03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

アルジェリア問題とコスプレ体罰と尖閣諸島問題の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  最近は寒いですね、寒波が来るらしいけど、日本もヨーロッパみたいになってきました、


  さてそれはいいとして何か起きているかな、う~む、なんとなく日本はもう終わっているような気がするので、書いて意味があるのかと思ってしまうのだけど、

  ともかく何か書いてみると、アルジェリアで日本人を含む数百人が武装ゲリラに襲われ、人質になっているらしい、


  爆弾を巻きつけられて逃げられなくなっているらしいが、軍の突入によって大半は解放され、ある程度は収束しつつあるが、

  まだつかまっている人も多く、また軍の突入で亡くなった人も多いらしい、


  その武装勢力はアルジェリアの日本企業を襲い、その理由はマリに侵攻してきたフランス軍に対する反発で、イスラム原理主義勢力に手を焼いていたマリ政府が、フランスに援軍を求めてそういう勢力を制圧し、その反発として武装蜂起が起きたようだ、


  この件についてはややこしくて分かりづらい所もあるが、まず武装勢力といわれているのは地元の部族であり、その国に対する反発を持っていたようで、アフリカやアラブは部族の影響が強いですから、国に反発する部族が蜂起したという意味が強いらしい、


  今回の件に関してはフランスの軍事介入への反発がある、もともとアフリカに対してフランスはたびたび軍事、そして政治介入を繰り返し、そのたびにアフリカの混乱を助長してきた歴史がある、

  よくアフリカは貧しい国だといわれるが、その大きな理由としてフランスなどのヨーロッパ諸国の内政干渉があり、アフリカが貧しい原因は外国からの軍事や政治的介入が大きな意味を持っている、


  それをもう一回やってしまったというのがまずあって一般的なマスコミの論法とは違い、多分アフリカの人からすると全然違う理論が彼らの頭の中に浮かび、それによって武装蜂起という考えに行ったのだろう、


  欧米メディアはこれをイスラム原理主義者、いわゆるテロリストの犯行のようにいっているが、欧米諸国がたびたびアフリカに干渉していた歴史を考えると、それに対する反発があったという見方もできると思う、


  具体的なところは私はアフリカに詳しくはないので分からないのだが、少なくともマスコミの言うような特定の勢力が悪いということではなく、複雑な国際情勢そして国内情勢があって、そこにフランスの介入が着火点になって、火が燃え上がって日本企業まで燃えた、そういう感じではないかと思う、


  アフリカと欧米は対立しているので、アフリカで起きる問題は欧米に対する反発で起きることも多いですから、単純に悪がいて善がいるというものではなく、欧米とアフリカ間のややこしい政治の関係が火種になっていると思ったほうがいい、


  欧米のリビア侵攻やアラブの春というものも根本的には欧米とアフリカ、そして欧米とアラブという政治的対立が根底にあるようで、マスコミのいうような単純な話ではない、

  だから今回のことも単純なものではなく、欧米とアフリカ間のドロドロした怨恨の問題が根底にあると思います、


  次に、大阪のコスプレ市長が体罰をしたようだ、よく分からないが体罰云々といっている、

  ややこしい話なので順を追って書いてみると、

  まず大阪の高校で体育教師が、自分が顧問の部活の生徒を何十発も殴り、そのうえで言葉で責めて自殺に追い込んだ、


  それに対してコスプレ市長は、体罰はいいものだが度を起こしてはいけない、今回のことを機に体罰について考えていこうといって、それが反発を受けたら、

  今度は体罰なんて知らない、あんなものは人間がやるものではないといい始め、その高校の教師を全員首にして、受験もやめるといい始めた、

  そうしたら今度は受験生が反発し始めて、入学を廃止するのはおかしいといい、それに対してコスプレは、入学出来ないのもいい人生経験だといい始めた、
  

  という辺りが現在らしいが、ややこしい話だな、、

  そもそも大阪のコスプレ市長といえば、子供は叩くべき者だ、叩かない、体罰のない学校など存在するべきではない、体罰はいいものだとよく言っていて、体罰容認発言をしていた、

  そのせいか大阪では体罰が容認され、その大阪の体育教師も体罰に走り、教え子を何十発殴ってもなんとも思わないようになっていた、


  政府が体罰がいいというのだから、教師が体罰をするのは当然で、本来であればこのコスプレが責任を負うべきであるが、責任意識など生まれつき無いコスプレなので、全てを人のせいにしようとした、


  それがその学校の教師を全部首にするという話で、ここまで極端なことをいうというのはプロパガンダ的な手法論で、大きな声にはより大きな声(過激な発想)で覆うべしという、テンプレ的手段を使い隠蔽をしようとしたことの更なる反動が今起きているようだ、


  例えるならばボタンの賭け違いをどんどんやって行ったら服が着れなくなったようなもので、そもそもこのアホコスプレが体罰容認などせず、体罰問題をまじめに考えておけばよかったのであり、そこが間違っている以上どうにもならない問題なのだが、


  無能な人間に出来るのはこの世の破滅だけだから、このコスプレ野郎もそういう道を進み始めているのだろう、

  その亡くなった生徒はかわいそうなものだ、そのアホ市長がいなければ死なずにすんだかもしれないのに、


  いまアホ市長支持派はこの問題に関して訳の分からないことをいっているけど、あんたがたの所為で生徒が死んだのだということを少しは考えてほしいものである、


  後は、鳩山氏が中国に行き尖閣諸島問題について語ったようだ、

  まあマスコミは非難一色のようだが、相変わらず無茶をする人物である、


  鳩山氏がいったのは、尖閣諸島問題は係争地域であり、係争地として考えるべきだといい、

  それに対して中国の要人は、係争地であることを前提に棚上げ論にすべきではないかと提案した、

  その後南京に行って南京大虐殺の施設に行き、そこで多くの人が亡くなったことを見たようだ、


  鳩山氏はネトウヨの血圧を上げるのが上手いが、相変わらず大胆なことをするけど、それなりに意味はあるといえる、


  まず中国側が棚上げ案に同調したこと、つまり中国側は尖閣諸島問題を起こしたくなく、穏便に済ませたいという考えが強いこと、

  それと南京に行ったことも、批判はあるだろうがそういう態度をとり、中国との対立を回避しようとしたことは悪くはない、


  前も書いたけど別に中国と争う理由は無い、ネットでよく中国と争うべきだという意見を見るが、その理由がよく分からないんですよね、

  確かに中国が気に入らない、中国人が気に入らないというのは人によってはあるかもしれないが、

  じゃあ争う理由はあるん?、と聞くとそういうものは殆どなんですよね、争いたいから争うといっているだけで、日本と中国が争わなければならない理由は別に存在しているわけではない、


  尖閣諸島だってやくざの因縁みたいなものだから、肩がぶつかったじゃないかとかそういうレベルの話で、尖閣諸島問題がどういうものであるのかという意見は殆ど聞かない、


  尖閣は問題だから中国は気に入らないというだけで、なぜ尖閣諸島が問題なのかは誰も答えられない、

  そもそもの始まりは日本側の挑発であるのだから、挑発をすれば相手が出てくるのは当然であろう、挑発をしたのが日本側であるのに、それを中国が悪いかのように言うのは詭弁ではないか、


  中国側が尖閣諸島に対して領有権を主張するのは立場上当然であり、日本は戦争に負けたから周囲の島に対しては領有権がはっきりしない、それに対して中国側が主張しなければそれは日本領になってしまう、つまり中国側からすれば権利の主張までは立場上せざる得ないだろう、


  その上で韓国やロシアのように侵略し支配せず、日本側の実効支配を認めていたのだから、中国側はそれほど強く領有権を主張していたわけではなく、立場上主張はしていたがそれ以上を望んでいたわけではあるまい、


  それを勝手に日本が騒いでおかしくしただけで、根本的問題は日本にあるのだから、日本側が態度を改善しない限り尖閣諸島問題は解決しないだろう、

  それは竹島問題を韓国が妥協し、北方領土をロシアが妥協しなければ解決しないように、尖閣諸島に関しては日本側に責任があるのだから、解決を目指すならば日本側から考えを変えるべきだろう、


  それに中国は別に尖閣諸島がほしいといっているわけではない、鳩山氏の訪中を見る限りもとの棚上げにしたいといっているのだから、それでいいのではないか、
 

  尖閣諸島問題は中国が悪いと考えている限り解決しない、竹島が韓国の問題であり、北方領土がロシアの問題であるように、尖閣諸島は日本が実効支配しているのだから、そこで起こる問題の殆どは日本側に原因があると考えるべきだ、


  だったら日本側がどうするかと考えればいい、別日本側が悪いと考える必要は無いが、実効支配をしているということは主導権を持っているのだから、それを使って問題の解決をすればいい、


  そして中国側がいっているのは元の棚上げ戻す案なのだから、それでいいんじゃないのか、


  結局尖閣諸島問題とは、自民党の軍国主義のために中国を利用したペテンであるから、日本人にとってメリットない、


  尖閣諸島問題は解決しなければならないし、それは日本人の手で日本国内の右翼勢力を潰さないと解決しない問題である、

  尖閣諸島問題は身から出たさびであり、根本的原因は日本の右翼化に問題がある、それを人のせいにしている限り、状況はどんどん悪化するでしょう、






新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



「アラブの春」の正体 欧米とメディアに踊らされた民主化革命 (角川oneテーマ21)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)



「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
クリエーター情報なし
双葉社



原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



マインド・コントロール
クリエーター情報なし
文藝春秋



小沢でなければ日本は滅ぶ 「政治の悪霊」と戦い続ける男
クリエーター情報なし
イースト・プレス





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR