01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

石原暴言と安部消費税と自民維新の軍事化と、なぜ原発は爆発したのか?、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  今日も寒いですね、寒いのはいつもの事ですが、どのくらいまで寒くなるのか心配です、


  最近は異常気象ですから氷点下何十度とかにならないといいのですけど、それはともかく何か起きているかな、、

  う~む、多少ネタはあるようだが、ではまず石原がテレビで暴言を吐いたことを書いてみると、

  石原といえばボケが進んで、日頃から徘徊をしていて気づいたら都庁を出ていた、よく分からないやつですが、


  こいつは右翼だ保守だといっているけど、実はは腐った利権屋で、右翼や保守は商売道具、そういうポーズをとることで金儲けをしているから、日頃そういうことを言っているのですが、


  そいつがテレビに出て、今の日本の憲法は腐っているから駄目と、そんなことをいったらしい、

  回りがいさめると分け分からないことをいって喚き、日本の憲法は平和憲法でありそれを守るべきだといわれると、そんな事は出来ないとまた狂ったように騒ぎ始めたようだ、


  そのまんまの禿もいっていたが、こうも意味不明なことをいうとは、そろそろお迎えが来ているのかもしれませんが、

  ともかく、石原のいう日本の憲法は腐っている?、平和憲法など出来ない?、ふーん、そうかね、


  えーっとまず現行の憲法でなければ、お前の人権を保障する事は出来ず、お前がその年まで生きる事は出来なかっただろう、

  国民の権利を保障する事を戦前はやっていなかったのだから、お前みたいな下劣で下品な物書きなど、即効で縛り首になっていただろう、

  戦後の平和憲法があったから、おまえのような人間性のない屑作家でも生きてこられただけで、憲法がなければお前の出版物など一つも発刊されなかっただろう、


  そして平和憲法がおかしいだと?、これまた間抜けな話だが、お前は軍人でもなければ軍事的能力が高いわけでもなかろう、
 
  となればもし戦前のような軍国主義時代にお前が生まれたとしてどうなったか?、

  猥褻で下劣な小説しか書けないやつなど、即効で戦地に送られてゴミとなって死んだだろう、


  ネットウヨクもそうだが、こういう頭の逝かれた右翼に共通しているのは、自分が大将になれるという間違った判断がある、

  過去の歴史を見てその時代に生きてみたいと思っても、多くの時代その社会に生きている人の多くは奴隷だから、過去の歴史に住んだらそのまま奴隷の一生しかないのと同じく、


  戦前の軍部のような時代になれば、一部の軍事に向いている人間以外は、戦地に送られてゴミとして処分され、それ以外の選択肢がないのが普通である、


  このボケ老人石原の間抜けさは、自分が何故今生きていられて、今の地位があるのか、それは平和憲法のおかげてそうなっている事に気づいていない、

  下品な小説しか書けないゴミ作家が、戦時中に何か出来る事があったと思うのかね?、平和だから、国民の権利があったから、お前のような人間の屑でも生きてこられた事を感謝すべきが、この間抜けはアホな事を言っている、


  ネットウヨクもそうだな、あんたらも安部にみんな殺されるというのに、今生きていられるのは現行憲法のおかげだというのに分かっていない、

  戦前の憲法では国民の権利はなかった、発言権もなかったし、一部の人間以外は奴隷のように生き、そして戦争で死んで行った、

  その死因の大半は餓死で、餓死するために戦争に行って、戦う事もなく空腹で死んでいった、それが自分の未来になるとして、それが正しいといえるのか?、


  こういう右翼だ保守だという意見はよく分からないな、右翼だ保守だという意見がいえるのも現行法があるからで、戦前の状態ならばそういう発言権もなかっただろうし、自分の意見をいえない世界が正しいという右翼や保守は、頭がおかしいと思う、

  
  まあ結局はそういう連中は金のためなんだろうな、右翼だ保守だというのは金儲けのために言っているだけで、そんな事を信じている人はいないのだろう、

  そして、右翼だ保守だというのは国民への抑圧として言い、こういう連中は山賊と一緒ですから、後世のために片っ端から潰していくのがいいでしょう、


  次に、自民党のゲリこと安部が、消費税に賛成しないとかするとかいっているようだ、

  またゲリが気になって決めれないのか、消費税に賛成するともらすかもしれないとか、そんな理由なのだろう、


  消費税について、自民党は確か国会では賛成していただろ、それを何故賛成でも反対でもないというのか、

  またこの馬鹿の妄想が始まったのか、前の選挙でも小沢氏が話し合ってくれないから腹痛が起きて首相を辞めたが、今回は賛成か反対か分からないから腹痛で辞めるのかい?、


  腹痛はそんな便利な病気じゃないんだけどな、大体から首相が何で腹痛で辞めるんだよ、普通そんなやつはいないだろうに、こいつは何を考えているんだ、


  昔から意味不明なやつだけど、何で美しい国なのか、戦後レジュームからの脱却なのか、日本は民主主義国家であるのに、国民が誰も思っていないことを政策に掲げるのは、民主主義ではないと思うのだが変なやつだ、


  ともかく、自民党の下痢安部が消費税は賛成か反対か分からないといっている、

  いや、お前も思いっきり8月に賛成していただろうに、自民党が賛成しなければ法案は通らないのだから自民党は消費税賛成だろう、議会で法案を通した当事者があれは間違いだったというのはどういうことだ、


  確かに、民主党内の反対があったので、消費税に対してはある程度の経済改善がなければ増税しないとなっているので、それを言っているのか、

  そういえば下痢安部といえば、極端な金融緩和や異常な量の公共事業をいっているが、それは消費税にためのいっているのかもしれない、


  消費税というと福祉のために使うといっているが、実際は消費税を福祉の分に使い、その増えた予算を福祉から削りとって、削り取った分で公共事業をするらしいから、消費税を使って公共事業をするらしい、

  消費税を上げた分を社会保障費に入れて、その後今まで社会保障費に使っていた財源を公共事業に使うので、消費税=公共事業らしいが、


  自民党といえば利権を漁るゴミクズ連中であり、この世から消えたほうがいい人間の屑しかないけど、

  自民党=公共事業だから、今の自民党や役人の公共事業予算は、消費税を当てる予定なので、消費税を上げれないと困る、


  そして消費税を上げるためには、ある程度の経済回復が必要だ、だから下痢安部などは極端な金融緩和や公共事業といっている、

  そしてその財源は消費税で、消費税を上げるために景気回復をし、景気回復のために消費税を使った公共事業をする、

  なんだかグルグル回ってバターになる話を思い出しますが、分かりやすくいえば消費税を使った公共事業をしたいということだろう、


  ネットで見ると、自民の経済政策はいいんじゃないかという人がいるが、問題は自民党の経済政策の財源は消費税であり、公共事業は消費税を財源にして行うということに気づいているかどうか、

  つまりそういう公共事業に関与していない人にはメリットがなく、金だけ毟り取られる形になるのが安部の言っていることである、


  安部のやつが何故消費税賛成とも反対ともいわないのかは分からないが、選挙対策でゴチャゴチャ考えているのだろうが、法案に賛成した以上賛成は賛成だろう、

  そして、消費税は多くの人が勘違いしているが、社会保障には使われるのだけど、実はその分今まで社会保障に使われていた財源は公共事業などに使われるので、実質的には公共事業のための財源になる、


  それをこの下痢野郎が否定するわけがない、200兆も公共事業をするのだから、消費税はいずれ50~60%くらいになって国民は餓死し、下痢安部とその周辺以外は全滅するでしょう、

  
  後は、自民党などがいう軍国化について書いてみると、

  自民党や維新は軍国主義をいい、国民は徴兵してアメリカの捨て駒になってあの世に行けと盛んにいっていますが、

  ではその軍事的方向性がどういう意味を持つかと考えてみると、


  自民や維新は軍事化徴兵制といっている、まあ徴兵制自体は韓国や台湾でもあるようで、徴兵制そのものを悪だというわけではないが、

  問題はこいつらの考えで、そもそも日本の国防というものはそれほど重要ではなく、

  例えば日本の北西方面の朝鮮半島関連の防衛は、間に韓国があるので防衛上危険になる可能性は低い、


  SFみたいな話を書く人によると、北朝鮮と韓国が手を組んで日本に攻めてくるから、日本は朝鮮半島への防衛を考えなければならないといっているが、それは常識的にはありえない話で、


  現実的には、韓国と北朝鮮が手を組むには経済的な問題が大きいので、足並みをそろえる可能性は低く、日本を攻めてくる可能性はない、

  それは同時に中国が日本に朝鮮半島を通じて攻めてくる可能性もなく、もし攻めてくるとしてもそれは韓国が滅んだ後であろう、


  韓国、君の事は忘れないとでもいうような、別に日本を守るためではないのだけど、朝鮮半島を通じで北朝鮮なり中国なりが軍事的に出てきた場合、まず犠牲になるのは韓国なので、韓国が攻め滅ぼされるまではその方面は安全でしょう、


  じゃあ北西はいいとして、西や南西の九州とか沖縄近くの島、特に尖閣諸島などの問題が起きたらどうなるかというと、

  ここは台湾問題が起きる可能性が高いと思う、

  尖閣諸島問題というのは、アメリカの影響を受けた香港の活動家が、尖閣諸島の上陸し主権を主張した、


  香港は一応中国であるが、中国批判が強いところであるので、あの尖閣諸島の上陸は、日本への挑発だけでなく中国政府への政治的パフォーマンスという意味が強くあった、

  
  つまり、香港もそうだし台湾もそうなのだけど、その辺りの地域は中国への反発が強く、そして尖閣諸島の領有に関しては台湾も主張しているので、もし中国が尖閣諸島などの領有をし始めたら、台湾が中国と全面的に争うことになる、


  それは中国も望まないので、尖閣諸島などの日本の西側の島の問題に対しては、中国内部の複雑な事情があるので、日本側が挑発しない限りはそこから中国がくる可能性は低いと思う、


  もちろん日本が石原のように人気取りのパフォーマンスで挑発して、中国側がそれの対処をしなければならなくなったら、全面的な争いになる可能性もあるけど、

  日本側の挑発がなければ、中国側がここから手を伸ばす可能性は低いと思う、


  後は北方領土だけど、北方領土問題自体は存在するが、ロシアは日本との経済交流を望んでいるようなので、

  領土問題はあるけれど、ロシアが日本を攻めてくる可能性は低いと思う、

  アメリカの事もあるけど、ロシアは中国と仲が悪いらしいから、アジアに極端に手を出すと中国が警戒するだろうし、ロシアが日本の防衛上重要であるともいえないと思う、


  日本が韓国や台湾と違うのは、海を挟んでいるというのもあるけど、間に台湾や韓国などの別の国があり、常に直接的な脅威にさらされていない事で、

  例えば竹島、尖閣、北方領土などがあるが、それは点の問題であって面の問題ではない、


  台湾や韓国などは首都が敵国と接しているわけで、日本でいえば東京が地続きで中国やロシアとつながっているようなものだから、韓国や台湾の防衛論とは意味が違ってくる、
  

  そしてそういう直鉄的なぶつかり合いがない国ですから、同時にそれは間接的なやり取りのほうが重要になる、

  日本の防衛上必要な事は軍事力ではなく外交力であり、直接的な軍事の対立を考えるのではなくて、軍事的な対立が起きない外交戦略が重要になる、


  こう考えてみれば分かるように徴兵制をする必要性は日本に於いてはない、

  軍事防衛よりも外交戦略が重要な国で徴兵制をする必要性はなかろう、

  日本の防衛は外交にかかっており、軍事力で防衛をするという判断は間違いである、

 
  戦前は欧米諸国が日本に直接攻めてきていたという事情があったが、今はそんな事はないし軍事力を重視するほど、敵国が日本に迫っているわけではない、

  北方領土も竹島も何十年も今のままだったし、尖閣諸島も日本が挑発しなければ問題になる事はなかった、


  今の日本に領土問題がないとはいわないけど、そういう小さな島のために極端な軍国主義路線を組むのは、明らかにアンバランスであるわけだから、自民や維新のいう徴兵制は軍事防衛を目的にしていないと見るべきだろう、


  じゃあ何であるかといえば、維新や自民にいえるのは、とにかくアメリカの犬としていきたいという願望で、アメリカに忠誠を誓って日本人を奴隷のようにこき使おうという考えが強い、

  
  自民も維新も言っているのは国民の奴隷化と軍国主義で、しかもアメリカのための軍国主義といっているのだから、

  北朝鮮を作ったのはソ連と中国だけど、日本を北朝鮮のような国にして、アメリカの傭兵を輸出する軍国主義にしたいというのが、こいつらの考えだろう、


  徴兵制という色々な見方があるし、分かりづらい面もあるだろうけど、国民の人権を廃止するといっている自民党や維新の会の狙いは、単純な軍事ではなく北朝鮮のような国にするための軍事化であろう、


  今の維新や自民党のいっている事は、北朝鮮が自国民にっていることと殆ど同じで、

  北朝鮮は外敵が外敵がといい、そして自分らは優れた民族であり、誇りを持つべきだという、

  その上で国民は貧しく、国家に逆らうと殺されるが、それと全く同じことを維新と自民党は言っている、


  自民や維新のいっている事は北朝鮮と全く同じで、国民は貧しくても我慢しろ、日本人は優れた民族だ誇りを持て、教育は共産主義ではないが、似たような極端な教育を正しいといい、

  そして常に敵を作って、敵との戦いをあおることを言う、北朝鮮と自民と維新の差など殆どない、


  だからいま尖閣だ何だといって軍事論をいう人が多いが、今いっている徴兵制などの理論は防衛論ではなく北朝鮮論なんですね、

  つまり、北朝鮮の国の運営の仕方を日本が真似ているだけで、日本を北朝鮮のような国にしたいから、軍事だ、防衛だ、徴兵制だ、誇りだといっている、


  自民や維新のいう徴兵制とは、国内に対する統制と弾圧のために行うもので、

  北朝鮮の軍隊も外国と戦うのではなく、自国民を殺害する事のほうが多いだろうけど、自民のいう徴兵制もその過程で国民を殺すか、徴兵した兵士で国民を殺すかの違いでしかない、


  上でも書いたように日本には軍事的防衛はあまり必要ではない、尖閣等の問題はあるがそれがあったとしても、その結果外国が攻めてくる事はなく、外国が攻めてくるのではないのだから、それは軍事的な防衛論にはなるまい、

  どちらかといえばそういう島の問題は、軍事ではなく外交て解決すべき問題であり、それを軍事論でいうのは間違いである、


  であるのに、なぜか自民や維新は軍事徴兵という、その上国民の権利のはく奪もいっているのだから、自民や維新のいう軍事論は尖閣のためではなく、国民を弾圧するための軍事論と見るしかない、


  そしてその形は北朝鮮そっくりで、いまの安部とか大阪コスプレ市長が北朝鮮のトップでも違和感ないでしょ?、維新とか自民がやりたいのは北朝鮮であり、日本が北朝鮮のような国になって欲しいから、徴兵制といっているのである、


  軍事独裁のための徴兵制というのが自民や維新の狙いであり、そしてその徴兵した国民を外国に売り渡し、その見返りで自分らは豊かに暮らそうというのが、自民や維新の基本戦略と見ていい、


  徴兵制というのは北朝鮮のミサイル開発や核開発みたいなもので、北朝鮮に住んでいる人からすればミサイルを造っても核を開発しても、そんな事には何のメリットも無いばかりか、負担ばかりが増えてしまうのだから、そういう事はいやだろう、

  それと同じ意味が自民や維新の徴兵制にはある、日本の防衛上軍事強化の必要性は低いのだから、それでもやるというのは国民を弾圧するための軍事化と見るしかない、
 
  
  自民党や維新は北朝鮮化を目指す組織であるという事、だからもし自民や維新に投票すると、それは「日本を北朝鮮にします」という事に同意したことになり、日本がそのまま北朝鮮のような国になる事を意味する、


  自民や維新のいう軍事論は軍事独裁を目指し、国民を弾圧するためのものであるという事、決して防衛のためではなく国民を叩くために軍事化をするのである、

  そういう連中がいるということは考えなければならない、国民を弾圧するための軍事化をどう止めるかというのが、これからの話になるでしょう、




  さて、それはいいとして今日は、なぜ原発は爆発したのか?、という事でも書いてみようかと、

  去年福島原発が爆発しました、その爆発に関してはあれこれいわれ、ややこしい話になっていますけど、

  それを大雑把にまとめてみようかという話なのですが、


  それでなぜ原発は爆発したのかという事で、福島の原発は爆発し、福島は二度と人の住めない地域になりましたが、それが何故おきたのかというと、

  一つにはアメリカの問題があります、


  元々日本に原発を入れようとしたのは電力供給のためではなく、日本人の核アレルギーを抑えるためだったらしい、

  日本は核ミサイルと投下されましたから、核というと国民の拒否反応が強く、アメリカの原子力潜水艦や空母などが寄航するたびに多くの批判が起きた、


  それに対しアメリカは日本の核アレルギーを変えたいと思い、当時の読売テレビのトップに持ちかけた、

  そこでそのトップは許諾し、自身も政治家になってマスコミのプロパガンダによって、核は安全である、核は必要であると洗脳し、原子力発電所を自身の力で作った、


  まあ国会議員としてですが、そういう読売新聞が作った原子力発電所ですが、元々はアメリカが日本の核アレルギーを変えたいという思惑から始まり、

  それを読売テレビがプロパガンダで、原子力エネルギーが必要であると国民を洗脳し、日本中に原発を作って、原発なんてそこら辺にあるじゃないか、だったらアメリカの核兵器搭載船や、原子力空母などが来ても良いじゃないかという、洗脳による世論を作った、

 
  この時点で日本のマスコミの本質が見えますが、長崎や広島の原爆投下を彼らは初期の段階から否定して、ああいう情報を流すのをやめるべきだと考えていたわけで、

  この辺りは他の新聞社テレビも同じであり、当然同業者だから読売がアメリカのために便宜を図り、原子力発電をやっていたのにそういうことは一切報道しなかった、


  そういう前提があって、じゃあ何で爆発したのかとなるのですが、

  まず爆発した原因としては炉のタイプの問題があります、


  日本の原発の炉は、最近のは違うかもしれませんが、その多くはアメリカで作られたものであり、アメリカの規格で作ったものですから、地震対策をしていないんですね、

  今回福島原発が爆発しましたが、あれも旧式のアメリカ基準の原発で、アメリカでは殆ど地震はないので、地震にたいする対策は福島原発では取られていなかった、


  津波なんて想定すらしていなかったらしいけど、福島の原発が爆発した最大の理由は、上で書いたように日本の原発はアメリカに便宜を図るために作られたため、日本のために作った原発ではないので、例えば地震などのアメリカにない問題については、検討されていないんです、


  もし日本で原発をやるのならば当然地震対策をすべきですが、表面的にはやっているいっていますが、実はやっていないんですね、

  だって日本の古い原発の多くは、アメリカの規格で作ったものをそのまま使っていますから、当然地震対策なんてしていないんですよ、


  後では多少はやっているのだろうけど、最初の設計で地震を度外視して作られているのだから、日本の原発は地震に対して非常に脆いところがある、

  そして、日本の原発はその多くが老朽路であり、福島と同じ地震対策をしていないものが多く、いつ爆発してもおかしくはないのだけど、


  まあ福島原発が爆発した大きな理由として、日本の原発は日本のためではなくアメリカに便宜を図るために作ったため、アメリカ用の地震対策をしていない原子炉を使っている、


  なので、非常に地震に弱いんですね、地震がおきたらどうするかという設計が甘く、

  今回の件でも、津波で壊れたといっていますが、どうやら実態は地震の時点でもう配管が壊れて爆発していたらしいから、そもそも地震に弱い原子炉を使っていたというのが原因にあるようです、


  原発が爆発した理由とは日本の原発は政治的理由で作られ、安全対策は二の次でアメリカにいい顔をするために作ったものだから、原発の安全をどうするかという事は考えられていなかったので、それが爆発した原因としてあります、


  そして、アメリカ製の爆発しやすい原発であったという事があって、その後その運用なども見てみると、

  日本の原発は電力のためではなく、政治的理由で稼動していた、


  だから、運用にも致命的な問題があって、原発の安全対策は不十分であり、例えば最近いわれている活断層の上にある原発や、軟弱な地形の上にある原発などもあり、地震が起きた時に簡単に壊れる原発が多い、


  日本の原発は海岸線に多く、その辺りには大体どこでも活断層があるらしいから、日本の原発はいつ真っ二つになってもおかしくなく、

  また、砂の上に立っているような、砂上の楼閣ならぬ砂上の原発があるらしく、地震がおきたら液状化でぶくぶく沈む原発もあるらしいです、

   
  後は建設材料なども粗雑であり、デタラメな基準を通したものを使っている場合があり、そしてその建設もそこら辺の人を使って作っていて、専門家が建てたわけではないらしい、


  原発というと地域の経済であるから、地元のそこら辺の人を雇って建設した原発もあるらしく、かなり出鱈目な造りの物もあるらしい、

  設計が間違っていて、資材がおかしなものを使っていて、組み立ても素人がやっている、そういう風に出来上がっているものなので、かなり日本の原発は問題が多い、

  
  普通ならばそういうのはチェックが入って変える事になったり、問題の指摘が行われるはずだが、
  
  日本の原発は官僚主導で国策でやっているから、問題の指摘を出来ないように作られているので、原発はかなり出鱈目に造られているのだけど、その問題を調べる手段はないらしい、


  福島原発もその中の一つであるから、当然作られる過程の問題があって、それが原発事故の問題になった可能性は高いと思う、つまり原発の作りそのものに問題があったのではないかと思うのだけど、

  今は汚染では入れませんから、真相が分かるのは100年後くらいなのでしょう、


  そして、運用の問題としては自民党と小泉政権の問題がある、

  今の安部も関与しているらしいけど、福島原発が爆発した理由として、メンテナンス不足、そして事故対策不足をいわれている、

  
  実際事故が起きたら右往左往するだけで、どうするべきなのかという計画が全くなく、事故がおきてそれを東電や官僚はボーっと見ているだけで、何もしなかった、
  
  それは何かをしてないというのではなく、こういう問題が起きることを考えていなかったからなんですね、


  日本の原発の安全基準というのは、危険性をすべて想定外にするというスタンスで、事故で起きる可能性はすべて想定外にしておいた、

  例えば今回の事故で津波や地震によって、電源がなくなった事が爆発の原因になったが、それを国会で指摘されたとき、今の自民党の下痢安部はそういう事は想定していないといったようだ、


  詐欺師の小泉もそうだが、あいつもこれと同じような意味があって、

  上で書いたように日本の原発の安全性とは、危険な可能性を想定外にすることによって成り立っていた、分かりやすくいえば安全対策は何もしていなかったのだけど、


  そこで詐欺師の小泉は、原発の危険性が指摘されたり、問題化したりすることを避けるため、原発の安全対策ををどんどん削っていった、

  どうしてかというと、安全対策をすると危険だと思われるかという、ブラックジョークをやっていたのだが、

  ある意味福島原発が爆発したのは安部や小泉のせいであり、こいつらが原発の安全対策を軽視し、安全性のを強調するために安全対策の費用を削った事が事故につながったといえる、


  全般としているのは、日本の原発は政治的な思惑で作られたものであり、技術的な問題などは殆ど考えられていないものである、
 
  まず最初に原発は、アメリカの原子力船のために、日本の核アレルギーを変えるために作られたもので、

 
  日本の風土とか、日本の地震が多いことなどを考えて、日本で原発をするべきかどうかという事を、全く考えずにはじめたものである、

  だから、日本の原子炉多くはアメリカ製で、アメリカには地震が殆どないから、日本の原子炉の多くは地震対策をしていないまま動いており、非常に危険なものが多い、


  そして、原発の立てる場所とか、資材と、建設に対しても、政治優先ですべて決めてしまったので、安全性を度外視して作ってしまい、

  いつ地割れが起きるか分からないところや、地面が軟らかくて砂の上に立っている原発など、そういう危険な原発が多く、


  また、資材もおざなりに作られており、建設も素人が作ったものが多いらしい、

  原発は地域の公共事業みたいなものだから、地方の素人の人を使って作られたものが多く、専門ではない人が作っているものが多いらしい、
  

  当然そうならばチェックが入るべきだと思うでしょうけど、原発は官僚の無謬性で作られているので、危険だといわなければ(=ばれなければ)安全という、そういうスタンスで作られているため、科学的な見地において安全かどうかというチェックは行われていない、


  そして最後の政治に戻って、今の自民党の安部とか小泉とか、ああいう新自由主義者は、その流れを更に加速させて、安全対策をすると危険だと思われるからしないという、本末転倒なことをしていた、

  いうなれば、消火器を置いておくと火事が起きるから置かないという、何をいっているのだかよく分からない事をしていた、


  詐欺師の小泉政権や下痢安部政権時には、今回のような事故が起きるのではないかと、指摘されていたのだが、

  それをこいつらは、事故の安全性というのは危険だと思われなければ出来る、だから安全対策をしなければ危険だと思われないだろうという、意味不明なことをし始めて、

  福島原発を含め、色々な安全対策をどんどん削っていった、


  だから福島原発が爆発したときに政府が右往左往したのであり、そういう何も出来ない空っぽな状態に持っていったのが、新自由主義や小さな政府、そして自己負担、自己責任をいった、小泉と安部なのである、


  つまり原発が爆発するのは自己責任、被爆するのは自己負担、原発の安全対策を一切しない小さな政府と安部と小泉はいっていたわけだが、

  まあ100%とはいわないが、福島原発が爆発したのは、小泉改革による新自由主義に原因があるのだろう、


  と、長く書いてきましたが、事故が物理的にどう起きたのかとかいてもいいのですけど、真相は闇の中ですからね、1000シーベルトの中というか、人間が踏み込めないところに事故の真相があるのだから、事故が何故おきたのかというのは説明が出来ないかもしれない、


  しかしこれだけの事故だから、偶発的という事はなく、何らかの政治的社会的問題が起こしたものであるのは確実で、そういうところから考えると、

  今回の事故は、アメリカにおもねる政治、官僚の無謬性による問題の隠蔽、無能な政治家のパフォーマンスによる安全対策の軽視等が重なり起きた事故ではないかと思う、


  いえるのは政治的思惑で科学的なことをしてはいけないという事だろう、それは他の面でもいえるけど、

  政治や政府というのは、あくまで中立に立ってチェックをすべきものであり、それが世界を覆うというか、社会を支配する存在として居て、

  そういう形を作ったときに、じゃあ政府が問題を起こしたら誰が止めるの?、という根本的な問題が露呈したのではないかと思う、


  政治は中立でなければならないから、原発に対して政府が中立な判断をしていれば、今回の事故はおきなかっただろうし、

  そして見たところ率先して原発を爆発させようとしていた風にしか見えないのだから、原発が爆発したのはこの国の異常性が起こした問題だといえる、


  原発を爆発させたのは地震ではなく日本政府である、原発を爆発させるような日本政府がいる事が問題なのだ、

  それを変えるためには、日本政府を変えないといけないし、日本政府を変えない限り、近い将来原発が爆発すると思います


  (う~む、今日も長いですな、今日は短くさくっとの予定だったのに(全然そう見えないけど))




「アラブの春」の正体 欧米とメディアに踊らされた民主化革命 (角川oneテーマ21)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版




原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ




アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館




「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
クリエーター情報なし
双葉社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR