01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

通貨安問題と安部TPPと福島被爆と今年の経済の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一


    どうもこんにちは、


  最近は隕石が落ちるようになりましたね、逆襲のシャアという昔のアニメを思い出しました、


  まああれほど大きなものが落ちたわけではないですが、さてそれはいいとして何か起きているかな、聞いたところではG20というのが開かれたようだ、

  昔はG7といっていたものだね、先進国が落ち込んで途上国なども含めた会議になったようだけど、そこで通貨安の問題をいっていた、


  通貨安といえば日本の円安問題があるが、その指摘もあったようだ、

  通貨に対してあまり詳しくはないが、今の株高は通貨安によるものが大きい、株高といっているが買っているのは殆ど外国人投資家で、通貨安を見て割安なった株式を買っているようだが、


  日本国内の投資は増えていないようだから、外需による株価高騰が起きていて、その要因が円安であるらしい、

  昔の売国政策は不良債権処理などで、その債権の処理方法をコントロールし、外資が欲しがる物件を不良債権と認定して、それを格安で売った後に政府保証を与えたり、資金供給をして便宜を計っていたが、今回は通貨を利用した形を持っているようだ、


  しかし実体の伴わない株価の向上は反動を生むし、結局外国人投資家、いわゆるヘッジファンドのような勢力の金儲けいのために、国内のリソースを使う手段はどこかで問題を生む気がする、

  短期的にはごまかせると思うけど、長期的に見ると通貨安は悪影響も強いものだから、その悪影響がどう出るかというのはあると思う、


  日本の85%は内需産業であるから、通貨安のデメリットが出やすい業種が多く、また通貨安は外国人投資家のためのものになってしまっているので、日本人の利益にならない要素が強くある、

  また、実体の伴わないバブル的効果であるから、経済の変動が大きく起こるようになり、その変動のたびに社会問題が起きる歪な世の中になるだろう、

   
  前も書いたけどマネタリズム経済=バブル経済なので、実体を伴わないバブル経済を生むだけなので、変動が大きい上に経済そのものを良くする意味はなく、

  特定の誰かの利益になるような形を強く持つので、誰の利益になるのかということをよく考えないといけないものである、


  今の所外国人投資家への利益供与という意味が強いようだが、外国人投資家の歓心を買うのも限界があるので、どこかで無理が出るだろう、

  マネタリズム的な政策は経済や社会へと広がりを持つものではなく、特定の誰か、特定の層向けの政策になるので、その要素に対する吟味が必要である、


  今の所外国人投資家への関心が主題であるようだが、いずれこれは変わるでしょう、

  多分だけど、今の通貨安政策はTPPの前座のような意味があって、外国人投資家の歓心を買うためのTPP政策という、二次的な流れになる気がするので、


  通貨安株高で政治人気でTPPというのが今の流れだとすると、TPPと外国人投資家の流れも見えてくるので、今の株高はいずれTPPに摩り替わって来るのではないかと思います、


  次に、安部のやつがTPPにはいるといっているね、あれ、自民党の反対派はどうしたのだ?、

  聞いたところでは自民党の大半が反対らしかったけど、金が全ての自民党だから、黄金色の何やらをもらって口を噤んだのか、


  性根の腐ったゴミ組織ですが、仮病の安部がTPPに入るのは前も書いたけど、ある意味想定内だろう、

  元々野田と安部は兄弟みたいなものだから、官僚を親に持つアメ犬売国奴兄弟なので、野田のやつはTPPに入ろうとしていたが民主党内の反対が強すぎたので、解散総選挙で民主党を潰して自民党にTPPをやらせようとしていたから、野田の意思を引き継いで安部がTPPに入るのは規定路線ではある、


  問題があるとすれば参議院選挙前である事と、自民党反対派への攻撃が強くなることはあるだろう、

  実は自民党議員の多くはTPPに反対すると誓約書を書いているらしく、もし自民党が参加すればそれを反故することになるし、それは非常に大きな問題になる、


  また、参議院選挙前なのも大きい、参議院選挙で重要なのは一人区で、一人区というのは人が少ないところだから、農業の票が非常に大きい、

  TPPは関税の撤廃なので、一次産業は壊滅的状態になり、それを考えるとTPPに入れば地方票はなくなるだろう、

  それにTPPは公共事業への外資参入を認めるものだから、地方にとっては産業の全滅を意味し、TPP参加をいえば選挙には勝てない、


  ある意味前回の選挙で民主党が大敗した理由が、民主党がTPP賛成で自民党が反対だったからで、その逆の形が起こる、


  この国は崩壊しつつある国である、それは内部外部ともに崩れつつある国なので、その崩れた結果社会が変わることがあるのだが、小泉政権は日本の内部の崩壊が露呈した事件であり、その結果政権交代が起きた、

  そしてTPPとは日本の外部が崩壊する現象であるから、それによる反動は強く出るだろう、


  本来であれば壊れる前に直せばいいのだけど、日本人は現実を見ない民族性があって、見ざる聞かざる言わざるが日本人の民族性ですから、実際に問題が起きるまで対処をすることはない、
  

  今の日本人は家の内側が壊れて家の倒壊を心配し始めて、今度はそのことを忘れて外壁が崩れ始めているという、現実逃避をやりすぎた弊害が出ていると思う、

  周りに合わせていれば現実を見ることはない、組織は集団幻想だから全員でトリップして妄想を見ているのだろうけど、実はそろそろ危ない状況に入っているので、気づいてほしいものです、


  後は、福島県知事が被爆限度の引き下げをいっている、福島県民がよほど嫌いなのだろうな、

  聞いたところでは年1ミリシーベルトでは除染ができない、もっと被爆限度値をあげてくれといっているようだが、何でこいつは福島県知事なのだろ、


  県民を病気にさせるのが趣味な知事も珍しいが、そもそもこいつは前の県知事が原発反対派だったので、その人物を冤罪で逮捕し、その後釜に据えたやつだから、県民が生きようが死のうがどうでもいいのだろう、


  しかし1ミリシーベルトは法律の基準であるし、社会的に暮らすのならば安全基準は守らなければなるまい、

  高い線量の場所であっても一時的ならばいいが、社会的に暮らすということは子供や妊婦さんなども暮らすわけで、基準を緩めてしまえばそこに暮らすことは出来なくなる、


  こいつのいっていることは良く分からないが、基準を緩和すれば問題が解決するというのはどういう理由からだろうか?、

  今の福島では主要なところが汚染で住めなくなっているらしい、たとえば重要な道路が走っているところ、商業都市部が汚染地域になって駄目になっているらしい、

  その結果経済は駄目になってしまって、人間をばらばらにするような形で、全体を生かすような意味を持てていない、


  だったら諦めればいいのだけど、それが嫌なのだろうな、それで強引に安全だという形にして、何事もなかったような形にする狙いだろうか、

  しかしどうだろうね、福島の汚染された村では、去年までは多くに人が村に帰りたいといっていたのに、今年になったら殆どの人が帰りたくないと答えるようになってきているから、別の地域で暮らすことが長くなってきて、考え方も変わってきているとすると、


  たとえばその知事が20ミリシーベルトまで安全だといって、帰って来る人間がいるかという問題はある、時間がたてば経つほど被爆の問題は強く出てくるので、そうなると帰るのは危ないと思う人も増えるし、

  何十年も経てばピークは下がるけど、ピークが下がる頃にはもう帰ろうなんて人はいなくなるのだから、帰る人間なんて最初から最後までいないんじゃないか、


  やるのだったら1ミリシーベルトの基準を守るべきで、安全ならば住む可能性もあるのだから、危険な所に無理やり住ませようとするのではなく、安全なところに住めるとアピールしたほうがいいのではないか、


  これが原発推進派の罪で、原発は安全である、被爆は安全であるといってきたから、問題の対策が被爆の安全性を主張するしか出来ない、

  危険だけど対策をしたから大丈夫ではなく、危険だけど安全だと風潮しておけば何とかなるだろうと考えるから、人が寄ってこない、


  事故が起こるまでは安全神話にも意味はあった、しかし事故が起きた後も安全神話を続けるのは社会的信頼を損ね、トータルで見ると上手く行かない形を持っている、

  原発推進派が被爆対策をすれば、そこに残る人間は一人もいなくなるだろう、何故なら安全対策をする気が全くないからで、そんな連中のいる所に行きたい人間がいるはずがない、


  これも日本人の病理だろうか、精神論を言うだけで具体的な対策をしない姿勢が被爆問題にも出ていて、それが福島の壊滅的な終わりを作り出しているように思う、


  それ以外だと、たまには経済の予測でもやってみましょうか、

  仮病の安部がアホな事を言い出したので、経済論を書く人が増えたので私も書いてみると、


  これからの経済はバブルがいつはじけるかというのがある、実体経済を伴わない株高であり、しかも外国人投資家によるものなので、政治謀略であがっている可能性が高く、どこかで駄目になると思う、


  特に国内から株を買う流れが出ていないのが良くなく、国内の活力が尽きているようなところがありますから、金融的な外需依存はいずれ限界が来る、

  日本国内の利益を生まない外需金融景気は、逆に経済的問題を生む可能性も高いので、どこかでおかしくなるはず、


  そしてこの外需金融景気はTPPとつながりがあり、株高からTPPへのつなぎがどうなるかというのがある、

  外需金融景気というのはある意味TPPですから、グローバル資本が国内の事情を無視して株価を上げ下げする行為なので、いまの株高がTPPの前座であるとすると、その繋ぎがどうなるかというのはあるかもしれません、


  いまの株高はバブルなのでいずれ駄目になる、そして駄目になるのを防ぐためにはTPPが出てくるはず、外需金融景気=TPPですから、TPPがないと株価が上がらないという形を作るはず、


  ただまあこの辺りはタイムラグがあるので、何時ごろになるかはよく分かりませんけど、外需に依存した株高に対して日本政府が資金提供をしたとしても、いずれ限界が来るのでその負担を国民に押し付けてくる、

  そしてその負担とTPP負担が二重に来て、国民生活が韓国みたいになったとして、それがどの辺りかということかな、


  私の見たところでは今年の終わり辺りには、TPP外需金融景気負担税みたいな、なんだかよく分からない負担で国民がヒーヒーいっている像が見えるけど、その頃には経済は駄目になるでしょう、

  ただその前に参議院選挙があるので、そこでTPPを止めれれば考え方も変わるのですが、それが出来ないと今年の終わり辺りでは国民レベルで見た経済は崩壊しているでしょう、

  その負担の結果経済指標は上がっているかもしれませんが、このアンバランスさをどう隠蔽するかが政治の仕事になって、国民を騙す政治とマスコミがどんどん大きくなっているかもしれません、


  いまの経済は国民レベルで見た経済と企業レベルで見た経済が分裂しているので、国民レベルで見ると今の株高はTPPへの呼び水であり、外需に依存した金融バブルを維持するために国民を犠牲にするTPPの為なので、その負担がいずれ来ますから今年の終わり辺りはかなり酷い事になっている恐れがある、


  企業レベルではバブル維持を目指すと思うので、数値そのものは上がりもせず下がりもせずという形になるかもしれないけど、隣の韓国は国民生活は崩壊しているのに、企業収益はそれなりにいいらしいから、日本もそういう国になると思います、


  ポイントはTPPが止まるかどうか参議院でとまらなかったら、国民生活は二度と良くなることはないでしょう、

  経済的な予測としてはTPPがどうなるかですね、TPPにはいれば金融バブルの維持が出来るけど、国民生活は崩壊する、

  TPPを阻止できれば、金融バブルが弱くなるが、国民の生活は維持が可能になる、


  国民の生活と企業活動、どっちを経済と呼ぶべきなのかはっきりしないのですけど、いまの株高はTPPにするための見せ金ですから、釣り針についた餌なのでこれを食うと一本釣りでガタガタになるし、何とかこらえてもそれほど良くなるわけではない、そんな感じですかね、

  
  そもそも上手い話などはないので、上手い話に乗って潰れるか、上手い話を我慢してそこそこへ向かうか、国民レベルの経済でいえばTPPによってそれが大きく分かれると思います、






新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
クリエーター情報なし
双葉社



原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



マインド・コントロール
クリエーター情報なし
文藝春秋



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス




検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR