01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

消費税の造反とこれからの政治と福島の魚介類と消費税という歯車、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、




    どうもこんにちは、


  今日も寒いですね、今年の夏は暑くなると聞いたのだけど、そうは感じません、


  さて、それで何か起きているかな、う~む、今日は消費税の採決の日らしい、といってもまだ採決はされていないのでどうなるかは分からないのだが、どうなるのかな、


  聞いたところでは70人くらいが造反するというが、元々民主党には消費税を賛成している人が少ないので、造反は結構出るような気がするけど、

  ついでに言うとマスコミは小沢系の人が40人離党するといっているが、調べたところだと誰もそんなことは言っていないようだ、


  今のところ造反があるというのは分かっているが、離党まで行くかは分かっていないらしい、

  それに輿石氏によると厳しい処罰はしないといっているから、案外離党もないのかもしれない、


  まあ始まってみないと分からないのですが、いま分かっているのは造反が70人以上いること、小沢氏やその付近の人は別に離党するとは言っていないこと、離党する可能性はあるけれど必ずしも離党すると決めているわけではないようだ、


  そして、幹事長の輿石氏が厳しい処罰はしないといっているから、離党して争うか、内部で争うかの二択はまだあるかもしれない、

  それに参議院もありますから、今回は衆議院の反対と離党の騒動なので、次に参議院の反対と離党の騒動がおきると、野田政権が持つか分からない、


  ともかく、民主党内で造反が大きくなるのは確実、大規模になればこれから民主党の法案を民主党議員や離党した議員が否決するので、法案の殆どが通らなくなる、

  終わりの始まりという形のようですが、あるのは造反した人がどう動くかと、造反した人の処罰がどうなるか、

  そしてそれだけの激しい動きをしてしまえば、党の体制や政権も崩壊しかねないので執行部側がいつまで持つか、


  自らの身を守るために地雷原をつくり、自分は安泰だと野田豚やその付近の連中は考えたのだろうが、周りから人が去って誰もいなくなり、自分で何かをしなければならなくなったとき、自分の作った地雷原に包囲されるという、マヌケなことが起きているような気がしますが、


  野田豚やその付近の連中は権力を握ったがため逆に逃げれなくなり、周りの人が離れていったら自分が一番不利になったというところにいる様だけど、

  権力というものは信用によって成り立つ、だから権力を握るだけでは駄目だったということを、このアホ連中が理解する日もそう遠くはなさそうです、


  次に、どうなるか分からない話が多いので書きづらいのですが、これからの政治がどうなるかということでも書いてみましょうか、

  これからの政治は、この消費税の騒動で実質的に野田政権は終わるので、その政権の崩壊が民主党の崩壊まで行くか、そして崩壊までいくとしてもそれがどの程度になるか、どのような形になるかが重要になると思います、


  現状でありうるのは、前書いた小沢氏が離党して段階的に民主党が崩壊し、その崩壊していく民主党を小沢氏の党が受け入れて、その過程で解散総選挙になるというもの、

  これは小沢氏が離党するなどと大きな問題のように見えますが案外筋は悪くなくて、選挙が得意な小沢氏に人が集まって新しい体制を作れますから、どの程度まで勝てるかというのはありますけど、流れとしてはそれほど悪くはない、


  他の可能性だと、最近執行部も軟化しているようだから、内部的な抗争を続けるという可能性もあるだろう、

  元々野田豚を飼っている官僚は選挙を理解できないので、できれば選挙での勝負は避けたいと思っている、


  特に小泉政権以降、劇場型政治をしすぎたため、国民のマスコミに対する不信が強くなっていますから、小泉政権のようにマスコミのプロパガンダで選挙を有利にするという事はもうできないので、

 
  自分の選挙に対する唯一の手駒であるマスコミが使えないとなると、選挙で自分に不利になる結果が出る可能性を考えて、小沢氏等の処罰もせず離党もさせないという手段を考える可能性はある、


  最近の軟化している話も、多分裏では官僚がいて選挙になると自分が不利になる可能性があるから、小沢氏を民主党内に入れて飼い殺しのような形にした方が有利だという考えがあるのだろう、


  ただし官僚には理解できないだろうが、民主主義政治というものは国民との信頼でできているので、官僚の理論で政治を動かすとその分政党はおかしくなりますから、その歪が大きくなれば党の体制は維持ができない、


  特に今回の消費税の話は民主党内では賛成する人が殆どいないものを、官僚が権力を持って強引に進めたため党内亀裂が激しく、たとえ官僚側が軟化し小沢氏の党内飼い殺しを考えたとしても、

  党の崩壊が起きれば自然に出て行ってしまうので、官僚の思惑通りには行かないだろう、


  今回の件で起きうる可能性は二つ、そして大きな流れは一つ、

  可能性は、一つが小沢氏が党を出ること、もう一つが野田や体制側が軟化し、小沢氏を党内に入れて飼い殺しを目指す形、

  ただし両方ともに共通しているのは、この法案を強引に通したことによって民主党の体制の維持は不可能になり、民主党の崩壊を前提に物事を考えなければいけなくなったこと、


  そしてそう考えると、民主党の崩壊時に小沢氏が党外にいれば、その崩壊を小沢氏の新党が吸収することになる、

  そしてもし小沢氏が党内にいた場合は、次の代表戦に出ることになる、
 
  ただ代表戦に出たとしても、色々妨害があるだろうから、それを考えると党外に出たほうが安定はすると思う、

  党内でやったほうがうまく行けば簡単ではありますが、官僚が怖がっているのは選挙なので、官僚は選挙なんてしたこと無いですから、


  今まで官僚が小沢氏に対しやったことといえば、マスコミや司法などの自分の権力が及び、そして自分に理解できコントロールできるものであったが、
 
  選挙は民主主義ですから、国民を奴隷としてしか考えていない官僚には国民の意見を理解することはできないので、選挙を理解することはできない、


  結局官僚主義は民主主義とは相容れないというか、官僚主義というのは国民を奴隷とみなし、その存在を完全否定している制度ですから、官僚主義者である役人連中が民主主義選挙を理解するのは無理なので、小沢氏が党の外に出て解散総選挙を仕掛けてくることを、官僚は一番危険視していると思う、


  そもそも小沢氏を攻撃しその権力を奪えたのは、解散総選挙以降、大きな選挙が無く小沢氏の影響力が下がることを見越してのことで、

  今のように選挙が近く射程圏内に入ってくれば、小沢氏の影響力も強くなるので、官僚の思惑が通る時間はだんだん過ぎつつあるのだろう、


  ともかくこれからの政治は、民主党崩壊を前提にしたものになり、その崩壊時に小沢氏が外にいるか内にいるかで変わると思う、

  外にいる方が小沢氏は有利だけど楽ではない、選挙で必ずしも政権を取れるかは分からないので、いい手段だけと安定性は無い、

  そして民主党内に残れた場合は、代表戦に出る可能性が高いが、この場合は小沢氏に不利な形を作られやすい、しかしうまくいけば選挙で勝つというリスクを負わなくても権力を得ることができる、


  現実的には外に出たほうがいいと思うけど、潰れつつある民主党を利用できうるならば、それまで中で何かをするという手段もなくもない、

  まあどうなるかは起きてみないと分からないのですが、選挙が近い分小沢氏の影響力は強くなるので、小沢氏を中心に政治が変わっていく様には思えます、


  後は、前も書いたけど福島で蛸などを出荷するようになったようだ、汚染はされていないというけどどうなのか、

  何度も書いていますが、放射性物質による汚染は斑に出るので、サンプリングによる検査では殆ど意味がない、


  つまり全部を調べる手段がいるのだが、一部の魚介類の出荷であるからそういう体制は出来ていないだろう、

  それに、聞いたところでは蛸はセシウムは取り込まないが、ストロンチウムや放射性銀を取り込むことが多いらしいから、セシウムだけを調べてその海産物が安全であるというは問題があるのではないか、


  更にいうと、あまり詳しくはないのだが、福島の海産物を再開させるために、わざとセシウムを吸収しづらい海産物を探し、その海産物が安全だからといって他の海産物の再開を狙っているという話も聞いた、


  つまりこの話が事実ならば、この蛸を選んだのは意図的で、セシウムの汚染が出づらい物を選び、それで安全、安全といって他の海産物を再開させようとしている事になる、


  いわば洗脳で安全宣言をして、人を騙して売りつけようという判断になるわけで、原子力村や官僚ならばやりかねない話だけど、いわばこの蛸の話は一種の詐欺で安全だと風潮し、国民を騙すために話を捏造したことになる、


  大体海産物で一番危ないのはストロンチウムであって、海産物はストロンチウムをためやすいといわれているのだから、ストロンチウムの検査をすることが海産物に対する前提ではないのか?、


  ストロンチウムはカルシウムとよく似た物質だから、人体に深く浸透し骨の一部になってしまうから、長期的内部被爆を発生させてしまうためセシウムよりも危ないといわれている、それを調べなければ海産物の安全性もあるまい、


  そして、上でも書いたが放射性物質は斑に出るので、サンプルを取ってする検査には意味がないので、全部を調べれる検査体制を作るべきであろう、

  大体からしていまだに福島原発からは放射能が出ていて、その下の海で取ったものを売っていいかどうか常識で考えるべきであり、まずは原発の事故を収束してからそういうことを考えるべきであろう、


  日本は誤魔化しとインチキしかない国だけど、手品のように原発事故をなかったことにはできないので、まずは原発事故をどうするかと考えてから復興を考えるべきであろう、原発事故をどうするか全く考えていないのに復興だけはするというは、さすがに狂っていると思う、


  それ以外だと何かあるかな、ではついでなので消費税を上げるとどうなるか、ということでも書いてみましょうか、

  まあ上がるかどうか分からないけど、消費税を上げると中小企業の多くが潰れます、


  どういうことかというと、消費税というのは企業を通るたびにかかる税で、その税の多くは上のほうは払っておらず、下請けなどの押し付けることが多い税です、


  なので中小企業などは大規模に潰れると思っていい、なんたって売り上げじゃなくて利益が一割消えますから、その上でたぶん消費税とセットで経済活性のために規制緩和をし、競争が起きて価格破壊が起きますから実際の不利益はその数倍はいくでしょう、


  詐欺師の小泉のやっていた貧民政策(貧民を増やす政策)はこういうもので、立場の弱い人に税をかけその上自由化し競争をさせて、更に立場を弱くして奴隷化するというが詐欺師の小泉のやっていたことなので、

  野田豚とかそういうやつも同じことをするだろう、消費税を上げようとしている連中は大体同じ考えなので、消費税を上げたうえで追い討ちがあると思っておいたほうがいい、


  そして、大量の失業者が出ると生活保護が増えて、それに対しても最近のマスコミのように、どこかのタレントを使ってありもない架空話を作り、生活保護を受けづらくしつつ、保障や保護をどんどん切っていくだろう、


  経済学者のいっている理屈というのはこの話を逆にいっている訳で、あいつらの言い分だと、

  増税、規制緩和、増税による財政再建というが、ここまで読んでもらえばあいつらが本当は何をしたいのか見えてくると思いますが、

  
  つまりは、増税をし既得権の確保をして、規制を緩和して更なる奴隷を生み、そいつらから税金を取り立てる、それがこの国の基本政策であり、日本の経済学者の殆どがいっている話はそういうものなのです、


  消費税を上げるというのは、この辺りのパッケージの一部なんですね、だから消費税がというよりはこういうパッケージを容認できるかどうかと考えたほうがいい、


  詐欺師の小泉のやっていたのは、規制緩和で経済活性、増税で財政再建、社会保障は自己責任、頑張った人(一部の金持ち)がうまくいく社会、そういう形で財政再建が必要だという理屈を立てていたが、


  裏を返せば、規制緩和で弱者を作り、その弱者限定の税(例えば消費税など)で毟り取り、社会保障は精神論を言って全廃し、その余った金を頑張った(身内の金持ち)と分け合う、そういうことをしていたわけですけど、


  たぶん消費税もこういうパッケージがくると思う、消費税だけでは無くてそれ以外も徹底的に切られて、既得権や身内の金持ちだけを優遇するようになると思う、


  実際裕福層や企業減税は決まっているし、社会保障の削減や値上げも決まっている、

  今の税と社会保障といいますが、実際は貧困層への課税と裕福層や企業減税のセット、そして生活保護等の社会保障の大幅削減、値上げのことを言っているだけで、いわば詐欺なんですね、


  このまま消費税が上がるとどうなるかですが、社会保障はどんどん潰れ、その負担が大きくなり、規制は緩和され競争による弱者が増大し、日本は世界的な貧困国になるでしょう、


  一部の金持ちは残るでしょうが、国民全体は貧しくなると見ていい、

  今の消費税は財政再建だ、社会保証だといいますがそういう意味はなく、

  貧困層を増やすことによる権力構造の構築を目指したものであり、国民が権力に逆らえない体制を作ることに狙いがあると思う、


  政府にとっては、でたらめな経済政策をして貧しい人が増えた方がいいんですよ、国が豊かになれば国民が歯向かう恐れがあるから、自分と関係のある金持ちだけを生かしてそれ以外を処分し、権力構造を維持したいというのが政府の政策なのだと思う、


  それが自民公明官僚菅派の基本姿勢であり、狙いは独裁に近いものであるとみていい、

  消費税というのはその一端なんですよ、大きな問題ですけど小泉改革のような搾取政治の延長上にこの消費税話がある以上、この消費税の話は戦術的なものであって、もっと戦略的な大きな全体の問題も潜んでいると思う、


  それが独裁を目指す国というもので、今回の消費税の話はその歯車のひとつですから、歯止めをかけるためにはここで潰してしまったほうがいいと思います、









図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



マインド・コントロール (2時間でいまがわかる!)
クリエーター情報なし
アスコム



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



製造業が日本を滅ぼす
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR