06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

安部核実験と遠隔操作ウイルス事件の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一


    どうもこんにちは、


  最近パソコンの調子が悪いです、どこかのパーツがおかしいのでしょうけど、よく分かりません、

  見たところデータ転送に問題があるようで、マザーボードかハードディスクかその間のケーブルの問題みたいですが、どれが壊れているのか分からない、

  全部取り替えるのは大変ですし、困ったものです、


  さてそれで何か起きているかな、ふむ、聞いたところでは北朝鮮が核実験をやったようだ、また安部が金でも掴ませたのだろう、

  北朝鮮といえば自民党、核ミサイルといえば清和会と裏で繋がっているのは公然の秘密ですが、北朝鮮が動くということは自民党の働きかけがあったということになる、


  自民党やマスコミは軍事化を進めたいから、尖閣問題で火種を作ってさらに煽るために核実験をやったのだろう、狙いとしては日本の核武装辺りだろうか、

  自民党は核武装をすべしという人が多いから、北朝鮮との核戦争というテーマを作って、騒動を起こすのが狙いだろうか、


  ただどうなのかな、昔聞いた話では北朝鮮は実は核開発をしておらず、核実験というには規模が小さすぎるので、核実験を偽装しているだけで何もしていないのではないかと聞いた、

  今回はそれをさらに小規模化したものだから、その偽装が小規模になっただけという可能性もあり、そういうスタンスならば別の可能性もある、


  私が気にしているのは、北朝鮮の狙いは日本の軍事化ではないかという気がする、

  たとえば仮病の安部などの軍事キチが自民党には多い、そして前回の選挙を見る限り、日本の右翼化は進んでいて自民党が極端な軍事化を進めたとしても、それを容認する可能性が高い、

  そこまで読めば、北朝鮮が実際にやったかはわからないが、一応フラグとして核実験をしたとして、その先の可能性をどう読んでいるかと考えてみると、


  相対的有利性あたりだろうか、北朝鮮は軍国主義で核開発をしているけど、日本のほうがもっと酷い軍事独裁国家じゃないかと、そういう形を目指しているようにも見える、

  国際社会からすれば脆弱な北朝鮮よりも、日本の軍事力のほうが危険視されているから、日本は憲法改正をし極端な軍事路線を進むと公言している国であり、いまのアジアにおける軍事的危機の最大の要因は日本である、


  日本が極端な軍国主義に入らなければ、北朝鮮の悪といっていられたが、自民党は戦前の軍部が正しく、ああいう国に戻すべきだと公言している勢力だから、そこが強くなると日本のほうが悪になる、


  北朝鮮が助かる唯一の道は、自分以下の国を生み出すことで、自国以上に危険な国をアジアで生み出せば、北朝鮮は極端な体制を取る必要がないし、また自国の体制がいくら偏っていても対日本防衛で必要だといえば、それなりに筋が通ることになる、


  私は日本の反中教育の騒動は、中国という仮想的を作り出し、日本の軍国主義を進めるためのものだと書いてきましたが、

  同時に北朝鮮にとっては日本という仮想的がいれば、自国の軍国主義が正当化されるので、そういう可能性を探っている気がする、


  それはタイミングによって意味が変わるだろうけど、いまのように尖閣問題で日中間が争っているときに、北朝鮮が核開発をすれば日本の右翼化は極端に進み、日本は北朝鮮以上の軍事独裁国家になる可能性がある、

  そういう形を作るメリットが北朝鮮にはある、つまり日本を仮想的にする利益があるわけです、


  北朝鮮と日本は振り子や天秤な関係があるので、北朝鮮の行為は日本の何らかの要素をピンポイントでついていて、それが向こう側の利益になるような意味を持っている、

  今回の件に関しては、北朝鮮は日本の極端な軍事化を誘い、その利益を海外に提供しつつ、自分の立場が国際社会で目立たないようにする、そういう意図があるような気がする、


  そしてその利益を得るのは仮病の安部などの自民党とアメリカだから、やっていることは今までと同じで、その図式がかなり過激な形になってきた、そういうことではないかと思う、


  北朝鮮にとっては中国は敵でアメリカはお得意様ですから、北朝鮮がアメリカや日本を挑発すると、日本の軍事化がおきアメリカにとって得になり、

  また北朝鮮の問題は中国の負担になるから、中国から金を引き出す手段にもなる、


  多分北朝鮮が核実験をやったのは尖閣問題を見て、中国の弱みを握りアメリカに日本の軍事化をプレゼントするいい機会だと思ったからだろうが、尖閣問題が彼方此方に飛び火しているところはあると思う、


  争いは争いを生み、それが止まることはない、尖閣問題を騒げば北朝鮮が核開発をする、そして北朝鮮の核開発を騒げばまた新たなる争いが生まれる、

  その辺りを仮病の安部が狙っているようだが、こいつを始末しないとその流れは止まらないでしょう、


  次に、パソコンの遠隔操作ウイルスを作った人が捕まったようだ、新しい人身御供のようだけど、

  この事件に対してはある以上は詳しくはないのだが、うーんと、まず四人くらいの人が掲示板などに書き込みをし、そこで殺人予告を行った、


  その結果逮捕されたようだが、それはウイルスによるもので本人が書いたものではなく、感染したウイルスが勝手にその人のパソコンを使って書き込んだものらしい、

  パソコンにはIPアドレスというのがあって、ネットに繋がるときはこれと基点にあちこちと繋がるのだが、そのアドレスを元に犯人を特定し、犯人だと思って逮捕したら違った、


  それでウイルスの作成者を探していたら、作成者が猫に情報の入った首輪をつけるなどして警察を挑発し、その挑発の元をたどっていたら今回の容疑者が見つかった、

  ただしこの人物が犯人である証拠はなく、状況証拠しかないという問題がある、


  マスコミのいっていることは意味不明だが、容疑になった原因としてその首輪をつけられていた猫の付近にいたことや、パソコンの自作をしていたこと、過去に警察の厄介になっていて、送られてきた犯行声明分と似ていることがある、


  しかし、それは証拠とはいえないし、そもそもネット上の情報はそのほぼ全てが捏造できるものだから、ネット上の情報を基に処罰をするということは現実的には出来ない、


  ネット上の犯罪の問題は、全ての証拠を捏造し、そして隠蔽も簡単に出来ることで、証拠が存在しない犯罪が普通に出来るので、罪に問えない犯罪が可能になっている、


  もちろんものによるけど、今回の件に関してはその人物を捏造して犯人にすることは出来るけど、その人物が本当に犯人であるか特定する方法はないと思う、

  それはパソコンのスキルによるけど、ある以上の上級者に対しては警察といえども何も出来ない、


  海外を見るとネット上で国家を攻撃したり、不正を暴いたりしている組織があるけど、そういう相手に対して国家は何も出来ず、一方的に叩かれてばかりだが、ネットワークは非常に力の強いものだから、国の権力で管理できるものではない、


  そこら辺の歪が出ている気がしますね、ネットワーク上の犯罪はどうとでも隠蔽が出来るのだから、ある意味罪の問えないものである、
 
  もし罪を問うならばそれ相応に法律や国家制度をネット対応しなければならないが、日本はそういう事をやってこなかったので何も出来ない、


  日本が出来ることは、犯人と目ぼしい人物を捕まえて、情報操作で犯人であるというイメージを作り、後は恫喝を伴った取調べで調書を作り、強引に罪人にするしか手段がない、

  それじゃあ本当の犯人かは分からないのだが、今の日本ではネット犯罪の犯人を特定する手段はないので、パフォーマンスで誤魔化すしかないのである、


  捕まった人が本当の犯人かどうかは分からないが、もし犯人が本当にスキルのある人間だったら、その人を国がさばくことはできない、

  ネットは国家を超越した存在でもあるので、それを使いこなせる人間を国家が管理することは出来ない、

  じゃあどうするべきかと次で書いてみると、


  それでネット犯罪に対して国家制度がどうするべきかと考えてみると、

  ネットの犯罪において重要なことは、スキルが低い場合は普通の犯罪扱いでいいのだが、高い場合は犯罪者として扱うのが難しい問題がある、


  まずネット上の情報は全て捏造可能なので、証拠がそもそもないんですね、だからネット上で何らかの行為をしても、それが残ることはなく、証拠がない以上罪を問うことは出来ない、


  出来るとすれば、それ相応のスキルを持った人を司法に配置することだが、日本の縦社会ではそういうことは難しいし、

  また、今回のような誤認逮捕を避けるためには、取調べ等の改善も必要だが警察にやる気配はない、


  まとめると、まず土台として冤罪や取調べの検証をする必要がある、なぜならネット犯罪は証拠がない犯罪であるから、警察は犯人を捕まえようとしたときに、その多くを犯人だと特定できない問題がある、


  つまり相手が犯人であるか警察は判断できないので、犯人だと目ぼしい人間を捏造することになり、それを防ぐためには取り調べの厳格化が必要である、

  ネット犯罪に対しては、犯人の特定が非常に難しく、証拠も事実上存在しないので、間違って逮捕する可能性が高い以上、取調べの厳格化は必要だといえる、


  ネットは誤認逮捕の温床になりやすいというのがまずあるので、司法制度の改善をしないと、ネット犯罪は冤罪の繰り返しになる可能性が高い、


  次に、ネット犯罪は普通の形で証拠が存在するわけではない、ネットで起こることはかなり特殊なものになるから、それ相応のスキルが必要になる、

  そしてそのスキルは多くの場合才能によるところがあるので、そういうことに向いている人を配置しなければならない、

  その辺りは脳筋体育会系の警察の姿勢を改め、優秀な人材であれば登用する姿勢が必要だろう、


  今回の件は警察の古臭い体質が出た問題といえ、江戸時代の岡引みたいな考えてパソコンの犯罪を調べたらこうなったという、喜劇的なところがあると思う、


  ネット犯罪に対して重要なことは、とにかく素直であること、こいつは犯罪者なんじゃないかと決め付けるのをやめ、違うかもしれないと常に考え続けること、

  そして、ネット犯罪は非常に複雑だから、才能がある人間を素直に認め、実力で問題を解決するような体制を作ること、


  新しい時代の犯罪は、それを素直に認めることによってのみ解決する、そしてそれが完全に出来ていない日本の司法制度では、ネット犯罪の冤罪が蔓延し、犯罪者自身は逃げまくって、永久ループのような状態になるでしょう、






新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
クリエーター情報なし
双葉社



原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



マインド・コントロール
クリエーター情報なし
文藝春秋



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス




検証 尖閣問題
クリエーター情報なし
岩波書店






関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR