01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

大阪極右市長と原発問題と貧困者のセーフティネット

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、




    どうもこんにちは、


  今日は寒いですね、昨日は暖かかったのですが寒暖の差が激しいです、


  さてそれで何か起きていますかね、今日は色々ネタがあるようだけど、何を書くかな、、

  ではまず大阪の利権市長について書いてみましょうか、


  こいつは、いわゆる小泉政権の再来のようなものを目指しているようで、日本政治の本来の流れであれば小泉政権のポピュリズムからファシズムの軍国主義へとするのが、自民党やその裏にいた既得権益者の狙いだったわけですが、


  詐欺師の小泉の嘘がばれて、さらに小沢氏が出てきて社会や政治のあり方を変えてしまったため、そういう方面の手段がなくなり、

  このまま行くと官僚のなどの利権者どもは、まともな国家運営をして国民のために働かなければならなくなる、


  それが国民を蛆虫と見下して生きてきた官僚や、財界の連中から見るとたまらないのだろう、それで新しい詐欺師を探しサラ金の取立てで悪辣な行為を繰り返していた、その大阪の利権市長を担いだわけだが、


  そいつは今までは一応隠蔽はしていたが、最近は中身がないことがばれ、また、極右的な軍国主義、そして独裁者であることが表面化してきた、

 
  例はたくさんあるが、大阪市の職員のアンケートと称して、思想の検査をし、それが憲法違反であると分かると隠蔽して逃げ、

  他でも市の職員のメールを勝手に見て、北朝鮮のような情報統制をしていたが、それは厚生労働省の指示が間違っているといい、また口先だけで逃げた、


  そして、維新の会とかいうチンピラ組織が、あちこちの団体や役所を恫喝して金や利権を巻き上げていると指摘されると、表面上は謝って実態は何もしていない、

  こいつ自身もそういう、自分がやった政策を自分の関係者にまわすということをしているようで、同じ穴の狢のようですが、

 
  他でも、小学生を留年をさせるとか言っていたが、これはいわゆる弱いものいじめで、極右思想家によくある立場の弱い人を叩いて喜ぶ、そういう性質だろう、


  極右といえば特在会が有名だが、あそこは在日の人を叩いているが、やったことといえば在日の人が通う、小学校や中学校に行って、お前ら死ねといったりしたり、そんなことをして捕まったらしいけど、


  多分この大阪の利権市長も同じで、子供を殴るのがすきなんだろうね、さっさと始末したほうがいいダニのようだが、極右思想家というのは思想というよりは、立場の弱い人を叩くことによって悦に浸ることが多いので、


  例えばホームレスの人を殺したりする人いるでしょ?、あれと大体同じで大阪の利権市長も同じだろう、

  こいつはサラ金の取立て屋で名をはせた人物で、いわゆる立場の弱い人から金を巻き上げるのが楽しかったんだと思う、そういう性質が極右思想と一体化し、立場の弱い人を叩くのが楽しいから小学生の留年といっているだけで、それ以外の意味はないと思う、


  そういえばこの屑は、むかし中学生が高校進学をしようとして、それをできなくしていたが、

  後から見るとそれはただのパフォーマンスで、そんなことをする必要性は政治的にも財政的にも全くなかったのにやっていたのは、そういう子供に近い人を叩くのが好きだという、変態性からきているのだと思う、


  まあこいつは変質者の一種だろうね、そうでなければこんな狂信行為はしないから、異常者なのだろう、


  それでこいつが極右的であるということ、最近は憲法改正で憲法九条を廃止すべし、後は、参議院の廃止をいっているが憲法を変えるためには、政治的に一気に議席を取れない参議院を廃止する必要があるから、そのあたりの考えだろうな、


  ついでに言えば、東京の寄生利権知事も憲法は廃止すべきとかいっているが、そのあたりの一致性から考えると、裏で操っているのは同一人物か団体、やはり小泉政権以降の軍国主義をもう一度というのがあるのだろう、


  こんなクズどもを信じても意味はないのだが、もし信じているならば少し考えてみるといい、私の知る限りこの大阪の利権市長のやったことでまともに上手くいったことは何一つない、それなのにこの人物に価値があると思っているのならば、なぜそう思っているのか?、

 
  そこに全ての真実があると思う、今の時代の謎は何故自分がそう思っているのか、そう思い込まされているのかというメカニズムの解析にあるので、

  自分自身を分析して何故そう思い込まされているのか、それを良く考えるということが、実は今の世の中の全ての本質だったりするんですね、


  次に、原発関連だといくつか話があるようですね、

  一つは少し前に話題になっていた、黒い粉の分析ができたようです、

  その黒い粉というのは福島近辺にあったもので、線量が高くて100マイクロシーベルトで、100万ベクレルくらいあったようだ、

  
  その原因は藻のようなものが、放射性物質を吸収し高濃度化して、それが道端にあったようだ、

  道端に藻があったという、新しい謎も生まれている気はするが、ともかくこれからは植物や動物が放射性物質を吸収するから、それも考えないといけない、


  そこまで集中するということは、東京のあたりでも同じようなことは起きるだろうし、関東全体の生態圏がもう壊れてしまったというしかない、

  ここまで来ると非常に複雑で、大規模な科学研究でもしない限り対策はとれそうにないが、まあ対策自体するわけがないですね、今の日本政府では、


  それと、原発二号炉の温度がまた上がっているようだ、聞いた話では200度行っているらしいけど、今回は騒いでいないね、
  
  温度計の故障扱いだからどうでもいいのかな、少し前まで冷温停止といっていたのは何なのかと思うが、


  原発の温度が上がっていて、確か注水量を増やしていたはずだが、量を増やしても熱くなったということ?、

  もしくは注水量を増やして、燃料棒の塊がそれによって動いて、返って冷却できなくなったとかそういう話なのだろうか、


  う~む、全く分からないね、温度計の温度が上がったら全部故障で、上がらなければ正しいというのか、それは温度計じゃない気がするが、、


  そういえば、温度が全く変わらない温度計が二号炉にあって、温度が全く変わらないから、この温度計は正しいと東電はいっていたけど、温度が変わらない温度計はおかしかろう、


  そして今度は温度が上がるからおかしいと来たか、ただ現状で見れば燃料棒の塊に近い温度計は温度が上がり、遠い温度計は温度が下がるわけだから、温度の低い温度計や高い温度計があるのは当たり前で、


  上の例でいえば、温度が変わらないというのは近くに燃料棒の塊がないから、温度変化がおきていないといえるし、

  温度が上がってものは、近くに燃料棒の塊があるから上がっているともいえる、


  そう考えればいいだけに思うのだが、東電にいわせると温度変化が全くおきない温度計は正しく、温度変化がおきた温度計は全部壊れているらしい、


  何のために温度計をつけているのか意味不明だけど、そんなアホなことばかりしている会社だから、原発が四つも爆発したのでしょう、

  なんたって、温度計ですら認める気がないのだから、小学生以下の科学レベルで原発運転をしていれば、必ず爆発するということですね、


  後は、そういえば前に社会保障について書いたので、そういう方面について書いてみましょうか、

  日本にはセーフティネットがない、だから何が人生において問題が起こると、そのまま死ぬしかない、


  むかしは企業がセーフティネットになっていたけど、今はそういうことは全くしないので、日本で何らかの人生問題が起きれば、高い確率で死ぬことになる、


  日本の自殺が3万人、実際は変死が15万人いるから、変死の多くは自殺なので10万人以上いると思うけど、そうやって多くの人が命を経つ理由はセーフティネットがないことに原因にある、


  前に両親と息子さんが餓死をして、かわいそうなことがあったけど、今の日本では年に100人くらいが餓死しているらしく、そういう人たちを救う手段がないらしい、


  さらにいえば、上で書いた自殺者の多くは経済的理由で亡くなっているから、これも実質的には餓死の一種であって、なんというか日本では年に数万人が餓死しているに等しい状態にある、


  こう考えてみると、アフリカの貧しい国で年に多くの人が死んでいるというけど、日本も殆ど同じレベルなんですね、


  自殺というと、心の問題、心理的な話のように思われるが、実際は経済的な理由が非常に大きいので、貧困による自殺であり心理的なものではない、


  それを自殺といえば、精神論を言ってごまかせるから、そういう経済的な問題への対処をしないですむので、

  日本の自殺は心の問題、と一方で言いつつ、もう一方で社会保障を受けている人は怠け者、経済的な補償を受けている人は遊んでばかりいるとか、そういう両方の面から社会的弱者を叩いて潰している、これ日本の実態なのです、


  自殺は経済的理由が大きい、つまり経済的セーフティネットがないから自殺をする、日本の社会保障は滑り台のようにとまらない制度ですから、何か人生でおかしなことが起きればそのまま死ぬのが普通なんですよ、


  死ぬまで搾取されつつ死ぬのですが、そういう状態に追い込むのが官僚や役人の仕事で、そうやって自分の利権を維持し社会的弱者を叩いて金儲けをして、

  その一方で自殺は経済的問題ではなく、心の問題であるから精神論で何とかすればよく、愛国心がないから自殺をするのだと官僚は言うわけです、


  結局日本の自殺問題は官僚の利権なんですね、自殺というのは経済的理由が大きい、だからセーフティネットがあれば多くの自殺者は自殺をしないだろう、

  しかし政府の対応は、自殺は心の問題といい、生活保護とかそういう人は怠け者で、そういう社会保障を受けるのは怠け者の心の問題といって、国民が税金をもらうことを防ごうとしている、


  税金は役人の自分の金だと思っているから、今のように社会問題が多発しても、それに金を使いたくないという判断が、根本的な自殺の原因であり、官僚が国民を殺しているだけだと思う、


  自殺の原因は経済的理由が大きい、海外ならば普通はセーフティネットがあるが、実は日本の場合生活保護の基準が厳しく、また役所が嫌がらせをして殆ど受けれなくしているので、日本にはセーフティネットは存在していない、


  変な話だがまだアメリカのほうがましで、アメリカは一応貧困対策をしているから、お金のない人でも暮らすことはできるが、日本の場合そのまま自殺することになる、


  日本の自殺は武士の切腹というか、そういう精神性のようにとらわれているけど、実際は日本の衰退がはじまって、経済的困窮者が増えて、その対策を政府が全くしなかったから、生きることができなくなって自殺したというのが本質であり、心の問題とはあまり関係ない、


  もちろん心理的な場合もあるだろうけど、格差や経済的困窮者が増えたことと、自殺者が増えたことは一致した流れがあるから、経済的な自殺が多いといえる、


  それと最近両親とその息子さんが餓死をしていたことと、日本の自殺者は実質的は同じで、毎年何万か十万人ぐらいいる自殺者は、その餓死した人のように助けがあれば生きていた人が多いんですよ、


  心じゃなくて、経済的なセーフティネットがあれば、そういう人の多くは死んでいなかっただろう、

  最低限アメリカレベルでもあればよかったのだろうけどね、日本の場合セーフティネットは形骸的に存在するだけで、実質的な意味は全くないので、極めて異常な形を持っている、


  国が衰退していけば、そういう聞こえの悪い話も考えないといけないのだろうけど、それが戦後的な頑張れば努力すればという精神論を言ったために、大量の死者を生んでしまったのだろう、


  だから最低限セーフティネットくらい作ったらどうだろうか、正直日本の社会保障はアメリカ以下だと思うので、貧困の増大に対する対策を聞こえが悪いとしても、やらなければならないのだと思います、








放射能汚染の現実を超えて
クリエーター情報なし
河出書房新社



内部被曝の真実 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社



TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社



若き友人たちへ―筑紫哲也ラスト・メッセージ (集英社新書 515B)
筑紫 哲也
集英社







関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR