04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

株の乱降下と神の裁きと慰安婦安部維新と異常気象の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  今日は寒いです、6月は寒暖の差が強く、昔は梅雨だったのですが最近は嵐が来やすいですね、


  さてそれで何か起きているかな、ネタはあるようだが、何を書くべきか、、

  ではまず株が乱降下したのでそれについて書いてみると、


  昨日と一昨日株が暴落し、その後乱降下した、私も見てみましたが派手に落ちていましたね、

  理由としては中国の経済指標が悪かった事と、アメリカの金融緩和が継続されるのではないかという見通しで、日本の株が下がったといわれていたけど、

  しかし中国の経済指標が発表されても、中国の相場は悪化しなかったし、アメリカの金融政策については織り込み済みであり、またその表現もマイルドなものであったから、それが日本の株に影響を与えたとはいえない、


  そう考えると一番ありうるのが国債の金利上昇で、国債の金利が上昇すれば、通貨高、景気悪化、株下落の三タテを食らうので、多分これが原因でしょう、


  通貨高は、通貨はその国の金利に反応し、金利の高い国のほうが通貨が高くなりやすいので(もっていると価値があるから)、金利上昇は通貨高の要因になる、

  インフレが高ければ金利が高くても相殺される(インフレはマイナスの金利なので)が、日本の場合デフレが強いですから、デフレ金利+国債金利を合わせればかなりお得なので、このまま金利上昇が続けば通貨高になる、


  景気悪化は、金利が高いと金を借りづらくなり、最近も住宅ローン金利が上昇しているが、そういう金利の上昇により借金の問題が顕著化し、経済停滞の原因になる、

  株は、国債の金利が上がれば国債を買ったほうが得なので、そっちに金が流れれば株価は下がるし、更に上二つの要素によって景気が悪化すれば、株が下がることになる、


  債権と株式の関係は、国債は株式に比べて規模が大きいので、例えるならば国債は地面、株は家みたいなもので、地面が少し揺れたことが上に建っている家に被害を与えるように、国債が不安定化すると想像以上に株式にダメージを与えてしまう、

  国債というのは金融の土台ですから、いま日銀がやっているのはそれを崩そうとしているので、一歩間違うと株式の崩壊に繋がりやすい、


  日銀が自分の通貨発行権を使い、国債の殆どを買うと決めた、

  その結果、日銀が買うと決めたので大量の売りが出て、今まで安定していた市場が非常に不安定になってしまい、金利の上昇が起きたり、その不安定化を止めるすべがなくなったりして、ややこしい事になっている、


  今回の件では日銀の責任が問われたが、日銀のトップは金利の上昇を想定しておらず、金利上昇を人の所為にしたり、大したことがないと容認していた、

  今の経済政策の最大の失敗は、日銀に国債を買わせたことで、統制経済のようなことをやろうとしたから、反動でおかしなことになっている、

  それが思ったより早く出ているようだが、国債の金利が上がれば、デフレ(金利みたいなもの)があるので、相乗効果でどんどん上がってしまうから、かなり厄介なことが起きると思います、


  次に、韓国か中国のメディアが広島長崎の原爆投下を神の罰だといったらしい、

  そこだけ切り取ると問題のように見えるが、実態は731部隊などの人体実験の批判も含んでおり、悪さをすれば処罰を受けるということを言いたかったらしい、


  私は最初にその文章を読んでから、マスコミの騒ぎを見たのでまた嘘ついているなと分かったのだけど、

  マスコミの報道は一部を切り取っただけの報道であり、実際の文章ではそういう意味で書いているわけではない、


  というか本来の文章は731の人体実験をメインに書いているのだから、そっちを主題にいえばいいものを、相変らず日本のマスコミはクズですが、


  ともかく、ちょっと記憶があいまいですが、そこで書かれいたのは刺激的な書き方をされてはいましたけど、いわゆる勧善懲悪的な話で、

  戦前の日本が外国で悪いことばかりしていて、結果としてそれが敗戦の原因になったといい、

  悪事をしたのだから負け、原爆もその罪の一つであると書いていて、

  更に、今の安部やコスプレ市長などがやっていることをすれば、また同じ神の裁きを受けるだろうと書いていただけで、その意見そのものが悪いとは思わない、


  確かに過激な言い方をしてはいたけど、それだったら731部隊のことをメインで言うべきで、原発投下を神罰だと書いたのは論点をずらした報道であるのだから、日本のマスコミは偏向報道をしている、


  戦前の軍部が間違っていたから戦争に負けたのは事実、そしれ戦争に負けた後批判を受け続けるのも、批判されるようなことをしたからで、

  それは大きな意味で見れば、神が日本を罰したとも見えなくはない、


  そういう考え方が絶対正しいとは言わないが、別に間違った考えともいえず、批判するような話ではないと思う、

  もしくは批判をするならば一部を切り取るのではなく全文を読み、日本がやった人体実験の問題とか、そういうことも考えるべきだと思う、


  日本人は言葉狩りが好きだから、一部の言葉を切り出してみんなで騒いであいつが悪いという人が多いが、そういう事を繰り返しているから視野が狭くなるのではないかと思いました、


  後は、アホ安部とアホコスプレが相変らず慰安婦問題をいっているようだ、こいつら頭おかしいよね、

  なぜそんなに拘るのだろうか、アホの考えていることは理解できないが、


  それはともかく、まずアホ安部がやったのは、閣僚が慰安婦問題は合法で問題がないといった、

  政府の閣僚がいうということは、政府の公式見解になるわけで、日本政府は慰安婦をやっていたが当時は合法だったので問題ない、ということになるのかな、


  どうやったら合法になるのか意味不明だが、当時の国際的な規約でも慰安婦の様なものは法に反していたし、日本の法で合法だったというのは、外国を攻めて勝手に日本の法律を押し付けて合法だったという意見になるが、それは合法というよりは強法だと思うが、

  相変らず自民党はゴミと能無しとアホの巣窟ですが、何が合法だ、どうしようもない馬鹿ばかりですけど、

  
  大阪のコスプレ市長のほうは、元慰安婦の人と話し合いをしようとしたが、こいつはそれを政治利用しようとし、気持ちが悪いので慰安婦の人が拒否をして、コスプレのほうはへらへら笑っていたようだ、

  人間のクズだからそうなるだろうけど、更にこいつはアメリカには謝ったようだな、これから外交のメディア相手に記者会見をするから、適当に誤っておけばいいだろうと考えたのだろう、


  そのくせ、この馬鹿は慰安婦発言はしたがそれは一般論で私は関係ないといい、そういいながら慰安婦発言は否定しないといっている、

  つまりさっさと舌を引き抜くしかない嘘吐きな訳ですけど、


  ともかく、アホ安部にしろコスプレ市長にしろ、何の理念も考えもなく騒いでいた訳で、慰安婦問題に対してこいつらは何も知らず、ただの馬鹿の能無しが適当なことを騒いでいるだけで、その意見に価値はない、

  馬鹿だから言っていることに意味がない、単純にいえばそういうことで、社会の役に立つような連中ではないので、さっさと始末してしまうのがいいでしょう、


  それ以外だと、そういえば最近地震が多いですね、マグニチュード7~8クラスの大規模地震が起きていますが、地球全体が地震の活動期に入ったのでしょうか、

  更に異常気象が続き、竜巻が起きていたりしましたが、そういう流れがあるようです、


  その原因は何なのか、よくいわれるのは地球温暖化ですけど、あまり温暖化という感じはしませんし、何が原因なのでしょうね、

  他の理由としては、北極上空の大気の流れが変わって、熱い季節が寒くなったり、寒い季節が暑くなったりしているらしいですけど、じゃあその北極上空の大気の流れが変わったのはなぜなのか、というのもあるので根本的原因が分からない、


  聞いた話では、地球は氷河期と暖かくなる流れの二つがあって、それはCO2ではなくて太陽光の関係で、両方の可能性があるらしい、

  それが出ているのかもしれませんが、大気が不安定になると今度は地面が不安定になってきて、地震がおきやすくなるらしいから、連鎖的におかしくなってきているのかもしれません、



リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



【文庫】 放射性物質から身を守る食品 ―内部被ばくの処方箋 (文芸社文庫 い 1-1)
クリエーター情報なし
文芸社



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



福祉と私 ~「支えあう社会」を国政の場から~
クリエーター情報なし
廣済堂出版



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



検察の罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス



検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR