06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

今年の政治展望、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、


    どうもこんにちは、


  あけましておめでとうございます、今年はいい年になるといいですね、と、何年も書いていますが、どんなものでしょうか、


  今日は休もうかと思っていたのですけど、ちょっと短めに書いてみると、

  
  じゃあまずは、今年ありうることでも書いてみましょうか、

  個人的には解散総選挙があるのではないか、と思っています、


  どうしてかというと、まず政治状況が大きく変わったこと、例えば震災の問題、TPPの問題、放射能の問題、そういう問題の解決のためには、一度国民の信を問う必要があると思うんですね、


  今の政治状態は政権交代時の話ですから、震災とかの問題は勘定に入っていないので、それを含めた国民の議論がいるよう思うのです、


  特にいまの民主党は役に立ちませんから、民主党内部の変革があるならば、それでもいいのですけど、今までのことを考えるとそうならない可能性が高いので、解散もあるのではないかという気がします、


  そこでポイントになるのが官僚主義で、これは自民党の末期状態、もしくは崩壊の原因とも重なるのですが、

  官僚主義に走った政党、もしくはそういう政権というものは、無謬性というか、根本的なねじれのようなものを持っていて、調合性が取れないんですね、


  例えば野田豚が消費税をあげると言っている、しかしその前提条件はかなり難しいし、またその解釈は人によってかなり違いを持っている、


  その条件では、議員の定数削減を言っているが、これをすると公明党辺りは反対するかもしれないし、その調整はかなり難しい、

  他でも、増税のための経済状況や、削減する人や金の条件も人によってまちまちで、それに対する調整も難しい、


  その上、消費税を上げるといってしまった以上は、民主党批判はあるだろうし、野田豚政権の支持も下がるだろう、


  なんというか、官僚主義政権、つまり官僚の後ろ盾の政権は、官僚がやりたいことをやらされる政権なので、官僚にとっては国民も政治もどうでもいいわけですから、言っていることに現実的な意味がない、


  それをやったらどうなるの?、という想像力がない、だから一見正しそうで上手く行きそうなのだが、現実的にはほぼ失敗するようなことしかしない、


  自民党の末期もそうでしたよね、意味不明なことをギャーギャーいうだけで、何が言いたいのか、何がしたいのか意味不明だった、

  いまの民主党もそうで、国民目線からすると一体何がしたいのか意味不明である、

  まあ裏に権力があって、ああしたいこうしたいというのは見えるけど、それが具体的なプランとして成立しているようには見えない、


  そうなるとどうなるかというと、自民党の末期のように意味不明なことを繰り返すことになって、潰れていくことになる、

  精神的に病んでいる人の言動みたいなもので、調合性が取れておらず意味不明、そういうことを民主党は繰り返すことになると思う、


  それを官僚からすれば責任を取りたくないので、民主党のせいになるようにプロパガンダをするだろうが、異常なものは異常だから、情報操作で紛らわすことも出来ず、どこかで潰れることになる、


  これが今年ありうることではないかと思う、詐欺師の小泉以降の政権は、いまの野田豚と似ていて、何かをしたいという欲望は見えていたが、その行為の具体的なプランが存在せず、ただの気味の悪い存在でしかなかったが、


  民主党も管政権以降はそういう意味が強くなっている、今の民主党はいい悪いではなく、気味が悪いと思っている人が多いと思う、ここら辺が自民党の末期と似ている、


  3Dのグラフィックで人間を描くと、リアリティが増すほど気味が悪くなる、というのがあるらしいが

  それと似たようなもので、官僚主義による虚構の政権は、擬似的な虚像の人間みたいなものですから、そういう連中がリアリティを増そうと、演出を過剰化すればするほど、気味の悪い結果となる、


  そして気味が悪いから捨てられて、見向きもしなくなるのだけど、野田豚政権はそういう意味を持っていると思う、


  消費税の話が象徴的だが、この話をみて多くの人が、良い悪いではなく気味の悪い話だと思ったのではないか、人として判断したくない事として感じたように思う、


  TPPもそうだけど、マスコミの意見とは別の、気味の悪い話だという気持ちが湧いた人が多かったのではないだろうか、

  放射能もそうだろうね、「直ちに影響がない」といわれて、こいつら薄気味悪いやつらだと思った人も多いと思う、


  人間関係は単純にイコールでないといけないので、演出とか権力でやった話は誰も信じませんから、その話全体を否定してしまうので、そうなると極端な政治不信が前提になって、


  それがどうなるかなんですけどね、新年早々暗い話を書いてしまって、申し訳ないのですが、

  私の見たところ、いまの民主党は自民党の末期状態と似ているので、官僚や権力の意見だけを聞いて、それをマスコミを使って国民を騙そうとする、その繰り返しだが、


  やはりその結末は大きな転換への欲求になるから、大きな政治的変化がおきる余地はあると思います、

  それが個人的には解散かなと思っているのですが、放射能もありますし、消費税も信を問うと言っているのだから、法案を通す前に選挙をすべきであるし、解散がベターかなと思っていますが、


  もしくは民主党内で大きな変革が起きて、例えば小沢氏が首相になるというのも、それはそれでいいのですけど、


  ただ官僚的な無謬性に支配された、野田豚政権は潰すしか選択肢がないので、今年の政治は野田豚潰しから、という感じになりそうです、





放射能汚染の現実を超えて
クリエーター情報なし
河出書房新社



内部被曝の真実 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から
野呂 美加
筑摩書房



TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社



TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社



若き友人たちへ―筑紫哲也ラスト・メッセージ (集英社新書 515B)
筑紫 哲也
集英社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR