01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

ボストンで爆発とTPP入会契約と汚染水流出と変動株価とリフレ戦争利権の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  今日は暖かいですね、昨日は寒かったのですが寒暖の差が激しいので、もしかすると嵐が来るかもしれません、


  それはいいとして何か起きているかな、う~む、ネタはあるようだけど、では一つ目はボストンで爆発があったのでそのことを書いてみると、

  有名なボストンマラソンのゴール付近で爆発が起きた、多くの死傷者が出ようだが何が原因なのだろうか、


  見たところ犯行グループといわれているのは、アメリカ国内の過激派かイスラム系の人が犯人ではないかといわれている、

  個人的には思想のない愉快犯の可能性を疑っていますが、どちらかである可能性もあるでしょう、


  アメリカ国内の過激派論としては、そのボストンマラソンの日がアメリカの特別な日だったらしく、その記念日を狙ったテロではないかと見ていて、

  イスラムの場合は、イスラム過激派がアメリカ国内で影響力を持って、その影響に感化された人物がやったのではないか、そういう意見もある、


  犯罪の手口は鞄に圧力釜を入れて、その中に釘や金属片を爆発物を詰めて、それを携帯電話で着火させて爆発させた、

  その手口はイスラム原理主義者がやるので、最初はイスラム原理主義者のテロではないかと見られていたが、わざわざ外国のテロ組織が入ってきているとは思えず、またその攻撃対象がマラソン大会である点を考えると、イスラム原理主義団体が独自にやった見方は薄れている、


  今のところテロの声明も出ておらず、誰が犯人であるかは分かっていないようだが、一応監視カメラに映った人物は特定されていて、その人物が犯人ではないかといわれているが、まだはっきりしない、

  アメリカのテロというと911のテロが有名ですが、あれはアメリカの自作自演ではないかといわれているので、今回もその線はあると思いますが、これが戦争の火種になるならば、真犯人はアメリカ政府になるでしょう、


  次に、安部のアホがTPPに参加して、アメリカと日本の言い分が食い違っているといわれている、

  日本側の発表では、日本の言い分も通っていて農業の保護も可能になっていると書いてあるが、

  アメリカ側の文章にはそんなことは書いておらず、日本側の文章がおかしいのではないかといわれている、


  それは実は日本側が勝手に文章を書き加えていて、本来の合意書にない文章を含ませ、それをマスコミに流して国民を騙そうとしていたのだが、TPPの話題が盛んになるにつればれてきたので、嘘をついてきたマスコミも実はこうでしたといい始めた、


  アメリカ側の合意文章では自動車の関税維持がかかれており、それは米韓FTAで一方的にアメリカの関税が残ったものよりも長期にわたる保護を規定しており、自動車に関しては完全に交渉失敗をしていて、

  更に農作物に関しては日本側の言い分は一切認められず、何処にも書かれておらず、何も存在しない上に、

  聞いた所ではTPPでアメリカは一方的にセーフガードを発動できる権利を持つといい始めていて、ありとあらゆる面で日本の敗北は確定しているようです、


  TPPは入るときの条件、つまり入会契約と入った後の契約の会員契約のようなものがあり、いまはまだ入会契約の段階だが、その時点で日本は壊滅的に敗北し、更に入会後の契約で止めを刺される段階に入っている、

  入会契約が刑務所暮らしならば、会員契約は死刑執行のような意味を持っており、二段階処刑のような親切丁寧な処分制度がTPPにはあるようですけど、


  ともかく、TPPに安部のアホが入ったが、こいつの間抜けな交渉力によって、入る前の段階で日本が実質的に敗北した、

  これから日本はミッドウェー海戦に負けた後のような、消耗と崩壊を繰り返す国になるだろうけど、日本が完全に消えるまで日本人には拷問のような日々が続くでしょう、

  
  後は、そういえばまた福島原発の汚染水が漏れていたようだね、600トンか、前120トン消えていたから、あわせて7~800トンくらいが消えたようだ、

  実は殆ど消えてるんじゃないかという気もしますが、報道によると本来は23600トンあった汚染水が、調べてみたら23000トンしかなかったので、600トンなくなってたらしい、


  総量からすればそう多くはないかもしれないけど、600トンはかなり多量だ、

  しかしもその水が何処に行ったかわからないのでは、安全管理が出来ていないというしかない、


  簡単に汚染水というけど、これはストロンチウムなどは取っていないので、高線量で非常に危ないものだから、本来であれば適切な措置をすべきものだけど、

  予算も計画もデタラメだったので、何かに託けて捨てていたのだろう、


  そして福島原発は海のそばにある、当然汚染水も海の近くにあり、そういう汚染水が海に流れ出していた可能性を否定できない、

  それに何が原因か分からないならばまた漏れる可能性もあるわけで、今回のようなことが繰り返される可能性はあるだろう、


  前も書きましたがこれからの原発事故問題は汚染との戦いになる、汚染が広がれば負けで、広がった汚染はもう戻せませんから、こうやって溢れた汚染の問題は数百年問題になる、

  慣れしまっているけど、放射能汚染の問題は非常に長期的、そして深刻な問題を生むので、汚染の拡大をさせないという姿勢を強く持ち続けなければ未来は暗黒になるでしょう、


  それ以外だと、最近株価が変なのでそれについて書いてみると、

  このごろの株価は奇妙ですよね、だらだら下がっているというか、少し前あった上昇がみられない、


  日銀が大量の金融緩和をし、それはこれからやっていくものなのだから、その金融緩和の効果で株が上がらなければならないはず、

  しかし実際は上がっていない、そればかりか下がる圧力が強くある、見方にもよるがピークが過ぎたような感じを受ける、


  その原因として中国の経済が鈍化し、中国が金融恐慌にあわせてやっていた、大規模公共事業の期限がそろそろ切れるので、そのあおりがあるのではないかという事と、

  アメリカもその手の事業をやめるらしいから、需要の創造を弱めた世界経済の影響が出始めているのかもしれない、


  日本の場合は通貨安による株高がこれまでのトレンドであったが、日本の通貨安政策に対する批判が出ており、その結果あまり通貨が安くならなくなって株の上昇が止まり、

  更にアメリカ経済の不透明さが合わさって、日本株下落の流れが起きている、


  ポイントはアメリカ経済で、日本は尖閣諸島問題があり、中国との取引を否定しているので、日本経済において重要な意味を持つのはアメリカ経済であるといえる、

  そしてそのアメリカ経済は実はかなり悪いらしく、少し前景気が良く株が上がっていたが、実はその景気回復は大量に首を切った結果企業業績が回復しただけで、アメリカ経済そのものはよくないらしい、

  特に消費が弱く、大量の解雇者を生んだ現状では消費が伸びる余地がないので、金融バブルのような形は起きても、実体経済の回復には繋がりづいらようだ、


  そしてアメリカと連動している日本の株は、アメリカの大量リストラによる長期的景気悪化の煽りを受ける恐れがあり、なぜアメリカ人の失業問題が日本の株価を決めるのかは分からないのだが、長期的にはアメリカの不安定な雇用、そしてそれに伴う弱い消費によって、日本株は下がりやすくなるらしい、


  景気が悪くなったとき、何処の国も中央銀行による資金の供給と、労働者などの賃金カットと進めるが、その場合中長期的な消費活性が起きないので、株価だけが上がる経済になりやすい、


  今アメリカ経済はそういう性質が強く、また日本経済もそういう形を目指しているので、場合によっては株価が上がるかもしれないが、経済そのものを良くする要素が低いですから、安定した株価の上昇というよりは乱動する株価のような、そういう形になりやすいと思います、


  それ以外だと、最近本屋に行ったら有名なリフレ論者がこんなことをいっていました、

  その内容はこれからは軍事景気が重要だ軍国主義こそ日本のデフレ退治、そして景気回復には絶対必要なのであるといっていたのだが、ここに病院を建てようとちょっと思いましたけど、


  狂っていますねリフレ論者は、デフレ根絶のために戦争が必要?、つまりデフレをやめるためには国民を殺すのがいい?、そういうことですか、

  まあこいつは別の本で、私はこの本を出して新しい光明を見た気がすると書いていたのだが、その内容が1920年代の金融恐慌時に政府が緊縮政策をしたことを批判して、それがデフレでありその結果当時の出生率が下がったとか、景気が悪くなったとか狂ったことを言っていた人物である、


  1920年代の金融恐慌をデフレと呼び、そこで起きたことを元に現在のデフレ問題を考え、少子化や景気悪化を論じるとは余程頭のおかしな人間のようだが、

  昔の金融恐慌はデフレインフレとは関係なくあくまで特殊な例であり、あんなものを元に通常の経済政策を考えるとは、マネタリストの知能の低さを感じますけど、


  それが今度は戦争か、ほんとこいつら言論の自由を奪って刑務所に入れたほうがよさそうだが、結局リフレ論というのは戦争をするための方便で、国民を殺すためにデフレがよくないといっていただけなのだろう、

  リフレ論者は国民殺しということで、連中は国民を殺して金を盗もうとしているようなので、出来ればあまり近づかないほうがいいでしょう、



リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



原発を終わらせる (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
クリエーター情報なし
筑摩書房



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



福祉と私 ~「支えあう社会」を国政の場から~
クリエーター情報なし
廣済堂出版



「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
クリエーター情報なし
双葉社



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



検察の罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス



検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR