01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

定数の削減と原発60年と海洋汚染の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、




    どうもこんにちは、


  今日も寒いですね、まあ寒いのも暑いのも仕方がないとは思うのですが、個人的に春と秋が減少しているのが気になっています、


  あと、そうそう実はパソコンの調子が悪いです、時々サービスが勝手におちるという怪現象が起きていて、まずい状態なので、書くスピードが落ちるかもしれませんが、


  それはともかく、最近は何か起きていますかね、高々一昨日との時間距離なのに、色んなことが起きているようで、


  まずは、野田豚政権が選挙区の定数削減を言い始めた、管のアホと一緒の抱き付き戦法か、

  キモイやつだが、まああれだね、こいつらには政治というものをする気がないから、何がどうなっているかとか、どうすれば正しい判断になるかとか、そういう事を考える能力がないのだろう、


  つまり判断をする力が全くないから意味不明になる、

  だいたいからして野田豚のやつは、消費税を上げるためには解散もする、とドヤ顔をしつつ自民党を威圧していた、

  この時点でアホなのだが、そもそも自民党の狙いは解散総選挙だ、そういう連中に対して解散総選挙をするぞと脅してどうなる、意味はあるまい、

  
  結局このあたりは、前も書いたけど今の管派の政権を操っているのは、詐欺師の小泉政権と同じ勢力だろう、

  だから詐欺師の小泉のように解散で押せばいいと考えているのだと思う、


  しかし郵政解散のときとは事情が違うし、違う条件で同じ事をするというのは、明らかに狂った行為であるわけだから、その異常性が出ているのだと思う、


  小泉政権の郵政解散のときは、解散をすれば勝てるという読みがあって、自分が有利になる可能性があったから、ああやっただけで、

  今の状態では、野田豚が解散を打っても下手をすれば自分も落選しかねない状態であるし、勝算は全くあるまい、

  それなのに雇い主が一緒だから、詐欺師の小泉のようにこいつのも同じことができるだろうと考えたのだろうが、アホだったということで、


  それが、解散するといったら、ぜひぜひといわれて、協議のしようがないから、自民党の案を丸呑みした、このあたりも管のアホと似ているが、


  しかし自民党の案は、比例の80減が入っているから、そうなると公明党が反発をし始めて、自民党も反発する、

  う~む、今の野田豚政権は自民党の末期と同じように、よく分からない政権だね、何をしたいのか、そんなことをして何の意味があるのか、意味不明なことばかりをする、


  ともかく、消費税を上げるために解散をすると脅したら、意味がなかったので自民党の定数削減策を取り入れたら、今度は公明党の反発があって、どうにもならなくなっている、


  アホだなあとしかいえないが、自民党の末期もこんな感じだったから、野田豚政権もすぐに潰れるでしょう、


  次に、同じような話ですが、原子炉の寿命を60年まで延ばすと言っている、

  そうか?、確か40年で廃炉だったはずだが、それにそもそも原子炉はその40年すら持たないもののはずで、言っていることがよく分からないな、


  聞いたところではアメリカでも長期間使っているかららしいが、しかしアメリカの場合はスリーマイル事故があって、その結果新規の建設が出来なくなったから、長期間使っているということらしいけど、


  う~む、実際の耐久性は30年位らしいが、原子炉も劣化しますから半永久的に使えるわけではない、

  実際原子炉の劣化が原因で、人が亡くなる事故が日本でも起きているし、そんな長期に使えるとは思えないが、


  それとあまり詳しくはないが、ストレステストをしてその結果、安全性がとれたからと言っているが、それはそもそもおかしいだろう、


  今回の福島原発もそうだけど、実は古い原子炉というのは、何十年も前に作られているので、安全基準がないんですね、

  むかしは耐震基準もありませんでしたから、安全をどうするかという基準がないころのものが多くて、だから安全性を確保したければ一から作り直すしかなく、それ以外の選択肢はないはずなんですけど、


  そのストレステストというのもアリバイ工作でしかなく、実際にテストをしているのではなくてコンピューター上のテストのようだから、データを捏造すればどうとでもなるので実際の安全性とは関係のなかろう、


  そうなるとどうなるんだろうね、いや、そもそも原子力とは何なんだという、根本的問いが浮かびますが、


  ともかく、原発の使用年数を60年まで増やすらしいが、今ある原子炉のほとんどは、耐震政党の基準がないころに作られたものが多く、安全性は殆どない、


  後付で安全になる装置をつけるという手はあるが、安全基準がないころに作られたものを、60年も使うことを補完するほどの装置があるとも思えない、


  結局は金の問題なのだろうがね、金、金、金と腐った国ですが、

  金で命は買えませんので、原発は利権であり、国民の命を脅かすものだと考えれば、国民が何をすべきかということもおのずと見えてくると思います、


  後は何かあるかな、、少し前にNHKで放射能の海洋汚染の話をしていました、

  これについては私も何度か書いていますが、今回の事故は海の汚染が酷く、専門家は海の汚染は薄まるといっていましたが、沿岸部は殆ど下がっておらず非常に大きな問題になっている、


  その原因は、テレビで言っていましたが、海底の泥と放射性物質が結合し、それが溜まって問題になっているようだ、

  だから、原発に近いほうが汚染が強いかというと、そうでもなくて、

  その汚染された泥の多いところが、強い線量を持っているらしく、海底の泥の移動が汚染のバロメーターになっているようです、


  それで汚染がどうなっているかというと、福島原発から出たものは、そこから南下をして、千葉の銚子のあたりまで来ているらしい、


  海岸沿いというのは、川からの水の流れがあって、それが自転の作用によってぐるっと回って、右90度回頭して南に進むらしい、


  だから福島から千葉にかけての海流の流れは、南下する流れが強いため、その海底の泥も南に進み、いまは千葉あたりの汚染が段々酷くなっているらしい、


  それともう一つが、池とか川の汚染で、いまは降った放射性物質が、関東の湖や池や川を汚染していて、線量が上がっているようだ、


  これも泥の関係で、そういう汚染された泥がどうなるかで、池とか湖では汚染が全く下がらず、

  川は、東京湾に流れ込んでいて、東京湾の汚染が進んでいるらしい、


  つまり関東全域の水関係はかなりやられているようで、釣りとかはしない方がいいようです、

  川とか池とかも、場所によってはかなり強い線量があるようで、それがバラバラにホットスポットを作っていて、しかもそれが常に移動しているので、安全な場所はないようです、


  そういえば去年、福島の魚を沢山食べていて、その人はアウトドアが好きで、放射能なんて問題ないと、福島の河川の魚を食べていたら、いきなり亡くなったけど、すさまじいホットスポットで釣っていたのかもしれませんが、


  ともかく、放射能の海洋汚染は泥と結合した放射性物質が起こしており、その泥の動きによって決まるようです、

  海では福島から南下しつつあり、今は千葉の銚子辺りにきつつあるようだ、


  湖や池は、周囲の山から放射性物質が流れ込み、かなり強い線量になっており、またそういうところは水の流れがないので、一回汚染されたところはほぼ再起不能らしい、


  川については、線量はまちまちですが、どうやら河口付近が高いらしく、海水と真水の合わさるところが高くなる傾向があり、その汚染は常に動いているようです、


  そして川の流れる先の、東京湾では汚染が進みつつあり、テレビによると二年後がピークで、十年間は汚染が続くといわれています、


  ですからその間はそういうところでは、釣り等はやってもいいですが、食べてはだめなので、

  釣りをしたり海産物を食べたければ、西に行くしかないようです、








放射能汚染の現実を超えて
クリエーター情報なし
河出書房新社



内部被曝の真実 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社



TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社



若き友人たちへ―筑紫哲也ラスト・メッセージ (集英社新書 515B)
筑紫 哲也
集英社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR