01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

尖閣諸島と反原発デモと関西電力問題とオスプレイとこれからの政治の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、



    どうもこんにちは、


  最近は寒いですね、昼はそうでもないのですが夜が寒いです、今年の夏は暑いとかいっていたけど、天気予報士は東電の社員だったとか、そんなオチだったのだろうか、


  まあ大体世の中が悪いのは東電の所為なので、夏が暑いのも冬が寒いのもあいつらが悪いのですが、それはともかく何か起きているかな、

  そういえば野田豚が尖閣諸島を買うとかいっているね、東京の石原のようにボケが始まったのだろうか、


  頭がおかしくなりつつある石原が、東京都が尖閣諸島を買うといい始めて、マスコミ向けに騒いだのだけどあまり興味を持つ人はおらず、ネタとしては不発だったようだ、

  しかしマスコミは妄想の虜であるから、自分の影響力を信じて疑わないので、国民が尖閣ネタに興味を持っていると思ったのだろう、

  で、マスコミと手を組んだ野田豚が、ここで尖閣ネタをやれば受けるんじゃないかと思い、国が買うとかいい始めたようだが、


  う~ん、どうだろうね、そもそも国民は尖閣諸島に興味はないし、確かに中国との対立はあるかもしれないが、じゃあ中国と対立してどうするの?といわれると具体的なプランはない、


  中国との対立をおあるネタの弱さには、国民がみな考えている日本の外交的なお粗末さがあるわけで、中国との対立を考えた場合日本がまともな対応をせずに、それによって大きな問題が起きるのではないか、という考えが日本人には多いと思う、


  マスコミとしては単純に仮想的を作って、中国が悪、中国が悪とすり込めばいいと思っているのだろうけど、小泉政権以降そういうことをしてきたので国民もなれており、昔のように中国が悪だといっても信じる人は少ない、


  小泉政権は中国が悪だと騒いでいたが、それが意味を持つことも結果を生むこともなく、ただ単に中国との軋轢を生んだだけで、国家や国民の利益になることはなかった、

  結局政府のいう中国悪論は、日本政府の身の保身のための詭弁であって、外交上の対策をもたない、日本や日本人に大きな不利益を生むものだということがばれ、単純な中国批判論を国民は認めなくなってきている、


  中国を批判するのはいい、問題があれば問題があると言えばいいが、その批判をした後にどのように日本の利益を考えるのかという、全体の流れがないんですね、

  だから東京のボケ石原が尖閣だと騒いでも興味を持つ人は少なく、野田豚が尖閣といってもあまり意味はないでしょう、


  過去の遺物、昔そうだったという考えを元に、現実が見えない老人が対立を煽ればとアホな妄想を垂れ流しているのが、この尖閣諸島問題であり、

  具体的な外交指針もプランもないまま、中国悪といっていれば自分は安泰と思っている、ネットウヨレベルしかいないのが日本政治の末期性ではありますが、


  ともかく野田豚が尖閣だと騒いでいる、どうせ右翼票を引き出しておいたほうがいいとでも誰かに言われたのだろうが、馬鹿の周りには馬鹿しかいないので、そんな話が通ることはない、

  マスコミも全員アホばかりだから、尖閣と騒げば自分の影響力で好き勝手にできると思ってたのだろうが、そうなることはあるまい、


  それよりも中国は外交が上手だから、こういうアホなことをした後のリスクが気になるね、パフォーマンスで外交問題を発生させているのだから、一方的に中国有利になってしまうだろうし、日本の不利益はかなり大きくなるだろう、


  日本の政治とともに日本は滅びるということで、この末期状態からの回避はできるのかどうか、かなり怪しい状態ではあると思います、


  次に、先週の反原発デモは15万人くらい集まったようですね、雨の中にしては集まったほうでしょう、

  なんでも警察が妨害をして人が集まれなくしていたらしいから、天気がよく警察の邪魔がなければ30万ぐらい行っていたかもしれません、


  それにしても警察が妨害してくるとはね、隠蔽が警察の仕事だからデモ自体を行わせなければいいという判断になったのだろうが、そういう圧力をかければ反発も強くなるから、権力者が思っているようにはならないだろう、


  ただ警察が対処をしてくるという事は考えないといけないね、デモは悪くいえば烏合の衆だから統制が取れているわけではないので、統制の取れた警察に対しては不利な点も多い、

  特に今回のように出入り口を封じられたり、行動を制限されるとパニックがおきる恐れがあるから、そういうパニックを起こさせてそれを利用するという手も気をつけないといけない、


  これ以上のデモを進めるのならば、主催者側も対策を考えるべきであろう、まずは斥候をデモ開始前までに飛ばし、情報の収集をしなければならないだろう、

  斥候というほどのことでもないのですが、まあいってみれば時間前に地域の状況をネットで上げてもらって、警察の動きを監視する必要がある、


  それは別に難しいことではなく、国会の周囲にいる人に写真やメールツイッターで情報を上げてもらえばよく、その情報を元に人を誘導すればいい、

  今回のデモはネット発のデモであるので、情報の殆どはネットから得ていますから、ネットであらかじめ情報を流しておけば、デモに行く方の対策もできるはず、


  警察には組織力があるがデモ側には数があるので、情報を早めに入手して相手の裏をかくようなことをしておけば、警察に対しても有利になると思う、

  警察といってもやれることは少なく、ある程度の通行止めくらいしかできないのだから、警察が止めようとしている範囲を情報共有し、デモに行きやすくする事はできる、


  警察がそれ以上の手を打ってくるなら別ですが、ひとまずは警察の足止め対策を考える必要があると思います、


  後は、関西電力の大飯原発を再稼動して、なぜか火力発電所を止めたらしい、

  う~んと、電力が余るから止めたのだろうな、去年は東京電力が電力不足と煽っていたのに、大量に電力が余って東北電力に売ったりしていたから、そういうことが関西電力で起こることを読んだのだろう、


  だから電力の余分が出ないように止めたのだと思う、電力が余ったたら批判があるからね、電力が足りないように発電所を止めたわけだ、

  こう考えると発電所というのは何なんだろうと思ってしまうが、つまり電力不足を煽るために発電所はあるだけで、まっとうな電力供給をする気は最初からないわけですね、


  これは一回日本中の電力会社を解体しなければならないようだ、電力が足りないというポーズのためにわざわざ発電所を止めているわけだから、一体何をしているのかという気がします、


  それ以外だと何かあるかな、そういえばオスプレイの配備というのがあるね、この話については分からないところもあるのだけど、オスプレイの配備をするといっているが普天間基地の移設ができていないのに、もうするのだろうか、


  そもそも普天間基地移設とオスプレイの配備はセットだったはず、普天間基地が危ないから安全なところに移して、そこでオスプレイだったはずが危険なまま配備する気なのだろうか、


  オスプレイは大型であるし、騒音がひどいといわれていて、事故が起きれば大きな問題になるだろう、それを配備するのか?、

  オスプレイというヘリに対しては、事故がおきてきた歴史があって、危険ではないかといわれている、

  ただ最近は技術が向上し、安全性は上がってきてはいるらしいが、事故が起きないわけじゃないし、大型で特殊なヘリを配備できる状況ではないと思う、


  元々普天間基地問題というのは、普天間基地という街中にある基地を危ないからと移し、そしてアメリカは日本国内から軍隊を引かせる計画なので、残る部隊のためにヘリポートを一基作ってくれというのが本来の計画だったはず、


  そこにオスプレイが来る予定だったのが、基地がそのままではまずいんじゃないか、防衛省の馬鹿も鳩山氏の案を潰したことが、自分の首を絞めることになるとは思っていなかっただろうが、普天間基地問題はオスプレイ配備問題との兼ね合いもあるのだから、


  基地の移転問題もあるけど、オスプレイが配備されるまでに基地問題を解決しないといけないという、タイムリミットがあったことを忘れていたのだろう、

  聞いた話では、アメリカの海軍のヘリは老朽化が激しく、非常に古いのを使っているので、それを最新式のオスプレイに変えるというのがアメリカの計画であるから、

  別に沖縄の基地だけではなく、海兵部隊のヘリは全部変えるようだから、沖縄だけそのままというわけには行かない、


  ここら辺は全部失敗だろうな、官僚が起こした問題といえる、米軍の問題はアメリカ政府の話であるから、アメリカの軍事計画に沿って沖縄の米軍も動くわけで、

  そもそも普天間基地問題も、アメリカのいうように米軍の海外移転、小規模のヘリポート、ということを容認しておけばオスプレイが来たとしても、それ相応の対策は取れたはず、


  それが、米軍の日本撤退は防衛上の問題を生むと考え、普天間基地からの米軍撤退を、大規模な別の沖縄基地への移転にして、米軍は実質いなくなるのだけど、形式上兵力がいるとして防衛論を組もうとしたが、

  大規模基地建設に対する反対が起きて、基地建設が不可能になり、そこに海兵隊のヘリの切り替えが来たらどうするか、何も分からなくなったのだろうな、


  オスプレイの安全性自体はある程度はあるようだが、さすがに小学校の上を通らせていいものじゃないし、人口密集地区で使う兵器ではなかろう、

  このオスプレイ問題は防衛省の失態だね、役所の中の判断でアメリカに迷惑をかけた問題になるだろう、


  そしてそれはそれ相応の金の要求になり、まーた、こいつらの所為でアメリカから金を毟り取られる訳ですが、何で日本に金がないのかというと、役所が毎日こんな事ばかりしているからだと思います、


  他だと何があるかな、じゃあ大雑把に政治の流れでも書いてみましょうか、

  これからの政治の流れですが、小沢氏へ対するマスコミの誹謗中傷は多いけど、しかし国民のマスコミへの批判も大きいから、トータルで見るとマスコミの誹謗中傷はあまり効果はないと思う、


  昔だったら別ですけど、今はマスコミが何も書かないのに20万人が集まる時代ですから、マスコミの影響力はさほどないと見ていい、

  全くないとはいいませんけど、政権交代もマスコミが望んでいないのに起きたくらいで、マスコミがこうしたいという意見が段々と通らなくなってきているので、マスコミの誹謗中傷は国民のマスコミ不信をまねくだけで、効果は薄いと思います、


  で、マスコミの影響があまり出ないとして、政治的にどうなるかというと、野田豚は自民公明と組んでTPPなどにも手を出し始めるので、少し前韓国の政治が大きく荒れたようなことが日本でも起きる可能性が高い、


  今の日本政府は完全に国民を無視しているので、国民の批判が強まることになる、

  大体からして国民の不利益になるようなことしかしていないから、それが政府に対する圧力としてあらわれて来るだろう、


  これからの政治は、マスコミの影響力の低下、政治の暴走、それに対する国民の反発、この三セットになると思う、

  マスコミは小沢氏やその政党に対する誹謗中傷をいうが、所詮は誹謗中傷であって中身があるわけじゃないし、それに今まで政治と金と散々騒いだ結果があるから、それを多くの国民が不自然に思っている、


  さすがに小沢氏の件にこだわるマスコミは異常だと国民の目に映っているようだから、小沢氏批判をするほどマスコミの影響力は下がり、マスコミ自体が不信がられることになるだろう、


  そして政治の暴走は、これは上で書いた尖閣ネタなど、極端な軍事路線を野田豚とその周りアホがし始めるだろうから、政治的な暴走が自公野田豚政権において顕著化し、政治が狂い始めると思う、


  そしてそれに対する反発が国民世論となり、国民と政府との対立が激しくなると思う、


  全体の流れとしては、マスコミと政府が内向きの姿勢を強め、それに反発する国民がそれを包囲するような形になると思う、

  政府やマスコミは星の一生の最後のように自重で潰れていくと思う、もしくは国民の圧力によって潰れていくと思う、


  国民はこれからマスコミ潰しと、政府潰しをしなければならないということで、国家暴走の動きを国民の手で止めないといけない、

  そして、それに加担するマスコミも潰す必要がある、大きくわければ政府とマスコミをどう圧力をかけて潰していくか、

  この国の人間の未来を阻んでいるのはマスコミと政府ですから、国民の生活を保持したければこの二つを潰すしかない、


  たぶん国民の流れが社会を変えるということになると思う、あまりに今の政府のやっていることは国民の不利益になっているし、マスコミも同じく国民の不利益でしかないとなれば、国民がその二つを潰す動きが強くなるだろう、


  国民が行動しないともうこの国はよくならないということで、政府を信じても、マスコミを信じても、人の幸せはどこにもないですから、

  国民自身が、国民の幸せのために、行動して社会を変えるしかない、

  
  そしてそこに民主主義の形骸化、司法独裁という、二つの問題があり、国家権力はその二つを利用するだろう、

  罪のない人間を罪があるといって弾圧したり、民主主義的に正しいといって票をちょろまかすとか、それくらいはやってくるだろう、


  正しい理屈は崩壊し、正しい理屈を利用する権力構造ばかりになって、徒手空拳の国民に何をなせるのか、原点から問われるのだろうか、


  いやといえばいやだが、仕方がないといえば仕方がないような、国民にとっては厄介な流れがこれから起きるでしょうか、その先にしか国民の幸せがない以上は、マスコミだろうが政府だろうが国民の手で捻じ曲げていくしかないと思います、





図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



マインド・コントロール (2時間でいまがわかる!)
クリエーター情報なし
アスコム



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



製造業が日本を滅ぼす
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房







関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR