01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

原発事故利権とこれからの原発事故と、情緒と空気の問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  今日も寒いですね、このまま冬になればいいのですが、なんとなくまた暑くなりそうな気がします、


  さてそれで最近は何か起きているかな、あまりたいした事は起きていないようだが、聞いたところでは野田のやつが福島原発に行ったようだ、

  ほう、焼き豚にでもなったのかと思ったが、ただの視察のようだけど、そこでこいつは福島の除染を進めるべきだといったようだ、


  その意図は利権だろうね、このくずが社会の事を考える事はないし、そういう形を作って利権を漁る形を考えているのだろう、

  「官僚が」ですけどね、官僚の思惑としては復興予算を流用していたのがばれたので、それをさらに流用する形を考えているのだろう、


  官僚は利権しか考えていない生きる価値のないゴミ連中ですが、福島の問題も実はこいつらが作っていて、

  福島というと汚染があるからその復興といわれているけど、復興に使われている予算はその多くが除染と瓦礫の広域処理で、それが予算の殆どを占めているらしい、  


  地域住民の生活などはまったく考えていなくて、除染と瓦礫の広域処理に予算を使っているようで、その両方とも意味がない、

  除染に関しては風が吹けばすぐに戻ってしまうし、そもそも除染の専門家などというのはおらず、場当たり的に何も考えずに除染しているので殆ど意味がないらしい、


  それに福島の土地の多くは森や山ですから、森や山の除染が出来ない限りは、風が吹くとセシウムなどは簡単に飛んでくるので除染の効果がない、

  昔聴いた話では福島全土の表面50センチくらい削らないといけないといっている人がいたが、そこまでやらないと除染にはならないようなので現実的ではない、


  つまり除染は不可能で最初から出来るわけがないのにやろうとしていた、そしてそれは無駄な公共事業のように利権のためにやっていると見るのが妥当だろう、

  瓦礫広域処理もそうだけど、あれもまったく必要のないばかりか、汚染を全国にばら撒くので問題があるのだが、利権になるので強引に押していた、


  除染も広域処理も利権になるからやっているだけで、これは復興にも福島の人々の生活にもまったく役に立たず、役人の懐だけが儲かるようになっているただの詐欺である、

 
  それを野田がやるといっている、この馬鹿に知能はないからやろうとしているのは官僚だろう、

  最近も復興予算の流用がばれて、一年間隠蔽していたけど来年からの利権をどうするか、官僚は考えているだろうから、それをするのが福島の除染だと思う、

  
  除染だなんだというけど、別に除染の専門家がいるわけでも基準があるわけでもない、つまりデタラメで意味のないことを繰り返して金をもらい利権にしているだけで、除染とはいっているがやっている事はただの福島の破壊である、

  まあ政府は福島は汚染地域でどうにもならないなら、徹底的に破壊してそれも利権しようと思ったのだろうね、

 
  ともかく、野田のやつが福島に行って除染が必要といったらしいが、こいつがまともな事をするわけがないのだから、何らかの利権であろう、

  その理由としてありうるのが、最近言われている復興予算の流用であり、それがばれたので別の形に変えようという考えではないかと思う、


  それが除染であり、除染とはいうが殆ど意味はなく、意味不明なことを福島で繰り返し土地を破壊しているだけなのだが、それが金になるので除染をするべきと言い出したのだろう、


  新しい利権は除染にしよう、それが政府の新しい原発事故利権の算段だと思います、


  次に、今日はあんまりネタが無いけれど、やっぱり国会が開かれていないと話題がありませんが、そうですね、

  じゃあいつも書いているのをひねってみた、これから原発事故がどうなるかと書いてみましょうか、


  これから原発事故がどうなるかですが、チェルノブイリの例を見ると多分そろそろ病気が出てくる事だと思います、福島や東京で白血病が増え始めたと聞きますから、そういう病気が出てくる頃かもしれません、


  大体二年くらいはあまり出ないのだけど、そこから後どんどん増えてくるので福島では半永久的に、病気の人が増え続けると思う、

  だからいずれ福島の人も自分のいる所が人間が住めるところじゃないと気づくだろうけど、それをどこまで政府が隠蔽してくるか、上で書いた除染の話もそうだけど、安全だという形を作って福島やその周囲の人を騙そうとするだろうから、


  政府の隠ぺい工作と福島の人々の病気の天秤が崩れたときに、つまり福島の人々の病気がものすごく悪化したときに形が変わるだろう、


  それが何年後になるか、良く言われるのはチェルノブイリでは5年後に急激に悪化し始めたといわれていますが、今は二年目くらいですからたぶん来年辺りから顕著化して、その後から重症化してくるのではないかと思います、


  私も医者じゃないのではっきりは分からないのですが、チェルノブイリの例を見ると5年くらいがピークになりやすいようだから、福島は2~3年後にひどい状態になると思う、


  被爆対策をしていればそうでもないのですが、政府はまったくしていませんからね、汚染地域に人を帰そうとしているし、

  被爆は体内にたまった放射性物質が問題になるので、線量の問題ではないですから、その放射性物質を出すために定期的に汚染されていない地域に移る必要があるのだけど、政府はそういうことをしていないから福島に住んでいる人の汚染状態はかなり酷いと思う、


  それに福島は経済が悪化してきているから、移住したり一時的に汚染されていない地域にいくにしても、お金がない場合が多いだろうから、悪循環に入っていると思う、


  これからの原発事故は、病気が顕著化してくるというのがあると思う、明らかにおかしい状態になってくるだろう、

  福島は本来人が住めるところじゃないですから、そこにいる以上病気になるのは当然で、それが出てきて、


  政府がどうするかですが、政府としては何もしたくない、利権だけ漁りたい、国民の事などどうでも良いという、どこが政府なんだという意味不明な団体ですから、対策は出来る限りしないでしょう、


  前から書いているように被爆の病気は裁判を引き伸ばして、被害者が死ぬのを待つという官僚がいつもやっている手を使うだろけど、今回は規模が大きいからそう上手くいくかな、

  それに被爆との因果関係は分かっていないから、言い訳としては関係ないといえるだろうけど、被害が大きくなればそうともいえないわけで、


  官僚としては今までどおり、被害者は死ぬのを待ち、問題に関しては学者を買収して隠蔽すれば良いと予定は立てているだろう、

  ただ被害が大きい以上国民は納得をしない、善か悪か理由がというのはあくまで納得するための口実だから、納得できない以上そんな事をいったところで意味はあるまい、


  今回の原発事故、そして被曝の問題は納得が出来るような話ではない、我慢できるような問題ではないのだから、国家権力としても押さえつけるのは不可能であろう、

  それを今までのスタンダードでやろうとしている官僚がどうなるか、原発事故は最終的には国民と国との争いになると思う、国家権力を否定しないとこの問題は解決しませんから、


  国家制度上被爆問題はないとするが、現実的に起きていてそれが大規模である以上は、国家制度を変えないと被爆問題を解決することはできなくなる、

  それは今の国家というものが器量がなく、器が小さいというか細かい事で国を成り立たせるという形を持っているため、こういう大きな問題に対処が出来ないという根本的な問題がある、


  分かりやすく言えば今起きている原発事故問題を対処できるほどの能力が、日本政府にはなくこの問題を対処するためには、一回日本政府を潰さないと無理だという事、

  潰すまで行かなくてもいいのかもしれませんが、よほど大きく日本政府の形を変えない限り、いやもしくは変えざる得なくなる状況に進むんじゃないかと思う、


  国民が助かるには日本政府を潰すしかない、そうしないと被爆問題の対処をしないから、何千万という人が被爆したのにその対処を全くしない政府が存続し続けるのは不可能である、だから形を変えるしかない、


  穏便にいえば民主主義的変化、過激にいえば革命のような形、

  そして民主主義的変化においては、国家主義者の自民民主公明維新みんなの党は無理で、

  社民共産も多分無理だろうから、小沢氏の党しかこの問題の対処は出来ない、


  だから私はいつもいうのですけど、小沢氏の党が失敗したら民主主義は崩壊し、後は殺し合いで国を変えるしかなくなる、それだけの背水の陣というか逃げ道のない状態に日本人はいますから、

  大規模な被爆問題が起きたのに政府は何一つ対策をしておらず、逃げようにも被爆の問題で病気になってしまうから、政府と向き合うしかない、

  
  後はその向き合うのが穏便に済むか残酷になるか、そういう怖い言い方でいえばロシアンルーレットのような状態に、また入りつつあるようです、


  後は、今日はネタがないのでちょっと思いついた事でも書いてみると、

  最近見た話で、ネットで書き込みをした人がいて、暗殺予告を書いたといれわて逮捕してみたのだけど、実はその人が書いたのではなくウイルスのようなものが悪さをして、そのウイルスが書き込みをしていて、その人のパソコンは利用しされただけだったらしい、


  それでその人は釈放されたのだが、そのとき何故逮捕したのかという点において、最大の理由が逮捕するために人員を大規模に配備してしまったからというのが大きかったらしい、

  つまり警察の事情で逮捕したわけで、こういうところが日本の最大の欠点だと思う、


  よく空気を読むというが、情緒的な考えとか付き合いとか、そういうことで決めていいこともあるけど、決めてはいけない事もある、

  例えば公的な問題などは、中立でなければいけないのだから、情緒や空気などという感情論で決めて良い訳ではない、


  これは日本の冤罪や社会問題の多くでいわれる事だが、その多くが空気で作られる、

  ある意味戦前の戦争も空気でやっていたようなものだが、日本人の欠点は空気という意味不明で無責任なもので、人を害してしまう事、  


  中立的な判断というものを全面否定するのが日本人ですから、情緒的な考えは分かりますけど、それが社会問題を生んでいるという事も意識すべきだと思う、

  情緒や空気というものも、人を不幸にしたり害したりする事があり、そういうものを考えていれば人間として正しいというわけではなく、それは身の保身と自己満足でいっているだけですから、程度の低い考えである、


  情緒とか空気でやって良い事と悪い事を分けないといけない、日本人はものを分けて考えるという事が出来ない、何か一つの事だけやっていれば他のものは何とかなると思っているが、そうなるわけではない、


  情緒と合理性の両立とでもいうよな、情緒と合理性を両方しない限り、今の時代を生きている人間として正しい事をする事が出来ない、今の時代の正しい人間の生き方とは、情緒と合理性を併せ持ち、且つそれをバランスよくコントロールする事ですから、単純に情緒だ空気だといっている人は、社会問題を起こし人を不幸にする人間なのだという事、


  江戸時代ならば情緒でもよかったのだろうけど、今の時代はそうじゃないので考え方を変えないといけない、


  そして、こういうことがわかっていながら意図的にやってるやつがいる、小沢氏の事を見ているからなんとなく分かるのだけど、例えばその上で書いた空気で逮捕したというのは意図的な意味が強くある、


  小沢氏の政治と金の問題は違法性のないでっち上げだった、つまりその法的に反していないものを何故違法といえたのか?、そこに上で書いたような空気による犯罪の捏造がある、


  分かりやすくいえば気に入らない人間や、もしくは国家権力のアピールのために特定の団体の人を法的に裁くとして、その人が違法行為をしていないとすればどうするか?、

  つまり法に反していなくても人を逮捕できる状態を作り、感情論であいつが悪だといえる環境を作っておけばいい、そういう考えが日本の司法制度には根本的にあると思う、


  だからその上で紹介した例は、日本の根本的な司法制度の問題であり、国家権力が自分に気に入らない人間を弾圧するための手段の一例なんですね、

  今回の件はその人物を政府が気に入らなかったのか、それともその行為を問題としてアピールする狙いがあったのか、

  最悪そのウイルス自体を政府が作ってばら撒き、ネットの危険性だとあおった可能性もあるわけで、日本の司法というのは法律を全く守らず、ただ単に自分に気に入らない人間と叩くためにあるものだということ、


  そしてそういう危険な状態を生んでいる原因が、組織や集団における情緒や空気であり、情緒や空気のせいで罪のない人を叩いている事が日本では多い、

  そしてその誰かを叩くという、問題の矮小化、特定の人間に責任転嫁し、社会問題を隠蔽する事を繰り返してきた結果、社会は崩壊し、原発は爆発し、日本人はみなアメリカの奴隷として官僚に売られたのである、


  情緒、空気というのは権力者が好き勝手にやるために国民を騙すペテンでもあるという事、近所づきあいはそれでも良いけれど、それを国家とか制度に組み込むのは独裁的権力を彼らに与えてしまうのだから、やってはいけない、
  

  戦前も空気や情緒で軍事独裁になった、今回の事件も空気や情緒で物を決めたから、罪のない人を罪人として処罰してしまった、

  情緒や空気は権力者が国民を騙し、虐げるための道具でもあるという事、今回の事件全然優しくなく良い事でもないでしょ?、国家権力が情緒や空気を使うとき、それは残忍な国民に対する犯罪行為になる、


  その情緒と合理性の分割とバランス、それが日本では全く取れておらず、日本の未来が暗いのはそういう原因もあると思います、




図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



原発問題に「無関心」なあなたへ。
クリエーター情報なし
キラジェンヌ




アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館




経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR