03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

アジアで起きうる戦争について、

    どうもこんにちは


  最近は状況が変わって、小泉政権は潰れそうですが、なかなか潰れないですね、あいかわらずゴキブリのような生命力で、しぶといですけど、まあ、生命力以外取り柄の無いのが、この政権の問題点でもありますが。 さて、それはいいとして、今日は、アジアで起こりうる戦争について、ということでも書いてみようかと、私が危惧しているのが、アメリカと中国の衝突による、何らかの軍事行動が、アジアで起こるのではないかという事なのですけど、もしこのまま、日本が軍事化すれば、ありうるだろな、と思うのでそういう事でも書いてみようかと思います。


  まず、中国とアメリカ、似てる国だと思うのですね、なんというかな、問題解決を軍事的にやる事を、主として考えている、最終的には問題は軍事解決するものだという考えが強い、もちろんその前に外交等で手をうちますが、だめならしょうがないという考えが強い、まあ、軍事的解決を最終的に考えている国といっていいでしょう。 だから私はそういう国が、顔をあわせないように、すれ違うようにしないと危険なのではないかと思います。


  アジアでおきうる戦争、多分のその鍵になるのが、日本でしょう、日本がアメリカに奴属し、軍事的手先となり、完全にアメリカの前線拠点となれば、アメリカはそこからの戦争の方法を考えるはず、つまり、いまだに日本はアメリカがアジアに手を伸ばさないようにするための、防波堤のような役割を担っているのだと思います、これが崩れると危険ですね、もしアジアで戦争が起きたらアメリカは軍事産業が儲かっていいですが、日本は前線にあるため直接本土に対する攻撃を受けるでしょう、今は長距離ミサイルもありますから。 アジアで起きうる戦争、その火蓋を切るのはあいかわらず日本のような気がします、つまり日本の出方しだいで、その戦争が避けれるか否かがある程度決まるように感じます。


  おきうる戦争としては、台湾海峡における戦争、朝鮮戦争がもう一回起こる事、ネパールとかで起きている抗争を利用して、中国が南下してくる事に対する、米軍が東南アジアに大規模に駐留する事による、長期的軍事対立、多分これはアジアが冷戦時代に戻るような意味も持つと思います、まあ、この辺りですかね。 今中国は肥大化し、その処理に困っているようにも感じます、また求心力の低下に対する歯止めもほしい、そうなれば、戦争でしょう、肥大化した軍事や人口を減らし、また国家に対する求心力も上げれる、それはアメリカも似ていて、戦争によって軍事産業が潤い、政治的権限が増せば、それはありがたいわけで、戦争を避ける必要は両国とも無い。


  なので私は、今の日本は、両国の戦争をしたいという思惑の間に立っているわけですから、その思惑を防ぐ手を打つべきではないかと思います、中国、アメリカともに、軍事の肥大化による負担を減らす必要性で苦労をしているわけですから、中国アメリカともに、この必要性を減らせないかと考えているわけで、それが戦争に対する意欲になるわけです、そしてその戦争の戦場になるのは、日本の近海になるでしょう、それでは輸出入に頼る日本はやっていけない。
  

  だから私は、日本のとしてはそれを避けるため、アメリカと中国が直接ぶつからないようにする配慮が必要だと思います、それをしないと日本も危ない、平時の軍備はただの無駄です、過剰ならばですが、ならば、アメリカや中国を平時に戻せばいい、ある長い期間戦争ができないようにすればいい、そうすれば軍事力の保持は難しくなる、その段階になるまで日本はアジアの盾として、アメリカと中国が直接ぶつかり合わないよう方策を練るべきではないかと思います、なぜならそれは、アジアのためであり、日本のためでもあるわけですから。

関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR