01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

放射能と大阪利権市長と海外の話と、財政再建のワナ、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、



    どうもこんにちは、


  今日はやたらと寒いですね、今年の冬はこれから暖かくなるはずですが、また天気予報が外れたのかな、、


  さてそれで何か起きていますかね、、いろいろなことが起きているようですが、まだはっきりしているものはあまりないようで、どうも書きづらいのですが、


  ではまずは原子炉のコンクリートに穴が開いていた、という話が出ていますので、そのことについて書いてみましょうか、


  聞いたところでは、福島の原子炉の燃料棒が融けていて、それが容器を突き破って、その下にあるコンクリートをドロドロ溶かしているらしい、


  地下までには到達していないと言っているけど、実際はどうなのだろうね、データもないのに計算が出来たとは思えないし、希望的観測を言っただけにも見えますけど、


  う~む、そうですね、燃料棒がどうなっているかですが、個人的には彼方此方に高い線量が見られること、それと地下水が溢れているという現状を見ると、東電の見方は間違っているように思えます、


  まず放射性物質は飛び散っている可能性が高いこと、あれだけの爆発があったわけですから、燃料棒だって吹き飛んでいるでしょう、

  スリーマイルの場合は、爆発が起きなかったから燃料棒が原子炉内に残ったのだけど、

  今回は爆発がありましたから、爆風でチェルノブイリのように吹き飛んだものもあるでしょうし、原子炉内に燃料棒が残っているともいえないと思う、


  多くは残っていると思うのですが、爆発が起きたところにあったものがどうなるかと考えてみれば、当然吹き飛んでいると考えるしかないわけで、東電のいうような原子炉内に全てが収まっているとはいえないと思う、


  それと地下水が出ているというのも気になりますね、

  福島の原発の地下では、地割れか何かで大量の地下水が溢れているようだ、

  それを考えると、燃料棒の固まりが地面を割ってしまったようにも見えるし、燃料棒の塊が安定しているのは、地下水脈に突っ込んでいるからとも見えなくはない、


  あのあたりは海が近いですから、地面の下に水が多くあるらしいのだけど、原発の地下から水が湧いているというのは、燃料棒が穴を掘ったからかもしれない、


  まあ具体的にどうであるかというのは、実際に見てみるまで分からないけど、しかし東電の指摘はちょっと甘いと思うね、

  いわゆる原子炉真理教とでもいうような、原子力村に伝わる原子炉が安全なら、燃料棒が爆発しても安全であるという、全然ありがたくない教えなのですけど、


  そういう感覚で、原子炉の中に入っていることばかりを、今まで考えて研究してきたから、原子炉の外に燃料棒が出た場合というのを、全く考えていない、


  私のいうように、爆発で吹き飛ぶ可能性もあるし、地下水が出ているのだから、原子炉の底を貫いて地面まで行っている可能性もあるわけだけど、


  どう考えても原子炉から外に出るという想像が出来ないので、今回も原子炉の中にありましたという結論を出しているように見える、


  仮定の中の一つとしては、そういえなくもないだろうけど、どうも最初から結論ありきで決めていたようには見えてしまう、


  不思議なものだけど、日本では想像力がないほうが正しいという、そういう意見が強くて、

  自分でものを考えたり想像する事を、間違ったものというような風潮がある、

  社会性ならばそれも一つの形ではあるけど、それが学問までになって、そして原子力までそうなると、こういうことが起きるような気がします、


  何も考えずに、知識で物事を隠蔽するために学問がある、それが残念ながら日本の教育であり、学問のシステムですから、

  今回のような場合も、問題の指摘を受けないギリギリのラインを狙っているように見えるし、根本的な解決を考えているようには見えない、

  そしてこういう国の体質では、やはり原子力はやめるしかないように思えます、


  次に、大阪の利権知事、ああ今は市長か、その利権市長について書いてみると、

  まあまだこいつは騒動は起こしていないようだが、新自由主義的な民営化すれば全て上手く行くという、カルト宗教みたいなことをいっているようだ、

  今はカルト宗教みたいのが跋扈していますから、こいつもその一種みたいなものなのでしょうけど、

  ともかくこいつの言っているのは、大阪市と堺市と大阪府をくっつけて、大阪都にするといっているね、


  確かに東日本は放射能で汚染があるから、国の中心を西に移すという可能性はあるが、ただ大阪はあるまい、

  まず大阪は庶民的なところだけど、あまり上品なところではなく、ガラが悪いところも多い、

  政治機能ならばまだいいけど、皇室の方が大阪に住むのはぞっとしないので、

  西に移転するのならば、役所は大阪で政治は京都か奈良でいいのではないかな、皇室の方がいる所でしか政治は出来ないですから、大阪はさすがに無理だから京都あたりになるかな、、


  まあただそうするとしても、別に大阪都にする必要はないのではないか?、

  大阪都構想では大阪市と大阪府の二重構造を問題視しているが、大阪市があるのは人口が多いからで、政令指定都市がある県では良くあることですし、別に二重行政が悪いわけでもあるまい、


  それにそんなに二重行政が悪いというのならば、大阪府の権限を大阪市に委譲すればいいだけで、大阪市の権限を奪って大阪都にくっつける必要はないと思う、


  人が多いところでは行政も複雑化しますから、大阪都だなんだというのならば、県も都も府も廃止して国だけでやればいいわけで、大阪都構想が正しいというのは眉唾ですね、


  まあこいつの狙いは詐欺師の小泉と同じもので、大きなビジョンを持ちつつも、それが宣伝として扱っているだけで、実態は全く考えておらず、それによる金儲けくらいは考えているかもしれないが、そういう形をしたらどうなるかという点について、具体的には何も考えていないと思う、


  何でもその利権大阪市長は、選挙活動中もギャーギャー騒ぐだけで、具体的なことは何も言わなかったらしいからね、

  ここら辺なんか、詐欺師の小泉の郵政解散と一緒で、あれも「カイカクをとめるなー」ということ以外は何も言わなかった、

  しかもやったことは改革とは全く関係なかったというオマケ付で、詐欺目的で騒いでいたようだけど、こいつも同じ目的だろうね、


  ただ詐欺師の小泉は国政だったから、権力が非常に強かったけど、地方の知事と市長ではあまりたいしたことはできないから、もう数回派手な詐欺をする必要があるだろう、

  そこでその大阪都だ何だというのを、何重にもメッキしてパフォーマンスに利用するのだろうが、安っぽい玩具のようなやつですが、


  ともかく、その利権大阪市長は大阪都構想をパフォーマンスとして、大阪市民を騙そうとするだろう、

  だから騙そうとしていると考えて、こいつの言っていることを良く考えてみるべきで、これから何を言うかは分からないが、人を騙して権力を得ようとしているだけなので、そういう視点でこいつの行動を考えるべきだと思います、


  後は、海外の話でも書いてみましょうか、何でも聞いたところではイスラエルがイランを攻撃したようだ、

  イランの核施設を攻撃したようだが、相変わらずの犯罪国家ですな、


  アメリカ共々人殺ししかしない国ですけど、この流れはアメリカやユーロ圏の経済悪化がありますから、どこかで戦争をして経済の建て直しをしたい、そういう思惑があるのでしょう、


  それがひとまずは中東に目が向いているようですけど、  

  現状だとシリア、イランあたりかな、

  リビアはユダヤとアメリカが攻め滅ぼしたので、この二つかな、


  イエメンでも何か、アメリカの工作員があれこれしていたようだが、アラブの春というのは、エジプトを除くとアメリカの工作員、もしくはヨーロッパやユダヤ資本のショーになっているので、


  実態はそういう裏組織の、諜報活動によるものらしいので、市民がどうとかそういうこととは関係ないらしいのですが、


  そのシリアとイランですね、イスラエルにとってはシリアとイランは邪魔ですから、

  人権だ、民主主義だという欧米ペテンを使って、自由のための戦いだとプロパガンダを流し、内乱状態に持って行きたいという思惑があるようだけど、


  ただリビアのことがあったせいか、ロシアが全面的なバックアップについているので、今のところ戦争にはなりづらそうですね、


  このあたりは、欧米の金融危機が先か、シリアイランの戦争が先かという競争で、

  欧米の金融危機が本当に進行してしまえば、欧米諸国は何も出来なくなりますから、シリアだイランだということも出来なくなる、


  それが逆にシリアやイランへの戦争が、欧米の金融危機以前に行われれば、その戦時経済によって金融危機を回避できるので、金融危機の回避から欧米諸国の復活が起き、さらに戦争をしようという流れになるかもしれない、


  そう考えてみると、実質的に欧米諸国を支配している、ユダヤ資本としては欧米が没落をして、イスラエルまで危機にあうのは困るから、何とか問題を起こしたいので攻撃をしたということかもしれないが、


  ここら辺はまだ情報が錯綜してはっきりはしないのですけど、イスラエルがイランを攻めたとすると、それは欧米の焦りの表れといえますが、


  しかしロシアが平和路線に立って、話し合いの交渉やシリアやイランへの軍事行動をとめていますので、ロシアの粘り次第によって状況が決まるような気がします、


  他は何かあったかな、では短めなことを書いてみると、

  なんでも今の福島原発を総括している人が、病気になって引退したようだ、


  明らかに被爆だろうが、病名は明らかになっておらず、被爆量も公開していないようだ、

  実は今の福島原発では、数百から数千の人間が行方不明で、場合によっては亡くなっているのではないか、という話があります、


  確かにそうかもしれない、放射能は急に人の命を奪うこともあるし、それに初期のころの非常に強い放射線状態を過ごした方は、それだけでも死ぬ可能性がある、


  現場の作業員は、あまり安全管理が出来ていませんでしたから、スニーカーで作業をしていたとか、そういう人もいたくらいだから、安全対策をせずに致命傷を受けた人も多いでしょう、


  問題はその辺が全然公開されていないことで、作業員の安全というものは、ある意味国民の安全にもつながるわけで、

  作業員に危険があるということは、それは国民にも危険があるということになるし、そういう危険性への理解という点では、作業員がどうなっているかということを知ることは、国民が今回の事故のことを考える機会にはなるはず、


  まあそれを考えて情報の隠蔽をしているのでしょうけど、しかし現場の作業員がどう暮らしているか、被爆の問題がどうであるかということが分からないと、今回のことの国民的議論になりませんし、


  それが結果的に、今回のことに対する興味の低下になって、そうなると福島原発の収束も遠のくのではないかと思う、


  こういうことは情報を出した方が問題の解決はしやすいのだが、官僚利権隠蔽主義者にとっては、原発の問題よりも身の保身が大事でしょうから、そのあたりの情報は出てこないのでしょうな、




  さて、それはいいとして今日は、財政再建のワナ、ということでも書いてみようかと、

  日頃財政再建だなんだと書いていますが、どうも財政再建という考えは、一つのインチキなのではないか、と思ったので書いてみると、


  それで財政再建のワナということで、個人的に財政再建というもの自体は必要だと思います、

  しかし世の中を見てみると、財政再建と言っている人物に、まともな人が殆どいない、

  例えば財務省とか、借金作ったのはお前らだろう、と思える連中が財政、財政と騒ぐ、

  本来のちゃんとした財政再建ならば、それは正しいと思うのだが、何故こうも胡散臭い連中が、財政再建と騒ぐのか、そこが気になるのですね、


  それはなぜかと考えてみると、財政再建というのは、既得権益者にとって有利なのではないか、どうもそんな気がするのです、


  財政再建をするには、二つの方向性が必要で、

  一つが増税、そしてもう一つが経済成長、この二つが財政再建で必要になる、

  そしてこれを前提に話を捻じ曲げると、巨万の富を得ることが出来る、


  どういうことかというと、この二つを簡単に成立させる方法があって、それが国民からの富の転化なのですね、

  つまり国民の金を、企業や既得権益者に移せば、形式上は財政再建が出来る、


  財政再建は増税と経済成長がいる、それを簡単に行えるのが、国民から企業や既得権益者への富の転化であり、

  分かりやすく言えば、国民に関して課税をし、企業を減税すれば、企業の資金が増えますから、企業業績が良くなって、経済が成長しそして国民からの税で税収もまかなえる、  


  こうすれば増税も出来、成長も出来る、一石二鳥だけど、国民から見ると踏んだり蹴ったりで、酷いやり方になる、


  本来であれば、経済成長は自立的にしなければならないわけで、自立的成長をしない状態では、経済成長がそもそも無理だというわけだから、経済成長ではない財政再建を考え、


  そうすると企業課税と国民課税を半々にし、共通の負担で再建をするのが正しいのだが、

  今の場合は、経済成長と増税の二本立てなので、どうしても国民負担しか発生しない、そういう制度になっている、


  だから財政再建をすると、国民を犠牲にして既得権益者の利益が最大化するような、そういう形にしかならない、

  もっと言わせてもらうと、財政再建を極端にやるということは、国民の命を全部奪うようなそういう意味を持っている、


  それじゃあ困るので、この形を変えないといけないのだけど、


  ビジョンとしては、やはり経済成長が無理なので、経済安定や社会安定を重視し、それ相応の負担を企業や裕福層に求め、立場の低い人の保障を充実すべきである、


  いえるのは、今の財政再建は国民の犠牲の上にあるものであり、ある意味無限に犠牲にさらされる制度であるから、これでは財政再建をすると日本人は絶滅し、何のために財政再建しているのかよく分からなくなる、


  あくまで国民が生きるために財政再建をしているのであって、国民の生存、そして生活が成り立つ形の上の財政再建でなければ、財政再建をする意味がないわけで、今いわれている財政再建論は否定していい、


  そして国民との共存を目指した財政再建は、国民の利益が出る形を目指さないといけないので、今度は企業や裕福層負担形の財政再建になる、


  この形は、今やっている経済成長を合わせたものではなく、経済成長は難しいと考えて、まず財政再建の資金を引き出しつつ、その資金を国民の福利に使うというもので、社会主義的な方向性になると思う、


  私が財政再建をすべきだとよく言うのは、財政再建=社会保障の充実、にもなりうるから言っているのであって、

  国民を大事にする財政再建という形を作れば、かなり社会主義的な方向性に踏み込むことにはなるけど、国民の利益もその分大きくなるわけで、それほど悪い話ではないから言っているのですが、


  そういう意味で言えば、財政再建についても、社会主義型、資本主義型というものがあるようで、


  資本主義型の財政再建は、資本の集中から経済成長を目指すもので、今の日本がやっているのはこの方向性のようだが、

  このパターンは、借金の分だけ国民の負担が天文学的に増え続けるので、

  日本の借金を見ると、外国に行くたびに何兆という金をばら撒いていますから、結局財政再建にはならず、既得権益の肥大化にしかならないと思う、


  実際そうしかなっていないし、借金は全くといっていいほど減っていない、

  今までの財政再建で、経済成長もしたというけど、デフレによるものが多いし、バブル経済によるものが多かったから、ちょっとした事で消し飛んでしまうような、脆弱な経済成長しか出来ないならば、無理をして経済成長をする必要もないだろう、


  次に、社会主義型の財政再建というのは、これは経済成長によるものを排除し、税収を増やしつつ直接借金を返すもので、

  裕福層や企業への課税が強くなりますが、その分社会保障に関しては、財源的な余裕が出来ます、

  企業にとってはいやな話かもしれないけど、国民の犠牲や負担がないという点では、悪い話ではない、


  今のやり方だと、国民の犠牲の程度によって財政再建が出来る制度ですから、国民を生贄にしているようなものなので、こんな残酷な行為をするくらいならば、財政破綻してしまった方が人道的であるし、国民の利益になると思う、


  今のやり方だったらやらない方がいいと思う、私のいう社会主義的な方向性ならば、国民の生存と財政再建の両立が出来ますので、これならば意味があるけど、今の政府のやっている方法はだめでしょう、


  そこら辺が財政再建のワナというかな、いまの財政再建というのは、国民を借金の分だけ犠牲にして、既得権益者が利益を得る制度であるから、意味がないんですね、


  なぜかといえば、財政再建をせずに、財政再建という形を持っておけば、既得権益者の権限は無限に大きくなり、国民の負担は無限に大きくなるから、権益者にとってこれほどおいしい話はないので、


  財政再建などせずに、この形を維持した方が得になるので、財政再建をせずにこの形の維持をし続けようとして、社会混乱からの破滅を生む可能性が高い、


  だから今のやり方だと借金が減らないのに、財政再建だという人が沢山いるのは、それが利権だから言っているだけで、実は財政再建とは関係のないことをいっている、


  そうではなく、本当にするのならば、税収を増やしていく形、社会主義型の財政再建を目指すべきであり、高い税負担が財政再建になるような、そういう形でないと上手く行かない、


  そうしないと財政再建のせいで、国民が全滅する可能性もあるし、既得権益が肥大化しすぎたら、独裁のような形になる可能性も高い、


  その保護や抑制も考えつつ、財政再建をしなければならないのだから、社会主義型のシステムでないと多分無理だと思う、


  現行のシステムと続けるのならば、これは財政破綻させるしかないので、財政再建制度にはならないし、今のやり方は大きく変えるべきであろう、


  いまの財政再建は一種のワナであると思う、国民を騙し、搾取し、既得権益の拡大を狙っているだけで、財政再建とは関係のないことをしているペテンであると思う、


  もちろん財政問題はあるし、対処をしなければならないのだが、こんなわけのわからない制度をやっても、何にもならないだろう、


  現行がおかしいから財政問題がないということではないが、今のやり方では財政再建にはなっていないので、いや、もっと危険なものになってしまっているので、この形は変えなければいけないと思う、


  まあ財政問題というものは、やらなければならないものだけど、やりようによっては非常に危険なものにもなるので、そこら辺を注意してみていないと、恐ろしい結末が来てしまうように感じます、










原子炉時限爆弾
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社



放射能汚染の現実を超えて
クリエーター情報なし
河出書房新社



内部被曝の真実 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎



TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社



TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社



恐るべきTPPの正体 アメリカの陰謀を暴く
浜田 和幸
角川マーケティング(角川グループパブリッシング)




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR