03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

一票の格差と株バブルと通貨安の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  今日は涼しいですね、昨日は暑かったのですが、異常気象が続いているようです、


  さてそれはいいとして何か起きているかな、聞いた話では自民党のアホが一票の格差の是正をするようだ、

  一票の格差は最近違憲判決が出て、選挙のやり直しを言われているけど、自民党はやり直しがいやなので案を出したようだが、


  しかし自民党のいっている0増5減案は裁判所が否定しているものであり、その案を通しても格差は二倍にしかならない、

  アメリカでは一票の格差をゼロにしろという命令が出たくらいで、ほんの数十人数が違うだけで選挙のやり直しをさせるらしいが、二倍だからいいという自民党はアホだろう、

  正確には1.998倍だから二倍じゃないといいたいらしいが、そんな小学生がいうようなことをいっても意味はなかろう、


  とにかく自民党は馬鹿で能無しで憲法違反でアホなので、こんな連中を認める必要はないのです、


  次に、聞いた話では株を買う人が出始めているようだ、株高で買おうということか馬鹿な話だね、

  基本株は上がり始めたら手が出せないので、下がったときに買うしかないのだが、いまさら買う機会はないんじゃないかな、


  それと連動した動きなのだけど、外国人投資家は株を売り始めているらしい、日本の経済は不安定だと思われているようで、信用がどんどん下がってきていて彼らは日本株を買うべきかどうかと考えている、


  全般的な動きとしては、株というのは素人を喰い物にするものですから、株が上がってくると詳しくない人が買いに来るので、そういう流れが出たところで玄人は売りを入れ始めるので、外国人が売り始めて日本人が買い始めているということは、バブルの終わりが見え始めたのかもしれない、


  多分マスコミに騙されてお金のない人が無理して買っているのだろうけど、株は上がり始めたら買うのが難しくなるので(下がったときの損失が大きくなるから)、あまり詳しくない人は手を出さないほうがいいです、


  後は、似たような話なのですが、本屋に行くと経済の話でこれから円が高くなる、低くなると二つの意見を見ることが多い、

  それはどっちが正しいというのではなく、どっちも可能性はある話で、そういうことについて書いてみると、


  円が上がるか下がるか?、現状円安だから下がっているけど、実は急激な円高になる可能性もある、

  どうしてか?、理由は簡単で欧米の経済が良くなれば円安になり悪くなれば円高になる、日本の主体的な意味というよりは海外の景気がどうなるかによって、日本の通貨が決まる、


  ではまず円安について書いてみると、円安になる可能性は海外の景気が良くなった場合で、今は世界的に資金供給をしている時代ですから、何処から資金供給をやめるとギャップが大きくなる、


  例えばアメリカの景気が良くなって金融の引き締め(通貨の引き上げ)をすれば、相対的に円安になる、

  その場合一ドル200円くらい行くかも知れず、欧米の経済が良くなって金融の引き締めをし始めると、日本の円安が進みます、


  欧米の場合ゼロ金利という異常な状態を続けたいと思わないから、どこかで通常の金利体制に戻そうするはず、

  そうした場合日本は莫大な借金があるので、ゼロ金利をやめることが出来ませんから、そのギャップで一気に通貨安になる可能性があります、


  いま起きているもの多分、アメリカの景気が回復してアメリカの金融緩和が弱まるのではないか、そして同時期日本の金融緩和が強まる可能性が見えているので、そのギャップで円安が起きているのではないかと思います、


  そして同時にある可能性として、急激な円高の可能性もあります、

  それはどういうことかというと、欧米の経済が崩壊してしまうと、通貨価値がその分下がりますから、日本の円が高くなる、


  いま株が不安定になりつつあるのは、キプロス問題が大きくこの問題が欧州危機になるのではないかという考えがあって、その分日本の通貨が高くなりやすくなっているらしい、


  経済が駄目になってしまうと通貨は暴落しますから、これは金融政策ではなく信用の問題なので、欧州危機が強くなりそれが欧米諸国に波及した場合、日本は急激な通貨高になる、


  今まで日本の通貨が高かった理由は、アメリカの経済悪化や欧州の債務危機の問題が大きく、欧米の経済悪化が日本の通貨高の原因になっていたわけで、民主党政権時に通貨高だったのは日銀の政策もあるが基本的には欧米の経済状況によるものが大きかったようだ、


  円が高くなるか低くなるかは、いろいろな要素があると思うのですが、基本的には欧米の経済が良くなるかどうかで決まり、

  欧米の経済が悪化し危機を迎えると円高になり、逆に経済が良くなり危機が遠のけば円安になる、

  だから今の円安は日本の政治判断の結果とも言えず、また今の政治情勢でも通貨高になる恐れはあり、特に欧州危機が起こるかどうかによって左右されるようです、


  それ以外だと、通貨安の問題が出ているように思います、日産の人が通貨安でも国内に仕事は戻らないといっていましたが、確かにそうなんですね、

  単純に考えている人は、通貨安で昔のように製造業が復活し、高度経済成長になると夢を描いているようだが、実際はそうはならない、


  何故かというと、前書いた覚えもありますが、製造業輸出で重要なのはコスト削減で、日本のような物価が高く人件費も高い国では、輸出製造業で食うのは無理なんです、


  だって中国なら人件費は数分の一だし、あっちは物価も安いから安くそこそこのものを作れる、

  そこと勝負をしても勝ち目はないわけで、日本が昔のような製造業輸出で飯を食うなどというのは絵空事に過ぎない、


  大体からして日本のそういう分野は、オイルショック時に殆どやられていて、1980年辺りにはそういう分野は殆どなくなっていたらしいから、輸出製造業で食おうという考えには無理がある、


  もちろん付加価値を上手くつけれればいいかもしれないが、付加価値を上手くつけれるならば日本国内で作る必要はなく、日本国内で作らず海外で生産をするならば、通貨が高かろうが安かろうが同じである、

  どちらかといえば通貨高のほうが外国の企業買収もしやすいし、通貨高輸出製造業のほうが上手く行くだろう、


  今いわれてる経済論を見ていて思うのは、通貨安にすれば景気が良くなるというのが不思議で、

  現状で見る限り日本が通貨安にするメリットはなく、輸出をしたければ日本で設計をして海外に生産すればよく、日本国内で物を作るのは人件費の関係で難しいので、そもそも通貨安にする必要はない、


  そうなると物作りは国内消費向けになるが、国内消費向けの物作りならば原材料費が低くなる通貨高のほうが良く、通貨高のほうが物作りには向いている、

  確かに海外からの輸入品が来る問題はあるが、それは関税等で止めればいいだけで、通貨安にしたところで国内向け製造業の負担が増えるわけだから、経済的にペイさせたければ通貨高から関税で保護貿易をするのが正しい、

 
  TPPでいわれていたのは、日本の関税は低すぎるといわれていて、日本の物作りが上手く行かなくなった原因は、円高ではなくて関税が低すぎたのが原因だから、関税を引き上げて国内産業の保護をすればいい、

  外国はそれなりの関税をかけているのに、日本はほぼ関税0ですからそんなことをしていれば国内産業が駄目になるのは当然で、日本の製造業の問題は関税を引き下げすぎた日本政府の問題になると思う、


  ともかく、マスコミなどは通貨安で輸出産業が潤って、昔のような高度経済成長が来るといっているが、

  冷静に見る限り、その可能性はないと思う、


  まず製造業はコストの問題が大きいので、人件費等が高い日本がアジア諸国に勝てるわけがなく、輸出製造業で勝つというのならば、他のアジア諸国以上に通貨が下がらねばならず、それは現実的ではない、


  では高い付加価値を持った物作りはどうかというと、そこまで出来るのならば海外で生産したほうが良く、海外で生産をするならば通貨は関係ないし、どちらかというと通貨高のほうが都合がいい、


  じゃあ物作りはどうすべきかというと、物作りは国内消費向けを目指すべきで、それだったら通貨高でよく、そして通貨高で入ってくる海外の安い製品は関税で止めればいい、

  つまり日本の物作りがおかしくなったのは関税が原因といえ、日本政府が悪いといえよう、


  そこら辺のことをマスコミは報道していないようだが、確かに通貨安にすれば外国人投資家が株を買い、相対的には変わらないのだが国内的には株は上がるだろう、

  問題は通貨安が景気にプラスになるかどうかで、現状で見る限りその可能性はないように思える、


  中国からの輸入品がというならば関税を上げればいいだけだし、通貨を下げる必要はないわけで、通貨安のデメリットを考えると外国製品を追い出すだけでは割が合わないと思う、


  そんな妙な経済状況になっているようですが、マスコミは昔から日本は製造業輸出重視といっていましたけど、実はオイルショック辺りでそういうのは難しくなっていたので、あれから数十年たったいまでは殆ど無理になっている、


  物作りはいいけど、高付加価値のものは海外で生産すればいいし、国内向けは通貨高のほうよく、また外国からの輸入品は関税で対処すべきだから、結局通貨安にする必要性がない、


  それを正しいというマスコミの論法は不思議ですが、ずいぶん奇妙な世の中になったものです、




株バブル勃発、円は大暴落
クリエーター情報なし
幻冬舎



原発を終わらせる (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
クリエーター情報なし
筑摩書房



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



福祉と私 ~「支えあう社会」を国政の場から~
クリエーター情報なし
廣済堂出版



「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
クリエーター情報なし
双葉社



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



検察の罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス



検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR