03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

自民党と近代化と、これからの政治、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  今日は寒いですね、まあ雨が降ると寒くなるからというのがありますが、もしかすると秋が来るのかもしれません、


  さてそれで何か起きているかな、今日もネタがないというか、書くほどの話もないようで、う~む、困ったものですが、

  ではひとまずは自民党が憲法改正といっているので、その事について書いてみましょうか、


  前回も書いたけど自民党の憲法改正はかなり危険である、よく政治論だと右翼とか左翼とかがあって、憲法改正というと9条の平和憲法に対する話が多く、自民党の憲法案もそういうものだと思うでしょうけど、


  実は違いまして、自民党の憲法案の危険性は例えば基本的人権を廃止するとか、そういう国民の権利を剥奪し、国家が絶対的な権力を握る戦前の制度にしようとしているところに問題がある、


  見た目はそう書いていないのですが、自民党の憲法案では主権は国家にあり、国民は従属するものであると書いてあって、

  さらに政党はその国家の権力を握っているものであって、国民に対して絶対的な権限を持つといっている、


  自民党の憲法案の問題は、民主主義をやめる、人権をやめる、国民主権をやめるという、非常に偏ったものであって、北朝鮮のような独裁国家にするというのが、自民党の基本的な狙いである、


  それが一般的にはいわゆる右翼左翼論で見られる、自衛隊を認めるかどうかとかそういう話だと思っているようだが、

  実体はもっと危なくて、主権を誰が持つべきかという大きな話が入っていて、自民党の憲法案では国民主権を辞め、北朝鮮のような軍事独裁を目指すと書いてある、


  北朝鮮とはちょっと違うかもしれないが、軍事独裁国家というのは海外では良くあるけど、そういう方向性に憲法を変えるらしく、いわゆる中世への退行という考えがあるようだ、


  これは私が何度か書いているけど、近代化というのは市民社会、市民経済、市民政治でなければならない、近代化は非常に複雑な社会だから、中世のような権力者が中心に立つような形では維持が出来ず、権力者中心のシステムを作ろうとすると、中世への退行現象がおきやすい、


  ブッシュジュニア時代のアメリカもそうだね、あれも権力者中心のシステムにしようとしていたから、イスラム教徒を殺して昔の十字軍のような事をしていた、

  その後もティーパーティなどという、知性のかけらもない退行的政治論が強く出ていた、


  日本もそれは同じで、戦後はある意味中世だった、焼け野原から発展する過程ですから、低いところから上る途中でしたので、近代化というよりはまだ中世のような考えが成り立っていた、


  しかし戦後の高度経済成長によって、日本は完全に近代化しましたから、そうすると中世のような世界観や考えは受け入れられなくなる、

  そこで市民を中心とした社会にしようとすると、それは権力者にとって損ですから、彼らは中世への退行をしようとする、


  精神的な病で、幼稚退行のような精神的ダメージを受けて、子供に戻ってしまうような事があるらしいが、今の自民党やもしくは戦後の世代や既得権の連中は、それと同じような考えを持っている、

  つまり、過去が正しく未来が間違いであると考えてしまう、そういう傾向が強くある、


  この国の行き詰まりというのは過去を未来にしようとしているからで、昨日を明日にしようとしたら一向に時間は進まない、昨日を明日だと考えている人間には将来のことを考える能力はない、そういう所に原因がある、


  今の日本はナチス時代のドイツとよく似ている、あれはナチスだヒトラーだといわれているが、一番大きかったのは当時やっていた王政をやめた事で、それに対する懐古のようなものがヒトラーを生んだらしい、


  今の日本もそうで、中世的な権力構造に対する願望が、既得権などの連中に強く出ている、

  人間の感情で言えば、今までの歴史や文化をすべて否定する近代化は、間違いだとは思うでしょう、


  しかし今の日本のようにここまで近代化した社会で、無理やり中世に戻そうとすれば当然歪みやひずみが出るわけで、戦前の軍部もある意味そういう歪みが出たようなものですから、もしいま日本人が日本の歴史だ文化だといって、中世のような世界に戻せば同じような事が起きる、


  近代化をしなければ中世に戻る事はできる、しかし近代化をした以上もう中世に戻る事は普通の方法では出来ない、戻るためには一回近代化を破壊しつくさなければならず、それは戦前の戦争のような残忍な破壊と殺戮を認める事になる、


  いまのイスラム教やイスラム原理主義も同じ問題と戦っている、ああいう人たちが昔ながらの生活をするべきだといっているのも、近代化をするというのはそれ相応のリスクがあり、下手に近代化すれば中世のような人間社会はなくなるし、そして一回近代化してしまえと中世に戻すときに、惨たらしい破壊と殺戮を生んでしまうので、難しいというのがあるのです、


  そして日本は何も考えず近代化し、願望としての人間社会、情緒的な中世への懐古を強く持つようになり、もう一回破滅しますか?、というのが日本のおかれている立場である、


  自民党は馬鹿の能無しだからというのもあるだろうが、自民党の存在は日本人の中世への願望、今までの歴史を否定できない情緒的感傷、そういうものがこの党を存続させているのだと思う、


  詐欺師の小泉は改革には痛みを伴うといっていた、あれは実は未来への道を作ろうとしていたのではなく、過去への退行を行い近代化を中世のようなシステムにし、その過程で起きる痛みをいっていたわけで、未来ではなく過去へ戻ろうとしていただけだった、


  感情としては日本の歴史、中世のような世界、そして日本人のアイデンティティとしては、過去への退行のほうが正しいように見えるけど、

  近代化をしてしまった以上中世には戻れないわけですから、昔誰かが言っていたが日本人は安易に近代化をしすぎる、近代化がどういう意味を持つのかまったく考えていないように思えるといっていたけど、その答えが来てしまったのだと思う、


  自民党の憲法案は、戦後の近代的社会を否定し、国民主権という民主主義をも否定している、国民の権利はすべて剥奪し、権力は国家とそれに属する政党のみが持つという形を持っている、


  江戸時代は確かにそうだっただろう、戦前の軍部も同じ形を持っていただろうが、近代化の果実はそれ相応のペナルティがあるのだから、そういうことをすればただでは済むまい、


  日本がアフガニスタンみたいになる可能性もあるわけで、近代化という抽象的な要素であっても、それに対してちゃんとした考えを持っていないと、世の中がおかしくなってしまうのだから、こういう事も考えておかなければならないのだろう、


  多くの人が納得する事が正しいのはない、昔も書いたが未来というのは誰にとっても気に入らないものであって、状況は大体今までの逆に進む事が多いですから、未来というのは誰にとっても気に入らないものになりやすい

  そして未来になってしまえば、慣れてしまえばそれはそれで別に難しいものでもなく、批判するほどのものでもなく、注射みたいなものでやってしまえばそれほどたいしたものではない、


  今の日本人の感情は揺れ動いている、日本の歴史が正しいのか、それとも近代化が正しいのか、両方はまったく逆の概念であり、権力者を否定し国民を肯定する近代化は、日本人の歴史観を完全にひっくり返すものである、

  だから気に入らないという気持ちがわいて、それが自民党という何の価値もない組織への支持になるのだろう、


  しかし、それは過去への退行であるから、いくらそれを信じた所で社会が良くなる事はない、車に乗って電車に乗って電気を使って、けど今は江戸時代というわけにはいかない、


  近代化も慣れればそんなに悪いものではない、いままでの社会は否定する事になるだろうがまた一から作ればいいだけで、日本人はこうであるという考えにとらわれず純粋にものを見てみるべきだろう、


  そういう精神的病理の塊が自民党であり、日本を蝕んでいる病は自民党であるが、同時にそういう病を生んでいるのは日本人自身である、

  過去への願望がヒトラーを生みナチスを生んだ、それと同じ願望が自民党を生んでいる、

  
  だからそれは否定せねばならない、感傷では社会は良くならない、未来へ進むためには近代化の市民社会を作る必要がある、

  たぶん自民党を潰す事によって日本の未来は生まれ、自民党が生き残る事によって日本の未来は潰れるだろう、自民党は日本の未来を計るバロメーターであり、自民党の影響力があればあるほど日本の未来はなくなる、


  そういうところが自民党の憲法案には出ていると思う、というかなんでこんなに長くなったのか分からないけど、ともかく自民党は過去への回帰であり、日本を地獄に引きずり込む亡者であると考えていいと思います、


  次に、と思ったがまったく書く事がないですね、もしや上の文章が長くなったのも、今日は書く事がないと思った深層心理が働いたのかもしれませんが、
  
  書く事がないので、では時々書いているこれからの政治について書いてみましょうか、


  これからの政治ね、う~ん、そうですね、まずは国会が開かれるかどうかというのはあると思います、

  国会は今月開かれるのかな、そこでどうなるかですが前も書いたように、国会自体を開かないという可能性もあると思います、


  野田のやつの狙いというか、こいつを雇っている連中の考えは、消費税でありTPPでしたから、TPPに関しては国会で議論しないほうが通しやすいので、国会をわざと開かないでTPPをするというのはあるでしょう、


  そう考えないと問責を受けたのに首相をやり続ける意味が分からない、問責を受けた以上野党は協力しないし、つまり国会運営上できる事はないんですね、

  という事は国会運営以外のこと、つまり外交などの問題は逆にやりやすくなるので、外交的な方向性をとるのではないかと思います、
  

  正確にはインチキ外交ですけど、国会を開いても意味がない以上、国会を開かなくても党内で手続きの出来る、外交等の条約を勝手に決めるのがこいつの狙いではないかという気がする、


  まあこれは国会が始まってみないと分からない事だが、まず国会が開かれなかった場合は外交的な方向性に舵を切って極端に日本が不利になり条約を結んだり、そういう条約を利用して日本国内に独裁的な影響を持とうとしようとするかもしれない、


  野田政権では国会運営は出来ないから、後は外交的なインチキしか出来ないし、最近のオスプレイ騒動を見ても、そういう外にいい顔をして利権を漁るという考えが強く出ると思う、


  そして、国会といえば民主党の離党者がどうなるかかな、なぜかいまだに離党者があまり出ないのだが、鳩山氏はいつ離党するのだろうか、

  その可能性があるとすれば、国会がどうなるかによると思う、


  例えば野党がどう出るか、野田のやつがどうするのか、それによってこれからの政治の流れが決まるから、それを見定めてから離党を考えているのかもしれない、

  正直今の状況では民主党内で反対しても意味はないし、昔は民主党が絶対多数を持っていたけど、今では過半数ぎりぎりだから党を出て反対しても問題はない、
  

  最初の頃民主党から離党者が出ても、民主党は問題がある人間が出て行ったからせいせいしたといっていたが、いまは過半数ぎりぎりだから離党者の引き締めをしている、

  そう考えると、離党者が出て議席数もっとシビアになれば、民主党が萎縮する可能性があるので、離党して圧力をかける方がいまの民主党へのダメージとしては大きい、


  なので離党をするというアクションがほしいところだけど、同時に離党をするとすぐに解散になるのではないかと思って躊躇しているのかもしれない、

  ま、それを見るには国会がどうなるかを見定めて動くのがいいわけで、そう考えているのかも知れなけど、


  う~ん、まあ国会が始まればどうなるか決まってくると思う、まずは国会が開かれるかどうか、開かれない場合はインチキ外交に注意したほうがいい、

  そして国会が始まれば、これからの政治の流れが見えてくるから、民主党の離党者が動くかもしれないので、それに期待したというところで、


  国会が始まってからですかね、変化が起きるとすればその辺りではないかと思います、






図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



消費増税の大罪―会計学者が明かす財源の代案
醍醐 聰
柏書房



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR