01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

安部TPPと日本の未来、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  そういえば最近タブレットPCなどが出ていますね、小型のパソコンのようなものが出ているようですが、

  買うべきかどうかと思ったのですけど使い道がなかったです、個人的には薄型ノートパソコンがよさそうだが、どっちがいいのかな、


  さてそれはいいとして何か起きているかな、聞いたところでは仮病の安部がTPPに入るらしいな、このカスアホは死ぬしかないな、

  ついにこの国も滅びの日が来てしまったようだが、まあ政権交代もこの日を先延ばしするためにあったようなものだから、いずれこういう破局の問題は起きていただろう、


  しかし安部はバカだね、アホだし間抜けだ、こんな人間の屑が生まれた事を呪うが、さてどうなるだろうか、
 
  安部のやつは、TPPでは例外なき関税の撤廃をいっているが、日本側の主張によって農業分野の規制は残すと話し合いが出来、それでTPP参加が出来やすくなったといっている、


  自民党内では6ヶ条の条件があればTPPに入っても良しとし、その条件は自動車や保険そしてISD条項の否定などが入っていたのだけど、

  安部のやつはなぜかアメリカに行くときに、農業の問題以外は条件ではないといい始め、農業の問題をクリア出来ればTPPには入れるといい始めた、


  自民党との話し合いはインチキだったということだが、自民党の間抜けどもはこれからどうするのだろうか?、

  そもそも前回の選挙で自民党が勝てたのはTPP反対を言っていたことが大きい、TPPとは農業関税の撤廃や公共事業の外資参入、国民保険の廃止をいうもので、特に地方において反対が多かった、


  地方は公共事業や一次産業で成り立っているから、それを全滅させるTPPは批判が強く民主党が負けた原因は、選挙に勝ったらTPPにはいると公言していた事が大きい、

  そして自民党はそれを否定していたのだから、それが参加に大きく舵を切るならば裏切り者になるだろう、


  TPPの参加は3月らしいが、自民党がどう対応するかだね、
 
  まあしかし自民党という、金が全てのゴミ屑の集まりに善意や責任意識はなかろう、利権をばら撒けば手のひらを返すと見ていい、


  さてそのゴミ屑政党自民党と安部のアホがこれからどう動くか、どのような言い訳をいって誤魔化そうとするか、それが自民党の一つの亀裂になるのではないかと思います、


  次に、では抽象的ですがこれからの日本について書いてみましょうか、予測なのであまり当らないかもしれませんが、このまま行くとTPPが日本に重くのしかかると思うので、


  これからの日本がどうなるかと考えてみると、自民党のアホがTPPにはいったとするならば保険制度がなくなるでしょう、

  自民党はそういうことはいいませんがTPPの狙いは日本潰しであり、そしてその大きなターゲットとして皆保険制度があります、


  日本の保険制度は金を払えば誰でも安い額で治療を受けることが出来、それなりに良く出来た制度でありますが、

  逆に考えるとそれは潜在的なビジネスチャンスでもあるわけです、つまり皆保険制度をやめれば保険商品を売るチャンスが増えるので、高齢化の進んでいる日本をターゲットにしてアメリカの保険産業が参入できれば莫大な利益を生むことになる、


  なのでTPPの狙いの一つとして日本の保険制度の廃止が言われていて、アメリカ内でTPPを進めようとしている団体にはアメリカの保険業者の組織があり、そこでは日本の保険制度をやめるようにいっている、


  そしてそうなれば日本の保険制度は廃止され、高額の治療費を払うことになる、

  そういうと公的な保険よりも民間保険のほうが安いのではないかと思うでしょうが、あまり詳しくはないのですけどアメリカの場合保険料に収入の半分くらいを持っていかれて、生活が出来ない場合があるらしい、

  それで生活のために保険をやめて、その結果治療を受けれず死ぬ人がアメリカでは多く、アメリカの保険産業は貧困問題の一つとなっている、
  

  そもそも医療というのは高額で、実際に手術などを受けた方は分かるでしょうけど、何百万とかかるものですからそれを民間の保険で補填しようとすると、保険料がすごく高くなるか、保険を賭けても治療費が莫大になるか、そのどっちかになってしまう、


  これからの日本の一つの形が、保険料が高すぎで生活が出来ない社会になること、もしくは治療費が高く過ぎて医者にかかれない世の中になること、多分これから日本人は医者などの機関と関われなくなると思う、


  病院にいけるのは一部の金持ちだけで、殆どの人は病気になったらそのまま死ぬか、治療を受けてその借金を長期間かけて弁済するような、そういう社会になると思う、


  健康に対する保障は日本ではなくなると思う、急に起こるかどうかはわからないが、少なくともいま生きている若い人や子供たちは、そういう社会で生きる可能性が高い、

  いま年寄りは自民党を支持し、若い人の人生を食いつぶして生きているけど、それがもっと極端に出るのがTPPで、年金制度と一緒で年をとった人には制度変更までの時間があるから、運がよければ助かるかもしれないが、若い人はほぼアウトになると思う、


  その結果この国でまともな治療を受けたり、医療を受けたりすることはいずれできなくなる、

  そしてそれは若ければ若いほどダメージを受けるので、この国は人間が健康に暮らせる国にはならないと思っていいでしょう、


  産業や経済に関しては、格差が著しく開くでしょう、特に外国人労働者を強制的に認めさせるのがTPPですから、東南アジア辺りと同じような給料になって、しかもインフレ通貨安ですから、生活が成り立たなくなる恐れがあります、


  TPPとは社会を完全破壊して経済に摩り替えるものですから、いわゆる社会的な要素意味などは完全に消えると見ていい、

  想像としては、社会性の一切ない産業、経済とは何かと考えてみれば、TPP後の日本経済が分かると思いますが、人間らしい生活は日本では出来なくなる、そういう時代が来ると思います、


  隣の韓国もそうらしいですが、あっちも経済はいいかもしれないけど、社会はほぼ崩壊していて、人間らしく暮らせる要素がなくなり、まともな人生が成立しない世の中になっているらしいが、日本もいずれはそうなるでしょう、


  じゃあそういう日本になるとして、どう生きるべきかと書いてみると、

  まず、これからの日本においては人間らしく生きる、ということがそもそも存在しなくなると見ていい、全て金の問題になると思うので、


  病気になったら金、生活するためには金、生きるためには金になって、そして段々と生活や生きることが薄くなり、金の部分が分厚くなるような、人間性を薄くスライスして札束の上に貼り付けるような、歪な世の中になると思う、


  だから日本は人間が生きる社会ではなくなると思っていい、

  日本は人間が生きる社会ではないと考えればいい、金銭的に何かが動くことはあっても、そこに日本人がいたり日本という国があったり人間がいたりということはなく、ただ金だけが回る社会になるだろう、


  人間は虚構化してフェードアウトし、日本という国を人間として考えることは段々と不可能になってくると思う、

  そうなると、日本が金儲けの道具にはなっても、それ以外になる可能性がないとすれば、社会性や人間性を維持するのは難しくなる、


  となるとやはり外国に行くことがいいと思う、これからの日本という国は分かりやすく言えばパチンコになるようなもので、ピカピカ光って、映像が出て、さも人間がいるかのような、世界があるような社会があるような演出があっても、そこには何もないので、日本という国の中で何かを追求するという視点を捨て、何もない世界だと考えて別の世界を見る必要がある、


  戦後という時代は結局日本を滅ぼしてしまいましたから、そこに何かを見出すのは難しいので、やはり外に向ける目が必要になると思います、

  この国では人間が人間らしく生きることは、多分不可能になっていくと思うので、日本という国を金儲けの土台と考えるのはいいとしても、そこでは人間の人生は成立しなくなるので、考え方を変える必要がある、

  これが若ければ若いほど強く出るので、若い人がこの国で自滅しないような配慮をしなければならない、


  年寄りはそういう社会性が残った状態で死ねるからいい、しかし若い人は下手をするとそういう事を一度も味わうこともなく一生を過ごす可能性があるので、その回避策が必要になる、


  これからの未来で必要なことは、とにかく日本で生きようとしないこと、この国は人間が生きる国ではなくなるので、生活をしたり仕事をしたりするのはいいけど、日本で生きていこうという考えは難しいと思う、


  もちろんすぐそうなるわけではないけど段々とそうなるから、日本が人間が生きていけない社会になるという前提で、人生を組み立てていかないといけないと思う、

  日本はアメリカや外国の植民地国家になるのだから、その不利益は非常に大きなものになり、そしてその多くは一般国民の不利益として降りかかってくる、

  それを避けれないというのならば、最初からそういう可能性を除外して生きるべきであり、日本という国はなく、日本人という人はおらず、日本という社会は存在しないと考え、日本は金儲けの道具だと考えればいい、
 

  その上で外に目を向けて、可能であれば外国などで人生などを成立出来ればいいのだが、

  まあ昔から書いているように、日本は人間の住む国ではなくなると思うので、そういうものとどう付き合うかと考えるべきだと思います、






新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
クリエーター情報なし
双葉社



原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



マインド・コントロール
クリエーター情報なし
文藝春秋



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス




検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR