01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

皇室問題に見る、日本人の歴史観について、

    どうもこんにちは


  あいからわらず、小泉政権はしぶといですね、さすがはゴキブリのような生命力という所ですが、私の場合はゴキブリそのものとしか考えてないので、さっさとくたばってほしいものです。 さて、そんな話はほんとにどうでもよくて、今日は、皇室問題に見る、日本人の歴史観について、ということでも、最近ときどき見るのが、皇室の問題に対して、男女平等とか、海外と比べてとか、そういう話から考える人がいるようですが、そうじゃなくて、皇室というものは歴史的にどういう意味であるか、と考えるべきものであり、そういうことがわからない所が、日本人には歴史観というものがないのではないかなと思ったので、ちょっと書いてみようかと思います。


  まず、皇室というものは、権威ではあるが権力ではない、そこが海外の王室とは違いそもそも権力者ではないという所があります、ですから本来は、国民があれこれ言ったりすることはできない立場の人だと思います、例えば権力者であれば、国民と関係がありますよね、直接、だから国民の側からあれこれいうのも間違ってはいないし、それによって変えてもいいと思います。 問題は皇室の場合王室と違って神事を扱う神官のような立場である事、だからその神事を扱う事に対して、国民が口を挟んではいけないという面があります、それが海外の王室と日本の皇室の違いだと思います、つまり皇室に必要なのは皇室の文化と伝統の保持であり、変える事ではないと思います、権力ならば変えねばなりませんしかし、神事を扱う人の考えを変える必要があるか?、やり方を変える必要があるか?、それは無いのではないでしょうか。


  歴史的に近代において皇室の方々は、権力の場に近い所に居られたわけで、それが皇室が権力者ではないか、という錯覚を生んでいるのだとは思いますが、歴史を見れば権力者ではないのは明白で、歴史や伝統を保持する事によって、権威をえている人々という事だと思います。 ですから、皇室の立場自体は殆んど意味は無く、歴史や伝統を保持する事が、皇室の主としてやるべきことではないでしょうか、それができなくなれば皇室という存在もなくなるわけですよ、王室ならば権力者ですから、立場が主でしょう、しかし、皇室は立場自体はほとんど意味がなく、歴史や伝統を守る事が主である立場であるわけで、だから皇室の方々にどうしていただくか、という場合も、歴史や伝統を守るためにはどうするかという事を考えるべきです、そうでなければ皇室を守るという意味は無いわけですから、何度も言いますが、皇室というのは王室とは違い権力者ではないため、立場自体はほとんど意味がない、歴史や伝統を保持する事によって権威を持つ事が、皇室の存在のすべてといっていい、それができなければ、皇室のためになるようなことにはならないということです。


  それで、みていて思うのがあまりに程度の低い、日本人の歴史認識だと思います、なんというか、日本の歴史は戦争が終わった所からすべてがはじまったんだ、という短絡的なものが多い、日本の歴史というものは、2000年くらいあるわけで、第二次世界大戦も、日本の歴史から見ればほんの一部であり、塵のようなものであるという事です、まあ、全体から見ればということですが、日本人も幼稚になったものだなあと思うのですけど、全員がそうというわけではないですが、どうも日本の歴史は、戦後の60年くらいしかなく、それが日本のすべてだと考えている人が多い、どうしてこんな短絡的な歴史観しかないのか、私は不思議に思います、例えば、皇室の方に対しても、理解が無い、皇室というものが何であるか何も分かってないのに、あれこれ言う。


  男女平等とは言うが、そもそも伝統や文化をどうするかであり、伝統や文化を現実的にしたら、消えてしまう、例えば茶道で、電子レンジを使うようなもので、それは現実的だが、もう茶道ではないだろう。 文化や伝統は精神のよりどころのようなものであり、儚く柔らかいような、緩やかなものです、そしてそれほど丈夫なものではないものです、そういうものに対しては、繊細さを求められるでしょう、単純な考えや理論では対応してはいけないものです。 


  いまの日本人は、一度自分を馬鹿だと考えたほうが良い様に思います、例えば戦争があって、そのあとの復興も大変だった、というのは分かります、しかし、日本の歴史から見ればそれとて些事にすぎないのです、復興も終わり、日本人にも余裕を持つ事ができるようになりました、ならばそろそろ日本という国を、日本人が考えるべきではないかと思います、不思議な事ですが、日本人は日本の事を考えていない、だから不思議な事ですが、日本人は日本の形や、存在に対する理解が浅い、これでは国家の軸がずれてしまう。 私は別に国家主義とかそういう考えはないです、ただ、理解ができないに判断をしている、その日本の異常さを、そろそろ感じてほしいなあと思っているのです。



    それでは今日は金曜ですので、次回は月曜ですね、では、良い週末を。



関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR