01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

尖閣諸島問題と反日デモと福島の桃と代表戦の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、



    どうもこんにちは、


  今日は暑いですね、最近は暑いのかどうかよく分からない日が多いです、


  さてそれで何か起きているかな、あまりたいしたことは起きていないようだが、ひとまずは日本の政治家が尖閣諸島に行ったことでも書いてみましょうか、

  数日前に香港の活動家が尖閣諸島に乗り込んで、逮捕されて強制送還になった、


  それに抗議するために動いた連中がいるらしいが、これはどうなるかな、

  私の見立てだと日本のやり方は間違いだと思う、どうしてかというと行ったのが政治家であること、政治家が行くということは国家の意思で行動しているということになるので、つまり日本政府の意思表示という意味になる、


  それは韓国のアホ大統領が竹島に行った問題と同じで、現職の政治家というものは国家権力を有しているから、それは同時に国家の権力行使と同じ意味があるので、政治家の行動は国家の行為と同じ意味を持つ、


  であるから、政治家が海外に対して政治活動をした場合は、それは日本政府のやったことになり、責任は日本政府にくる、

  それは別にそういうことをやってはいけないというわけじゃない、ただ政府として行動してしまった以上は、それに対してどうするかということを考えなければならず、

  一般の人間が領土問題に関ったことと、現職の政治家が関ったこととでは大きな違いがある、


  だから私は韓国の大統領は馬鹿だと書いているのですが、現職の大統領がいきなり行く非常識、

  まあロシアや中国のような大国なら分からなくもないが、韓国規模の国が日本にけんかを売ってはいけない、

  もしくは争うのならば、北朝鮮のような緻密な計画が必要であるのに、この韓国の馬鹿大統領はないも考えずにいっていた、


  それが問題だと私は書いていたわけですけど、今回もそこまではいかないけど似たような問題はある、
  
  首相や大臣が行ったわけじゃないから、韓国のような問題にはならないけど、現職の議員が行くとなれば、それは国際政治の問題になるし、個人的な意見としてやっていい事と悪いことの領分を越えている、


  今回上陸したのは地方議員らしいが、本来外交や海外とに関れない地方議員が、領土問題に直接関るべきではないというのが正しい判断であり、

  自分の責任の負える範囲内での行動にすべきあり、領土問題が起きた結果に責任を負えない立場ならば関り合いを持つべきではない、


  たとえばその島に行ったことによって、中国でデモがおき日本人に被害が出ているようだが、その保障を誰がするのかといえば、その島に行った議員がするしかないが、どうせしないんでしょ?、

  つまり、その島に行った議員はそれによって起こる外交問題に対して、何一つ対処できる権限を持たないわけで、非常に無責任なわけです、


  社会的責任とか、政治家としての責務で行ったと連中はいっているけど、じゃあその結果起きた問題に対してあなた方がどう責任を負えるのか、表明してくれといっても何も出来ないわけで、


  これは東京の利権ボケ知事も同じで、こいつは尖閣諸島だなんだと騒いだが、その結果起きた外交問題に対して、お前が何か保障をする能力があるのかといわれれば、何も答えることは出来まい、


  結局のところその島に行った連中は、自らの売名行為のために行っただけで、その結果起きた問題に対しては何一つ責任をとる気はない、きわめて無責任な連中である、

  それが一般の市民や団体ならば、個人の自由という意味もあるかもしれない、そういう意味で言えば香港の活動家はグレーゾーンには入っている、


  しかしそれが日本の現職議員となれば、それ相応の責任が発生するわけで、その尖閣諸島に行った議員は、国際政治をなめていたように思う、


  そういう問題があったのではないか、抗議をするにしてもやり方は考えなければならないということ、そういうことが分かっていないまま国際政治関ろうとしている点が、日本の危険なところであると思います、


  次に、同じような話ですが、その香港の活動家に対してはあまりいい話は聞かないです、

  たとえば昔は中国の国旗を焼いて、反中活動をしていたらしく、中国政府が悪だといっていたようだ、

  更に、その香港の団体の本部はアメリカにあり、実はアメリカが作った組織ではないかとも言われている、


  明らかに胡散臭い連中ですが、前も書いたけど今回の尖閣諸島騒ぎは、アメリカが絡んでいる可能性があり、よくいわれている中国と日本の対立という分かりやすい意味ではないようだ、


  例えば、中国で反日デモが起きたといわれている、日本のマスコミはそれを盛んに騒いでいるけどデモの規模は小さく、また中国政府の圧力が強いようで、日本のマスコミのいっていることとはずいぶん違うもののようだ、


  それに反日デモというのは、ある意味反政府デモがやりづらいからやっている面もあるわけで、

  反政府デモをすれば逮捕されるかもしれないが、反日ならば政府も言っていたことだし、逮捕もしづらいからやりやすいという面もある、

  更にいえば、そのデモをアメリカ政府が扇動している可能性も十分あるわけで、


  マスコミのいう尖閣諸島問題で、中国の反日デモが活発化し、中国との関係悪化から、日本はアメリカに金を献上しないといけないという説は、マスコミが言っているだけでそういう意味はないように思う、


  マスコミの悪いところは社会を単純化して見せようということで、尖閣諸島問題も中国のデモの意味はいろいろあるだろう、それを特定の方向性から見せて偏った単純論に傾け、国民の見方を捻じ曲げているところがあると思う、


  その香港の活動家だって、アメリカに本部があって昔は反中国を行っていた団体なのだから、どう考えても胡散臭い団体なのに、それを中国の一般世論のように報道している、

  デモに関してもそんなに大規模ではなく、そのデモの内容も反日というよりは、政府に対する不満を別の形で表している意味もあるのに、ステレオタイプ的パターンで反日デモ、反日デモという、


  ここら辺の細工というか、不自然なところは考えたほうがいい、少なくとも今の日中関係を割こうとしている勢力があって、マスコミがそこに雇われているのは確実であるから、

  マスコミのいう領土問題、海外の反日活動に関しては、マスコミの言う事は信じないほうがいいと思います、


  後は、最近出かけたら福島の桃を売っていました、放射能汚染はどうなっているのか疑問に思ったのですが、

  そういえばちょっと前に、「テレビで話題になった福島のトマト」というのがありました、そういう被爆詐欺のようなものが起きているようです、


  福島の桃ね、、その話は少し前に福島のエートスという、福島県民を人体実験して、死んだらその標本を海外に高い値で売ろうとしている連中が、福島の桃はおいしいといっていたから、福島の桃は食べてはだめでしょう、


  なんたってこいつらの目的は人体実験だけだから、福島の桃には大量の放射能が入っているのだろう、そうでなければこいつらが宣伝をするわけがないから、人体実験のサンプルをばら撒いているのだろうね、


  更に、上で書いた福島のトマトも似たような問題はある、マスコミが騒ぐということはそれは被爆が酷い商品を隠蔽しているという意味だから、データの改ざんをして安全だといって売っているのだろう、


  そしてそういう入り口を作って、エートスプロジェクトを全国展開し、日本人全体を被爆させデータを取りたいのが、その福島の桃に込められた願いなのだろうな、


  福島にいる人々のには何の罪もありませんが、被爆を隠蔽しないといけない勢力からすれば、福島県民の被害は誰かに転嫁しなければ、自分の責任になってしまうわけで、

  そういう福島の農産物が、マスコミの報道で広がってくるということは、裏に悪意があると見るしかあるまい、


  まあ福島の農産物でも汚染されていないものはあるだろう、しかしそれを普通の売り方ではなく、エートスやマスコミのような国民を被爆させたくてたまらない連中が売っているのならば、その商品を信用することは出来ない、


  それに、福島の農産物である限り、放射能汚染を避けることはほぼ不可能なのだから、いまのように日本の東側が汚染されている状況では、多少汚染されているものであっても食べることは出来ないわけで、福島の農産物を食べるという選択肢は最初からない、

  あるとすれば汚染されていない西日本の地域ならばいいかもしれないが、東日本に福島の農産物を出荷するということは、ただの犯罪行為である、


  そういうことは認められる問題ではない、それにマスコミエートスと来ているのだから詐欺に決まっている、信用など出来る要素はあるまい、


  福島の農業に関しては、基本的にやめるべきだと思う、福島はチェルノブイリ以上の高濃度汚染地帯が多い、しかもそこで普通に暮らし農業をやっている場合が多いのだから、そこで安全性を維持することなど出来るわけがあるまい、


  最初から無理なのでね、それにそれは福島で農業をしている方にとっても、そうせねばならないわけで、

  現状で見る限り福島の農産物に対する信用はない、いくら人を騙そうとしてもそれは不可能である、

  そうなればたとえ農業を維持しようとしても、買い叩かれるのがおちであり、そしてその買い叩かれた農産物を、エートスやマスコミが安全だとデータを捏造して騒ぎ、一般消費者に安く売られて被爆が拡大するのだから、誰にとってもメリットはないのだ、


  本質的な問題は、誰が放射能の責任を負うかであり、福島の農家なのか、それとも東日本の消費者なのか、

  それは違うわけで、責任は政府にあるのだから、エートスマスコミのいうような被爆は安全、福島の桃を食べましょうなどといってはいけない、


  放射能の問題は100年は続く問題であって、いま生きている人間にはどうやっても解決の出来ない問題である、

  それをいずれ解決が出来るようにいうのは完全な詐欺であるし、そういう流れは避けねばならない、


  放射能の問題は致命的な問題であり、誤魔化して済む話ではないのだから、奇跡の桃だの、願いの詰まったトマトなどといわず、そんなものを作っている場合じゃないと考えるべきだと思う、


  それ以外だと何かあるかな、そういえば鳩山氏が次も野田豚だった民主党を辞めるといっているね、そうなのかな、

  個人的には次の民主党代表戦までが、民主党の寿命だと思っているので、そこで鳩山氏が出て行くのならばそう悪くはないけど、


  しかし現実的にいえば、野田豚がまた出るかは分からないわけで、自民党の反発が強ければ次は出ないだろう、

  そうなるとまた一見穏健派なやつが出て、誤魔化されるような気がするけどな、


  どっちにしろ次の代表戦までしか民主党は持たないだろう、党内の亀裂が激しくなるし、多分だがどうしようもないクズが代表になる可能性が高いから、そんなやつを支持しつつ政治家としての大義を言う事は出来ないので、その後まで民主党にいたら明日はなくなる、


  今の状況でも民主党はかなり厳しいと思うが、それが完全に終わるのが次の代表戦だと思うので、そこで鳩山氏がどう判断するかというのはあるかもしれません、


  ただ個人的にいわせてもらうと、あんまり上手く行かないのではないかという気もします、

  管派の馬鹿連中が、もう一回野田豚を押した場合は面白くなるけど、そうでない場合は玉虫色で壊滅状態になるかもしれません、






図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



消費増税の大罪―会計学者が明かす財源の代案
醍醐 聰
柏書房



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR