03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

総裁選と維新不支持と生活保護と被爆問題、今の時代の経済論、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一




    どうもこんにちは、


  昨日は寒かったですね、一日所長ならぬ一日冬の日みたいな感じでしたが、今日はやっぱり暑いです、


  さてそれで何か起きているかな、う~ん、今日もあんまり大したネタはないようだけど、自民の総裁選があるようだ、

  ゴミの分別みたいなものだけど、より優れた塵を選ぶ選挙のようだが石破が優勢なのか、


  石破ねぇ、軍事キチか、いっている事はまともっぽいが頭のおかしいやつだろ、根底が狂っているから人の役には立つまい、

  それに総裁選では5人候補が出ているから、民主党の野田インチキ選挙のように、票を分散しておいて後で手のひらを返すというのもあるし、他のやつが勝つ可能性もあるだろう、


  まあただ誰がなったとしても意味はなく、今までの戦後的世界観や冷戦構造に依存した頭では、社会の役に立つ可能性はないので、まとめて原子炉にでも放り込むのがいいでしょう、


  次に、大阪コスプレの会、一部の人が維新の会とも呼ぶ勢力の支持が下がってきているようだ、

  まあそうだろうな、普天間基地移設賛成、竹島は日韓共同保持、尖閣に人員配備とかいっているやつだ、頭がおかしいだろう、


  大体このアホ勢力はいままでそんなことをいった事はないし、そういう問題が起きたから騒ぎ始めているわけで、マスコミの話題になっているからいってみましたというレベルであり、それがどういう問題なのかまったく考えていない、

  そして徴兵制だ軍事独裁だといっているわけだから、支持が残るはずがあるまい、


  もともとこのコスプレ連中が評価されていたのは、社会変革をするのではないかというイメージと、自民民主とも支持できない状況での第三極として評価されていたのであり、

  軍事独裁をしつつ自民党の手駒として動くようでは、評価される要素はないだろう、


  国民が嫌っているのは自民党だからね、結局小泉以降の新自由主義、そして軍事独裁の流れを嫌っているのであって、いまの民主党が否定されているのも自民党と同じ方向性を持っているからであり、自民的な方向性を持っている連中は嫌われる、

  そしてそれを更に極端にした勢力なのだから、自民以上に国民の不信を招くことになるだろう、


  いっちゃなんだが、多分この勢力は民主党よりも支持をされないと思う、自民的な方向性を国民は嫌っているのだから、維新>自民のような国民が否定するランキングになって、一番最悪な結果を招くのではないか、


  下手すると一人も当選しないような気がするが、今の時代国民が否定しているのは軍事であり、そして財界である、

  つまり軍事的方向性や財界よりの政治家は国民にはねられるので、そういう方向性を出した維新の会も国民は否定するだろう、


  そしてその結果が、マスコミの政治への影響力がなくなった証拠になり、マスコミ時代の終わりを象徴するような形になるのではないかと思います、

 
  後は、生活保護の現物支給とか言っているな、自民とコスプレが言っている様だが、これは利権だろうね、

  生活保護というのは基本的に資金で供給するが、その場合政治家や役人の利権にはならない、

  今の政治というのは利権をどう取るかで判断しているので、それが正しいとか必要であるという考えはなく、利権のためにどうするかという考えが強い、


  例えば民主党の子供手当て、自民党や公明党は児童手当にすべきだといっていた、そしてその子供手当てがばら撒きだといっていたが、

  結局児童手当でも同じ事をするのだから、自民公明でもそういう政策はばら撒きであるのに、民主党の子供手当てだけをばら撒きだといっていた、


  それは結局子供手当てのような直接給付の場合、利権が発生しないので政府を通す児童手当の形にして、自民公明などの利権になる形に変えようとしていた、


  だから生活保護も同じ考えなんですよ、何故自民やマスコミが生活保護をたたくかというと、それが額が大きくなってきて自分の利権を圧迫するものになったので、生活保護を自らの利権に変えたいという思惑がある、


  だから現金支給の生活保護を、食券とかそういう官僚や政治家が利権に漁れる形に変えようとする、

  生活保護の一番大きな問題は、日本が利権国家であるということ、税金はすべて利権のためにあり、政治家や役人の利権のためにしか税金が使われないシステムが出来上がっていて、

  その上で利権にならない生活保護が拡大したことが問題なのであり、生活保護の問題なのではなく利権政治の問題が大きい
 

  つまりは生活保護をたたいている人間は、税金は利権だと考え生活保護を自らの利権にしないと損をする人が言っているのである、


  生活保護は多額である分、それを利用すれば多額の資金を得ることができる、

  それを生活保護の不正受給と騒いでいるが、本質的には利権にならない生活保護を変えて自分の利益に変えようとしているだけであり、批判している勢力のほうが不正なのだ、


  根本的には利権国家である日本の末期症状が出ているわけだが、生活保護を叩いているやつはそれを自分の利権にしたいだけ、そういう目で見たほうがいいと思います、


  それ以外だと何かあるかな、去年の原発事故のときに1.6ミリシーベルトが出ていたらしいね、

  これは前から言われていたけど、福島原発事故は隠ぺい工作があって、福島の放射能被爆というと飯舘村が有名だけど、

  実はそこはそれほど高くはなくて、もっと線量の高いところがあったのに、それを隠蔽するために飯舘村の被爆問題を報道した、


  で、その線量の高いところは1ミリシーベルトを超えていて、線量計ではかれないレベルの放射能が出ていたのに、普通に子供たちが暮らしていた、

  いま甲状腺などの問題が出ているが、多分だけどチェルノブイリでは避難の失敗などで大量の被爆をして、子供の甲状腺問題が出たといっていたが、日本でも同じ事は起きていると思う、


  例えば毎時1ミリシーベルトならば、一日いれば24ミリシーベルトになるし、一週間いれば100ミリシーベルトを超えてしまう、

  政府は福島原発による被爆は被爆しても1ミリぐらいだとかいっていたが、それは放射性ヨウ素の被曝を考えなかった場合の数値であり、初期の爆発時の被爆をまったく考えないものであった、


  そしてその線量の高い地域では毎時一ミリを超えていたから、100ミリ以上の被爆をした人がたくさんいて、多分だけをチェルノブイリと同じレベルの被爆を福島の人はしていると思う、


  だから同じような被害が出るだろう、聞いたところでは甲状腺の問題はチェルノブイリ以上に深刻だといわれているが、それはそれだけ被爆していたからであり、ある意味チェルノブイリよりもひどい汚染状態だったからといえる、

  特に住民を逃がさなかったからね、被爆に関してはチェルノブイリよりもひどいと思ったほうがいい、


  それを後になって公開するあたりが相変わらずですが、たぶん福島ではチェルノブイリ以上の問題が起きると思うので、早期解決をすべきであり、

  そして実はチェルノブイリでもそうなのだけど、こういう汚染に対する対策はやればできるんですよ、国が本気になればそんなに難しいことではないので、福島の方々の問題も解決は可能なので政治の形を変えるしかない、


  そのためには福島県民を被爆して殺して金儲けを考えている、自公民コスプレ維新の会ではなく、小沢氏の勢力を強くするしかない、

  原発事故対策に対しては小沢氏の影響力が必要だ、私は別に小沢氏が神の様に正しいとは思っていないが、現状で見る限り原発対策をするといっているのは小沢氏だけなのだから、福島県民を助けるためには小沢氏を支持するしかない、


  上で書いた生活保護と同じで、原発対策をすればそれは利権の減少を招く、だから普通の政治家では原発対策はできない、

  自公民コスプレも利権政党である限り、福島原発に対する保障をする可能性は1%もない、


  利権国家の末期状態その2ですが、生活保護を叩くのも利権のため、福島県民を被爆させて見殺しにするのも利権のため、国民を殺すことこそが利権の最大化ですから、普通の政治家はそういうことしかしない、


  しかし小沢氏なら別の可能性がある、そこにかけてみるしかないんじゃないかと思います、


  他は何かあるかな、じゃあついでなので今の時代の経済論でも書いてみましょうか、

  今の時代の経済論ね、いままでの経済とは企業を重視して、その集中的な経済によって活性を得、それが社会還元して人々の幸せになる形を持っていたが、


  権力の集中が過ぎ、権力構造が支配体制に変わってしまい、その集中的な経済が国民の不利益になるようになって、そういう形が不可能になった、

  いわば集中型経済の限界に来ているところで、力を集めて何かをするという行為が、事実上の奴隷制度の復活のような意味を持ち、働く事や会社で頑張る事が国民の奴隷化を進めてしまう、不の要素を強く持っている、


  よくいまはニートだフリーターだといわれるが、その根本にあるのが集中型経済の限界であり、会社で頑張る事が社会悪化や、国民の奴隷化につながることを嫌い否定する人が増え、

  昔のような企業重視の形では社会が成り立たなくなり、そのあたりにジレンマが発生している、


  企業を重視すればするほど国民は貧しくなる、会社でがんばれば人々の不幸の原因になる、

  なぜなら集中型の経済では、ある以上の権力の集中がおき、それが支配体制を作ることによって、段々と搾取型の経済に変わるからで、戦後の経済や企業はいまとなっては国民からの搾取で成り立っている、奴隷の管理者のような意味が強くある、


  だからそれを逆にしないといけない、権力を集中すれば力は強くなる、しかしその強くなった権力を扱うのは神ではなくただの人だ、当然強すぎる権力が生まれれば立場の弱い人をドレイとして支配したいと思うだろう、


  戦後の集中型経済は、結果として後生の奴隷制度と化した、そして奴隷制度ですから国民の貧困化が進み、その貧困化が国の衰退を招いている、

  今の時代の経済悪化の原因は単純である、集中型の経済が行き過ぎて既得権者が支配体制を作り、国民を搾取しているから経済が悪化しているのである、

  
  であるから、ある意味において奴隷解放とでも言うような、国民の利益を大きくしていくような形に経済を変えていかないといけない、


  そういうと、例えばそういう政策をすれば経済が悪化するのではないかという意見もある、確かに集中型の経済に比べれば経済指標などは落ちるかもしれないが、そもそも集中型の経済は力を集めて見かけ上浮かせているようなものだから、本来の数値よりも大きく出るものであり、その経済の形のほうが問題なのであって、適正水準であるほうが安定はすると思う、


  今の時代の経済の最大の問題は奴隷制度である、明確なドレイとは言わないが貧困化や格差の問題が経済のアキレス腱になっている、

  そしてそれを変えるためには経済を180度変える必要があり、今までとまったく逆なことをしない限り経済が良くなる事はない、


  つまり企業の業績よりも国民の生活を改善することのほうが経済的な意味を持つようになり、企業に力を集中するタイプの経済ではなく、企業は経済の中心かもしれないが、その中心から外にエネルギーが広がるような、拡散タイプの経済にしなければならない、


  経済とは国民の生活である、金融的には別かもしれないが、国民の生活を良くしない限り経済が良くなる事はない、

  今までは経済がよくなれば国民の生活が良くなるといわれていたが、経済が既得権化してそういう要素がなくなった以上、今度は国民の生活を良くして経済を良くするという逆の発想が必要になる、

  
  今の時代の経済はいままでの逆が正しい、企業に力を注げば注ぐほど経済は悪化する、なぜなら企業は経済悪化の要因であるからだ、

  経済とは国民の生活であり、国民の生活を悪化させる企業が経済を活性化させることなどできないからである、


  戦後は企業が国民の生活を良くしていたから、企業を重視していれば経済も良くなった、

  しかしいまは企業が既得権化し、国民からの搾取で生き残りを考えている状態ですから、企業を重視すればするほど経済は悪化する、


  実際企業重視の新自由主義小泉改革は、日本経済を壊滅的に破壊しただけで何も生まなかった、企業を重視すれば経済は悪化する、経済をよくするためには国民の生活の改善が必要であり、国民の生活を改善するために企業をどう変えるべきかと考えるのが経済論的には正しい、


  物が廻るように主従関係もいずれは変わる、いままでは企業が主であったが、段々と国民が主になって企業が従になる、そうやって経済の主軸が変わってくる、

  そしてその変化に対応できなければ、日本の経済は衰退をし続けるでしょう、企業で頑張ってもそれが改善する可能性はない、問題は企業が経済悪化の原因になっていることであり、企業を重視した経済論の破綻をどう変えていくかが重要である、


  企業を重視すればするほど国民が貧しくなるのがいまの日本である、つまり企業を重視すれば日本の経済はだめになるのだから、別の経済の中心を作って形を作り直さないといけない、


  が、戦後の行動経済成長による既得権は大きい、体制の変換ができずこのまま潰れる可能性が高いが、今の時代の経済論は国民の生活をどう改善するかであり、企業云々というのは二次的な意味しかない、


  それができれば世の中も変わっていくと思うのですが、その前に日本が終了するような気がします、






図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



消費増税の大罪―会計学者が明かす財源の代案
醍醐 聰
柏書房



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR