01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

風俗維新の会ともんじゅチェックミスと自民北朝鮮と国債金利の上昇、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

国民の生活が第一


    どうもこんにちは、


  昨日は暑かったですね、今年は灼熱の夏が待っていそうです、


  さてそれで何か起きているかな、うーむ、ネタはあるようだが、

  ではひとまず大阪のコスプレ市長が慰安婦問題を起こしたらしいので、そんなことでも書いてみましょうか、


  大阪コスプレ市長が従軍慰安婦は必要だといい、日本がそれを悪くいわれるのはおかしいといった

  そしてアメリカ海軍は日本の風俗を使うべきだといったらしい、


  そもそもこいつは風俗関係の取立て屋で、そういう方面のサラ金会社の顧問弁護士をしていたくらいだから、風俗関係者なのでその辺りの利害関係があるようだ、

  だから発言も風俗を推奨していたり、ああいうものはいいものだといっているのは、自分のビジネス的な立場を強調しているのだろう、


  まあ風俗関係のサラ金顧問弁護士ならば、その発言もありうるかもしれないけど、政治家がいうべき事ではない、

  それに今回のことは海外で大きく報道されていて外交問題になっているのだから、責任はあるだろう、


  前も書いたのだが、どういうわけが日本の政治家は政治としてどうであるかと考えず、個人的なことを政治的に言ってしまう、

  安部アホの侵略定義の話もそうだが、政治的には侵略の定義は決まっていて、日本が侵略者であったことは確定しているのに、このアホはそんなものは決まっていないという、


  大阪コスプレもそうだな、慰安婦云々の話は国際的に定まっている話であり、それを個人的な考えで覆すことは出来ないのに、個人的な発言以上のビジョンがなく袋叩きにあう、

  沖縄の話もそうだ、米軍に風俗を進めたが、それは米軍ではタブーであると知らず、何も考えずにべらべらしゃべってしまう、

  安部にしろ大阪コスプレにしろ、どうしてこうも救いのないアホばかりが政治家になるか、理解しがたい現実であるが、こういうゴミが生きている限り日本の未来はないでしょう、


  次に、プルトニウムの再利用をしているもんじゅで、1万件のチェックミスがあったようだ、

  どう考えてもチェックミスではないように思えるのだが、チェックしていなかったのがばれたのが本当なのだろうけど、そんなことがばれたようだ、


  もんじゅといえば、作ってからこの方発電をしたことがなく、毎年数百億の金を費やすが、事故が続きまともに稼動したことのないものであるけど、

  高速増殖炉というとあれか、ナトリウムをぐるぐる回すものだったか、あれは昔内部のセンサーが壊れてそこからナトリウムが漏れ出し爆発したことがあったが、


  ナトリウムは爆発しやすいもので、発火性とも言われるが実態は火薬みたいなもので、水をかけるとドカーンと爆発するので非常に扱いが難しい、

  高速増殖炉でそれを使っているのは、減速材にそれしか使えるものがないからだと書いてあったが、その時点で普通は作らないだろうね、


  実際海外では高速増殖炉はやめていて、現実的ではないという意見が一般的なのだが、何故か日本では継続している、

  継続はしているが全く役に立っていない上に、金だけやたらと食う迷惑な存在なのだが、


  その増殖炉のメンテナンスができていなかったようだ、結果から見る限りメンテナンスをする気がなかった様にしか見えないが、

  実際に動いていたわけではないから、それほどメンテナンスを重要視する必要はなかったのかもしれないけど、手抜きであったのは事実だ、


  そして、今の原発の制度はこの増殖炉があるから成立していて、原発はウランを分解してプルトニウムにするが、プルトニウム自体も燃料になるのでそれを使った発電が出来るから、原発のゴミが出てもいいのだといっていた今までの理論が崩れ、

  原発のゴミが出たらそれまでだという話になるので、原発の稼動も難しくなるだろう、


  日本の原発は、できもしない高速増殖炉を前提に行われていて、そもそもまともにできるようなものではないんですね、

  嘘に嘘を塗り固めてやってきたものですから、焼きが回ってきたようですが、高速増殖炉ができない以上原発はやめるしかない、現実的にいえばそういう判断になると思います、


  後は、グロい事件だがシリアで反政府勢力の兵士が、相手の兵の死体の心臓を食べたらしい、

  頭のおかしいやつがいるようだが、そういう事をしてきた可能性は十分あるだろう、


  実はリビアの内乱でも同じ事が起きていて、反政府勢力は相手の兵士の心臓をくりぬくことを良くやっており、首をはねたり相手の体をばらばらにするようなことをしていた、

  そして今シリアで戦っている反政府勢力は基盤が同じなので、それと似たようなことをしている、


  その理由としてあるのが、イスラム原始主義者の中には、相手の死体を貶めることが正しいと考えているやつらがいるようで、リビアの反政府勢力はイスラム原理主義者が多かったが、彼らは黒人に対する差別が強く、政府側の黒人を惨たらしく殺すことを繰り返していた、


  シリアのその勢力が何を目的にしているかは分からないが、似たような行為をするということは、シリアの特定の勢力を狙っているか、

  もしくはイスラム原理主義の教義に、相手の心臓を奪うことが意味を持つと決まっていて、それに従っている可能性がある、


  この時点で反政府勢力がシリア人ではないのは確定していますが、少し前にあったトルコのテロもシリアがやったといわれていましたけど、実際にやっていたのはトルコ内のテロリストだったらしいので、シリアの反政府勢力はシリア人ではない、そして周囲の国の影響でもない、特別な人たちの集団が動いている、

  分かりやすくいえば傭兵が起こしている内乱がシリアの戦争であって、シリア人でなければトルコ人でもない、どこかの国が雇ったイスラム原理主義の傭兵が起こしている問題だと見たほうがいいです、


  それ以外だと、自民党の飯島とかいうのが北朝鮮にいったようだ、詐欺師小泉時代に訳の分からないプロパガンダを仕掛けていたやつだが、なぜ北朝鮮に行くのか、

  聞いた話では事前の協議は行われておらず、北朝鮮側の対応もそれほどでもないので、大きな事は起きないらしい、

  しかし、政治パフォーマンスにはなるだろうから、そこに狙いがあるようだ、


  北朝鮮といえば自民党と血を分けた双子の様なもので、自民党が問題を起こすたびに隠蔽のためにミサイルを撃ち、核開発をしてくれるマブダチですけど、

  そういえば4月の頃の北朝鮮の云々という話も、ちょうど安部のアホのやった独立の日までやって、その日が終わったらミサイルを片付けていたから、どうせ安部か自民党が頼んでいたのだろうが、


  まあそういう政治パフォーマンス担当の北朝鮮に自民党が行くようだ、

  狙いとしては参議院選挙まで北朝鮮ネタで通すのが狙いらしいけど、全く困った時の北朝鮮ですが、また下らない政治ショーを繰り広げるのでしょう、


  他だと、そういえば国債の金利が上がっているようだ、今の債券市場は日銀が占有していて、それ以外の金融機関が買えなくなっているので手を出しづらくなっている、


  国債金利の上昇は、分かりづらいのですが金利が上がる=価値が下がるので、金利が上がると売りが増える、もしくは売りが増えると金利が上がる、

  つまり今の債券市場は売りが非常に強く出るときがあって、それを文盲の阿呆あたりは株式に資金が流れているからといっているが、それほど単純でもないんですよね、


  何故かというと、国債は長期保有を前提にしているので、金利が低いときに買った国債を大量に持っていて、金利が上がり始める(今発行している国債の金利のほうが高い事になる)と、ものすごい損失が発生するわけです、

  しかも日本の国債は大量保有している場合が多いですから、金利の上昇はかなり危ない現象で、金利上昇のトレンドが固定化されれば、多くの金融機関が大量に国債を売り始める、


  今政府が考えているのは金利が低い状態でインフレにするというもので、インフレと一緒に金利が上がるとは考えておらず、国債の金利上昇に対しては具体的な対策がない、

  日銀が買うにしても限度はあるわけで、今まで殆どゼロ金利だった国債に、2%の金利がつくだけでも多くの金融機関にとってはもの凄い損失になりますので、大量に国債を売ることになるでしょう、

  そうなればいくら日銀が買ってもきりがなくなるので、金利上昇が続けば財政破綻の可能性もある、


  財政破綻というとキャピタルフライトといって、国内の資産が海外に逃げることによって財政破綻が起きるといわれますが、いま日本では国債の金利が付くと国債から資金が逃げるので、財政破綻する恐れがある、

  更にいえば、金利が上昇すればそれ以前の低い金利のものを持っている金融機関の損失になるので、結果金融不安にもなり小さい金融機関が潰れる恐れもある、

  いま起きていることは金融不安に近いことが起きていて、国債の金利が上昇し始めれば日本の金融制度は崩壊する恐れがある、


  普通はそんなことは起きないのですけど、日本は十年くらいゼロ金利でしたから、それに合わせてシステムを組んでいるので、それが急に変動した場合対応できず、結果金融機関が潰れたりする恐れがある、

  今回の金利上昇も大手ではなく、小さな金融機関が手放したことによるものらしいけど、それも小さいところで体力がないから、金利の上昇に対応できず手放したわけで、これが広がっていく恐れがある、


  不思議なのは日銀のゼロ金利政策に文句をいう人はいるのに、国債の金利上昇の問題を言わないのが不思議なのですけど、どっちも大きな問題なのだが一方だけをいうのは政治的配慮という事なのかもしれませんが、


  ともかく国債の金利が上がり始めた、国債の金利が上がればそれ以前の低い金利の国債を持っている金融機関は大きな損失になる、

  その結果金利が上がるほど国債の売りが強まり金利が上がり、悪循環が始まる恐れがある、

  それを全部日銀が受ければいいというが、それは実質的なディフォルトと一緒ですから、それはさすがに出来ないので変えねばなりませんが、


  しかし安部のアホは株高だけで持っている、つまり金融政策を変える可能性はないので、このまま行くとそこへいくかもしれません、
 


リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



原発を終わらせる (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



【文庫】 放射性物質から身を守る食品 ―内部被ばくの処方箋 (文芸社文庫 い 1-1)
クリエーター情報なし
文芸社



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



福祉と私 ~「支えあう社会」を国政の場から~
クリエーター情報なし
廣済堂出版



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



検察の罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス



検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR