01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

小沢氏のプロパガンダと詐欺司法と今年の夏の旅行、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

愛川さんのテレビ、



    どうもこんにちは、


  今日は寒いですね、異常気象というところですが、異常気温という感じもします、


  さてとそれで何か起きているかな、何故か急に小沢氏のことをマスコミが言わなくなったのだが、さすがに騒ぐと不自然さが出るという判断だろうか、

  元々洗脳というのは考えさせず信じ込ませることに意味がある、洗脳をするという事は強く意識させることだと思いがちだが、どちらかというと催眠術ように曖昧な状況に持って行って、そこで信じ込ませるというのが洗脳のやり口なので、


  そういうことを考えて、小沢氏のことがおかしいという世論が生まれるの恐れたのだろう、大体無罪になったのに起訴されるのは不自然であるから、その理由を知りたいと思うのが常識だし、

  そしてそういう気持ちが起これば小沢氏のことが不自然であることがばれてしまうから、そういう情報操作の一環をしているのかもしれない、


  マスコミを注意深く見ると、特定の強い印象を植え付ける形を持っていながら、それに対する詳しい判断や考えを持てる部分がスパッと切れている場合が多い、

  強い情報を前面に出し、それ以外の情報を切り取ることによって印象付けるが思考はさせないという手口を使うことが多いのだが、


  今回もその感じかな、小沢氏が起訴された無罪ではない悪だと騒いで、その情報をスパッと消せば多くの人の思考はそこで停止するから洗脳操作が可能になる、


  そういう手口じゃないかと思うが、この点を見てももうすでにマスコミを信じていい状況は過ぎている、極端なことをいっているように思われるだろうが、死にたくなかったらもうマスコミは信じないほうがいい、多分いま起きているマスコミの問題はそういうレベルまで達していると思います、


  次に、その一時的に騒いでいたマスコミの屑だが、その中で権力に媚を売り犯罪行為もOKな報道ステーションで奇妙な発言を聞いた、

  そこで、薄っぺらい古館とその右にいた魂まで腐りきったどす黒い変なやつの会話を見ていたのが、今回の控訴は司法が政治浄化をする役割をしている、それは政治が責任を取らないからこうなったのだといっていた、


  ああこうやってずうっと日本人を騙していたんだなと思ったのだけど、つまり司法が正しくで政治が悪いという構図を作ることによって、政治に対する操作をマスコミが行っていたということ、


  政治とマスコミとの癒着という事は言われるが、実際の所政治家個人とマスコミとの関係は薄く、マスコミは官僚や司法のような団体との関係は深いが、政治家個人との関係はあまりない、


  だからマスコミの癒着問題は政治ではなく司法や官僚の方が問題で、司法や官僚との癒着がどんな社会的問題を生むか、それを考える必要があるのですが、


  その古館と右にいたどす黒いやつの会話だと、政治資金規正法が甘いからこんな問題が生まれた、その問題の指摘を司法がしているから正しいのだといっていたが、

  しかし実態は逆で、政治資金規正法を悪用してマスコミと癒着した司法関係者が政治謀略を仕掛けただけであり、ある意味政治資金規正法が甘いからそれを悪用した謀略を仕掛けてきたわけで、司法が問題を指摘しているのではなく司法が法律を悪用している問題が、今回の件の最大のポイントである、


  それを全く逆に言い換えていたわけで、それは更に言わせてもらえば今までマスコミが司法の正義、政治の腐敗といっていた問題の多くが実はマスコミと司法による政治謀略に過ぎず、政治の問題や腐敗ではなかったという意味も持ってくる、


  実際リクルート事件は検察の捏造で事件性がないといわれているし、

  また、ロッキード事件もマスコミと検察の捏造でアメリカの指示で作ったでっち上げだといわれている、

  佐川急便についてもそんな話を聞いたね、あれも司法が不正をした話だと聞いた覚えがある、


  そう考えてみると、政治に対する司法の正義というのは全部マスコミの捏造であって、そんな事実はなかったという事になる、

  私は正直その古館と隣の腐った野郎があれこれ言っているを見て、何をこいつらいっているのだろうとしばらく理解できなかったのだが、

  なにかこう芝居を見ているというか、現実感のない妄想を何故二人はしゃべっているのだろうか、一体なにを言いたいのだろうかと考えていました、


  その謎がしばらくして分かったのだけど、つまりこいつらはむかしから実態のない嘘の話を、司法の正義といって司法とマスコミが一体化した政治謀略を仕掛けていて、それがこいつらの仕事だったということ、

  テレビを見ながら、あまりに自然に手馴れたように嘘をつくから、筋金入りというかいままでこういうことばかりしていたようにしか見えなかったので、

  多分いままで司法が政治介入をして、政治家の問題、法律違反といわれていたものの殆どはマスコミと司法が合致した詐欺だったのだと思う、


  つまり司法の正義というもの自体が詐欺であって、司法には正義などというものは全くなくて、マスコミを使って国民を騙していただけなのだと思う、

  これは私がこのブログを書くようになって、色々調べてみて分かったことだけど、マスコミが司法と手を組んでこの政治家の問題といった場合、そのほぼ全てがでっち上げだったから、日本の政治というものは実は民主主義ではなく、マスコミと司法が結託した擬似独裁のような制度なのだと思う、


  目に見えるわけじゃないけど自由もないというかな、正当性で人を縛り、正しいからといって強制する、努力をするが得るものは多くないのに、正当性があるから気づかない、

  そういう宗教かカルト宗教のようなものが日本の政治制度なのだと思う、

  
  それがはっきり見えたなというのが今回の小沢氏の件だけど、

  しかしあの報道ステーションのクズ二匹の漫才は、日本の司法制度が如何に意味のない幻想であるのかをよくあらわしていたと思う、だってここまで司法の問題があるというのに司法は絶対正しく、司法が正しいことをしているのに政治がおかしいからといっているのだから、この狂いっぷりは意図的なものだろうし、今ままでもそんなことを繰り返していたのだろうな、


  だから、こういうことから言えるのは、国民は国民の視点立場につくべきだと思う、マスコミの立場と国民の立場は違う、マスコミは国民を騙して司法と一緒に日本を支配し、国民から搾取するのが彼らの仕事だ、

  
  それは完全に犯罪行為だけど、そういうものがいるのは事実である、それに対して国民はどこに立つのか?ということを考える必要がある、

  マスコミは国民の損失でしかないのだから、マスコミとは違う立場に立たない限り国民の将来はない、

  マスコミと一体化した社会はいずれ崩壊する、そこでは国民が生きていられない以上別の概念が生まれていくだろう、


  そしてそれは同時にマスコミに付随した司法などの権力に対する否定にもなる、結局のところ統合的社会が崩壊し、その中で国民はどこに付き何を信じるのが得なのか、その判断を自らしなければならない、


  信仰の時代は終わり何かを信じることが意味を持つことはなくなる、司法が正しい、マスコミが正しいという意見は人々の不幸にしかならず、そういう考えは成立しなくなる、


  小沢氏の話はそういう分水嶺のようなところがあるのだろう、これからはマスコミや司法などを国民が信じることは出来なくなる、もし信じれはその信仰の先にオウム真理教のようなカルト宗教の末路が待っている、

  信じ”ぬ”ものは救われるということで、これからはマスコミや司法を否定して国民の利益を考える時代にならざる得なくなるでしょう、


  後は、これからの政治の流れでも書いてみましょうかね、既得権益者としては小沢氏を封じれば何とかなると思い、指定弁護士に賄賂を渡して不正な控訴をしたようだが、

  しかしそんなことをしたところで全体の流れが変わるわけもなく、馬鹿な妄想が通じるほど現実は甘くはないだろう、


  既得権益者の異常性は、天動説を信じ宗教裁判を続けたキリスト教のようなもので、特定の概念の上で物事は永遠に続き、その上での人間的な争いしかこの世にはないと考える事にある、


  であるから、小沢氏のことも小沢氏を叩けば問題が解決すると思っているのだが、そういうことにはならない、

  そもそも社会変化とは基盤からの変革を促すものであり、その特定の概念そのものが崩壊することを指すものであって、それを人間論に摩り替えたとしても無駄である、


  ある意味において今回の地震や放射能は、その基盤の変革を促すための警笛ともいえ、変革に気づかなければもっと惨たらしい事が起きるだろう、

  変わらなければならないのは、人間の外界への認識であり今までの世界観の崩壊を認識するか否か、それが時代の流れであるのだから、人間論を言っても全く無駄である、


  そしてその流れに沿って社会や政治は変わるだろう、そこでありうるのは国家の急激な衰退と体制の崩壊のセットだろうか、

  多分これから色々なものがどんどん悪化していくと思う、そして突発的なことが起きてそれが加速されるだろう、

  元々小沢氏の影響力の増加には日本の社会悪化が原因としてあった、それは小沢氏の力や影響力というだけではなく、全体が悪化することによって小沢氏の力が高まったといえる、


  そしてその流れが強くなるのならば、結局小沢氏の影響力は強くなる可能性があり、マスコミや司法がどんな政治謀略を仕掛けても、それ以上のスピードで日本が衰退すれば世論は小沢氏のほうへ向くだろう、


  情報操作そして人事的発想は、現実を見ないならば正しいというものであり、現実的問題が発生すればそういうものは成立しなくなる、

  権力とは、ある種の安定性の上で嘘であり、その嘘が強くなって体制の悪化をまねけばその嘘を信じる人がいなくなり、いずれその体制も崩壊して消える、権力の生成を崩壊はその繰り返しであるから、


  今のような状況の悪化状態では、マスコミの言うような嘘は通らないだろう、なぜならマスコミの嘘を信じれるほど日本の体制は安定していないからだ、

  結局は体制の悪化からの変革この流れは変わらない、マスコミや司法のような既得権の屑どもが、何をしようとも状況は時間とともに変わる、

  後はその流れ如何ですが、相変わらずこの国の未来はサイコロゲームのように偶然上手くいくことを期待しなければならないようです、


  他だと何かあるかな、放射能関連だと、う~む、夏の旅行など考えてみますか、

  そうですね、私も完全にデータがあるわけじゃないけど、これからの旅行は放射能対策を考えないといけないので、色々制限がありますね、


  まず海は、東京湾は汚染が進んでいるらしいので、東京湾と福島から南に向かう流れには放射能があるので、そのあたりはだめらしい、

  まあ見る分にはかまわないけど海水浴もちょっと危ないかな、

  海の放射能というのは水に流れるのではなく、海底の泥にくっ付いて流れてくるので、特に海岸沿いの汚染がひどいらしいです、

  だから海で何かするという事は、汚染の強いところで何かをするということですから危険度が高いので、

  多分関東の海は難しいのではないかと思います、関東ならばプールの方がいいかもしれません、


  他の観光だと、山の汚染がひどいんですよね、特に山の幸といわれる山菜や茸の汚染はものすごいので食べてはいけません、

  更にいえば川魚は、場合によっては1万ベクレルくらいのがいるらしいので、下手をすると病気になるレベルですから食べないほうがいい、

  何も食べないとしても、山の空気おいしいといって吸うと、放射能がバーっと入ってきますから、あんまり健康にはよくないので楽しくないのですが、


  汚染されている地域は関東の北部の群馬あたりまでかな、山梨くらいまで行けばある程度よくなるのですが、観光をするのならば山梨や静岡より西に行くか、

  北だと宮城岩手はちょっと危ないところもあるので、青森とか山形とかかな、後は北海道あたりになるでしょうか、


  行くだけならば汚染されている地域でも多少は可能でしょう、チェルノブイリでも汚染地域の観光をしているくらいだから、短期間で何も食べなければいいのだけど、それ観光旅行じゃないからあんまり楽しそうじゃないんですよね、


  というわけでこの夏旅行に行くのならば関東南部の人工施設か、宮城岩手よりも北か西の地域、関東ならば山梨静岡よりも西くらいですかね、

  う~む、観光地全滅ですな、これでも東電逮捕されないのだもの、小沢氏が何で逮捕されて東電が何故逮捕されないのか?、日本の司法制度がインチキだからというのがここからも見て取れますが、


  ともかく、この夏観光などをするのならば近場の人工施設か、かなり西か北か海外か、福島南方一帯を避けたほうがよさそうです、

  何だか核シェルターの生活みたいになってきていますが、これだけやって東電は全く法的に違法じゃないのだから、日本の司法の犯罪性は異常というしかありませんが、







図解 原発のウソ
クリエーター情報なし
扶桑社



内部被曝の真実 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



製造業が日本を滅ぼす
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



経済大国なのになぜ貧しいのか?
クリエーター情報なし
フォレスト出版








関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR