01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

4万人の集会と民主党の崩壊と原発の安全性の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、



    どうもこんにちは、


  今日は寒いですね、大体大雨が降ると気温が逆になりやすく、前が暑かったから今は寒いようですけど、

  そういえば今の日本上空では、北極の冷たい風と南の温かい風が混ざっていると聞きます、ちょうど日本の辺りで混ざっているからこうなっているのだろうか、


  さてそれはいいとして何か起きているかな、今日はネタはあるのだがどれも難しい話ばかりで、どう書けばいいのか分かりづらいのだけど、

  ではひとまずは、首相官邸で4.5万人の集会があった事を書いてみると、


  死すべき豚こと野田豚が、大飯原発の再稼動を決め、その直後の事故が起きてこいつが隠蔽した、

  事故が起きたら言わなければOKという、日本の原子力安全対策に基づいて動いたのだろうが、それが批判を浴びたようだ、


  首相官邸前のデモは、毎週金曜に行われているようで、前回は11000人が集まったけど、どこも報道をしなかった、

  今回は、5万人近かったのでしぶしぶ報道したようだが、それも警察のインチキ報道で1万人しか来なかったという情報を流していた、


  元々警察の発表はかなり小さく出すから、自分で調べもせず警察の言い分ばかりを聞いて、取材を全くしていないことが露呈したようなものだが、

  ともかく5万人近く集まるという事は、その周囲を考えれば数千万人に影響を与え、非常に大きな影響を与えていると思う、


  たぶん前回の11000人の集会を全くマスコミが報道しなかったことが逆に人々の情報の広がりになって、そのマスコミに対する反発が抗議集会の拡大につながったのだと思う、


  事実があるのに報道しないという事は国民の怒りを買うわけだから、その繰り返しが国民の中に反発の火を燃やしつつあるのだろう、

  私はこの国は末期状態にあり、崩壊や大きな抗争が起きても不思議だとは思っていない、それだけの潜在的な問題、そして不満があるわけだから、何がおきても不思議ではない、


  特にマスコミに対する不満が強いと思うので、マスコミのいっている世論と実際の世論のずれ、それが顕著に現れたのが今回のデモではないかと思う、

  例えばマスコミの世論調査だと、福井の大飯原発再稼動を過半数が賛成しているというが、もしそうならばここまでのデモにはなるまい、


  デモに行く人はごく一部だ、多分数百人に一人いや、数千人一人のレベルであるから、そういう人が多数のレベルまで行動するという事は、潜在的にはその数百倍か数千倍のそういう世論がある事になる、


  今回のデモは特定の組織によるものではないし、それを考えると一般の世論はマスコミのいっていたこととは完全に違って、ほぼ100%原発再稼動反対なのだと思う、

 
  それは色々な他の面でも実際はあって、マスコミの言う世論と国民の世論は全ての面において、大きくずれてしまって互いに一致しないものになっていると思う、


  いわゆる雪崩とか地滑りがおきやすい状態というか、それが今の社会ですからこういうデモが起きればおきるほど、そのずれが動き始めて何かを変えるかもしれない、

  そして同時にそれは国民と既得権の直接的な争いになるから、リスクや危険性がないわけではないのだけど、

  人間は霞を食って生きることも、幻想世界に住むこともできないわけですから、マスコミのいっている事が全部でたらめならば、その幻想をぶち壊す必要があると思います、


  次に、政治の話がややこしくなっているようだ、私もちょっと分からなくなっているのだけど、どうなるんだろうな、

  聞いた話では、まず小沢氏に近い50人くらいが離党し、鳩山氏に近い20人くらいが離党はしないが棄権をするようだ、

  結局70人くらいが反対をするようだけど、う~ん、そんなものなのかね、


  しかし今回の件は、民主党の正当性を全て捨ててまで消費税を上げるという話であるから、このまま行くと昔の社会党のように殆どの議員が辞めることになると思う、

  残念ながらこれをやれば生き残れる民主党議員は二桁いくかどうか、7~8割は落選するし、元々基盤のない民主党議員では再起はあるまい、

  実質的な引退法案になるのだけど、それでいいのだろうか?、


  まあどうするかは好き好きだけど、うーむ、この場合は昔考えたプランの一つ、民主党が裏切って一部勢力が離脱し、民主党政権が潰れていくという話になるかな、


  分かりやすく考えるために、小沢氏の視点からこの問題を考えてみると、

  小沢氏の考えとしては民主党の崩壊がこの法案で決まると考えた、そうなると選挙になって民主党が勝てる可能性がない、だから離党して近い議員の生き残りを考えた、そういう考えだと思う、


  党を割るといってもすぐにはできないし、あらかじめ助け舟のようなものを用意しないといけないから、民主党から逃げる先を早めに作っておく必要がある、


  特に小沢氏の影響で当選した議員は、民主党が公認しない可能性が高いので、そういう人たちを引き取らないといけないから、受け皿を作る必要性がある、


  民主党が崩壊したとしても、その受け皿を作りその崩壊で再吸収すれば良いというのが、小沢氏の判断ではないかと思うのだが、

  それに選挙が少なくとも来年にはあるから、そうなるとこの法案を通した以上民主党議員の余命はあと1年だ、

  小沢氏は解散総選挙が今年の夏か来年の2月までにはあるといっている、つまりあと二ヶ月から八ヶ月以内に民主党は崩壊するので、その対策を考える必要があるということなのだろう、


  小沢氏は民主党の崩壊は仕方がないとしても、自分が育てた議員まで潰されては困るわけだから、そういう人だけは助けたいというプランがあるのではないか、


  その辺りが早めの離党なのだろうね、民主党崩壊時の受け皿を作っておきたいというのが、小沢氏の考えのようだけど、


  それと民主党そのものの考えとしては、民主党議員は今のところ大量に反対することはないらしい、70人だから潜在的には100人以上の造反の可能性はあるだろうが、きっかけがないのだろうね、


  しかし民主党の政策を全てやめるといっているのだから、有権者に説明ができないので、この法案を通せば時間とともに引退や離党を余儀なくされるだろう


  この法案を通した以上民主党の政策は全てご破算になるから、これ以上政策としてやるべきことがなく、昔の自民党のように独裁としての方向性を強めていくが、その反発から自民党末期のような崩壊をまねくと見ていい、


  特に代表戦で次をどうするかというのが難しい、どう考えてもろくでもないゴミを出さないと、党内の統制が取れなくなるから多分完全に狂った人間の屑が出てくるだろう、

  それは小泉政権後の自民党みたいに、ゴミのようで理性のかけらもない人間の屑でなければ、独裁統制などできないわけで、必ず次の代表戦は人間の屑が出てくると思う、


  そこでの反発があって、あまりにひどいので人がぼろぼろ落ちてくるが、基本的に小選挙区ですから、自民、みんな、公明、辺りに民主党議員が行くことはできない、

  大阪利権市長も大阪限定だし、取っ付き辛い面があるから、民主党はこのままだと野田豚は消費税を上げるための生贄総理なので、増税後始末して新しい代表を決める段階で、人間の屑が出てきてそれに対する反発から、一回目の崩壊が起きるのではないかと思う、


  ただしその崩壊で出て行った人は他の党には行けないので、結局小沢氏の受け皿に入って来易いだろう、

  民主党の崩壊があるとすれば、一つが増税法案を出したときの反発、そして野田豚がどこかで始末されるだろうから、その不手際時、

  更に、じゃあ別の豚を生贄にと代表戦を官僚がするとして、どうしようもない人間の屑が出てくると思うので、それの選ばれたとき、


  そして、その選ばれた人間が使い捨てタレントのように、どんどん消耗していくだろうから、その消耗していく過程で人が出て行くだろう、

  小沢氏の読んでいるのはこの辺りかな、小沢氏は前も行っていたけど次の総理が出る辺りで総選挙があり、次の総理は実質的に選挙のためにいる代理になるといっていたが、


  増税のために作った野田豚が、増税法案が出来てしまえば存在意義がなくなるので、そこで始末されるだろうから確かに次の総理の段階で、選挙の流れを作ることになるだろう、


  民主党の崩壊がどう選挙に影響を与えるか、そして小沢氏がその崩壊を利用できるかどうか、自民党や公明党は民主党の崩壊を潰すという形でしか利用できない、小選挙区制だから民主党議員を受け入れるという事はできない、受け入れるとその分自分のところの候補が減るから、


  うん?、そういえば自民党もかなりの選挙区で候補者がいなくなっていたから、自民党も吸収を考える可能性はあるが選挙で争った中なので、小沢氏の方に吸収される可能性は高いだろう、


  これからの政治は、今いわれていることが成り立つのならば、崩壊していく民主党を誰が再構成するのかになる、

  野党に政権を変えるというのは難しく、自民党や公明党に対する支持は国民の中には無い、なぜなら今の民主党=自民公明だからだ、


  今のだめな民主党を更に駄目な自民公明にする必要性は国民は感じまい、自民党や公明とに政権を戻してもそれは更なる悪化をまねくだけでだけで意味は無い、

  
  自民公明民主が駄目で民主党が崩壊し、それを小沢氏が吸収してその過程で選挙がある、それがこれからの一年以内の流れには見えるけど、

  少し前に集まった5万人の集会のように、国民は政治に対する不満をマスコミとは違う形で強く持っている、これからの政治はマスコミとは関係ない形で起こるだろう、


  そういうものがごっちゃに集まったカオスがこれからの政治になりそうだけど、ある意味において予測ができないものになりそうです、


  後は何かあるかな、では原発の安全性について書いてみましょうか、

  大した話ではないのですが、前回誇張して原発が爆発して地域の住民が全部死んだ後に、人体に影響がありません(もう人がいないので)とか大飯原発が事故ったらいうのではないかと書いたけど、よくよく考えるとそうなんですよね、


  納得してはいけないところだと思うのですが、正直100%やるだろうなという感じはします、

  どういうことかというと、原発の事故というのは利権に対する干渉であり、事故が起きると利権が減るわけです、


  つまり大きな事故であるほど利権が減少するので、その分隠蔽も大規模になる、

  日本の原子力行政は事故の安全性を考えているのではなくて、利権の安全性を考えているだけですから、事故が起きたときの利権の安全性しか対策をしません、


  福島の事故でもそうでしょ?、事故の対策や安全の対策なんて全くしていないのに、利権の保持については多額の税金を投入しても行っている、

  だから大飯原発などの原発が事故を起こしても、その事故が大きければ大きいほど、それは隠蔽されると思ったほうがいい、


  原子力行政は考え方が逆なんですね、事故が起きないように対策をするのではなくて、事故が起きたときの隠蔽と利権の補充が主たる対策になるので、事故に対しては何一つ対策はしないと思ったほうがいいでしょう、


  事故が起きれば利権が失われるから、そういう意味で言えば安全対策をするかもしれない、ただし利益を上回るような安全対策はしない、

  例えば日本の原発は津波対策を全くしてこなかった、不思議なことだが日本の原発は全部海にあるのに、津波は絶対来ないという設定だった、


  あれ?津波って山から来るのかなとふと思ってしまったけど、普通の常識では津波は海から来るので、海に面している原発は津波対策をすべきであるが実際には何もしていない、


  対策といっても別に難しいことではなく、ちょっと高台に建てればいいだけで、今回の東北の震災でも高台に建っていた原発は爆発しなかったが、低いところに建っていた4つが爆発した、

  何でそうしたかというと利権で、上のほうに立てると効率が悪く役人の懐が暖かくならないということで、低いところに建てて爆発したようですが、

  
  そういう流れでいえば、大飯原発も何の安全対策もしていないと思うし、事故が起きたときも隠蔽するだけで地域住民の避難すらしないと思う、

  そういえば、日本の原発では地域住民をどう逃がすかというプランを立てていないらしいから、事故が起きたときは隠蔽しつつ地域住民を皆殺しにする予定らしいので、もし大飯原発で事故が起きたらその付近の住民は誰ひとり助からないと思ったほうがいい、


  何でそんなことをするの?といわれればそれは利権ため、官僚のため、二台目のベンツのためというかね、特権階級の身の保身のために国民を犠牲にする、戦時中と同じで一億火の玉ですから、原発付近の住民は死ぬことが前提で存在させられていることに気づいた方がいい、


  原発は戦争に等しい自国民への犯罪行為であり、安全対策が国民の犠牲の上に立って存在するようでは、そんなものを認めることはできない、

  だから日本では原発はやめるべきだと思う、福島の事故を見る限り政府は何の安全対策もせず、事故が起きたら住民は死ぬのだ正しいといっていたのだから、国民からすれば原発の存在理由は無いだろう、


  もっといえば国家の存在理由も無いわけですが、ともかく、原発というのは利権のためにあるものだから、技術的な安全性というものは殆ど考えられていない、

  なぜかといえば利権にならないから、安全性を重視すれば官僚の二台目のベンツが買えなくなり、それは官僚にとっては大損なので、俺のベンツのために国民は死ねというのが、日本の原子力行政なので、


  そういう意味でもこの国の形を変えなければならないが、さてどの屑から始末していけばいいのか、ありとあらゆる人間の屑に囲まれた夢の島日本でありますので、この問題を解決するのは厄介でしょう、

  なんたって日本は全部腐っていますから、どれが問題といえないのが困ったところです、







図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



マインド・コントロール (2時間でいまがわかる!)
クリエーター情報なし
アスコム



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



製造業が日本を滅ぼす
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房







関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR