06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

原発と海外と利権を漁る政治家の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、




    どうもこんにちは、


  最近は風が強いですね、春の嵐ならぬ春の台風ですが、もうなんだかよく分かりません、


  さてそれで何か起きていますかね、今日はあまりネタがなさそうだけど、では原発で窒素を入れる機械が止まっていたらしいので、そのことについて書いてみると、

  なんでも最近の強風で原発の窒素を入れる機械が止まったようだ、正確には止まったことに気づかなかった問題らしいけど、そもそもいまの原発の設備というのは仮の設備ですから、安定性が無い、

  そういう窒素を入れるとか、他でも水の浄化設備も仮のものだから、何かあったらその設備自体が壊れる恐れがある、それを前提に考えないといけない、


  そう考えてみると分かるのですが、福島原発というのは壊れてぼろぼろでどうにもならなくなっているけど、実はその周りの設備も同じようなもので自然災害で壊れる恐れがある、


  これはむかし指摘した覚えがあるけど、このごろの風もそうですがいまの日本は急に突風が吹くことがあり、竜巻なども発生しやすくなっている、

  特に季節の変わり目とかに寒暖の差が大きくなって、その気温差によって非常に激しい気象現象がおきることがある、

  それを考えると、例えば福島原発の4号戸とかは一応補強はしているらしいが、確か風速25メートルくらいしか持たないらしいので、突風がいきなり吹いたら吹き飛ばされる、


  福島原発というと、元々おかしくなった原因が地震だから地震がこなければと思っているけど、実際は台風や竜巻で破損する恐れもある、

  チェルノブイリでもいま一番危険なのは、竜巻が起きてチェルノブイリの放射能を周囲にばら撒くことらしいから、いまの福島原発も風の問題というのを考えたほうがいいような気はする、


  最近でも爆弾低気圧というのが来て、首都圏で非常に強い風が吹いたが、同時に大量の放射性物質がまって、線量が急激に上がった、

  福島でもそうなのだけど、風が吹くと放射能がまうし、もっと風が強ければ福島原発が壊れたり、周囲の設備が破損したりする、

  地震に比べると風が吹くというのは起きやすいし、台風も定期的に来るからそれを考えると福島原発の安定はないといえる、


  ある意味、福島原発の安定性、そして放射能の安全対策として必要なのは、風対策ではないかと思うのだけど、

  突風が吹けば福島原発の管理をしている設備が壊れる恐れもあるし、建物だって強風が吹けば壊れますからね、最近の異常気象を考えると今回の事故後の一番厄介なのは風の問題なのではないかと思っています、


  次に、スーチーさんという方が、ミャンマーの選挙で勝った様で、それで欧米は規制を解除するという話が出ていますが、

  個人的に言わせてもらうと、この話は欧米の敗北であったいえると思います、


  いままで欧米のスタンスは、北風と太陽の北風スタイルで問題があれば叩けばいい、経済封鎖をしたり規制をしたりすれば、もしくは最悪戦争をすれば問題は解決するという考えが強かったが、


  今回のミャンマーの件から見えるのは、問題があるからといって経済封鎖をしても返って問題を生むだけで、人権だ自由だ民主主義だといって、それに反するものを叩く考えでは問題は解決しないということを現していると思う、


  ミャンマーがスーチーさんを解放し、自由な選挙をした最大の理由は、経済活性とアセアンの働きかけが強く、別にスーチーさんを認めたり、欧米の圧力に屈したのではなく、スーチーさんを弾圧する理由がなくなったこと、それが大きいと思う、


  強権体制というものは、国の弱体化や悪化によって生まれるものであり、いまの日本が強権主義であるのも、ある意味においては日本の弱体化が要因にあるわけで、

  逆に言えば、国の衰退がなければ強権国家は成立しづらくなり、平和で民主的な国家形成も可能になるといえる、


  そう考えてみれば分かるように、欧米的な犯罪者を取り締まるような抑圧をかけるやり方だと、国が衰退するから返って独裁を強めてしまう、

  戦前の日本の軍事体制もある意味そうで、悪いから叩いてしまえばいいという欧米論では、世界平和や人類の未来はない、


  それは中東の話ともつながっていて、中東のシリアやイランの問題も、問題があるから叩くという発想では、結局強権体制が強まるだけで殆ど意味がない、

  ある意味世界が平和にならないのは、欧米諸国が自分らだけが正義だというブランドを海外に押し付け、抑圧的な体制を作っているのが原因であり、

  今回のミャンマーの話はそういう形ではなく、悪だから叩くとか問題があるから制裁をするのではなく、時間をかけて共生関係を築くということをしないと、国際問題は解決しないということをあらわしているように思います、


  後は、原発で何かあるかな、聞いた話では関西のほうの原発の稼動をするといっている、

  そうだっけね?、確か関西のほうでは原発の投票をするといっていたが、よく分からないな、、

  う~む、大阪で原発の市民投票をするといって、票を集めて出したら大阪維新の会とかいうチンピラ利権集団が否定し、投票が出来なくなったようだ、


  しかし大阪の利権市長は、脱原発だ何だと騒いでいなかったか?、どうして大阪維新の会は反対するのだろうか、

  まあ正確には大阪維新の会ではなく、大阪利権の会であって、新しい利権構造を作るということを維新だといっているのだろうけどね、

  そもそも明治維新も結局は利権話になって、維新というのは新しい利権構造を作るという程度の意味しかないのですけど、


  それはともかく、関西のほうで原発を再稼動させるといっているが、大阪利権の会がそれを潰し、大阪利権市長が脱原発だけど利権になる原発はOKと、理論破綻したことを言い始めているわけだが、


  原発の再稼動はできるのかな、原発といっても事故が起きれば被害地域は拡大する、複数の県にまたがるのが一般的であるし、日本のような小さな国だと日本中に蔓延する可能性があるのだから、大阪だけで決めていい話ではないだろう、


  それに事故の可能性を考えると、数百年の被害になる恐れがあるのだから、今生きている人間だけで決めていいものでもない、

  それを考えると、原発の再稼動はしないほうがいいと思うのだが、何故するのだろう?、


  どうなんだろうね、原発の再稼動とはいうが今ある原発はそもそも老朽がが激しいし、実質そろそろ廃炉にしなければならないものが多い、それを考えるとこのまま止めてしまうのが一番いいと思うのだが、


  正直原発というのは麻薬みたいなもので、早めにやめればやめるほど被害は小さくなりますから、私はいい機会だからやめたほうがいいと思いますけど、大阪の利権市長が絡んでいるとなると色々厄介かもしれません、


  他だと何かあるかな、鳩山氏がイランに行くとかいっているね、外相は止めてといい執行部は聞いていないといっている、
 
  よっぽど民主党内は意思の疎通がないのだろうな、執行部と民主党ではもはや別の政党になっているんでしょうが、

  ともかく鳩山氏がイランに行くらしい、判断自体は悪くないと思うが、随分果敢ですね、


  いまのイラン問題は、マスコミが捏造した話が多いので実態は知られていませんけど、イランでは核開発疑惑が上がっていますが、イランのスタンスは日本と同じで核開発が出来る状態までは持っていくが、核ミサイル自体は持たないという立場なので、核ミサイルの開発自体はしていないようです、


  それはアメリカ側も認めてはいるのですが、一方的にイランの核疑惑といっているわけで、核疑惑といっても原子力発電と核ミサイルは技術的によく似ていますから、原子力発電をしている国ならばどこでも核ミサイルは作れるわけで、それを悪く言うのも誹謗中傷といえば誹謗中傷でしょう、


  それに対して鳩山氏が果敢に手を突っ込んだのかな、もしくは、、

  聞いた話なのだけど、実はロシアが鳩山氏をかっていて、鳩山氏を支援することによってロシアの影響力を日本で強めたいという、そういう思惑があったらしいから、その関係でイランに行っているのかもしれない、
 

  ロシアといえばイランやシリアの戦争を止めようとしていて、アメリカと対立しているからもし鳩山氏とロシアの関係が深ければ、そういう関係で動いたという可能性はあるだろう、


  そもそもイランに行くといっても、外務省の許諾等はいるからね、勝手に行ける訳じゃないから誰かの後押しがなければならないわけで、ロシアの影響があったのかな、

  そういえば鈴木宗雄さんも帰ってきているから、そのあたりで外務省のロシア関係が巻き返しているのか、

  はっきりは分からないですけど、なんとなく意味深な話であると思います、


  これ以外だと何かあるかな、、大阪の利権市長と東京の搾取知事があったようだ、

  利権と搾取は義兄弟の中ですから仲がいいのでしょう、多分誰から金をむしりとってそれをどう自分のポケットに入れるかとか、立場の弱く叩けそうな敵はあいつだとかそういう相談をしていたと見ていいが、
 

  少なくとも国の将来を話し合った可能性はなかろう、そんな器じゃないし朝から晩まで利権の計算で忙しい二人が、社会のことなど考えるわけがないのだから利権調整の話し合いとみるのが妥当であるが、


  話した内容としては、解散総選挙があるのだろう、

  そもそもこのごみ二匹は強権政治を望み、ヒトラーのような独裁者になることを望んでいる、真性のクズですけど、

  その書入れ時が次の総選挙とみているのだろうな、


  上でも書いたが、維新というのは結局のところ利権構造の転換に過ぎず、詐欺師の小泉の言っていた改革も同じで、いまは時代の転換点ですから既存の権力構造が弱くなり、別の構造を望んでいるというのはある、


  ただしそれは意味として問うているのであって、状況が緩くなったから権力の拡大から独裁が可能になったという、そういう可能性の話ではない、

  そのあたりが野田豚も含め、大阪東京の利権連中には権力の拡大からの独裁と映っているのだろう、


  それでそのクズ二匹がこれからの選挙について話し合ったわけだが、大阪の利権市長は自称維新の会という利権団体を持っているから、そいつらで選挙をするとして東京の搾取知事は何がしたいのだ、


  こいつは死にぞこないだしな、周りには人もいないただの老人だ、個人的には生きれても組織的な意味を持つことはあるまい、だから選挙をしたところで何も出来ないはず、

  となると大阪の利権市長の選挙応援が狙いか、しかしそれも大阪の選挙応援を現職の東京知事が出来るとも思えないし、よく分からないね、


  まあ利害関係が近いから話し合ったということだろうが、位置関係が遠いから協力は出来ないだろう、
  
  石原はもう年だしな、いまさら何か出来るのかね、


  それに大体知事や市長が国政に影響を与えるのはおかしいわけで、最初から国政に影響を与えたければ国会に出ればいいだけだろう、どうしてこいつらは自分は安全なところにいて、人に圧力をかけようとするのだろうか、

  チキンで腰抜けなやつがが権力だけはほしくて、そういう権力構造の構築を望んでいるということなのか、汚い連中ですが、


  ともかく、大阪の利権市長と東京の搾取知事が話し合ったようだ、こいつらが何をしたところで国民の利益になる可能性は1%もないが、話し合うということは何らかの計画性を持っているということだから、少しずつ話が出るだろう、

  後はその一つ一つを解体して潰していけばいいということで、またゴミ掃除をしなければならないようです、








放射能汚染の現実を超えて
クリエーター情報なし
河出書房新社



内部被曝の真実 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社



平成不況の本質――雇用と金融から考える (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店



若き友人たちへ―筑紫哲也ラスト・メッセージ (集英社新書 515B)
筑紫 哲也
集英社








関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR