07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

民主党離党者と電気税と原発収束と被爆問題の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、



    どうもこんにちは、


  今日は暑いですね、まあ暑さというのは風が吹いていたりいなかったりでも結構変わるので、場所によっては違うでしょうけど、


  それはともかく何か起きているかな、聞いた話では民主党から更に離党者が出たようだ、4~5人出たのか、

  可能性としては反原発集会の流れを受けて、世論が変わったという読みがあったのだろう、政治家は世論に合わせて動くものだから、世論が変わったので行動しやすくなったと見たのだと思う、


  政治というとマスコミを気にしすぎているように見えるけど、政治家がマスコミを気にするのは世論の動向を立場上考えなければならず、そして世論を変える力が今まではマスコミにしかなかったので、政治家といってもマスコミのいうことを聞くしかなかった、


  もちろん本人の能力があればそれを押し返せれるが、戦後の組織主義、大量生産されたエリート集団には、マスコミを撥ね返すほどの力を持った人は殆どいない、

  だからマスコミの影響が強く、世論が政治家の都合に合わない形を持っていたならば、そういう人も出づらかっただろうけど、デモのおかげで政治家が自由になったのだろう、


  そういう意味でいえば、デモをするという事は国民の利益にもなるが、同時に政治家の行動の自由を与える機会にもなるので、反原発デモが功を成しているといえる、


  野田豚とかそういうアホ連中がデモを気にしているのは、統制的な社会というものは世論が固定され、国民が自分の考えを持つことが出来ない、表現することが出来ない社会ですから、


  統制政治、統制社会、統制経済を目指す、独裁自公豚連合にとっては、マスコミ以外の世論が別に存在していて、政治家が自由に動けることを嫌っているのだと思う、

  考えてみれば昔も企業の組織主義で、学閥派閥、就職は何歳までとか、一回失敗したら死ぬしかない社会とか、そういうことをいっていたのは統制社会を企業の方向性から目指していたといえ、


  詐欺師の小泉の企業崩壊政策によって、財界や会社が死すべき豚の集団に過ぎないとばれた今、統制の方向性を政治に変えて政治に対する世論をマスコミを使って制限しようとし、

  それがデモによってひっくり返ったということなのだろう、

  
  いわれてみれば企業の雇用が、囲い込みというか奴隷に近い意味を持っていて、それが財界の豚の私利私欲によって労働崩壊が起き、企業に対する信用がなくなって、

  そのころからマスコミは政治に対する世論調査を重視するようになった、最近の小沢氏のこともそうだけど、昔だったら小沢氏が党を作ったとしても世論調査によって善悪を問うという形はあまり持っていなかった、


  もしくは洗脳を徹底的にするということもしていなかった、ネガキャン自体はやっていたかもしれないが、企業が正しいといって洗脳する手法論が無理になって、今度は政治に対して世論を擬似形成し、その擬似世論によって政治を操ろうという考えが強くなっている、


  それがデモでまた引っ繰り返ったとすると、この国は末期状態であると思うけど、同時に既得権者も末期状態なのかもしれない、なんたって同じ国に住んでいるのだから、権力競争で国を滅ぼそうとすれば、既得権者も自らを滅ぼすことになる、


  そういう意味で言えばチャンスも見えているのかもしれない、国が傾けは権力者も傾く、うまく行けば権力者の一掃、悪ければ共倒れ、更に悪いと国民が蹴落とされ既得権者はアメリカに逃げると、その辺りの三択があるようだけど、

  
  まあデモが起きたとこによって、マスコミが政治世論を形成することが出来なくなったことは良かったと思う、世論とはデモでありマスコミは世論ではない、それがはっきりしたことによって政治家が動きやすくなり、政治家がマスコミを気にしなくてもよくなった、


  もう一歩進めばマスコミは何も出来なくなって、新しい自由な社会が来ることになるが、言論の自由とは自由であることではなく、自由を保障できる環境があることであり、

  新自由主義の自由と、マスコミのいう言論の自由は同じで、制約のない自由は暴力でしかなく、マスコミの言論の自由は国民への暴力行為でしかなかった、


  それがデモによって形が変わり次がどうなるかですが、ひとまず選挙がないのでデモなどに行ってみるのがいいと思います、デモに行けばマスコミは弱まりますから、マスコミが弱くなればこの国の人も始めて自由を味わえると思うので、


  次に、関西原発の大飯原発が稼動したと聞くね、このまま行くと自公豚連中の磔を考えなければならないようだけど、

  もし事故が起きれば日本はほぼ全滅するわけだから、そういう状況に持っていっただけで磔確定だろう、

  執行猶予で原発作業員300年の刑をつけてもいいけど、ともかく、原発の再稼動をしたら節電をする必要がなくなったと聞く、


  そうなると関西電力の連中も全員磔だな、まあこれも執行猶予をつけてやってもいいが、福島原発は収束まで100年以上かかるらしいから、100年くらいの強制労働で勘弁してやってもいいけど、


  で、原発を再稼動したが電力は十分で、稼動する必要はなかったようだ、

  そもそも火力発電所を8基止めていて、その火力発電所は大飯原発よりもかなり出力が大きいから、原発を再稼動する必要はなかった、

  利権のための再稼動であり、国民を殺しかねないことを金のためだけにやっているのが日本の実情なので、日本は末期状態なのでしょう、


  それにこういう再稼動をしても、電力会社は赤字だろうからね、原発に依存するという事は問題の先送りをすることであるから、原発というのは廃棄物の処理等で後になるほど金のかかるもので、どんどん借金を増やすものですから、原発を長期に使い続ければ電力会社の財務状況は悪化する、


  原発は隠れ借金のようなものであって、会計をちょろまかしているようなものだから、少し前も借金があったのに誤魔化していた会社があったが、原発というのはそういうものなのです、


  だから原発を維持し続ける限りは電力会社は潰れるしかないのだが、電力会社は原価方式といって、借金や損失は全部国民に転嫁できるようになっているので、原発をやって潰れるしかない会社の借金は、国民の電力料金になるわけです、


  多分だけど、日本の電力料金は世界的に高く、韓国やアメリカの数倍はするといっているから、その問題がこの原発依存と原価方式という、電気代に全て乗っけれる制度に問題があるのだと思う、


  アメリカでも原発はやっているけど、自由競争があるから原価方式がない、ある意味原発と原価方式というのは、その一つ一つだけならば別の意味があるけど、二つが合わさった形は税金と同じだと思う、


  元々原発をしたかったのは政府であり、アメリカとの取引や役人の天下りのために原発を推進し始めたわけで、日本の原発制度というのは政治家や役人の都合のために作られた、一種の税制度なのだと思う、


  つまり原発は税金だと考えればいい、原発が53基あるという事はその分税金が国民にかかっていると考えるべきだ、

  原発の問題というとイデオロギーや、反原発という思想のように見えるけど、原発というのは潜在的な借金であり、最初が安くだんだん負担が増えるものですから、それを強制的に国民に払わせていることは、実質的な税制度として原発が存在しているとみていい、


  電気代も税金みたいなものですしね、海外に比べて数倍の電気代を払っているという事は、日本は海外の数倍の電気税がかかっていることと同じである、

  だから、これからは電気代ではなく電気税と呼んで、そして電気税の原因になっているのが原発だと考えれば、なぜ原発をやめなければならないかが多くの人に分かる話になると思う、


  原発というのは国民に対する増税と一緒、消費税を上げることと原発を維持し稼動することは意味としては殆ど同じであるから、

  たぶん原発一基を維持することに対する国民負担は、そんなに低くないと思うので、原発は税金と考え、その数を減らしていったほうがいいとおもいます、


  後は、福島の原発で燃料棒の取り出しをしたらしい、といっても未反応のもので放射能は殆ど出ていないものらしいが、多少は進歩しているのでしょうか、

  しかしチェルノブイリに比べると遅いね、本当に解決する気があるようには思えないな、こういうのは序盤で一気に解決するものじゃないのか?、時間をかければかけるほど原発は劣化してくるし、長時間の作業が可能であるという発想がよく分からない、


  原発事故では、設備が壊れていなければ別ですけど、今回は海水とかも入れましたし、放射能の関係もあるから、地震津波で壊れた設備が長時間持つとは思えない、

  今いわれているプランの奇妙な所はスピード感のないことで、作業が難しいのは分かるのだが、時間をかければかけるほど設備が朽ちてくるのだから、それほど時間的余裕のないことを考えていない、


  4号炉にしても悠長に取り出すのではなく、ぞのままコンクリートで固めてしまったほうがいいと思うのだが、リスクはあると思うのだけどあの傾いた設備が何年も持つとは思えないので、

  取り出し作業を考えるのもいいのだけど、それが難しいとなったらどうするのか、考えていないような気がする、


  福島原発の設備は壊れていて、海水や浸水で劣化し続けているから、そう長くは持たないだろう、

  スリーマイルの場合は、あれは設備は全く壊れなかったから、長時間もつと考えて計画をたてれたが、今回は設備が壊れているのだからいつ倒壊してもおかしくないわけで、そういう状況でスリーマイルのようなのんびりしたプランしか考えていないのはなぜだろうか、


  今回の事故はチェルノブイリタイプの事故であり、原子力発電所の設備の殆どが壊れたのだから、長時間の維持ができる体制ではないし、短期的な方法で対処するのが正しいのではないか、


  どうも計画そのものが狂っているように思う、何も考えずに出鱈目に計画を立てているようにしか思えない、

  大破している設備の中で長期の収束作業が出来るかといえば、誰がどう考えても不可能なわけで、短期的な収束作業をプランとして考えるべきではないか、


  いわゆる石棺とかの方が現実的で、ロボットを使って取り出すなんて出来る可能性は殆どないのだから、そんなリスクを国民に払わせる神経が分からないな、

  官僚は馬鹿だからこういう考えしか持てないのだろうけど、今回の事故はチェルノブイリタイプの事故なのだから、設備が長く持つ保障はないわけで、それに対して悠長な計画を立てているのは異常だと思う、


  いまだに原子力村は妄想や幻覚で生きてるようだが、国民はこんなラリった馬鹿連中の犠牲になる義理はないので、原発の収束に対しては計画を変えていくしかないと思います、


  それ以外だと、あまり詳しくはないのだが、原発事故で死んだ人はいないとか、原発事故で死ぬのは1000人くらいだとか、そういう話が出ている、

  まあいわゆる、原発事故で被害がどうなるかという話だけど、これは何度も書いていますがかなり大きくはなるでしょう、


  多分数十万人くらいは行くんじゃないかな、もう一桁増えるかもしれないけど、それくらいのレベルの被害は出ると思う、

  その多くがバケツにウランで即死とか分かりやすいものではなくて、曖昧だけど段々死んで行くという形になると思う、


  放射能被害に関してはチェルノブイリが有名で、あれは甲状腺がんが起きて、それはヨウ素のない地域だったから大きくなったという意見があって、

  それ以外の被害はないという結論を、国際的な機関が出しているがこれは間違いです、


  まず、甲状腺の被害はどこでも起きていて、海草をよく取っていた地域でも甲状腺問題は発生していたようだから、いわゆるヨウ素をとっていなかったから被害が出たのではなく、放射能が出たところではどこでも出たようです、


  また、チェルノブイリの被爆の問題に関しては、ちゃんとした検査は行われていません、国家が検査を出来ないように妨害をしたので、どのような被害が出たのかというデータはありません、


  一応断片的なデータはあるのですが、医学的な精度とはいえないので、そういうデータはなかったことになっています、

  ICRPはこの立場で、実はチェルノブイリ付近では異常に病気が発生したのですが、そのデータを取ること自体を政府が規制したのでデータがなく、データがないから被害がなかったという話になっています、


  つまり、チェルノブイリのような被害が出た場合、どのような結果が出るかという点において、参考になるべき話がないんですね、

  例えば国際的な機関、IAEAやICRPなどは原子力を推進するために、アメリカや原子力財団が作った機関なので、原子力の危険性については基本的に指摘しませんから、ここの基準を持って今回のような事故の被爆問題を考えることは出来ない、


  だからどこを基準にするかということすら出来ないんですよ、一応チェルノブイリ付近で政府に嘘をついてデータを取っていたところによると、肺がんや胃ガンなどや他の病気が異常なレベルで増えたらしく、放射能は多くの病気を引く起こす原因になるらしいので、ある意味何が起こるかわからないようです、


  そういえば昔NHKの報道で付近に原発があって、トリチウム(放射性水素)をとっている地域でガンが急増していたらしいが、トリチウムは危険性がないといって何の規制もしていなかったらしく、そのガンが増えていたのも患者の親が医者だったから分かった話で、それまで誰も調べていなかったらしいから、


  今回も色々な病気が起こるでしょう、しかし何が起こるかは研究がなされていないのでわからない、

  ネットだと医学的こうだと、科学的にこうだと意見をいう人はいるが、残念ながら医学的にも科学的にも研究はなされておらず、国際的な機関は原子力関係者が作っているので中立性もなく、科学的、医学的検証をしても被爆の問題を考えることは出来ない、


  医学だ科学だといっても、データもなく研究もしていないものに対しては無力で、今回の事故の結果がどうなるかは分からないのだけど、
  
  アバウトな大雑把な見方をすると、数十万が数百万くらいは何らかの被害を受けるのではないかと思う、

 
  そしてその多くは公表されることはないだろう、上で書いたNHKの話のように原発から出るトリチウムによって子供がガンになって、それを医者である親が調べなければ周囲でがんの発生が数倍に撥ね上がっていたことを誰も気づかなかったわけだから、


  放射能被爆に関しては研究をしている人自体がおらず、調べている人間もいないわけで、誰かが個人的に調べてもそれを知る人は少ないだろう、

  だから、結局何だかよく分からないがおかしい社会になると思う、そもそも病気になる人自体が少ないし、それが多少増えたとしてもわからないし、病気のことを他人にしゃべる機会は少ないから、多くの人は何も知らないで生きるだろう、


  ただ何かがおかしいという世の中にはなると思う、それがどの程度表面化するかですけど、


  被爆問題に関しては、今までの研究もデータものないので分かりません、自称専門家が医学や科学をいってあれこれ言うでしょうけど、そもそも研究やデータがないものは専門家でも対処は出来ないので、彼らの言い分にあまり意味はない、

  意味があるとすれば、被爆を避け汚染地域に近づかないこと、結局のところこれしか手段はないと思います、






図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



マインド・コントロール (2時間でいまがわかる!)
クリエーター情報なし
アスコム



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



製造業が日本を滅ぼす
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房






関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR