06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

原発事故調査と福島原発崩壊と民主党と労働組合の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、



    どうもこんにちは、


  今日も暑いような寒いような日ですね、そういえばジョジョの奇妙な冒険がアニメになるようです、何部がなるのかな、

  個人的にプッチ神父の回を押したいですけど、間違いなく放送禁止すれすれなので、スティールボーダーランになるのかな、

  しかしジョジョは絵も難しいけど声優が難しいね、だからアニメ化されてこなかったのでしょうけど、


  それはともかく何か起きているかな、今日は首相官邸と国会を囲むデモがあるらしいです、確か16~19時で最初は首相官邸で最後に国会を囲むようなので、近くの方はいってみたらどうでしょうか、


  それ以外だと、原発の事故調査報告書が出たようだ、前回のマスコミでっち上げ利権ウハウハ報告書とは違い、多少はましのようです、


  いっている事は今回の福島原発事故が人災であるということ、それは特定の個人ではなく制度や組織的問題が長年にわたって続き、その疲労のようなものが出て突発的な問題で一気に悪化したということを書いてありました、


  私は簡略化したものしか読んでないけど、今までに比べるとまだ中立ですね、例えば東京電力が規制する省庁を抱き込んで、その規制に対して介入し安全性を自分の都合のいいように書き換えていた点や、


  事故が起きたときも誰が悪いというよりは、状況的にそうせざる得なかった点を指摘しており、つまり事前の準備を怠ったがゆえの事故であると指摘している、

  また、原発の事故自体に対しては内部の調査ができないので不明とはしているが、地震で大破した可能性を指摘しており、津波で壊れたという東電伝説を否定している、


  まあそんな所でしょうか、前回のマスコミ(利権)報告書に比べるといい出来だと思いますが、

  ただ、事故が起きた可能性については科学者などを使い専門的な見地から判断すれば、前の状況や資料などから推察できることも多いはずで、そこがよく分からないとなっているのは不完全な形だといえる、


  日本人は村社会だから、たとえ科学者を入れてもその人物は科学よりも村社会の掟を守り、科学を捻じ曲げるだろうから中立的な判断をしない、

  となると外国の人に頼むしかないような気がするが、海外の機関も中立とはいいがたいので、中立な海外の機関の検証を待つのがいいだろうか、


  日本人はあまり気づいていないけど、福島の事故は世界ではいまだに興味を持っている人が多いので、たぶん海外の専門機関も事故の調査や検証をしているはず、

  日本人は残念ながら中立な検証ができる民族ではないので、この手の検証はある程度海外に頼む必要があるかもしれません、


  もちろん海外も中立ばかりではないですが、日本国内ではないですから利害は薄いと思うので、本当に中立な調査をしたければ海外に頼むしかないような気がします、


  次に、聞いた話だと福島原発が崩壊しつつあるらしいです、別に建物が壊れているわけじゃないのですが、人がどんどん出て行っているらしい、

  いま政府は福島原発が冷温停止状態であり、安全性が認められるので帰還をすべきといっている、


  もちろんジャパニーズジョーク、本音と建前みたいなもので、金のために嘘を付いて国民を被爆実験のモルモットとして、データを海外に売ろうという政府の狙いがあるわけですが、


  そのジャパニーズジョークは置いておいて、福島原発の崩壊というのは作業員がどんどん出て行って、帰らない状態にあるようです、

  どういうことかというと、原発の安全性を公言したので、原発は安全だから作業員の特別手当はやめることになり給料が大幅カットになって、やめた人が沢山いるようです、


  そもそも福島原発作業員の安全性は低く、普通の原発作業員の十倍は基準が甘くて、被爆量もすごく高いレベルに行くのに、給料はかなり安いようです、

  多分コンビ二バイトレベルじゃないかな、死ぬ可能性があるのにそんな給料じゃやる人がいるわけがない、


  政府は原発事故を心の問題と言い換えていた、被爆は気持ちの問題、水素爆発は気のせい、病気になるのは愛国心が足りないからというわけですが、

  この原発作業員の問題も、こんな危険な状態で働くのは国民の義務であり、給料をもらうのは非国民だといいたいのでしょう、

  そのくせ東電のトップは天下りし放題で無責任で、今日も明日も明後日も利権を漁ってばかりいるわけですが、


  福島原発の作業員の問題は、結局のところ原発どのように収束させるかというプランのなさがあると思う、そういうプランがあれば人件費の計算もできるし、全体の設計もできるけど、

  今の状態では原発事故はマスコミが報道しなければこの世から消える、昔の戦争のようにありもしない敵の戦艦を何度も落とし、日本が勝っていると報道していた当時のマスコミのと等しく、

  原発事故は隠蔽すればいいと考えているだけなので、具体的な対策がないんですね、

  
  だから作業員がどうなろうが知ったことではない、そもそも原発がどうなろうが責任を問われない限り政府も東電も興味はないので、その収束作業にも興味はないですから、対策を立てるということをしない、

 
  チェルノブイリの場合は色々あったけど、現場作業員の保障や手当てはあったし、病気になった後の手当てをどうするかという取り決めもあり、収束させる気があったから現場作業員のことも考えていたのだが、

  今回は全く考えていないので、これがどうなるかですかね、

  
  いずれ福島原発には一人の作業員もいなくなり、何もしない場所になるのかもしれませんが、

  原発の問題は、もっといえば国家の形というかな、日本政府は国民を奴隷か物としてしか見ていないので、国民を人間として考える姿勢が全くない、


  だから原発の事故が起きて、その収束をするためには作業員がいるということが分からないでしょう、

  元々原発はホームレスとかを使って作業させていたもので、死んでもいいような人間を集めて作られていたものですから、それが大規模化して作業が複雑になり、労働力が必要になったのだけど、政府は国民を奴隷としてしか見ていないから、労働力というものが理解できない、


  チェルノブイリもそうだが、原発の事故を収束させる作業員は命がけになる、死ぬまで行くかは分からないが、チェルノブイリでも重度の病気になった人は沢山いたようだ、

  多分今回の福島でも同じことが起きるだろう、作業員の多くはいずれ重度の病気になると思う、

  今まではそれホームレスとかにやらせていたらしいが、今やっている作業は複雑だから素人にできるとは思えないので、労働者を保護しないとこれ以上の作業は難しくなる、


  そして労働者が減ってくれば不十分な設備ですから、あちこちが壊れてきてまた事故がおきる可能性もあるでしょう、


  いえるのは、原発事故をどうするかということ問題を、そろそろ考えないといけないということ、

  あれ?事故って去年じゃなかったとふと思うのですけど、今までの事故対策というのはいわゆるプロパガンダで、国民に事故の記憶がある間は事故の対策をしますとテレビでいって、その後何もしないという形ですから、


  国民が覚えている間は誤魔化せないけど、国民が忘れればいくらでも騙し放題なので、実は原発事故をどうするかというプランはなく、ばれなければいいというのが今の政府の対策ですから、まずそれを考えないといけない、


  例えば作業員の立場をどうするかということすら考えていない、チェルノブイリでは作業人に対する保障を決めてから作業をしたが、日本では何一つ保障を決めず作業をしているので、危険を感じた作業員がどんどんいなくなっている、


  これが進めばいずれ、作業員不足からの再爆発がおき、福島の放射能問題は新しいレベルに進むことになる、

  原発事故はどんな形でも起きうるということですね、作業員の給料を払わないだけでも爆発するものなのだという点は、よく考えておいたほうがいいと思います、


  後は、聞いた話だと野田豚とかそういうキ印連中は、労働組合の票があれば選挙に勝てると考えているようだ、

  相変わらずアホな連中ですが、馬鹿は死ななければ直らないので一生このままでしょうけど、ともかく労働組合の票で選挙に勝てるだ?、馬鹿ですねぇ、


  そもそも日本の労働組合の影響力は低く、労働組合の支持程度では選挙には勝てない、

  そういうと民主党は昔の社会党のように、労働組合を主体にした政党ではないかと思われるでしょうけど、

  実はそうでもなくて、昔は労働組合との関係を解消していたころもあるんですね、


  最近はそうでもありませんが、少し前は冷戦の収束後でしたから、いわゆる資本主義が正しく、社会主義は敗北したのだという意見があり、労働組合やそれを支持母体にする政党は時代遅れだという意見があった、


  そういう批判が民主党に対してもあったので、民主党側が前原とかもいたし、そういう左翼的風潮を嫌って、労働組合との関係解消をしたころもある、

  だからあまりそれほど労働組合と民主党の関係があるわけではなく、最近も労働組合は自民党を支持したいといい始めているくらいで、民主党=労働組合というわけではない、


  民主党が労働組合と関係を深めたのは、実は小沢氏が党首になってからで、民主党が選挙に勝てない理由は、自民党+公明党、対、民主党ー共産党ー社会党、という戦いで与党が票を集めれているのに対し、野党の政権批判票が分散し与党に勝てなかったという理由がある、


  しかし国民の声は民主党支持が当時はあり、郵政解散時も得票を調べてもらえば分かるのですが、実は自民党と民主党の得票差は紙一重で殆ど差がない選挙区が多かった、

  つまりそれは、ちょっと票が増えれば自民党に勝てる状態にあったわけで、小沢氏が労働組合との関係を重視したのは、その上積みの票を期待していたからです、


  ここまで見れば分かりますけど、民主党と労働組合の関係とは票の上積みのための関係であり、労働組合の票で勝てるような組織ではない、

  民主党支持をしていた声の殆どは一般市民の声であり、特定の組織団体の票で民主党は勝っていたのではなく、労働組合を重視しても民主党が選挙で勝てる可能性は殆どないと思う、


  自民党も弱体化しているから、全部の議席で候補を立てれるわけではないので、相手がいないところならば勝てるかもしれないけれど、それで勝てたとしても数十議席が今の民主党では限界だと思う、


  野田豚とかその周りのアホが何を考えているのかは分からないが、労働組合の票で民主党が選挙に勝っていたわけではなく、その程度の票で選挙に勝つのは無理だろう、

  労働組合は弱体化が激しく、また最近言われる非正規労働者は労働組合に入れませんから、今の労働者の過半数は非正規といわれる時代に、正社員を前提にした労働組合の影響力など高が知れている、


  そして実は非正規労働者を生んだのも労働組合で、非正規労働者の拡大を決めたのは社会党ですから、労働組合としては非正規労働者を大量に生んで、正規労働者の身の保身に走っていたわけで、

  今のような非正規労働者の拡大を作った原因である労働組合を、一般の人が支持するわけがない、


  ある意味労働組合の票というのは、業界団体の票に近いものであり、国民の声からは遠く、組織も乏しく、反社会的な面も多いので、そういうものを重視していけば選挙で不利になるだろう、


  それを正しいといっているのだから野田豚は馬鹿なわけだけど、馬鹿がくたばるのはかまわないが、それが回りに与える影響を考えると、どこかでタイミングよくこいつらを処分しないといけないのだなと思います、



  (ちなみにジャパニーズジョークというのは私の思いつきで、アメリカンジョークというとよく分からないのに大笑いするというイメージがあるので、よく分かるけど絶対に笑えないというイメージで作りました、というより気づいたら書いていたのですが、日本は国そのものがジョークですから笑えないんですよね、)



図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



マインド・コントロール (2時間でいまがわかる!)
クリエーター情報なし
アスコム



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



製造業が日本を滅ぼす
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房






関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR