ここまで変動するのが調整なのか、


  理由としてあるのが円高基調で、今までは円安が強かったですから、それに乗って株高になっていたのが、

  円安から円高になるのではという市場判断があって、株が上がったり下がったりしている、


  通貨といえばFXが有名ですが、相場に詳しい方によると、通貨の動きは殆ど読めない、だからあれは博打に近いという意見を聞く、

  そしていまの株式はFX株式になっていて、変動の大きい通貨と株式が連動しているので、株価が安定しなくなっている、


  その原因としてあるのが、日本の株式の過半数を外国人が持っている事で、彼らにとっては日本の株は、(通貨*株価)ですから通貨変動に合わせて株の売買を決めるので、通貨価値が変われば株価も大きく変わる、

  日本の株価は通貨がどうなるかによって決まり、通貨安になれば買われ、通貨高になれば売られる、そういうものになっている、

 
  それは客観的な基準で見られているわけではなく、株というよりは円の価値がどうなるかが株価を決めていて、

  そして通貨は変動が大きいですから、株式の変動も大きくなる、

  元を質せば小泉改革で日本の株式を海外に安売りしたつけが出ているわけですけど、一回こういう形になってしまうと修正は不可能でしょう、


  次に、大阪のコスプレ市長が慰安婦問題をいったようだ、なんでも外国の記者向けにやったらしいが、

  しかし結局こいつはペテン師なので、適当な言い訳ばかりをいい顰蹙を買っていたようだが、


  こいつがいっているのは、昔はどこでも慰安婦のようなことをしていた、だから日本だけが悪く言われるのはおかしいといっていたが、

  それに対し指摘している人もいたけど、結局今回の問題はこの市長がどういうスタンスを持っているかの問題で、つまり慰安婦のようなことを容認する破廉恥な人間なのではないか、そういう問題がある、


  こいつの発言の問題は二段になっていて、慰安婦問題を発言した事と、アメリカに風俗の紹介をしたことが合わさっていて、つまり慰安婦や風俗を容認する人物なのか、という問いがあるわけだ、


  外国の人が興味を持っていたのはそこで、そういう風俗を容認するだらしない人間が市長をやっていていいのか、とういうのが外国記者の質問であり、

  更にこいつが風俗サラ金会社の顧問弁護士をしていたことも指摘され、そんな人間が市長をやるべきかと問われていた、


  結局の所、こいつは慰安婦問題をいい、それを拡大していくことによって自分の責任を曖昧にする手を打とうとしたが、

  どうやら外国人記者にはばれていたようで、それを逆に縮小して、あんたはそんな人間なのに市長をやっていていいのかと、逆に問われる形になった、


  ジャーナリズムというのはこういうものなのだと思ったのだけど、太鼓持ちしかいない日本のマスコミと違い、ちゃんと指摘をしていたようだが、

  それもこいつが適当にはぐらかしたので、何だこいつ記事にする価値もないと思われたようで、あれだけ長時間の記者会見をしたにもかかわらず、海外では殆ど報道されることもなかったようだが、


  ともかく、大阪のコスプレ市長が外国人記者の質問に答えた、答えたはいいのだがいつものペテン師節を繰り返すばかりで、こいつはアホだ役に立たないと思われただけのようだ、

  まあ確かに客観的に見ればその通りなのだか、日本人もそう思ってくれれば、そういう問題も起きなかったのだけど、放置していたので増長し狂ったような存在になってしまった、


  どうやら外国人との記者会見は失敗したようだけど、後は維新の会がこの世から消えれば、上手く収まるのですが、どうなるか、


  後は、慰安婦について書いてみましょうか、なんだかうるさい人が多いようなので、

  個人的には慰安婦問題は触れるべき問題ではないと思っています、そういうとああいうものを言い負かせばいいという人もいるけれど、
 
  私はそれが危ない様な気がする、


  日本人の多くが勘違いしていますが、実は日本は戦争の賠償をしていない、

  そういうと、何とか条約によって賠償は済んでいるのではないか、そんな意見もあるかもしれません、

  しかし実際のところ、日本の戦争責任は問われておらず、賠償も殆どなされていないんですね、


  どういうことかというと、まず日本の戦争で一番被害を受けた中国は、賠償を放棄したので、日本は中国への賠償をしていない、

  じゃあ他の国はどうだったかというと、他の国は賠償を要求したのだが、アメリカが日本がナチスの様になるのを恐れてか、賠償をやめろと圧力をかけたので、日本に対する賠償は殆ど行われなかった、
  
 
  じゃあ何で慰安婦問題などはあるのかといえば、実態として殆ど賠償もせず、責任も問われなかった日本が、慰安婦問題であれこれいわれているのは、非常に表層的な話で謝罪を求めている面がある、

  つまり、慰安婦問題というのは謝罪をする、責任を問う形作りのためのもの、という意味がある様に思え、直接的な責任を問うというよりは、日本が責任を感じなさい、責任を取りなさいという、圧力のためにやっている節がある、


  だから慰安婦問題に対して疑問を持つ声もあり、例えば軍の関与がなかったとか、日本は悪くないという意見もあるが、

  日本の戦争責任が殆ど問われなかったこと、そしてその賠償も殆どなされなかったことを考えると、もし慰安婦問題で日本が論破したら、それ以外の莫大な責任が問われる恐れがあると思う、


  ちょっと考えてみれば分かるが、あれだけの事をしてなんで慰安婦問題だけが問われるのか?、慰安婦問題は戦争で起きたことのごく一部に過ぎないし、日本はそれ以上の問題を起こしている、

  そしてそれに対する責任が問われず、賠償の要求もなされていないのはなぜなのか、よく考えたほうがいいと思う、


  私は慰安婦問題は地獄への扉を開く、そんなことを思っているのですけど、慰安婦問題に拘ることは、それ以外の戦争責任を暗に認めてしまうことになる、そんな気がするんですね、


  例えば日本は戦前アジアの人を強制連行していて、あちこちに勝手に移住させていたが、その責任は問われていない、

  日本でいえば在日の人もそういう問題であり、日本の在日朝鮮人の問題は本来であれば日本の戦争責任として問われても不思議ではなく、もしそれが問われる様になったら大規模な問題になる、


  ある意味そういうことが起きたほうがいいのかもしれないけど、いえるのは、慰安婦問題とは表層的な儀礼要素が強くあるということ、

  何故かといえば、あれだけの戦争をして慰安婦問題だけが起きたとは思えず、実際はもっと天文学的な問題や罪があるはずで、それが政治的配慮で押さえ込まれているうえで、表面的に慰安婦問題を言われているのならば、その問題を解いていくことは結果として、地獄への階段を下りるような意味を持つ様に思える、


  だから私は慰安婦問題を容認して、それを大きな問題にならないように配慮し、日本の戦争責任もできる範囲で対処すべきだと思うのだが、そう思わない連中もいる、

  というわけでそう思わない連中のことを書いてみると、


  日本の右翼や保守といわれる連中は、慰安婦問題を解決すれば戦前の軍事体制が正しかったと説明できると考えている、

  それはただの罠なのだけど、右翼だ保守だという人は現実を見ることがないので、それが分からないのだろう、


  大阪のコスプレ市長も安部のアホも、共通しているのは右翼的な方向性を海外から叩かれていることで、日本の右翼的な方向性を世界中が叩く形を持っている、

  ではなぜ日本の右翼を世界が叩くのか?、その理由としてあるのが多分上で書いた形なのだと思う、


  日本は戦争をしたが戦争の賠償はしていない、責任も問われてはいない、形的には問われたが実際はほとんど問われることがなく、本当の意味で責任を負ったわけではない、


  そして数少ない責任として慰安婦問題がある、何故か慰安婦問題だけはそこをすり抜けて問われているのだけど、それは日本責任意識を持たせるために慰安婦問題を強く主張しているところがあり、

  それを日本の右翼から見れば、慰安婦問題だけを問われているのだから、それを言い返せばどうとでもできるのではないか、そう考えるのだろうけど、

  しかし実際は、日本の戦争責任はいくらでもあるわけで、その責任を問わない代わりにあるのが慰安婦問題ですから、慰安婦問題を突っつくと今度は日本の戦争責任問題が出てくる、


  日本の慰安婦に対する反応がなぜこうも激しく来るのか、別に韓国人を世界が好きだからという事ではないだろうから、国際的な決まりでは日本が慰安婦問題に疑問を持つことは許されない事になっているのではないかと思う、


  つまり、慰安婦問題に手を出したり、否定したりしたら許さないぞというのが、日本の戦争の結論であって、そういう取り決めがあるから現状があるのではないか、そんな感じがするのです、


  確かに慰安婦問題だけならどうだこうだといえるけど、日本の戦争責任を考えれば、経済社会的な問題もあるし、アヘン戦争の責任もあり、更にいえば日本は白人の植民地を潰して、そこを日本の植民地にしようとしていたのだから、その責任も問われることになる、

 
  それに比べれば慰安婦問題は小さな問題だと思う、これですんでいれば感謝すべきではないかと思うのだけど、右翼や保守というの頭に血が上った連中は馬鹿みたいに進むのでしょう、その先に何があるかも知らないで、




リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



【文庫】 放射性物質から身を守る食品 ―内部被ばくの処方箋 (文芸社文庫 い 1-1)
クリエーター情報なし
文芸社



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



福祉と私 ~「支えあう社会」を国政の場から~
クリエーター情報なし
廣済堂出版



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



検察の罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス



検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR