06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

亀井氏の話と原発放射能の話と人間の喪失、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、



    どうもこんにちは、


  今日は寒いですね、最近は暑いような寒いような奇妙な天気です、


  さてそれで何か起きていますかね、ふーむ、多少はネタがあるようだがまずは国民新党の亀井氏が辞めたことでも書いてみましょうか、

  よく分からないのだが、野田豚が消費税を上げるといって、亀井氏がそれに反発し連立を離脱するといったら、その党内の連中が権力にしがみついて亀井氏だけを追い出した、


  本来であれば党の解散をするのが筋であるが、政党助成金がほしかったので亀井氏を追い出した勢力は、政党をそのままに亀井氏の除名だけをしたようだ、

  最近よく見る風景ですけど、下らない内部抗争だねぇ、それが自分の首を絞めるのだとわからないのだろうか、馬鹿な連中は、


  どうだろうね、そもそも国民新党は亀井氏が作ったような政党だ、亀井氏の知名度で存在しているようなものだし、亀井氏がいなくなれば全員落ちるだろう、

  立ち上がれ何とかの党と一緒で、理念なき烏合の衆が知名度のある人物にしがみついて、何とか体制を保っていたものが、その知名度のある人物を除いて生き残れるのかどうか、

  それに選挙もありうるという状態だしね、このままいくと国民新党に残った連中は全滅するでしょうな、


  次に、何でも関西のほうの原発を再稼動するとか言っているね、前回も書いたけどいま日本の原発は一基しか動いていないし、それもその内定期点検で止まるから、その止まったときにそれが固定化されるのを防ごうと、既成事項を残しておく話なのだろうが、


  しかしその再稼動の条件というのが、安全性を構築する努力をするというレベルで、安全確認が出来たから再稼動ではなく、安全が出来そうなプランを出したら稼動といっているのだが、どういうことなのだろうね、


  よく分からないのだが、物理的原発はどうでも良くて書類上整っていればいいということなのか、相変わらず官僚のクズは頭が逝かれていますが、

  常識的に考えて、さすがに将来の安全性を考える書類を作ったら、原発が安全になるわけがないので、そんな話を聞くことは出来ない、


  それに何度も書いているけど、これから日本は衰退期に入るから、経済停滞があるので電力もその分必要がなくなる、つまり原発はやめていっても別にかまわないものであり、別に原発をする必要性はない、

  これも八つ場ダムと同じ、利権や権力構造から来た話なのだろうけど、どうせ電力はいらなくなるので、原発の再稼動をする必要はなく、このままやめてしまったほうがいい、


  別の見方でいえば、電力需要の衰退と原発の関係ということで、電力の必要性が下がるからある意味リスクのある電力発電をする必要性がなくなる、

  いままでは電力が必要だったから、リスクのある原発の必要性も多少はあったのかもしれないが、これから電力需要が下がっていくのならば、危険の高い原発をする必要性も下がっていく、


  これは日本社会全体にいえることですが、衰退をしていくということはリスクを負ってまで利益を得ようとする必要性が下がるということで、今の時代や将来性を考えて適切なエネルギー源を考えればいい、


  もちろん国の衰退を止めれるのならば別の考えでもいいのだが、そういうことは全くしていませんから、国の衰退とそれにあった人の生き方、そして電力のあり方と考えると、いまの日本で原発をするメリットはないと思います、


  後は、マスコミで気になったのは、あまり詳しくはないのだけど朝日が変なことを書いていたらしい、

  なんでも、自分らが消費税アップと記事を書くと、読者からそれがおかしいという投書や反論が来る、しかしそれはおかしく読者はわれわれの言うことを信じるべきだと書いたらしい、


  カルトですねぇ、日本のマスコミなんてオウム真理教と全く同じものですから、ただのカルト宗教に過ぎないのですけど、でまあそのカルト朝日が言う読者はわれわれのいうことを聞いていればいいというのもひどいが、


  それと同じことが大阪の利権市長にも言えるなと思って、こいつは最近小沢氏がいいとか消費税に反対することが正しいとか、マスコミ受けのポピュリズムをしてばかりいるから政治家がだめなんだとか、そんなことを言っていたらしい、


  当然嘘だよね、こいつにそんなことを言う資格もなければ言うような性格でもないからな、そこら辺がこの人物も同じくカルトだなと思ったのだけど、


  ここら辺の共通項といえるのは、亀井氏の話と似ているかもしれないが、人間の喪失なんですね、

  野田豚も一緒かな、最近の話題の共通項と言えば、大体はこの人間の消失というのが大きい、


  どういうことかというと、人間と話しているようで人間と話していないような気がする、相手の人間的ロジックが破綻していて狂人と話しているような気味の悪さがある、


  並べて考えてみると、例えば朝日の場合は自分が消費税反対といっているのに、それを見ている人が反対するのはおかしいとか、

  他でも、小沢氏が民主主義が大事だというのならば、民主主義的に選ばれた野田豚の意見を聞くべきだとか、話がループして人間が存在しない

  対話式になっていないんですよね、全部相手の責任で自分が存在しない、それでいながら自分が正しいという意見、人間が居ないんですよね、


  野田豚を例に考えると、こいつは時間がたつほど支離滅裂で意味のないことを言い、また何をしているか意味が分からない、

  例えばいま消費税といっているが、現状で見れば消費税を上げる理由はないし、また消費税を上げれる状況にあるかといえば、そういう要素は全くない、

  何故そういう判断になったのか、そしてそれが間違っていたとしてこの人物が悪いのか、そう考えることが出来ない、


  別に野田豚が悪くないというのではない、ただ野田という人格や人間がいるのかどうか、明らかに人格が破綻した奇妙な存在しかそこにはなく、そこに人間がいるような感じがしない、これも人間の喪失である、


  そして大阪の利権市長もそうだね、こいつは利権で動いているからまだ分かりやすいが、このクズが考えているのは上で書いた例で見ると、

  小沢氏がいいというのは、ただの選挙目的だろう長年サラ金で立場の弱い人から金を巻き上げ、それを正しいと生きてきた人物が国家の事など考えるわけがなく、金や利害というのならば選挙だろう、

  東京の石原が年で役にたたなそうだから、別の可能性をキープしておこうという算段だと見ていい、


  他でも、消費税に反対するのが正しいというもの同じだろうな、選挙対策でしかないだろうし、そもそも自民党と協力関係をしている人物が反対をしているわけがあるまい、選挙中のパフォーマンスとしての布石を打っているのだろう、


  また、こいつがテレビで原発の再稼動に対して反対していたが、そもそもこいつのいる維新の会とかいうチンピラ集団が、大阪の原発の市民投票を潰したわけで、理論的に破綻したことを言っている、

  テレビの映像だと、原発再稼動などといっていると内閣が持たず、解散総選挙になると繰り返し言っていたから、これも選挙対策で、


  それ以外の、マスコミ受けのポピュリズム政治家が悪っていたが、そもそもこいつが政治家になれたのはテレビのおかげであり、この人物の政策は全て失敗していて上手くいったものは一つもない、

  自分がポピュリズム政治家のくせに、それを批判するというのは人間ではなく、人間的ロジックが崩壊している、


  いまの時代の問題は、人間の喪失を前提に人間のいないところで何かと戦わなければならないこと、

  例えば野田豚、大阪の利権市長、マスコミもそうだけど、そういう多くの勢力の中から人間というソウルのようなものが消えて、魂のない抜け殻が人間の言葉を発し、それに対し人々がどう対処すべきなのかというのが大きな問題としてある、


  色々みてて思うのですが、いまは確かにネットが発達している、その情報を見るにその多くが相手を人間だとして批判をすればいいと考えている、何かを考えないようにしているかのような、奇妙な現実を見ないようにしているように見える、


  私が上で挙げた例に人間はいない、不思議だがこの国の権力機構には人間は存在しない、もしくはそれに属しようという連中にも人間としての意味は全くない、

  むかし劇場型政治というのがあったが、あれがどんどん進んで完全な虚像が国を包んでいるように思える、


  悪は悪なんですけどね、野田豚も大阪利権市長もマスコミも国民の敵であり、排除すべき敵であることは変わらない、しかしじゃあこいつら個人が悪なのかと考えると、奇妙なことだがこいつら自身はこの世に存在せず、あくまでこいつらは抜け殻のようなものだからいくら叩いても叩いた気がしない、


  ネット上の論の矛盾というか私が違和感を感じるのは、虚像化した現実を叩いて結果が生まれると考えている人々のことで、残念ながらいまは現実のほうがヴァーチャルで、マーケティング戦略や情報操作が進み、人間の思考が解析されたいまの時代では、現実的に起こっている物事のほうが利益が大きい分、虚構化が進んでいる、


  だからこういう連中や物事に対しては考え方を変えないといけないと思う、もちろん悪は悪で叩くべきなのだけど、叩いたところで何の問題も解決しないという現実も考えないといけない、


  人間の社会や人間のロジックが残っていれば、人としての善悪を問い人が反省するなり変えていけば、その人間のロジックによって社会は変わっただろう、

  しかしいまはプロパガンダ社会であり、権力者は虚構に過ぎないから、そこに人間的ロジックの答えを見出そうとしても無理がある、


  本質的問題は、人間論の崩壊から人間論を崩壊させているものを見、その全体像を考えることだと思う、

  上の例でみれば、野田豚大阪利権市長マスコミ、どれもただのゴミだけど、それを叩くことは大事だが、そもそも人間のロジックが崩壊している連中に、人間論の正当性を言ったところで意味はない、


  カエルに倫理観を問うても意味がないように、いまの日本の権力者に人間的責任を問うても、何にもならないだろう、

  逆に言えば、そういう状況を作って人間的責任を考える人間のみを排除するため、そういう人に倫理的責任を問い、そうでない人間の集合体を作って何かをしようとしているのだろうが、


  ともかく、なんだか妙な話になりましたが、今の時代の厄介さは権力を握っている連中に人間的ロジックが完全喪失していること、人としての善悪を考えることを権力者が完全放棄していて、演出で全てを騙そうとしていること、


  だから批判も同時に難しいところがある、単純にその人間が悪だといっても、人間的倫理観が全くない連中には、無駄といえば無駄ではある、

  何で武士が倫理を大事にしていたのかというのがここから見えてきますけど、あれは権力者が無機質になった場合の可能性を抑えていたのだろうね、


  それがいまは働きませんから、単純に権力者を批判しているだけでは破綻してしまう、その場合の手段としてありうるのは、、

  変な言い方だが国民が倫理的になるしかないんだね、国民が人間的ロジックを強めれば強めるほど、結果的に権力への圧力になる、


  そのためには悪いものは悪いといい、良いものを良いと言う、それを自分で考えていく必要がある、

  ただし権力者には倫理観はないから、国民が自立的な倫理性を持って圧力を加えるとして、権力者に対しては非倫理ですから、権力者の人間性をまず否定し、それを取り払った上で利害構造と国民の損得を考える、


  権力者の言うことは信用の出来ない嘘だけと考えて、その方向性を考えつつ倫理的に反するならば圧力を加えていく、

  まるで国民が統率者になっていますが、これが民主主義なのかもしれませんけど、結局国民の能力を上げないとだめだということですね、権力者は殆ど価値がないのでその意見は認めず、国民にとってどうであるかと冷静に見て、権力者の意見は一切認めない、


  そういう形を繰り返すしかないんじゃないかな、こういう形を持っていればマスコミも大阪利権市長も野田豚も潰すことが出来る、権力者という人間がいると思えば思う壺、そのまま一気に持っていかれるだろう、こいつらは異常だから人としての意味を認めてはいけない、


  そういうややこしいことを考えないといけないなと思ったのだけど、ほんとむかしは楽だったですよね、権力者の倫理的問題を指摘していれば、それなりに問題が解決していたのですから、


  他だと何かあるかな、幼稚園の給食に非常に汚染された椎茸が出たようだ、

  実際はいままでも出ていたのだろうけど、隠蔽していたのだろうね、新しい基準が出たからネタとしてあげているだけで、どうせいずれ隠蔽をするのだろうけど、子供の被爆問題を考えないといけない、


  子供は非常に強い被爆をするし、特に胎児の段階で被爆をすると生まれつきの障害を持つことが多い、

  よく被爆は遺伝しないといわれるけど、遺伝はするかどうか分からないが汚染地域では奇形の子供や障害を持った子供が生まれやすく、多分それが被爆が遺伝すると思われているのだろう、


  胎児の場合は、ほんと数ベクレルとか数十ベクレルでもかなり危ないらしいので、妊婦さんには完全にクリーンな場所で過ごしてもらうのがいいのだが、政府がするわけがないよな、


  となるとNPOか何かで寄付を募って、妊婦さん用のゼロベクレル食品を無料か、低価格で提供する必要があるけど、どうなのだろうね、

  検査だって完全には出来ないだろうから難しいですね、


  子供の場合はどうなのだろうな、給食を廃止する必要があるかな、給食というのは仕入れが決まっていたりするから、色々事情があって汚染地域のものでも買わないといけないらしいから、給食は廃止するしかないのかな、


  もしくは汚染は特定の食品に集中しているので、汚染が出やすい食品を献立に入れないようにするとか、そういう材料を最初から使わないようにするというのはあるね、

  ただそれも調整は出来ないだろうね、民間のところもあるし強制は難しい、

  そうなると子供の安全が難しいね、あるとすれば国民の自己判断に任せ給食を食べたくなければ拒否しても良いという形にし、自己責任にするくらいしか手がないが、
  

  難しい問題ですね、答えが出てこない、汚染の問題は個人では対処不可能であるのに、政府は一切する気がないからどうにもならない、

  やっぱり唯一の方法は汚染地域から逃げることだけですかね、日ごろは気をつけつつ機会があったら逃げると、いまの東日本ではそういう生き方しか出来ないのかもしれません、









放射能汚染の現実を超えて
クリエーター情報なし
河出書房新社



内部被曝の真実 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



若き友人たちへ―筑紫哲也ラスト・メッセージ (集英社新書 515B)
筑紫 哲也
集英社







関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR