01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

大阪コスプレカルト市長と沖縄犯罪と警察冤罪と脱原発と雇用の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  最近は寒いですね、暑い日もあるのだけどさすがに寒くなりました、


  さてそれで何か起きているかな、ネタ自体はあるようだけど、何を書くべきか、
 
  ではまず大阪のコスプレ市長が騒動を起こしているので、その件について書いてみましょうか、


  聞いた所ではこいつに7億くらい宗教団体が金を渡していて、それがカルト宗教だから問題だといっていたが、

  まあ元々こいつはカルト宗教と関係が深く、こいつ自身が任命した大阪の区長はカルト宗教のお偉いさんで、いまだに壺とかを売っているやつを任命した、


  そういう経歴があるから、当然その見返りとして金をもらっているだろう、こいつがカルト宗教から金をもらっているのは当然で、今の統一教会に支配された自民党と同じように、維新とかコスプレとかも裏にいるのはカルト宗教である、


  当然朝鮮系のカルト宗教の影響もあるから、大阪コスプレ市長とはいうけど実態はカルト宗教の広告塔であり、朝鮮人が日本を支配するためにいる存在でもある、


  朝鮮のカルト宗教というと統一教会が有名だが、あれは韓国絶対主義という、いわゆる中華思想的な韓国が世界の中心であり、それ以外は愚民であるという考えをもっている、

  だからその信者である韓国の大統領が、急に竹島に行ったのも日本に対する支配欲からいったらしく、韓国は絶対であり日本はその下に来るべきだという考えに基づいたものらしい、


  そしてその関係が言われているのが大阪コスプレ市長であって、統一教会といえば自民党を支配し、下痢安部こと仮病の安部の背後にいるといわれている団体であり、その安部と関係が深いコス市長も当然その関係者だと見るべきだろう


  そういう関係で金が流れていたらしいが、サラ金の取立て屋の金の亡者だから、カルト宗教は金になると手を組んだら、こうなったという事でしょう、


  次に、同じコス市長ネタだが、今度は週刊朝日で叩かれたらしいね、部落差別問題か、

  このコスプレ市長は親が部落差別をされているところの出身で、暴力団関係者だったらしいが、


  確かにだからといってこいつが悪いというべきじゃないが、その影響はあるだろうな、

  例えばこいつはサラ金の取立て屋として名をはし、それがマスコミの目に留まってタレントとして取り立てられる様になった、


  今回言われているような生まれの問題はあるだろう、しかしこいつは弁護士だ、別にサラ金の取立て屋になる必要はなく、別の仕事を選んでもよかったのに、わざわざサラ金の取立て屋になって、立場の弱い人を叩いていたのは、こいつ自身の問題である、


  社会的弱者から金を巻き上げるのが楽しかったらしいが、そんなことを繰り返していたクズが、部落差別問題を持ち出しても、今までやってきた行為の説明にはなるまい、

  こいつの問題は生い立ちの問題ではない、こいつ自身の犯罪性の問題である、分かりやすくいえば頭がおかしく、金銭欲が深く、倫理観がなく、思考が異常なのが問題なのである


  それをこのコスプレ野郎は、生い立ちを批判された事をネタに騒いでいるようだが、そうだというのならば生い立ちを批判されないような生き方をすればいい、まともな事をしていないから生い立ちも批判される、自らまいた種じゃないか、


  日ごろからまっとうな事をしていれば非難は小さくなりやすい、間違った事をしてもそれが小さくなる事がある、

  逆に日ごろから間違った事をしていれば、非難は大きくなるし、間違った事もどんどん大きく言われる、


  ある意味において、部落差別の問題を助長しているのがこの人物であり、ああいうところの出身だからこんな人間しか出てこなかったと批判されているのではないか、であるのならば部落差別を生んでいるのはこのコスプレ市長であろう、


  まあ最近は部落差別というのはあまりないと聞くけどね、時代変化がおきて人の移動が増えたから、誰が誰だか判らなくなったのであまり言わなくなったらしいけど、


  ともかく、週刊朝日が大阪のコスプレ市長を部落出身者といって、批判した事にこいつが文句を言っている、

  しかしこのコスプレ市長の問題は出身の問題というよりは、本人の人間性のなさの問題であるから、ある意味それがまねいた問題ではないのか、


  日ごろの問題があるからそういう問題までいわれるようになっただけで、まともな事を一切せず犯罪行為を繰り返しているから、生まれの出身の事を批判されるようになったのだろう、

  そういう意味で言えばこういう人間がいるから差別問題が発生するわけで、差別を助長しているのはこの人物自身である、


  差別というのはよくないが、差別されるような事をして起きる差別は、差別されるほうが悪いときもある、この人物のやっている事はそういうことだと思います、


  後は、沖縄で強姦事件が起きたようだね、相変わらず鬼畜米英ですが、戦時中のスローガンは案外あっています、

  でその鬼畜米兵が起こした事件ですが、物取りでもあったらしく被害者の女性のかばんは盗まれたようだ、


  しかもその二人はすぐにアメリカに帰る予定だったらしいから、逃走経路もがっちり確保という事だろう、どう考えても計画犯だろうな、

  
  この問題はいわゆる地位協定問題で、アメリカの兵士が起こした問題は日本国内で裁く事が出来ず、どんな犯罪行為をしてもつかまらない、

  というわけでアメリカ兵は毎日犯罪行為をしているらしいが、アメリカ兵にとって犯罪行為は日課の一つらしい、

 
  そういう犯罪者を送り込んでいるアメリカ軍が、要求している地位協定という話だが、これはオスプレイの話と通じるものがある、

  例えば沖縄では凧を揚げてはいけないらしい、オスプレイが飛ぶときの邪魔になるかららしいが、すべてがアメリカ様様のためで、日本人などゴミの一種としてしか扱っていないのが、今の地位協定ですけど、


  地位協定の変更となると、鳩山政権が上手くいっていればそれもできたのだが、今となってはアメリカと協議できる政治家はいないし、

  安部とか野田だったら、沖縄で米兵が問題を起こしたら、よくやった日本人を殺してくれてありがとうといいそうだ、


  日本の愛国者なんてのは、アメリカ人が日本人を殺すと興奮する変質者集団ですから、まともな人間がいないうえに、日本の政治家は多くが愛国者ですから、それを止める人間がいない、


  すべてが袋小路、そして悪循環の中にいて、それがどんどん問題を起こしていく、政権交代が上手くいっていればこういうことも起きなかったのだろうが、今となっては打つ手もない、


  ともかく、この件の本質的問題は戦争に負け、日本政府がアメリカの下僕となり、その下僕が国民を奴隷として見、アメリカ様様に反するべきではない、日本人は米兵に殺されるべきだという、日本政府のスタンスが根本的問題になっている、


  日本の保守愛国者右翼はアメリカを愛するアメリカの下僕である、今回の件を怒ったそういう関係者は殆どおるまい、このままではアメリカ様の沽券に傷がつくと思ったのが殆どだろう、


  そういうスタンスが米兵の犯罪性を助長する、日本が怖ければ米兵も犯罪をしない、日本の保守だ愛国者だといっている連中が、アメリカの犬である事にすべての問題があり、そういう連中は今回の件の加害者である、


  日本の保守愛国者は強姦魔に等しいという事、それが日本の本質的問題であり、沖縄の人々が報われない根本的原因だと思う、


  それ以外だと、少し前にあったパソコンの遠隔操作事件、あれについて警察が謝罪したようだ、

  謝罪ですめば警察は要らないわけで、自らの存在意義のなさをアピールしたようですが、実は警察は役に立たないと証明したようです、


  まあ警察も悪意があったわけじゃないだろうが、今までのやり方システムでは限界が来ていて、警察の権威、正義というパフォーマンスで人々を騙すやり方が効かなくなったのでしょう、


  警察とか検察といいますけど、やっている事は江戸時代と全く同じで、実は証拠も聞き取りも殆どせずに、こいつを犯人だと決め付けて自白を強要し、罪があろうがなかろうがそいつを犯人に仕立てるというのが、警察などの一般的な行動でちゃんとした調査というのはまずしない、


  何故か?、警察の人も別そんな悪煮があるわけじゃないのだろうけど、日本の裁判システムが証拠を軽視し、証言を重視するので自白を強要したほうがらくだというのと

  警察はいわゆる空気の世界なので、付き合いとかで物事を決める軍隊のような世界ですから、事件のことや犯人のことを考えるよりも、警察内の考えや付き合いで物事を決めることが多いため、事件の本質を考えるという事をしない、

  日本の司法は腐っていて、司法のための司法になっていますから、完全に自己満足の世界になっていて、司法制度としての意味は殆どない、


  たしかに今まであったような事は対処できるかもしれない、車のスピード違反くらいは警察でも出来るだろう、単純な処理能力はあるかもしれないが、

  例えば昔あったオウム事件とか、今回のIPアドレスがなどという事件に対しては殆ど役に立たない、


  オウムのときも関係ない人を犯罪者扱いしていたし、今回も関係ない人を犯罪者扱いしていた、

  その原因は彼らの無能さから来るものであるが、それは個々人の問題というよりは組織的問題であって、柔軟に対処するよりも今までやってきた事を保持しようとする、身の保身が招いている問題である、


  今の時代の最大の問題は身の保身である、今まで戦後の組織主義、身の保身主義でやってきたから、日本は極端な身の保身主義社会になってしまったので、何もできなくなってしまった、

  いわゆる鎖国に近い形になり、日本中が硬直して動けないような、カチンカチンな世の中になってしまった、


  それが警察や司法にも出てきているという事で、戦後の身の保身社会が今となっては警察の不祥事の火種になっていて、一億総身の保身の世の中ですから、それを変えるすべがない、


  今回の事も結局隠蔽して逃げ、また新しい問題が起きては隠蔽するの繰り返しになるだろう、

  なぜなら問題の解決をするためには警察が身の保身をやめ、新しい考えや形を持たなければならないのだが、それが出来る人材がこの世にいないからである、


  戦後は結局鎖国に向かっていたのだろう、しかし鎖国が出来なかったら鎖国へ向かっていた流れがどうなるか、そういうジレンマが今の社会問題の根源的問題としてあるように思う、


  今回の事は警察の問題というよりは日本の問題だろうね、日本という国が間違っているから警察のやる事も間違いが増える、

  そして日本の間違いは身の保身をやりすぎて異常な社会になった事、鎖国をしているわけでもないのにこんな硬直した社会を作ってしまえば、そりゃまともな事は起きなくなる、


  今回の警察の問題を正すには、被告の人権や権利の保障などをしないといけない、それと日本人のすべての司法に対する考えを変える必要があり、制度も抜本的に入れ替えない限り解決しない問題である、


  しかしそれを身の保身の固まりになった日本社会で出来るか?、多分無理だと思うから、これからも警察は冤罪事件を乱発し、いずれ警察の存在意義は薄れていくでしょう、


  他に何かあるかな、小沢氏がドイツで脱原発の視察にいったようだ、

  そこでいわれていたのが脱原発は雇用にいい結果を生むという事で、脱原発をすれば自然エネルギーが増え、その分雇用が増えるとドイツの人が言っていた、


  それとは対照的に、マスコミによると脱原発をすれば雇用が減り、経済が悪化するといっているが、現実的には全く逆で、


  まず原発をやめるためには十年以上の時間がかかる、原発を廃炉にするのは大変でかなりの時間がかかるから、実は脱原発をしても原発のある地域の雇用は失われず、あまり変わらないらしい、

  なぜかといえば廃炉はかなり大変らしく数十年かかるものだから、その間雇用され続けるので、原発をやめると雇用が失われるということはないようだ、


  そして自然エネルギーを使えば、その分雇用が増えるから二重の効果になっていい、

  つまり脱原発というのは、一つには原発の廃炉で雇用を生み、二つ目として自然エネルギーで雇用を生む、多くの雇用を生むいいことである、


  じゃあ何でマスコミは経済が云々というかといえば、原発をやめるという事は資産としての原子力がなくなるので、日本の電力会社はその多くを原発資産で運営していますから、もし脱原発をすれば電力会社が潰れる、


  この辺りはインチキで、国が原発の関連資産を大きく設定できるようにしておいたから、日本の電力会社が原発に傾倒していったわけで、本質的には国の責任なのだが、

  現実的に電力会社が原発を資産をして持ち、それが大きな割合を占めているので、付き合いのあるマスコミは脱原発とはいえない、


  原発の問題というのは、これも上の問題と同じ身の保身の問題で、電力マスコミ財界の身の保身のためには原発が必要、原発をやめると彼らの組織が壊れるのでやめたくない、それが本音で、


  それと小沢氏がドイツで言われたように、原発をやめれば国民の大きな雇用になるわけで、原発問題とは既得権の身の保身と国民の雇用とのトレードの関係になっている、


  今となっては、財界と国民の利害は対立し、財界の利益は国民の不利益ですから、財界が脱原発はだめだというのならば、脱原発は国民の利益になると見ていい、

  そういう対立軸があって、原発問題がこれからどう流れていくのか、原発は既得権の利益になり国民の不利益になる、そこで既得権が勝つか国民が勝つか、ある意味原発を軸とした内乱のような意味も原発問題にはあると思います、




図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



「アラブの春」の正体 欧米とメディアに踊らされた民主化革命 (角川oneテーマ21)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ




アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館




経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR