03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

安部入りTPPと景気はよくなるか?と財政破綻バブル、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  最近は寒いですね、少し前は暑かった気がしますが不思議ですねぇ、


  さてそれはいいとして何か起きているかな、ふーむあまりネタがないようだが、そういえば安部のやつがTPPに入るらしいね、

  デジャブ感のあるセリフですが、明日入るといっているな、


  そうなるとどうなるのか、自民党の反対派はどうするのだろうね、

  自民党は選挙中TPPに反対すると嘘をつき、選挙後は入ってもすぐ抜けられる、早めに入らないと交渉に参加できないといっていたが、

  最近分かったことによると、一回交渉に入ると抜けれないことや、交渉の条件等はもうすでに決まっていて、今から決めることは出来ない、


  それを考えると自民党のいっていた詭弁は成立しなくなるが、どうするのか?、

  自民党のいっていることは全部デタラメになる、TPPは全部駄目ということになるのだが、説明のつけようがないな、


  まあいえるのは、自民党がTPPに入れば終わるということで、国の主権を外国に売った政党ですから、さすがに存続は出来ないだろう、

  後は潰れるまでこいつらがどんな悪さをしてくるのか、さすがにTPP反対といい、その後の言い訳も全部嘘だったとなれば、社会的支持は得られないだろう、

  特に業界団体はほぼアウトだし、自民党は国民の支持がない政党だから、組織票がなければ勝てないのにその多くを失えば駄目になるだろう、


  自民党が潰れるのはかまわないが、国民を道連れにされるとは思わなかったな、というかどうしてこんなアホ政党に投票した人がいるのか、日本人の判断力は相変らずですね、


  次に、今日はネタがないので経済の話でも書いてみましょうか、

  専門家ではないのに書くのはあれですが、最近ちょっと読んだ本があって、下の方でも紹介しているものですが、私と同じような意見をいっている方がいたんですね、


  どういう話かというと、今の景気回復は上手く行かないという事と、今の経済が原因で財政破綻すると書いてあったのですが、私もそういう気がします、

  まあ経済の予測なんてのは、占い師みたいなものなので確実性はないのですけど、前々からどうもそういう予感が消えないので書いてみると、


  それで一つ目は、景気は回復するのか?、ということを書いてみようと思います、

  今株価が上がっているが、実体経済はかなり悪化している、貿易赤字も拡大し、産業もがたがたになりつつある、


  それでも上がる株価が不思議だけど、これから経済がどうなるかと考えてみると、大幅に悪化する可能性がある、

  どうしてかというと、いわゆる今の様なインフレ通貨安政策では、輸出重視の政策になるが、今の日本には輸出が可能であるかという疑問がある、
 

  例えばいま資源インフレが起きていて石油などが大幅に上がり、その分価格転嫁などが起きていて、

  それとは逆に家電ではデフレが起きている、パソコンなどが大幅に値下がりしていて、資源インフレと製造業デフレのような形がある、

  そういう形があった上で、輸出重視の経済政策が成り立つかと考えてみれば、成り立たないんですよね、


  何故かといえば、通貨安によって製品を作るための資源が値上がりし、そして今度は逆にその製品の価格が落ちているので、仕入れが上がりし売り上げが落ちるという悪循環が起きているからで、

  本来であれば通貨安によって輸出が伸びて、それが売り上げに貢献していけばいいのだけど、最近は海外でもそれなりのは作れますから、製品を作ったとしても海外の安い製品に押されて売れない、

  つまり製品は売れず安売りをするから売り上げが落ちて、それなのに通貨安で資源価格が上がり利益が小さくなっていく、


  そして、そういう状態で何が起こるかというと人件費の削減が起きるわけで、物作り輸出重視をしていけば、そのしわ寄せは労働者へ返って来る、


  今の安部のやつがやっているのは戦後的経済論であるが、ああいう輸出製造業重視が出来るのは、昔の時代であっていまの時代では出来ない、

  昔は競争相手がおらず日本の技術の差があったので有利に立つことが出来たけど、いまはアジアでも日本レベルのものは作れるので、そうなると日本の優位性はなく、

  また、当時の日本の強みは労働力の安さであったから、いまの日本のように人件費が上がっている状態では、昔のような産業を構築することは出来ない、


  輸出を重視する製造業ビジネスをするためには、通貨安をすればいいのではなく技術力の差と安い労働力が必要になる、

  そしていまは技術力の差はあまりなくなりつつあるから、後は労働費の差でしか利益を上げることが出来なくなっている、


  分かりやすくいえば、いま戦後のような経済活動をすれば、それは国民の所得を数十年前のレベルに落とす事になり、国民所得の大幅な削減をしないとそういうことは出来ない、


  輸出製造業を生かすためには、安い入り口と高い出口が必要である、安い入り口とは安い人件費、そして安い材料費である、

  高い出口とは、高価で付加価値のある製品であるが、今の状態で出来るのは唯一安い人件費のみである、


  高い付加価値もつけることが出来ず、円安で材料費も下げれないならば、後は人件費を下げるしかないのだけど、

  そうすると国内需要が悪化し、経済の悪循環が起きた上に、インフレが襲ってくるので国民生活が困窮する、


  いまの経済指標では、国民消費が伸びているといわれているが、その多くはガソリンや光熱費などで資源インフレの結果、必要なものに金が大きく流れそれ以外の部分の費用が減っているらしい、

  その結果、パソコンなどの買い控えが増え、製品を買う流れが落ちているようだ、


  いまの安部や自民党がやっている経済政策で景気がよくなるかというと、まずならないと思う、

  戦後のような輸出製造業経済は、日本人の給料を大幅に下げないと成り立たないので、やったとしても景気は悪化する、


  もちろん高付加価値のある製品を作れればいいのだが、物を作るためには資源の輸入をしなければならず、輸入資源が高騰すればその分利益は薄くなるので、通貨安にすれば昔のように製造業で儲けられるというわけではない、


  根本的には、世界的に起きている資源インフレと、海外の技術力の向上、外国との人件費の差を考えると、通貨安をして途上国と製造業で勝負すれば、その分貧しくなる、


  もしくは国民だけ貧しくなるかだが、戦後の経済成長は安い労働力で作られたものだ、それをもう一度やるならば日本人を安い労働力にしなければならない、

  その結果経済は縮小し弱体化して景気は悪化するだろう、

  じゃあ何でそうなのに株上がっているのか?、ということを次に書いてみると、


  いま株が上がっている、個人的な意見をいわせてもらえば、多分財政破綻に近いことが起きているのではないか、そんな気がします、

  これも下で紹介している本に書いてあって、私以外にもそう考える人がいるならば、合っているのかなと思っているのですが、


  どういう話かというと、実は景気回復と財政破綻は良く似ている、

  そんな馬鹿なと思うでしょうけど、多分経済的に起こる流れは殆ど一緒だと思います、


  例えば昔一時大戦後のドイツではハイパーインフレが起きていて、当時のジョークですが、喫茶店に入ってコーヒーを頼んだら鞄一杯の紙幣が必要だった、そしてそのコーヒーを飲んで出ようとしたらインフレが起きて、鞄二杯分の紙幣が必要だといわれたというジョークがありますが、


  それが実話なのかどうかは分かりませんけど、これってある意味いまの日本とそっくりですよね、何もしていないのに物の価値が変わっている、

  企業の業績はあまりよくなく、企業取引は最悪に近い数値が出ているのに、株式だけは上がっている、

  それは何もしていないのに昔のドイツでコーヒーの値段が倍になった事と良く似ている、


  財政破綻はインフレによって起こる、その程度は色々あるだろうけど、大体財政が破綻するときはインフレになる、

  そして、インフレというのは通貨価値の下落ですから、株等の通貨でない資産は逆に値上がりしやすい、


  今アメリカでは財政の崖といわれるものが起きていて、財政破綻するのではないかといわれていますが、そこで起きてるのが土地や株が上がっている現象、

  アメリカの実体経済はよくなく、経済そのものはかなり悪化しているのですけど、土地バブルが起きていて昔のサブプライムローンのようなものが起きており、その結果経済が膨張している、


  財政破綻と株価の上昇は同じものである、財政が破綻して行けば通貨の下落が起きるので、それ以外の金融資産は逆に値上がりする、

  そう考えると、アメリカはちょっと分からないのだが、日本で財政破綻の兆候が出てくれば、株価はその分上がることになる、

  そうして見ると筋道が通るんですね、いまの経済が悪化しているのに株が上がっているのは、財政が破綻しつつあるから株が上がっているという見方も出来る、


  しかし株が上がっているのはいいのではないかという意見もあるでしょうが、それはある程度正しいと思います、

  適度な財政の破綻が景気の刺激になる、腐りかけた果物がおいしいみたいなもので、財政の破綻とは金融資産の上昇を生むので、それによる経済利益はある、


  問題があるのは、いま起きているのが悪循環の中の問題であること、つまり経済悪化が財政問題の原因になり、財政問題が金融の向上に繋がった場合、むかしのバブルとは違って二十螺旋のような形になる、


  昔のバブルは経済がいい状態で金融が膨張していた、しかしいまは経済が悪化しているのに金融だけが膨張している、そういうプラスとマイナスが強くなっているという形が果たしてどういう結果を生むのか、


  最初のほうで書いたように、インフレ政策は通貨の下落ですから、金融資産の向上は起きる、

  しかしドイツの鞄でコーヒーの話のように、インフレだから経済が良い訳ではなく、金融資産だけが上がっていくインフレは実際の経済ではなく、財政破綻を別の形で見ているだけという可能性がある、


  私がいま起きていることに疑問を持ったのは、結局これは通貨が紙切れであることの証明をしているだけではと思い、

  一万円札もただの紙切れですから、それを紙切れに近づければ相対的にそれ以外の資産は向上することになる、

  しかしそうした所で上がるのは金融資産だけですから、経済そのものがよくなるわけではなく意味がない、


  いまの自民党や仮病の安部のやっていることは、昔のバブルとは違ったタチの悪いバブルを生み出している気がする、バブルはバブルでも財政破綻型のバブルを目指しているように思える、


  最初に書いたように、財政破綻と金融資産の向上は良く似たものだ、その違いははっきり分からないと思う、

  だからいま起きているのはもしかすると、株価が上がって景気が回復しているのではなく、財政破綻が顕著化して通貨の下落が起きているだけという見方も出来る、

  
  だから実体経済はかなり悪化しているのではないか、そんな気がする事と、

  それと上で書いた、戦後的な輸出重視政策が出来ないまま、極端な通貨安やインフレが来たらどうなるのか?、そのあたりが気になります、


  まとめると、いまの経済は金融の膨張によるバブルである、問題は昔のバブルと違って景気そのものはかなり悪化しており、また、戦後のような輸出製造業型経済が難しい状態で、そういう形に持っていったことがどのような意味を持つか、


  金融が膨張すればするほど景気は悪化し、そしてその金融の膨張はどうも財政破綻の影響があるように見える、

  財政が破綻すれば金融は膨張する、通貨価値が下がれば株式は上がるわけで、いまの株高はもしかすると財政破綻の流れなのかもしれない、


  現状で見る限り、通貨安やインフレで景気が回復する可能性はなく、構造的によほど人件費を減らさない限りはビジネスが成立しないので、人件費を減らせばその分経済は悪化しますから、経済がよくなる要素がない、


  そう考えると、経済がよくなる要素がないから財政破綻が進んで、株等の金融資産だけが上がっているともいえるわけで、どの程度のものなのかという違いはありますが、ゆっくりとそっちに進んでいるような感じはします、


  だから今までのような経済とかバブルだとか考えず、何かおかしな事が起きているのではないか、そういう目で今の経済を見たほうがいいような気が個人的にはしています、






株バブル勃発、円は大暴落
クリエーター情報なし
幻冬舎



原発を終わらせる (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
クリエーター情報なし
筑摩書房



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



福祉と私 ~「支えあう社会」を国政の場から~
クリエーター情報なし
廣済堂出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



検察の罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス



検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR