03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

農耕民族から、海洋民族へ、

    どうもこんにちは


  今日は朝寒かったですね、まあ、私の住んでいるところだけなのかもしれませんが、やっぱりなにか気象が変ですね、何となく最近は、大気のバランスが上手くとれなくなってきているように感じます。 さて、それはいいとして、今日は、農耕民族から、海洋民族へ、ということでも、前回書いたことともつながりますが、ま、なんと言うか、この国の政府の体制の崩壊はほとんど防げない以上、別の道が必要になるわけで、そうなるとやはり今までの生き方でない、新しい生き方、そういうものを模索しなければならないのではないかと思うので、そこで考えたのが、農耕民族的生き方から、海洋民族的な生き方へ変えたら、なんとかならないかな、と考えたのでそういう事でも書いてみようかと。


  今ちょっと海洋民族というものを調べてみたのですが、一つ分かったのが、日本人はそもそも生粋の海洋民族だということですね、それが鎖国とか、大陸からの文化の輸入によって、農耕民族的な考えを主とするようになってきたんだな、ということが、何となく分かったので、ならば、今は鎖国もしてませんし、大陸からの文化の影響も少なくなってきた、ならそろそろ、農耕民族的発想、ある種の位置エネルギー的発想といいますか、こう、物を積み上げて高くなっていけばよくなるというより、運動エネルギー的な、スピードとか方向性で勝負していった方が、これからは色々やり易い所もあるのではないかな、と思います。


  まず、縦社会的発想は、農耕民族的なので、これからは難しいかもしれません、縦社会というのは、動きを無視してひたすら高くなればいい、上で書いた位置エネルギー的発想といえますが、その考え方は、高い所にあるものはエネルギーがある、だからどんどん高くすればいい、確かにそうだが、しかしその高さを維持するためには、ピラミッドのような、大きな組織がその高さに比して必要になり、また、高くなればなるほどバランスをとるのが難しくなるので、動く事が殆んど出来なくなる、それは昔の中国の清王朝とかと似ていて、大陸的、農耕的発想であり、そもそも日本人の向いている発想では無いように思います。


  ですからそうではなくて、日本人の強さ引き出せる方法、それは海洋民族的な、柔軟性、動きの鋭さ、それが本来の力のはず、それがいつのまにか日本人に一番向いていない、組織的スクラムを組んでしまった事が、根本の間違いでしょう、そこを変える面を含め、また、日本政府の制度崩壊も考えると、やはり、海洋民族的考え、発想、行動、そのあたりがこれからの鍵になる事もあると思います、はっきりするわけではないですが、全体的にそういう傾向が強まるでしょう、ならば多少は合わせておいた方がいいと思います、ある種の意識改革が、この国の人には要るのではないかなとも思います。


  人の人生にしても、例えば国家の興亡といいますか、まあ、滅びるまでいかないくても、衰退というのはありますから、そういう事を考えていくと、日本というより、日本政府は、間違いなく衰退期でしょう、これからどんどん役に立たなくなるのは間違いないので、そのあたりを避けて上手く生きていかねばならない、ま、ようは日本政府が日本人の最大の問題点と考えて良いわけで、それさえ避けれれば、なんとかなる可能性もある、そのためには今までの日本人の考え方ではなく、国家を中心とした組織的考えを捨てて、個人の人生や世界、そういうものを主としてみてみるのもいいかもしれないなと思います、国があてにならない以上、そういう国家というものに付き合えば付き合いほど、リスクが増す事になるわけですから、そういうものを避けたほうがいいかもしれません。 今の時代はむかしの逆で、床がぬけつつある時代という感じで、人が多く集まっている所ほど、床が抜け易く、問題に巻き込まれやすいというか、そういう所があるような気がします。


  全体でいえるのは、日本という国家制度の衰退期に、いま日本人は直面しているということ、また、日本人は海洋民族的な動きのよさが取り柄なのに、それを潰すような制度や考え方が多すぎる事、そのあたりから脱却しないといけない、全体で見れば、日本はこれから発展するであろうアジアの、要の部分にいて、そして色々なアドバンテージがある、だから、日本政府の問題が、日本人の殆んどの問題だといっていい、それ以外はたいした問題はないというのも、全体的にはあるので、こう、大きく考えてみて、日本人にとって問題になっている部分を考えてみると、それは一部であり、それを回避さえ出来ればなんとかならなくもない、そんな気もします、そしてそのためには、組織的な農耕民族的発想ではなく、柔軟性を持った、日本人本来の気質である、海洋民族的発想で、通り抜けてみてもいいのではないかなと思います。



関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR