01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

消費税と大飯原発事故とダウンロード規制法とこれからの政治の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、




    どうもこんにちは、


  また台風が来るらしいですね、最近は異常気象だから仕方ないけど、また大雨が降りそうです、


  さてそれで何か起きているかな、う~む、政権交代で目指した政治変化が難しくなり、元の木阿弥になりつつあるようだが、どうなるのだろうかな、

  聞いたところでは消費税の反対派が離党をする行動をし始めているようだ、しかし民主党議員の殆どは反対派だから、どうなるのだろうね、


  マスコミは盛んに中間派がと騒いでいるが、今回の件に中間派がいるとは思えないので、妄想だと思う、


  今回の消費税の話は三つ大きな問題があって、

  1、民主党のマニフェストを自民公明との協議のために全部捨てたこと、

  2、税と社会保障といいながら社会保障政策はなにも考えていないこと、

  3、消費税を上げれば経済悪化の原因になるのに対策がないこと、

  この三つが大きくて


  中間派といわれている人も、この三つの条件では必ず引っかかるだろうから、賛成に回るとは考えづらい、

  例えば、マニフェストを完全撤回して自民党の政策を全面的に受け入れる代わりに、消費税を自民党にも支持してもらうとして、それを議員として容認できるかといえば殆ど不可能である、


  二つ目の税と社会保障についてもそうで、今回の件では社会保障をどうするかという議論は殆ど行われておらず、また、最初のころ消費税の増税分は社会保障には使わないと決めていたのだから、増税をしたところで社会保障に使われる保証はない、
  
  増税だけをして社会保障政策をしないのでは、それを評価する議員が出るとは思えない、


  三つ目の消費税の経済悪化に対する対策も、何もしていない、

  前の話し合いのときは、確かに消費税を容認するような意見も出たが、それは経済条件が整えば、例えば経済成長が何%とか、デフレが改善するとか、そういう条件をつけた上での話であり、


  最近の日本は殆ど経済成長をしておらず、ずっとデフレですから、そういう条件をつければほぼ消費税を上げることができないので、経済条件をつけるならば容認してもいいという意見が民主党にはあったけど、

  それが今回は入っていないのだから、消費税に賛同することはないと思う、


  今回の野田豚のいっている消費税案は、まず自民党との協力のために自民党の政策を全て受け入れ、民主党のマニフェストを全て破棄し、

  そして税と社会保障といいながら、社会保障政策に対する考えは全く持たず、

  さらに、消費税を上げるべき経済状況であるかどうかの制限も入れていない、


  民主党内では消費税をある程度容認してる人でも、条件がつけばという人が多いので、無条件で何の対策もしないまま消費税を上げるということを認める人はいないんじゃないか、


  まあそれでも金をもらって寝返る人はいるだろう、しかしそんなことをすれば正当性は失われ、政治家としての社会的信用はなくなるから、それが割に合うかどうかだね、


  民主党は消費税を上げないといっているわけじゃない、消費税を上げるならばそれ相応の対策がいるし、色々な経済条件も必要だといっていたわけだから、それを180度変えるのは難しいと思う、


  詐欺師の小泉は自民党を滅ぼすには数年の時間がかかった、そして変えたときには自民党の命運が尽きていて何もできなかった、

  むかし詐欺師の小泉が出たころには、自民党は既得権のゾンビ組織でしかなかったし、大した人間もいなくなっていたからどうにかなったが、

  いまの民主党はまだ若いから、そう簡単に潰せるようには思えない、


  まあ民主党が潰れる可能性自体はあるだろうが、権力にとって重要なのは抑圧と支配の体制を作ることで、詐欺師の小泉がうまくいったのは自民党がすでに形骸化し、余力がなくなって抑圧と支配がしやすかったというのがある、


  生きる屍の集団のようになっていたからね、何も考えず組織が正しいといっている人間は奴隷として使いやすい、

  しかしいまの民主党だと、民主党議員はそこまで老いてはいないから、詐欺師の小泉のやっていた抑圧と支配ができるようには思えない、


  そうなると権力構造がどうなるかになるけど、可能性としてはまず一部勢力の離脱、そして内部での対立によって執行部の意見を誰も聞かなくなる可能性、

  組織を支配するには奴隷がいる、戦後の組織主義、官僚主義というのは、実態は国民を奴隷化して自分に逆らえなくするのが狙いだったわけだけど、

  いまの民主党にどれくらいの奴隷がいるか、最近できた組織だからそれほど奴隷根性を持っている人は少ないと思うし、


  たとえそういうところがあっても基盤が弱い人が多いから、奴隷根性を持っても得るものが少なく、淘汰される可能性が高いと見れば、奴隷になる人は少ない気もする、


  どうなるかはやってみないとわからないけど、民主党は歴史もなければ基盤も弱い勢力だから、保身に走っても得るものがないので、詐欺師の小泉が自民党でやっていた奴隷議員制を作るのは難しいと思う、


  ただこのままいけば体制の崩壊はありうるだろう、官僚やマスコミの読み違いとしては、政治というと昔の社会党とか自民党みたいなものを考え、今の政治家や政党もそういう風に動くと考えているようだが、


  しかし民主党は昨日今日できた政党だからそういう動きはしないと思う、民主党議員における利害というものは、自民党や社会党と違って立場の政治ではないから、自分の立場が保証された上で何かをしているわけじゃないので、昔の政治に比べるとその動きは不規則になると思う、


  そこら辺が政治の流れとしてありそうですけど、民主党議員は保身に走っても得るものがない、だから別のものを得ようとして別の動きになる、それがどうなるかは分からないのだけど、マスコミや官僚が想定しているものとは違うものになる可能性はあると思います、


  次に、福井の大飯原発で事故があったようだ、あれ?、安全だから大丈夫といっていたやつが居たはずだが、まあいつもの嘘だったわけですが、

  原発の安全性というのは、事故が起きても情報を伝えないから安全なのであって、福島の事故もそうだが事故が起きて数ヶ月たってから、メルトタウンしました、放射能が降りましたといって、

  そしてもうその頃には放射能は降っていないので安全というわけですけど、今回も事故が起きてから10時間後に情報を流して、たいしたことじゃない安全だといているわけだから、


  福井の大飯原発が爆発しても、地域住民を逃がす可能性はなく、地域住民が全員死んだ後で、人体に影響はないとか言い出すのでしょう、

  もう死んでいるからね、そりゃ影響はないのだろうけどさ、そんなことの繰り返しが日本の原発行政であり、

  放射能は臭いもせず見えもしないから、いくら被爆させようが普通に暮らしている限りはわからないものなので、隠蔽しようと思えばこれほど楽な毒物もない、


  今回の件も大したことはないといっているが、絶対安全だといった次の週にはぶっ壊れているのだから、たとえ大きく壊れていてもちゃんとした情報を流すようには思えないし、事故がどのように起きたか国民が知ることもないだろう、


  原子力の都合のいい所は、放射能は見えないから大量にばら撒いても分からないし、原子力発電所は密閉したところだから内部で問題が起きても隠匿しやすく、

  そして科学的にややこしい分野だから、科学者を買収しておけば技術的問題がばれることもない、隠蔽隠匿という点においては理想に近いもので、役人が原発にこだわるのはこういう人を騙すのに使い勝手のいい原子力の性質があるのでしょう、


  ともかく大飯原発で事故があったらしい、大したことではないというが、福島原発も彼らにとっては大した問題ではないらしいので、彼らの言い分を信じることはできない、


  原発はバベルの塔のように最後は人の不信で潰れるような気がするけど、安全だといったら事故を起こす原発、日本語の乱れが著しいですが、福井の大飯原発に関しては安全ではないと思っておいたほうがいいと思います、


  後は、よく分からないけどネットのダウンロード規制法ができたらしい、言論弾圧だという意見や、時代にあっていない過去の妄想だという意見がある、


  たしかに、私もニコニコ動画とかのデータを落とすことが多いから、厳密にいえば私のやっていることも違法であるし、それを違法として処罰する法律を作ってみたのだろうが、


  これはウィニーの話と一緒で、あれも製作者の言い分によると、その人はネットワーク時代には著作権は成立しないと考えたらしいのね、

  だからデータを拡散することを容認し、その拡散しているシステムを証券化して、その証券化の利益を著作権として再配分すべきではないか、と思ってウィニーを作ったらしいが、


  結局この人は逮捕されてその後無罪になったけど、その意見はある程度あっていると思う、証券云々はよく分からないけど、確かにいまのようなネットワーク時代に著作権は成立しないと思う、


  著作権というのは最近出てきた概念であり、人類の歴史を考えるとそういうものはなかったから、出版とかレコードとかの技術が生まれて一時的に著作権という考えが成立したけれども、そもそも著作権という概念がこの世に成立しうるかというとかなり曖昧である、


  確かに造った人の権利は尊重すべきだが、著作権というのはある意味技術的な進歩の過程で、コピーの難しい時代にのみ成立する考え方で、

  例えばレコードなどは、最初は録音もできたらしいが、それを再生のみにして発売したから、コピーすることができずそれが市場を生み出した、


  しかしCDになって、更にパソコンで簡単にコピーできるようになると、音楽のCDを買う人がいなくなり市場が急速に衰退した、

  それは著作権の問題でおきたものではなく、著作権というものがコピーが難しいものに対してのみ成り立つものであって、コピーの自由度と著作権の権利は反比例し、技術的発達によってその権利は制限を受けるものであると、そういう性質の所為だと思う、


  だから法律で縛ろうとしても無駄で、著作権の低下というものをある程度認めなければならない時代であり、著作権の低下の上でのビジネスを考える時代であるといえる、


  例えば、海外ではダウンロードを合法化し、どんどん著作権のあるものをダウンロードさせて、それによって収益を得ようとしている、

  どういうことかというと、違法といわれるダウンロードをしている人々は、情報に接する機会が多いので商品を買いやすく、トータルでみると損失よりも利益のほうが大きくなる、ということが国の調査で分かって、


  それでそういうダウンロードを合法化して、経済の活性化につなげたらしいが、

  それが日本の場合、著作権で食っている連中の調査や意見ですから、偏りが強く客観性のないデータなので、本来であれば著作権が成立しない状態なのだから、著作権が弱くても成り立つビジネスを考えるべきが、

  著作権を逆に強化すれば問題は解決すると、明後日の方に進んだ訳です、


  この問題に関しては、違法というのならばニコニコ動画をダウンロードしても違法ですので、誰でも逮捕する治安維持法のような意味があるのではないか、という指摘もあり、


  司法権の強化と、著作権関係の天下り強化をかねた、そういう法律のようだけどね、

  しかし時代に合わないことはいくらしても無駄なので、こんな下らないことをしていればその分衰退するでしょう、


  それ以外だと何かあるかな、大阪のキ印市長は狂っているから書いてもしかたがないし、う~ん、ではこれからの政治でも短めに書いてみましょうか、

  これからの政治は、民主党の分裂があるとしてどの程度おきるか、そして明らかに言っている事のおかしい執行部の意見がどうなるか、


  上でも書いたが野田豚とかのアホは、マニフェスト完全放棄、消費税の無制限増税、政策は全部自民党、社会保障は一切せず削る、というプランを立てているわけだから、さすがに今までとやっていることが違いすぎるからうまくいかないだろう、


  変化や変更自体はできるだろうけど、調整をしなければ意味がないわけで、調整を全くせずいきなり変更をいっても協力する人は出ないので、民主党内での批判と、民主党を出て行った人による批判が起きる、


  さすがにいままで民主党がいっていたことを全てやめて、自民党がいっている事だけをしますというのでは話が成り立たないからね、批判が止まることはないだろう、


  後は、それに対して野田豚のアホ連中がどうするかだけど、強引な手を打つといっても民主党内で影響力のない菅派では大した事はできないから、執行部側の手詰まりが起きると思う、


  そこで官僚の犬である自民公明が助け舟を出すと思うけど、野田豚政権は沈みつつある船だから、下手には手を出せないだろう、

  やりようにもよるからはっきりしないが、このまま行くと野田豚は四面楚歌のように、追い詰められる可能性がある、


  それを考えて官僚が手を打ってくるから、必ずしもそうなるとはいえないけど、民主党執行部がやっているのは明らかに手詰まりの手なので、マスコミが書いているほど楽には行かないと思う、

  さすがに極端すぎるからね、民主党の政策を全て捨てて他党の政策だけをする、という意見はそう簡単に通るものではない、


  人間は妥協もするけど、妥協をする理由が要るわけで、こんな滅茶苦茶な事をすれば、妥協する人も出ず争いが続くだけである、

  だからこれからの政治は争いの結果どうなるか、官僚が何を考えているか分からないから保証はないけれど、これからの政治は争いとその結果による変化が大きな意味を持つような気がします、  







図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



マインド・コントロール (2時間でいまがわかる!)
クリエーター情報なし
アスコム



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



製造業が日本を滅ぼす
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版



  (本の紹介ではないのですが、このゲームのおまけで付いてくるBluetoothキーボードの評判がいいので乗っけてみました、このゲームは少し前に出たもので値段が暴落しており、その結果おまけでついているキーボートの価値が非常に高くなっているようです、レビューによるとiphonとかPS3に向いているようです)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)
クリエーター情報なし
任天堂




プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
クリエーター情報なし
誠信書房






関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR