07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

解散総選挙と選挙後の話と、国民の自衛権、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  最近は寒くなってきましたね、そろそろ冬らしいですが、どんな感じになるのでしょうか、

 
  さて、それはいいとして何か起きているかな、う~む、野田の奴が解散といっているが、解散ねぇ、

  狙いとしては小沢氏の影響力をそぐ事、それと石原とかの自称第三極がまとまる前に解散をしたいということか、


  しかし野田の奴はTPP解散だといっているし、TPPに反対している人は離党するだろう、それがどの程度になるかだが、

  個人的に50人以上離党すれば、政治の流れは大きく変わると思う、ただそこまで離党できるかどうか、そこが鍵になるかもしれません、


  次に、ではややこしい話は苦手なので、大雑把にこれからどうなるか書いてみると、

  まず、民主党からの離党者がどうなるかが重要になる、離党者の数によって政治の流れが決まり、あまり多くないとそのまま詰む事になる、


  民主党議員は批判が多いが、一応選挙をする体制は出来ているし、そういう人が離党すればそのまま選挙が出来るから、選挙に対して影響を持つのは民主党の離党者だと思う、

  ただどの程度離党するかにもよるので、これがすべての要件になるわけではないが、一つ大きいのが民主党の離党者、


  そしてマスコミの捏造する第三極に関してだが、ボケ石原コスプレ市長、後は減税日本とみんなの党、

  どういうわけかその四つの党が合併するらしい、どう考えても理念も何も関係ない勢力であるが、選挙対策として合併を考えているようだ、


  ただし、みんなの党と減税日本以外は選挙対策が出来ておらず、ボケ石原党は最近出来たばかりの党だから、選挙対策など殆ど出来ていないだろうし、

  大阪のコスプレ維新の会も候補を集める事が出来ず、選挙対策が出来ていないらしい、

  みんなの党は長い事やっているから対策は出来ているだろう、減税日本はまともな人間が集まっていたようだから、それ相応の選挙は出来るだろう、


  で、こいつらが集合するということだが、前も書いたけどコスプレとボケ石原とみんなは殆ど同じ考えだ、
 
  原発再稼動、TPP賛成、憲法改正で軍事化、徴兵制と、軍事色の強い極右勢力だけど、

  減税日本はその名のとおり、消費税反対などといっているから、彼らとの考えは全く逆だ、


  そうなると政治アピールが難しく、何をいって選挙をするべきかという問題が発生する、

  まあたしかに急な選挙だから、ひとまずまとまっておいてあとで分裂するというのもあるかもしれないが、上でも書いたようにコスプレとボケ石原党は、選挙対策が殆ど出来ていないので協力するメリットは低いように思う、


  どうだろうかな、選挙をするために一時的に協力するという意味はあるかもしれないが、そもそもまともな選挙対策をしている組織は少なく、それでは集まったところで勝てるものではあるまい、

  マスコミの捏造第三極だが、たぶん集まってみたはいいけど選挙効果は殆どない、そんな形になるんじゃないかな、


  自民党と民主党については、他が悪い分自民党有利かもしれないな、ただ自民党も候補不足が多く、選挙に立てれる候補はあまり多くないようだから、それほど上手くはいくまい、

  それに仮病で下痢の安部は国民の人気がないから、選挙に対しては自民党有利というほどではないと思う、ただ単に他の候補がいないから有利というだけで、自民党に対する支持はでないだろう、


  民主党に関しては、民主党の最大の要因は離党者である、現実的にいって民主党が選挙に勝つ可能性もなければ、選挙後にまともに残る可能性もない、たぶん選挙に負けた上で分裂して崩壊するだろう、

  ただし国民の中には自民アレルギーが強い、たしかに野田は駄目だが選挙でまければ野田は首だ、それを考えるとある程度は残る可能性もある、


  いまの民主党の問題はTPPなどの問題はあるが、自民党のいうような極端な軍国主義路線はとっていない、

  それをましと考える有権者も多少はいるだろう、ただしそれは野田がやめればという話であるから、野田がやめるレベルの落選は必ず起きるはず、


  民主党に関しては、これは自民党と同じ問題であるが、早い話が他に入れるところがない、もしくは他の候補がひどすぎるので入れる、という消去法である程度はいるかもしれないが、

  野田の奴はクビにしなければならないので、ある程度は確実に負けるだろう、


  そして小沢氏の党についてだが、個人的な意見としては勝つ可能性が高いと思う、もちろん状況にもよるが、今の政治においてまともな意見をいっているのは小沢氏の党だけだ、それ以外は国民を殺すような事しか言っていない以上、小沢氏の党が勝つ可能性は高い、


  問題があるとすれば候補者の問題で、確か来月辺りに新しい候補者を決めるらしかったが、それが間に合わないので小沢氏の党はあまり多くない候補で選挙をすることになる、

  だから勝った所で不十分になるが、自民も民主も国民の支持がない以上、ある程度の影響力がもてるのではないかと思う、


  全体的に見ると、自民党はマスコミが言うほどにはならないと思う、まず候補が不十分である事と、もう一つが安部と自民党に対する不信が強い事、

  民主党は、自民などよりはましという票が来るかもしれないが、野田の奴はクビにしなければならないので、確実に負けるだろう、


  第三極といわれる、コスプレ、ボケ石原、みんな、減税は、党理念を無視して意味不明な連合を組み、選挙対策をするようだけど、
 
  コスプレとボケ石原は選挙対策が殆ど出来ておらず、減税とみんなだけで戦う事になると思う、

  その上理念の違いがありすぎるので、批判を受けてその分票を減らすだろう、


  そして小沢氏の党は、まともな政策をいっているのはこの党だけなので、選挙に勝つには勝つだろう、

  問題は勝つ議席が少ない事で、イニシアチブを取れるかは分からない、


  とまあこんな感じですが、衆議院選挙の場合は小選挙区ですから、ちょっとしたことが大きく勝つことがあるので、結果がどうなるか分からないが、現状で見る限り国民の不利益になる事が決まっており、

  可能性があるとすれば、民主党の離党者が大規模になるくらいだが、大量の民主党離党者が出ないと、かなり不味い結果になると思います、


  あとは、ではその結果政治がどうなるかと書いてみると、まず自民党は勝てる可能性はあるだろう、自民党に対する支持はないと思うが、他の党が不完全であるから不戦勝のような形で勝つ可能性がある、


  そうなってだが、まず自民党が選挙に勝っても国民は支持をしないだろう、どういうわけか選挙に勝ったのに不人気から始まると見ていい、

  そもそも自民党の支持がないから選挙に負けたのであり、その当事者が党首に戻った政党を支持する国民はおるまい、

 
  であるから、自民党が選挙に勝っても、国民はそれを認めず常に批判的な圧力を加えると思う、根本的には政治に対する不信が増大する、


  民主党は、いくつかの可能性があるが、まず野田がやめるという可能性から見てみると、

  今回の選挙では民主党が負けるのが確定している、かなりの大敗になるだろうが、その多くの原因が野田に対する不支持であり、野田はやめろという声が選挙に反映されるだろう、


  そこで野田がやめるかどうか、野田がやめて別の形になるという可能性もあるが、野田の奴の異常な行動を見るに、こいつの狙いは民主党を潰して自民党と連立を組むのが狙いだろう、


  だから野田はやめるのではなく、民主党を破壊して逃げると思う、盗人猛々しい奴だが、野田の奴が助かる手段は逃げるだけだから、別の党に行くか別の党を作って、そこで自分にはもう責任はないというスタンスに立つだろう、


  その辺りと民主党の変遷の関係、自民党に対する支持はないから、民主党の影響力は自民に対する反発として、ある程度は残るだろう、

  それと悪党の野田がやっている民主党つぶしの最後の手段が何であるか、それとの兼ね合いになるかな、


  まあ野田の奴が落選する可能性もあるので、そこで野田を切ってどうなるかという可能性もありますが、


  そして第三極に対しては、第三極は選挙にはあまり勝てないだろう、減税とみんなの党はある程度行くかも知れないが、小選挙区制だからね、少数政党はあまり強くなれないので、多くは負けるだろう、


  マスコミや官僚にとっては、こいつらはかませ犬であり、演出上ピエロ役をやってもらおうと作ったのだろうが、中身がない分失敗するだろう、

  そして選挙後も、政策が180度違う勢力なので、すぐ分裂して意味不明な勢力になると思う、


  小沢氏の党については、これは民主党の離党者がどのくらい出るかによるが、民主党の離党者が多く出て、それが小沢氏の党かその近くに行けば流れが変わるけど、

  選挙自体は結構有利になると思う、有権者から見てここしか投票先がないのだから、選挙はある程度いけると思う、


  そのあとだが、ここも同じ話になるけど、選挙後に民主党が何らかの形で潰れる可能性があるから、そこで人が集まってくればというのはあるが、

  ただそうだとしても、あまり数が来るとも思えないので、かなり時間がかかる話になるかもしれない、


  全体としていえるのは、この国の政治は完全に駄目になるだろうという事、そして日本人は政府を全く信じなくなるだろうという事、ある種の国家の崩壊が始まると思う、


  それ以外だと、ちょっと物騒な話になるが、これから国民が取るべき選択肢について書いてみると、

  表現があれなのですが、たぶんこれからは権力者を殺す事が重要になると思う、


  まあ物騒な表現ですけど、日本の民主主義は崩壊する、それは日本の政治の終わりと同義であり、日本人にとって日本という国は敵になる、

  日本人を虐げるための日本政府という形が強まり、どこかで日本人は日本政府に反撃をしてくると思う、


  その時どうなるかだが、当然民主主義が崩壊している以上、後は物理的な暴力しかないわけで、権力者を殺して世の中を変える時代になる可能性がある、

  
  途上国などでは、権力者の暗殺がよくあるけど、これから日本が進もうという道はその道なので、権力者をどう殺すかというのが民意になると思う、

  まあすぐというわけではないが、例えばTPPによる皆保険制度の廃止や、社会保障制度の全廃、

  あとは基地外の安部が言っている、美しい国とかいう軍国主義、自民党の憲法案によると、日本人の人権は廃止され、国がすべての権利を剥奪すると書いているから、そうなってしまえばあとは殺し合いしか選択肢はない、


  平和な時代が急におかしくなるという話で、戦前も大正時代などはかなりいい時代だったらしいが、それが急に数年で殺し合いの戦争になったらしいけど、

  自民党や安部、そして官僚財界がしたいのは、国民殺しの独裁体制であるから、このままいくと同じところに進む事になる、


  そしてそれを変える手段がなければどうなるか?、国家と国民の殺し合いしか手段はなくなる、


  海外では武器の所有を認めていたり、アメリカなどは武器の所有を憲法で認めているが、あれはそこに住んでいる人が政府がおかしいと思ったときに、武器で攻撃するためにああいう法律や権利があるわけで、日本がこのまま進むのならば、銃刀法の緩和が必要になる、


  何かあったら政治家や官僚財界の人間を、銃や剣で殺さなければならないわけだから、国民が政府の暴力を避けるための自衛権を主張する事になるかもしれない、


  海外における銃の所持は護身という意味もあるが、その多くの意味が政府に対する恐怖心、不信から生まれているものである、政府が信用できないから外国では一般の人も銃を持っているのである、


  最初のほうで物騒な事を書いているけどと書いたが、権力者は殺さなければならないときもあるというのは海外では常識で、そのために海外では銃などの所持が緩和されているのであり、日本がもしこのまま危険なところまで行くのならば、そういう方向性を考え国民の自衛権を保持する必要が出てくる、


  民主主義が崩壊すれば、権力者を殺す以外問題の解決が出来なくなる、昔の武士が自害したのはそれを自発的に行っていたわけで、権力者が切腹をしなくなった以上、国民は権力者からの自衛のために武装する必要が出てくる、


  私は何もこれが正しいとは言わない、武器が犯罪を助長したり治安の悪化を招くのだから、良いわけではないのだが、

  もしこれから民主主義の崩壊が続き、国家制度が国民の敵に完全になた場合、国民が武装する必要性が出てくる、


  国民は国家と殺し合いをしなければいけないわけで、昔の武士のように自害してくれない以上、もし本当に国家がこのまま危険な方向へ進むのならば、銃刀法の緩和を要求し、国民の自衛権を主張する必要が出てくると思う、


 




新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



「アラブの春」の正体 欧米とメディアに踊らされた民主化革命 (角川oneテーマ21)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ




アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館




経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR