01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

TPPは公平か?と民主党の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、

  
  最近パソコンの調子がよくなりました、生き物じゃないのだから急によくなるのは不自然なのですが、何故かいい感じです、

  一度おかしくなってHDのチェックをしたらよくなったので、ソフトウェア問題だったのかもしれません、


  さて、それはいいとして何か起きているかな、安部のアホが入ったTPPの所為で日本は破滅確定ですが、

  まあもう核戦争後の世界に日本人は住んでいますし、完全に世紀末に入っていますが、う~む、何を書くべきか、


  書くべきことは今まで書いてきているので思いつかないのですけど、ではTPPが社会に与える影響を書いてみましょうか、

  TPPというのは長期的影響を与えるもので、時間がたつほど大きな問題になる、


  国の主権を売り渡す制度ですから、いうならば国家主権のオークションがTPPなので、国家の主権をグローバル企業に売って、その利益をどこかに還元する制度ですから、

  国の形を根本的に変えてしまうので、長い目で見ると影響が強くなる、


  たとえば権利などは、アメリカ企業、アメリカ人の権利は強くなっても、たぶん日本人や日本企業の権利は弱くなると思うので、非常に差別的な社会になると思う、

  TPPというと、メリットとして外国の基準などが国内に作用して、社会の変革が起こるのではないかといわれているが、


  そういう要素がないわけではないけど、基本は資本の理論なので金持ち優遇、アメリカ優遇の形になると見ていい、

  TPPはアメリカによるアメリカのための制度ですから、その中で中立さや公平さが維持される可能性は低いと思う、


  感覚的にはギリシャなどの一級市民二級市民のような形になって、差別的階層を前提としたシステムになると思う、

  たとえばアメリカの企業ならば権利がある、アメリカ人なら権利があるけど、日本人にはそれがないとか、沖縄の地位協定が日本の全ての権利に拡大するようなもので、日本に住んでいながら何の権利もないような、そういう感じになると思う、


  グアムなどはそうらしいけど、あそこら辺はアメリカの領土だけど、正式にアメリカに組み込まれているわけではなく、アメリカ国民がもっている権利を彼らは持っていない、

  そのくせ軍事などは押し付けられるようで色々と迷惑らしいけど、


  TPPとは経済交流の名を騙った国家統合であり、アメリカが有利になるような形を持っている、

  そして、TPPのメリットとして海外の基準が入ってきて、日本も統制されていくのではないかというのは多分間違いで、


  TPPではアメリカに有利になる基準があって、それ以外の国は不利になる基準を強制的に定められて、そういうダブルスタンダードな形になるのではないかと思う、

  最近マスコミがTPPをキャンキャン吠えているが、TPPに入れば電波を独占している日本のマスコミにも致命的なダメージが来るのに、それを肯定しているのはアメリカとの裏取引があるからかもしれない、


  つまりTPPとはダブルスタンダードの塊で、公平なシステムにするのではなく、非常に不公正なシステムを目指しているものであり、その不公正なシステムの利益を得ることが分かっているから、マスコミや財界も賛成しているのではないかと思う、

  小泉改革も公正だ中立だといっていたが、結局不公正な制度しか作っていなかったし、TPPは公正さが何処にもないシステムになるような気がする、


  TPPのメリットといわれているのは、いわゆる黒船効果で海外の基準や考えが入るので、それによって日本が刷新されるという見方があるが、

  それにしてはその不利益を得そうなマスコミや財界の騒ぎ方が気になる、そう考えるとそういう基準はアメリカ国内では定められるが、日本ではダブルスタンダードに別の基準が決まるのではないかと思う、


  例えば、外国のテレビの参入があったとして、日本のマスコミの基準も残って、多額の税金が両方に供給されて、隠蔽するような形になるとか、

  企業で言えば、実質的な徴税権をアメリカが支配して、アメリカに税金を納めている企業は優遇され、日本政府に納めているところは冷遇されるとか、そんな形になるかもしれない、


  色々見ていて思ったのだけど、TPPとはダブルスタンダードで特定の誰かに有利になるとか、特定の国に都合がいいとか、そういうものを目指しているものなので、

  そこで客観的な基準が生まれたり、外国の圧力によって国が変わるということは、多分ないような気がする、


  元々TPPは中立な基準を目指していないので、利害関係が全てを決めるのがTPPですから、よく言われるTPPで日本のマスコミが変わるとか、企業のあり方が変わるということはなく、


  アメリカが支配する形、利益になる形においては変わっても、アメリカ内にあるような客観的基準が日本国内で適応されるのではなく、恣意的な日本で利益を上げやすい基準が作られ、そしてそれを利用する日本企業に支配される形が強まるのではないかと思う、


  マスコミはよくTPPは国際的な公平なものだ、中立で社会を変えるものだというが、

  私の知るTPPの内情は、非常に恣意的で利害関係で全てを決めるような偏ったシステムがあるので、いわれているような形にはならないと思う、


  TPPにおいて一番重要なのはダブルスタンダードが何処に出るか、アメリカは必ず二重基準を使ってくるだろう、なぜならそうしないとアメリカの利益にならないからだ、

  そしてTPPのターゲットである日本は、必ず不利な規準を飲み込まされると見ていい、それをマスコミはアメリカの基準を言うだけで、日本が受ける不利な基準は一切報道しないという姿勢を見せると思う、

  そこを読んで国内世論に出来ればいいのだけど、マスコミを信じている人が多い日本では望み薄ですが、


  ともかく、TPPでどうなるかと想像してみると、TPPは国際的な取り決めであるから、日本国内にも国際ルールが適応されるのではないか、それによって日本も変わるのではないかという淡い期待感があるようだが、


  実際のところ、私の見る限りではTPPは恣意的なアメリカ有利の制度ですから、高い確率でダブルスタンダードなアメリカ有利、日本不利の形を作ってくると思う、

  そして日本のマスコミはアメリカ有利の基準をいって、日本もそれに加われるかの報道をするだろうけど、実際は日本が不利になる別の基準を飲まされてガタガタになると思う、


  そう思う理由は、TPPによって日本の企業やマスコミは被害を受けるはずだけど、そういう風に見えないからで、多分彼らだけが助かるという裏の取り決めがあるのだと思う、


  ダブルスタンダードのダブルスタンダードみたいなもので、階層としてはアメリカ人>準アメリカ人(マスコミや財界の人)>その他(日本人)みたいな階層を作って、アパルトヘイトみたいなことをしてくる可能性がある、


  欧米は人の金を盗る事によって儲かるという考えですから、必ず低い階層を作ろうとするので、TPPで言われるような公平な関係、公平な環境というものは作られず、恣意的で歪な階層構造を作られてしまうと思う、

  それが長期的に日本を蝕むと思うが、国内で完結している階層構造ならばまだ何とかなるが、昔の東ドイツのように日本がなってしまえば、やれることは少ないだろう、


  そうなった上で人がどう生きるかがこれからのテーマのようだけど、さすがに鎖国はしないと思うので外国に目を向けることが大事だと思う、

  日本人はもう奴隷確定ですから、外国が良いとか正しいというわけではないですけど、日本の将来性の真っ暗さを考えると、外国との関係を自分の人生に組み込んでおいたほうが安全かもしれません、


  次に、安部のアホのことを書いても意味はないし、うむ、では民主党について書いてみましょうか、

  最近何故か民主党は小沢氏を評価している、小沢氏の政治と金の問題を擁護すべきであったとか、選挙の協力を重視すべしといい始めている、


  原因は民主党議員が最近離党したからで、その少し前に小沢氏を批判するようなことを細野と前原が言っていたから、それが原因で離党したのかもしれない、

  その辺りがあって掌を返してきたようだが、どうなるのだろうね、


  民主党は確かに問題はあるが、知名度がある事と労働組合の支持基盤がある、

  それだけでは選挙には勝てないのだが、ほかの党との協力があれば勝つ可能性はある、


  いまマスコミは盛んに自民党をいっているけど、前回の選挙を見る限りマスコミがいくら騒いでも自民党の票は増えないようだから、ほかの野党票がまとまれば自民党に勝つことは出来なくもない、


  今回の事は民主党の離党者が出た結果だが、離党者が出た理由は野田や管などの元執行部への批判であるから、小沢氏との協力をしないともっと離党しかねない状況があるならば、民主党と小沢氏との協力も可能であろう、


  みんなの党、生活等、民主党が票をそろえれば、自民党を上回ることも可能なので、協力が出来ればと思うのだけど、

  利害関係でシビアに動いているだけといういまの現状だと、協力というほどにはならないかもしれないです、




新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
クリエーター情報なし
双葉社



原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



マインド・コントロール
クリエーター情報なし
文藝春秋



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス




検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店







関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR