03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

尖閣諸島問題とコスプレ小泉会と総裁選の話、


地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  最近は涼しいというか雨ですね、雨が降れば気温は下がりますけど、雨が上がるとまた暑くなるのかな、


  さてそれはいいとして何か起きていますかね、といっても結局尖閣騒動ばかりですが、なのでそれについて書こうと思っているのですけど、

  長くなりそうなので、どう書くべきか、、


  ではまず前提になる話から書いてみましょうか、なぜこの問題がおきたのかということ、

  尖閣諸島問題については、昔日本が戦争に負けて尖閣諸島は沖縄の島ですから、アメリカが所有権を持っていたのですけど、それを日本に返し、それでお終いという形になるところが、


  アメリカはその尖閣諸島をあいまいな形にしておいて、明確に日本の所有であると認めず、中国なども所有権があるような形にして日本に返した、

  それが尖閣諸島問題であり、アメリカが日本と周辺諸国との対立が起きるように置いていった置き土産である、


  そしてそれはしばらくの間特に問題を生むことはなかった、中国もあまり興味を持つこともなく放っておいたのだけど、

  それが尖閣諸島の地下に資源があると分かり、それを狙って中国が地下資源を狙うために、尖閣諸島の領有権を主張し始めた、


  ただしそれほど強く出たわけではなくて、いまだに日本の実効支配を認めている事から分かるように、それほど強固な対立を望んでいるわけではない、

  中国に関しては、尖閣諸島の地下資源をといっているから批判もあるけど、中国は尖閣諸島と領海を接しているので、実は尖閣諸島の地下資源については中国にも権利があり、中国側はその権利を利用しているだけなので、国際ルール上問題のあることをしているわけではない、


  もちろん感情的な問題はあるだろう、しかし中国の尖閣諸島へのスタンスは、日本の実効支配を認めている点や、地下資源についても国際ルールに則って、ある程度国境から離して取っているあたりを見るに、それなりの配慮をしていると見るべきだろう、


  その点はロシアや韓国とは違い、強行的なスタンスを日本には示しておらず、一般にいわれるような中国が日本にとって悪であるという形は持っていない、

  どちらかというとロシアや韓国のほうが領土問題としては悪質で、中国はそれに比べるとまだマシな対応をしている、


  その理由としてありうるのは海路の問題があるといえ、中国は人口が多いですから大量の物資を輸入せねばならず、その入り口である海を封鎖されることを気にしているのだと思う、

  昔も書いたけど、中国が日本にとって脅威にはなりづらい理由として、中国が日本と争うと海路を封鎖してしまい、その資源不足によって内乱が起き結果中国が負けてしまうため、中国は日本と争いたくないのだと思う、


  尖閣諸島問題というと大きく騒がれるが、実際は韓国やロシアに比べれば小さな問題であり、中国はこの問題に対して手を出しづらいですから、日本側が変なことをしなければ尖閣諸島問題は起きないと見ていい、


  つまり尖閣諸島問題を起こしているのは日本だということ、中国は海路の封鎖を恐れているから、この地域で問題を起こしたくはない、

  特に日本の裏にはアメリカがいるから、アメリカが海路封鎖をやってくると厄介ですから、中国側はそれを読んで日本側に譲歩しているのでしょう、


  尖閣諸島問題とよく言われるのだけど、これは中国側が起こしたくない問題であり、かなり特殊な事情のある話だと思う、

  それを東南アジアの問題とか、韓国やロシアの問題と並べて考えがちだが、中国のような大国が日本に譲歩するというのはよほどの理由があるわけで、それを考えるに尖閣諸島問題を中国の問題と考えるのは間違いを生むと思う、


  この問題は日本やアメリカが起こしている問題であり、中国側が被害者である可能性が高いと思う、

  大国であり強引な中華思想で有名な中国が、なぜこの問題に対して日本側に譲歩しているのか、それにはそれ相応の理由があるはずだから、それを考えたほうがいいと思う、


  分かりやすくいえば何らかのヤブ蛇の様な話で、尖閣諸島は中国のウイークポイントであり、そこを突かれると向こうが困る理由があるのだと思う、

  じゃあその弱点を突いたらいいんじゃないかと思うけど、多分それはアメリカの仕事になって、その責任を日本がとる形になるだろうから、日本の利益になる可能性はないと思う、


  尖閣諸島には中国の何らかの弱みの様なものがあるのだと思う、ただしそれを利用するのはアメリカだけであって、日本には何の恩恵もないのだから無視したほうがいい、

  結局米中間の交渉のために日本を潰して、中国への圧力材料にするのがこの尖閣諸島問題だと思うので、日本人は関り合わない方がいいと思います、


  次に、尖閣諸島問題の狙いとしては、今回の場合タイミングのよさというのが目に付きます、

  今回の件で、中国のデモや暴動の対応への批判が大きい、特に中国政府がそれを容認していたのではないかという意見も多く見る、


  その原因として中国の体制の変換があり、新しい体制へ行く移行期ですから、弱腰とは言われたくないので、強硬な措置を取らざる得ないところがある、

  もともと中国は尖閣諸島問題が起きないように彼方此方に圧力を加えていて、そうしていたのだがアメリカの息がかかった香港の活動家が勝手に尖閣諸島にいって、それが問題の火種になった、
 

  そうなってしまえば今度は中国政府としても、問題が起きないようにブレーキをかけていたスタンスとは変わり、問題が起きてしまった以上それを容認するしかなく、それに圧力をかければ体制の移行に問題を生みますから、放任した結果大きな問題になった、

  ただし、今はかなり圧力をかけているようだから、一回だけやらせてそれ以降はやらせないような形を持っているようだけど、


  今回の尖閣諸島問題は、中国の体制の移行期を狙っている点において、海外からの謀略の色が強いと見える、


  フセイン政権、カダフィ政権、北朝鮮などもそうだが、独裁的な体制において権力の移行が起そうになると、大体アメリカやヨーロッパの謀略が入ってくる、

  日本の政権交代もある意味そうですが、中国の権力の移行期を狙って尖閣諸島問題が起きるのは不自然であるので、今回の件は自然発生的に起きたのではなく、アメリカの意図を汲んだ日本政府がわざとやったことだと思う、


  つまり日本がアメリカの中国叩きの手駒になって操られていた、そういう話であって政治謀略と見るのが妥当であろう、

  そうでなければ中国の権力移行時期を狙う不自然さがあるので、偶発的自然に起きた問題だとか、本来存在していた問題であると考えないほうがいい、


  どちらかというと、本来であれば別に問題化する必要のないことを、中国を叩き易いタイミングだったので、アメリカ政府の意向を受けた日本政府やアメリカのスパイがわざとやったことだと見たほうがいい、

 
  つまり尖閣諸島問題は日本には必要のない問題であって、そんな問題を起こす必要はなかった、

  尖閣諸島問題はアメリカが起こした問題で、中国の権力移行期を狙ったある種のテロに近いものであり、アメリカによる中国叩きと見ていい、


  そういうと、中国を叩けてアメリカとも協力できていいとか、ネットウヨクとかは考えるだろうが、

  しかし今回の件で、日本の中国進出は事実上不可能になり、その分をアメリカが掻っ攫うことになるし、

  日本と中国の貿易は十何兆とかそういうレベルですから、その利益を失えば大量の失業者を生み、その分アメリカの経済はよくなるが日本の没落は加速する、
  
  そして日中の争いは、日本の極端なアメリカ依存を生み、アメリカが金を出せといえば有り金を献上しなければならなくなるのだから、日本にとってのメリットは一切ない、

 
  たとえるならば、詐欺師の小泉のころのイラク戦争と同じものだと見ていい、あれも詐欺師の小泉が国連などで、アメリカは神でありイラク人は死ねと絶叫していたけど、そういうことを繰り返していたので今アラブでは日本の評判が悪い、


  アジアでも評判が悪いけど、今回の尖閣諸島問題は日本の国際的なイメージを下げるという意味もあると思う、日本が野蛮な国だと思わせる意図もあると思う、

  もちろん中国もそうだけど、黒幕であるアメリカが何もしていないのに、中国と日本が一方的な損失を被るのはデメリットというしかない、


  尖閣諸島問題はアメリカの利益のために、中国と日本を潰す政治的謀略である、本質的には日本、もしくは日中間の問題ではなく、アメリカの問題である、

  だから尖閣諸島問題に対しては、アメリカの問題だと考える必要があり、犯人はアメリカだと考えなければならない、


  日本と中国がと考えている限り、この問題は解くことができないので、この問題を起こしているアメリカを考えるべきだと思う、


  後は長くなってきたけど、この尖閣諸島問題が日本国内にどう影響を与え、どんな狙いがあったのかということを書いてみると、

  私の見たところこの尖閣諸島問題は、日本の消費税そして原発問題から目をそらし、そして自民党と民主党の代表戦をターゲットしたものだと思う、


  ネットのアンケートを見ても、本来の議論であるべき消費税や原発問題、そしてオスプレイなどの問題も、尖閣諸島問題で隠蔽されている、

  問題を隠蔽するためにはより大きな問題を作ればいい、木は森に隠せみたいなもので、日本の本来あるべき問題をこの尖閣諸島問題が隠蔽している、


  昔で言えば詐欺師の小泉の頃のサッチーとかそういうのと同じで、ある種の芸能ネタのようなところがあるのだけど、国内問題の隠蔽としてこの尖閣諸島問題があり、上で書いたように尖閣諸島問題はアメリカの得になり、日本の不利益になる問題であるのにかかわらず、日本側があえて協力しているのは、自らの問題を隠蔽するのに都合がいいという理由があるのだろう、


  そして自民や民主の代表戦も同じような理由があり、自民党は軍国主義政党であって、この手の話題には強い、

  本質的には国民を殺して金を盗んでいる強盗団過ぎない連中だが、尖閣だなんだという話ならこいつらも話題を作りやすいだろう、


  それになぜかこいつらの総裁選の公開討論をしているときに、尖閣諸島問題がずうっと起きていた、これは偶然ではなく尖閣諸島問題をこのタイミングで起こすことを予め決めておいて、それにあわせて公開討論を始めたと見るのが妥当であろう、

  尖閣諸島問題はこいつらの身の保身のためにわざと起こしたものであり、中国の略奪の真の犯人はこいつらであるという事、


  そして民主党の代表戦は公開討論会が開かれていない、それは野田のやつが出ないのが原因であるが、その根本的理由としてあるのが自民党の総裁選を目立たせるというのがあるのだろう、


  いま尖閣諸島問題が起きている、そこで民主党が公開討論会を開けば、当然その話題になるだろうが、民主党の場合自民党とは別の意見になる可能性がある、

  そうなると話題性として雑音が入るというか、自民党の人気を高めることができなくなるので、野田のやつは尖閣諸島問題を軍事的問題として、自民党がアピールしやすいように民主党の討論会を開いていないのだと思う、


  そもそも尖閣諸島問題を起こしたのはアメリカの指示に従った日本政府である、ならば当然野田のやつもそのシナリオに乗っているだろうし、

  アメリカとしては尖閣諸島問題から、日本を北朝鮮のような軍国主義国家にして、利用したいと思っているから、国民を殺して食っている自民の影響力を強めたいと思っているだろう、


  そのために民主党は公開討論会を開かず、余計な情報が入らず国民が洗脳されやすい形を作った、

  その見返りは、原発問題や消費税の隠蔽による、自らの問題隠しの点稼ぎであり、黙っていることの利益を得ようとしたのだろう、


  ともかく、尖閣諸島問題とはヒトラーよろしく、外交問題によって国内の問題を隠蔽する古典的な手であり、原発、消費税、TPP、オスプレイなどを隠蔽するために行われた、総合的なインチキプロパガンダである、

  
  昔で言えば北朝鮮の核、ミサイルネタと同じようなもので、実害は全然ないのにひどい問題が起きると脅し、国民を奴隷化した流れと同じものと見ていい、


  であるから、尖閣諸島問題は国民の利益になることはなく、国防という意味もなく、国内の問題を隠蔽した上で、更なる負担を求め人間らしい生活を破壊する、内政崩壊のような形を強く持ってくると見ていい、


  前も書いたけど尖閣諸島問題は日本を滅ぼしかねない問題であり、それは外国が日本を滅ぼすというのではなく、日本政府がその問題を利用して日本人に不利益なことをする可能性が高い問題であり、その結果日本が潰れる可能性がある話である、


  尖閣諸島問題によって日本は自滅する恐れがある、北朝鮮問題は日本の衰退を招いたが、それは北朝鮮の核やミサイル攻撃で日本がだめになったのではなく、それを利用した国内勢力によって日本が衰退したのであり、こういう外国の脅威を利用する勢力は日本人を不幸にする、


  外国は敵ではない、自国の方が敵なのだということ、もし外国が敵ならば尖閣諸島問題など何十年前に問題が起きていただろう、

  それが何故いま急に起きるのか、その理由が日本政府にある、

  そしてその問題を対処しなければ日本の未来はない、日本の未来は外国を叩いて解決するのではなく、自国の政府を叩かない限り解決しない問題であると、思わなければならないと思います、

 
  今日はネタが多いのですが、というか尖閣諸島問題ばかりですけど、他の話題としては、大阪のコスプレ維新の会が小泉政権を継承したらしい、

  一子相伝の暗殺権、新自由主義を会得したようだが、詐欺師の小泉の跡を継ぐと明言するとはね、


  となると、大阪の詐欺コスプレ市長と呼ばないといけないのか、コスプレ詐欺市長のほうがいいかな、なんか別の意味にも感じてしまうが、罪状が多いのでどうしてもこうなるのですけど、


  それで大阪の詐欺師の会が、小泉政権を継承し新自由主義をもう一度して、国民を皆殺しにしますといったらしいが、

  これ噂話ではなくて、そのコスプレ会の幹事長である、大阪知事が言っているんだよね、となるともう撤回はできないから、詐欺師の小泉をもう一回ということか、


  まあ大阪のコスプレ市長は詐欺師の小泉を敬うというか、あれを目標に生きているところがあったから、アイドルのジュニアみたいなもので、俺もいつか詐欺師の舞台に立ちたいと思い、その念願が叶いそうになって本音が出たのだろうが、


  しかし詐欺師の小泉はいまだに批判が激しいやつだし、ここで大阪コスプレ会が小泉政権を継承するといっていいのかな、

  ゴミが潰れる分にはかまわないが、どうも調子に乗っている気がする、


  これが私が前に書いた、こういう状況だからこそ逆転の可能性もあるということで、腐ったゴミがうまくいくとき、日ごろは隠蔽しているけど、いざという時に地が出るから、腐ったゴミが権力を握れそうになると、大体腐ったようなことを言う、


  それがばれて体制の失敗するのだけど、昔の例でいえば詐欺師の小泉はうまく隠蔽していたが、その後の仮病の阿部とか、仮想の福田とか、文盲の阿呆とかそういうのが出てきて、

  その多くが、権力を握って調子に乗っていた、あまりに酷い事ばかりしてたので非難を浴び、権力を失った、


  それがその大阪詐欺師の会でも出ているようで、案外そろそろ潰れるような気がします、


  後は、自民党の総裁選に安部が出るとかいっているな、安部?、あいつ死んだんじゃなかったか、

  いや死んでいなかったか、確か精神が崩壊して二度と戻らなくなったと聞いていたが、あれ、人間って精神なくても生きれるのかな、


  まあね、こいつはそんなことを言いながら首相から逃げ出して、二度と精神が戻らないといいながら、二ヶ月もしたら戻ってきたからな、まあ仮病だったのだろう、


  しかしこのアホが出てくるとはね、「美しい国ぃぃぃ!!!!」とか懐かしいなあ、このアホっぷり、

  馬鹿は多分直っていないから、相変わらず馬鹿なのだろうけど、また狂った事をいってギャーギャーいうのだろうな、


  ただこいつが出てくるというのは、自民党がなにも変わっていない証拠で、自民党は100%国民を殺しに来ると思うので、国民も自民党に対して自衛する必要がある、

  自民党やその支持者は叩き潰さないといけないからね、国民を殺すようなことをしても嬉々として喜ぶ連中だ、まともな人間などまずおるまい、


  そういう連中がまたよみがえってきたようだが、今回に関しては民主党も基本的にはだめなので、民主党の崩壊と小沢氏の党の影響力増加、その可能性にかけるしかない、

  国民を守ってくれるのは小沢氏だけだということで、後は全員国民を殺そうとしている犯罪者ですので、末期状態ではありますが何とかその可能性を広げていくべきだと思います、





図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



消費増税の大罪―会計学者が明かす財源の代案
醍醐 聰
柏書房



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR