01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

鳩山氏辞任と政党助成金と千葉生活が第一と都知事選と石原TPPと亀井氏の党の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一




    どうもこんにちは、


  最近は雨がよく降りますね、日本の冬というと晴れのイメージがありますが、よく雨が降るということはまだ冬ではないのでしょうか、


  さてそれはいいとして何か起きているかな、豚、下痢、ボケ老人にコスプレと、最近の政治は奇人変人ショーになっているから、ネタ自体はあるのだけど、

  ではまず鳩山氏が辞任したことを書いてみると、


  鳩山氏が辞任した事は前回書きましたが、そのときはまだ辞任するかどうか分からなかったのだけど、結局辞任したようだ、

  そのあと民主党への批判を繰り返しいっていたから、鳩山氏は民主党への攻撃を考えていたのかもしれない、


  鳩山氏は批判も多い人だが、支持している人も多い人物で、ネットなどで批判が散々書かれているのに、その中に鳩山氏支持の意見を見ることが多い、


  普通ネットの場合クラスタ化というか、特定の意見が集中する事が多いから、その中に逆の意見が現れる事は少ないのだけど、鳩山氏に対してはそういう意見が多く見られた、

  そういう意味では鳩山氏を支持している人は多く、同時に鳩山氏が民主党をやめる事は、民主党への打撃になったのだろう、

  党の創設者を辞任に追い込む組織ですから、その批判は強くなるだろう、


  鳩山氏は兄弟で2~30億くらいの資金を出して民主党を作ったのだが、管や野田に乗っ取られて今となっては何も出来なくなってしまったので、

  自らが離党して民主党つぶしをかけたか、もしくは民主党の変化に期待したというのはあるかもしれない、


  鳩山氏は民主党の中心人物だから、それがいなくなれば党の方針はおかしくなるし、

  また、民主党は鳩山氏の資金で運営していた部分が多いから、それがなくなれば野党にいった後存続ができなくなる可能性もある、


  鳩山氏が何を考えているのかは分からないが、いえるのは民主党の終わりか変化を期待したのだろう、だから辞任したのではないかと思います


  次に、自民党の下痢こと安部が、助成金の規制をいい始めている、

  今回の選挙は少数政党が多い、そして少数政党であっても5人以上いれば、助成金を受ける事が出来、

  最近の例でいえば、ボケ老人石原の作った太陽の党は、その資金を受け取った後すぐに解散して維新の会へいってしまい、太陽の党としてもらった金はそのまま持っていったらしい、


  安部の奴はそういうことを指摘しているようだが、本質的には関係ないだろうな、

  こいつがいいたいのは、格差による優位性だろう、


  日本の政治は金がかかるといわれている、一つには選挙区が大きく、人口が多い分多くの人と接しなければならないので、

  例えば海外では宣伝カーに乗って演説したりはしないが、あれは日本の人口が多いからああなっているらしく、


  イギリスなどの人口の少ない国では、政治家が個別に自宅を訪れ話し合いをするのが普通で、あんな車に乗って騒いだりはしないらしい、

  それ以外でも、選挙に立候補すると供託金といって、数百万の金が必要になるが、海外では誰でも立候補できるようになっていて、そんな風に金を要求する事はない、


  下痢安部のいいたい事は、金持ち意外は選挙に出るなという事で、嫌がらせで適当な事を言っているのだろう、


  この馬鹿安部の意見は無意味だが、日本の政治に金がかかるというのは事実だから、よく金権政治が問題といわれるけど、政治に金がかかる以上金権政治にはなるわけで、制度そのものを変える必要がある、


  そのために必要な事は、政治に対する資金の供給で、民主主義には金がかかるという意識を国民が持って、

  政治家や政治活動への資金供給と、金がなくても政治が出来る土壌作り、そういうところがいると思う、


  金権政治が悪いといっても意味はないので、政治には金がかかるものと考えて、それをどうするか考えるべきだと思う、


  後は、小沢氏の党、生活が第一が千葉で候補を立てているようだ、

  千葉の選挙区は13でそのうち9つまでに候補を立てている、

  う~む、何で千葉なんだろうな?、


  元々生活が第一は千葉に候補者が多く、民主党から離党した人は千葉の政治家が多くて、生活が第一の影響力は千葉においては結構強い、

  それと千葉の人間は反権力思想が強いから、成田抗争みたいな権力者が気に入らないと考える人が多いので、その辺りの考えを取り入れようということだろうか、

  
  首都圏のどちらかというと地方の千葉や茨城や群馬などは、自民党が強いところであったものだが、

  最近の自民党は軍国主義政党になったから、あまりそういうところと関係がなくなり、部分的に切り取れる地域も出てきたという事だろうか、


  候補者を一つの県に集中するというのは悪い事ではなく、相乗効果も望めるし、何より一回勝ってしまえば、その地域を独占し続ける事が出来るのでメリットは大きい、
 
  考え方としては、大阪のコスプレ市長とかと同じで、地方で影響力のある人や地域を作って、長期的な政治の足場を作るという考えだろう、


  ただその分千葉以外の候補者が減るわけで、その辺りがどうなるかというのはあるかもしれません、


  それ以外だと何かあるかな、聞いたところで東京都知事選で変顔面こと猪瀬が出るようだ、

  こいつは顔の形以外には何の価値もない人間で、人相がああでなければ何も出来ずに終わったであろう人物であるが、

  その顔人間が都知事選に出るようだ、


  いまの都知事選の候補者は、弁護士で貧困者救済をしていた人物と、その顔面が出るようだ、


  猪瀬といえば、こいつは日比谷公園の使用許可をさせなかった人物であり、その理由が自分らの頃は日比谷公園がゴールだったから、日比谷公園がスタートなのはおかしい、楽をするなとかいっていた、
  
  何言っているんだか分からない馬鹿だけど、ただ単に公園の使用を許可して、国民が発言をして、自分の権力が減るのがいやだった、ボケ老人の石原が手下の猪瀬に指示して、公園を使わせなくしたのだろう、


  この猪瀬というのはボケ石原の子分みたいな奴で、最近徴兵制などを主張しているが、都知事選で徴兵制を主張するあたり、何いっているのか分からない馬鹿だけど、同じような事をいっているという事は、石原の手下として親分の言いつけを守って発言をしているのだろう、


  猪瀬って奴は、石原の子分であって、既得権の犬の犬、アメリカの手下の手下みたいな奴だから、孫奴隷というべき既得権の走狗であり、

  そういえばこの野郎、小泉政権の頃も道路公団民営化とか言いながら、何もしないで金だけもらって逃げやがったからな、権力の尻について金をもらって逃げる事しか出来ない人物なのだろう、


  そういうゴミ人間がまた沸いてきたようだが、さすが夢の島日本、掘れば掘るほどゴミが湧いてくるようです、


  他には何かあるかな、コスプレとボケ老人石原が合体した、ボケ老人コスプレの会INOSAKAという、インターナショナルな植民地制度を作るために、アメリカが作ったインチキ団体がありますが、そのインチキ維新の会がゴチャゴチャしているようだ、


  元々石原の奴は、一応愛国者というスタンスを取っている、実際はアメリカの犬で日本人なんて全員死んでしまえと思っている奴なのだけど、まあ表面上日本の愛国者というポーズをとって、日本人を騙して生計を立てていたから、アメリカとは対立しますいうことが多い、


  もちろん全部嘘で実はアメリカの奴隷の第一人者になって、日本では一番偉くアメリカでは一番下層な立場に就きたいと思っている、下劣な人間なのですけど、

  そういうスタンスであるから、反TPPなどといっていたが維新の会に入るために、TPPは正しい日本はアメリカに売るべきだと、愛国者らしからぬ発言をし始めた、


  実際は売国奴だから切羽詰って本音が出たのだろうが、TPPというのは売国政策であり、アメリカ日本人を売ってその利益を財界が得るというシステムですから、TPPに賛成しているのはほぼ全員売国奴である、


  TPP賛成といえば、自民党、民主党、維新の会、みんなの党と、日本人を外国に売りたくて仕方のない連中ばかりで、売国奴の巣窟として有名である、

  今はもしかすると売国奴も権力が握れるかもしれないと思っているので、表面的な面子など投げ捨てて、アメリカの犬としてキャンキャンほえる奴が多い、  


  売国石原もそうだが、今回の選挙というのはアメリカ奴隷選挙であって、日本人を奴隷とするかどうかが問われていて、

  アメリカは日本人を奴隷としてこき使って殺したいと思っており、アメリカは奴隷貿易で成り立っている国ですから、外国人を奴隷のようにしてその利益を掠め取って経済が成り立っている、


  最近のアメリカの中東への侵攻も、アラブ人を奴隷にしたいという奴隷貿易の発想が根底にあるわけで、そういう考え方が日本に来ているというのが、いまの日本の政治状況であり、

 
  アメリカの奴隷貿易というと、アフリカの黒人を連れて行って、奴隷として酷使して経済が成り立っていたけど、

  それは実は一方的に奴隷として連れ去ったのではなく、現地のアフリカの権力者が自分の国の住人を奴隷としてアメリカなどに売っていたという側面もあり、


  いまの日本の財界などの権力者は、その奴隷貿易時代のアフリカの権力者と全く同じ考えを持っていて、自国民を奴隷として売れば儲かるから、アメリカ正しいTPPといっている、


  何で詐欺師の小泉や下痢安部や豚野田や領収書前原がアメリカを信望するかというと、日本人を奴隷として売るためにアメリカが正しいといっているだけで、

  マスコミのいう日米安保の深化というのも、奴隷の売り先であるアメリカとの関係が悪化すると困るからいっているだけで、奴隷貿易の健全化のために言っているだけである、


  日本の権力者はいまは亡国の徒となり、自民も民主もみんなの維新も、財界もマスコミも労働組合も、司法も警察も弁護士も、日本の権力のすべてはアメリカの犬としてどう生き残るかという事だけを考え、そのために日本人をどうアメリカに売るかという事しか基本的には考えない、


  ローマもそうだけど、帝国というのは奴隷による搾取でしか成り立たない、アメリカ帝国主義といわれるけど、ある意味そうであってアメリカという国は他国を侵略し、その国の人間を奴隷として搾取する事によってのみ成り立つ国であり、アメリカの戦争は奴隷の確保のためにやっている面が強くある、


  そして60年前にアメリカに負けた日本は、当然アメリカは日本人を奴隷としてしか見ていないので、日本に対してはどのように奴隷化するか、そして搾取するかという考えて行動してくる、


  いまの日本を見てみればいい、すべて売国奴に覆われ、日本人はアメリカに尽くすべきだ、死ぬべきだという意見しか聞かない、

  下痢安部下痢の言う、戦後レジュームからの脱却というのも、アメリカの犬として奴隷傭兵になるという意味しかなく、奴隷が更に傭兵になって命も差し出すという、腐りきった考えだが、日本の権力者はそういう意見をいう人しかいない、


  これが戦争に負けた日本の奴隷国家としての実情であり、日本の権力者がおかしい、社会がおかしいというのは、戦争に負けたツケではある、


  だからといってまたやって勝てばいいというわけではないが、ともかく何の話だったか忘れたが、え~っと、自称愛国者、NOといえる日本という嘘本を出した、石原の奴がTPP賛成といって、日本人を奴隷としてアメリカに売る事に合意した、


  元々その予定だったのだろうが、案外早く化けの皮がはがれたわけだけど、その流れというのは日本中を覆う、既得権の腐敗と暴走の問題であって、その根本にはアメリカの他国を侵略して、その国を奴隷国家にして支配するという考えに問題がある、


  日本も戦争に負けた以上、そういう状態にあるわけで、日本の権力者がおかしなことを言っているのは、みなアメリカの犬として養成された売国奴だからであり、

  そういう国民だけ四面楚歌な状態ですが、ここで負ければ奴隷としての一生が待っていますので、TPP賛成などという奴は一匹残らず始末すべきでしょう、


  他には、減税日本と亀井氏の党が合併するようだ、

  亀井氏というと党を乗っ取られて、行くところがなくなってしまったらしいが、元々この人は石原を党首にする予定で進めていたのだけど、急に石原が維新(売国)に行ってどうにもならなくなったらしい、

  それに対して、減税日本のほうはこっちも維新と関わろうとしていたが、けんもほろろに無視されて、独自路線を組む事になった、


  その二つが合併するか、協力体制を作るらしいけど、この辺りと小沢氏の国民の生活が第一が組めれば、そこそこにはなるだろうか、


  現状で見る限り、自民維みの売国勢力と生活と減税日本と亀井氏の党の対立であるから、

  自民維みのアメ犬売国勢力と、小沢氏の党を中心にした、国益を重視した勢力に二分される、


  今回の選挙で小沢氏の党に対し個人的に思うのは、とにかく候補者を増やして欲しいと思う、今回の選挙では千葉に集中しているけど、候補者の数さえ増やせれば他も何とかなると思うので、


  それが後々問題を生むかもしれないけど、自民や民主も維新みんなも軍国主義で国民を殺してしまえという奴しかいないから、国民にとって投票する価値のある党がどこにでもあって欲しい、


  共産党は候補を立てるだけだし、国民にとってメリットのある政党が選挙区にあるべきだと思うので、国民側の政党は候補者を増やす努力をして欲しいです、




新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



「アラブの春」の正体 欧米とメディアに踊らされた民主化革命 (角川oneテーマ21)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ




アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館




経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR