06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

裁判官の原子炉送り、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、




    どうもこんにちは、


  昨日の判決はあれですね、なんというか裁判所は火をつけて燃やすものだと、実は燃えるゴミなんだと国民に印象付けた出来事でしたが、裁判所も焼却処分をせねばならないようです、


  どこもかしこもゴミばかりですね、日本は、どこかにまともなところがあればいいのだけど、そういうのは率先して官僚が潰しているから、もうそんな良い所は日本には存在しないのでしょうな、


  ともかく昨日の裁判ね、インチキでっち上げ利益ワイロ袖の下裁判官が、どっかから金をもらって判決を出した話ですけど、全く酷いものです、


  聞いたところではこの判決を出した裁判官は、その日のうちに出世したらしいから、どうやらそれが狙いだったらしいけどね、


  まあそういう連中の話だが、判決によると小沢氏の秘書が水谷建設等からの資金を受けていたことを認め、それが主たる要因であるといっている、


  しかしそれはないんじゃなかったか?、その辺りは裁判所が却下していたはずで、水谷建設からの献金に対する調書は採用されていなかった気がするが、

  う~ん、私も専門家ではないので、まだちょっと詳しくは分からないのだけど、確かその水谷からの献金は否定されていたし、西松建設のお金問題も西松建設が否定していたのではないか、


  まだはっきり分からないのだけど、聞いたところではその二つの西松建設と水谷建設からの献金を認め、それが裏献金になっていたとゴミ裁判官が言っていたようだ、


  しかし西松建設は今回の告訴とは関係なく、西松建設の話は検察側の証人が、検察の言い分を完全に否定してしまったため、裁判の続行が出来ず、

  なぜか勝手にそれを水谷建設の話に変えて、裁判を作り変えていたはずだが、なぜ西松建設の話が入っているのか?、


  水谷建設にしても、証拠はホテルのレシートだけ、それにその会っていたという日は石川氏は京都にいたらしいし、それと水谷建設が金を渡したという日の前に、小沢氏側は4億の金を払っているようだから、そうなると水谷建設の金とは関係なくなるのではないか、


  そのゴミ裁判官のいっている事は良く分からないな、建設会社からの金の問題というのは証拠が全くなく、水谷側からの証言はあるがその証言は他の件で逮捕されて、刑務所にいる水谷建設の社長か会長みたいな人が証言をしていて、

  しかもその人は証言をしたら後すぐ仮釈放されたようで、裏取引ででっちあげをしたという可能性が強い、


  それ以外でも水谷建設との金のやり取りを見たという人は何人かいるが、

  とある人は、小沢氏の秘書を見たといっていてそれをTBSで再現放送をしていたが、背格好が違いすぎるため別人物である可能性が高く、結局後で否定した、


  他の人物は、水谷側が金の入った封筒をテーブルの下に滑らせたというが、その封筒には5000万が入っていて、重さ5キロ厚みが50センチくらいあるから、滑るわけもなくテーブルの下を通る可能性もないので、でっち上げであるといえる、


  そしてそのあたりが原因で、水谷等からの献金があったから執行猶予付きの実刑になったのだけど、

  水谷から金を渡されたという客観的な証拠はなく、あるのはホテルのレシートのみである、

  ホテルのレシートでは誰が使ったのか分からないし、それを証拠というのは無理があるだろう、

 
  そうではなく、数千万の金が動いていたのだから、当然その跡のようなものはあるだろうし、帳簿等を使って証明をすべきで、それが帳簿などにはそれらしい痕跡が全くなかったため、結局そのレシートしかでなかった、


  証拠はレシート一枚だけ、後は水谷側の証言は逮捕されている人だから、取引で動いた可能性が高いし客観性に欠ける、

  他の証言も証言といえるのもじゃないし、資金のやり取りや天の声というのならば、小沢氏の秘書だけが逮捕されるのも不自然である、

  談合をするのならば企業や地方自治体も関与しているだろうし、そういうのが全くなく小沢氏だけが一人で公共事業の操作をして、一人だけが金をもらっていたというのはさすがに変だろう、


  つまり考えられるのは政治謀略だろう、それ以外の可能性は100%ないね、

  じゃあなぜこういう政治謀略をするかというと、一つには小沢氏の判決が来月にあるというので、そこでインチキをするために事前に手を打っておいた、という可能性はあるだろう、


  インチキというのはいつかはばれるし、どうやっても隠せるものじゃないが、しかし時間稼ぎにはなって、一時的な情報操作のようなことは出来る、

  それが小沢氏の裁判が近いため、それまでごまかせればいいだろうというのがゴミ裁判官の判断であり、こいつらも犯罪組織の一味であるといえる、


  もう一つが、増税をしたいという財務省の意向で、それはTPPをしたい財界の意見もあるようだが、

  現状で見ればTPP反対、増税反対といっているのは小沢グループだけである、

  そしてその勢力の影響が民主党では非常に強く、TPPも増税もかなり難しい、


  それを早い段階で潰して、TPP増税の流れを作るために、小沢グループつぶしというものを考えている可能性は高い、

  TPPも11月とか言っていますし、増税も1~2ヶ月くらいじゃなかったかな、数ヵ月後にはしたいとい財界等の連中が考えているので、

  そのためには邪魔な小沢氏を潰しておきたい、その一つの狙いが秘書の有罪、そして小沢氏の有罪、そのシナリオがあるのだろう、


  しかしここまで来ると、裁判所を焼き払わないといけないね、これはもう司法ではなくて完全な犯罪組織であるから、彼らにこの世に生きる権利はないだろう、


  全員処刑するか拘留するしかあるまい、国家権力は残忍だ、それは国民という意味もあるけど、国家権力者に対しては残忍に対処すべしという、国というものの意味もある、

 
  国家というものが何かをすれば、それは多くの問題を生むし、多くの人々の命を奪う事にもなる、

  当然死んだ人々は生き返らない、国家であっても人を生き返らせることは出来ない、

  ならばその責任はどう取るべきか?、取るべき責任は死をもって償わなければならない、

  それしか責任を取れないからね、権力者の最大の責任の取り方、それは死んでわびることだ、


  だから昔の武士は腹を切っていたわけだけど、しかし今は近代化社会であり、何かあるたびに権力者が死ぬ必要はない、

  そこで必要になるのは無機質な合理的制度であり、その無機質さの死に似たものが人の死に代わり、社会的な責任を取る、


  近代の合理性というものは、責任者の死の概念をシステムに昇華させたような意味もあると思う、であるからいまの国家権力者は死ななくてもいいが、その合理性を軸に動き主体として動くことは否定される、


  それが今回のように、金をもらって裁判官が利害だけで法律を捻じ曲げて判決を言うようでは、これは中世なので権力者の死の概念が必要になり、今回のようなことをした裁判官は死んでわびる必要がある、


  近代化のつまみ食いは良くない、近代化は確かに権力者が死んでわびるような物騒なことはしないが、そのかわり社会を無機質な合理性で覆い、その合理性で社会的責務を全うする、人を否定するようなシステムになるのだら、


  その中から権力者が死んでわびるところだけを取り出して、それ以外の社会的なメカニズムを否定することは認められない、

  全体の一貫性が必要であって、中世のようなシステムを良しというのならば、昔の武士のように権力者は問題を起こせば死ぬシステムが必要になる、

  例えば今回のような場合は、検察や裁判官を処刑するシステムか、切腹のように自殺を強要するシステムが必要である、そうしなければバランスは取れない、
  

  権力者は社会的責務がある、それを人間論でいうのならば死んでわびなければならない、今の司法のように私があいつがと法律を無視して判決を出すのならば、裁判官は場合によっては殺されるようにしなければ、バランスは取れない、


  そうでなく、法律という無機質な合理性を軸にするのならば、それは人間論ではないから司法関係者という人間の責任は発生しない、


  この辺りが司法の馬鹿連中には分かっていないようだ、


  原発もそうだね、科学的な合理性を言うのならば、人間を否定する必要がある、

  私があいつが、それが得それが損、というものを排除するような無機質な合理性があって、初めて人間の責任はなくなる、

  それが人間の利害を考えるばかりで、責任問題になると科学を持ち出して騙すようでは、科学詐欺者、近代化詐欺者といわれても仕方があるまい、


  今回の裁判では、司法関係者は場合によっては処刑しなければならなくなった、そういうことがはっきりしてしまったと思う、

  だって何の罪もなくても、一生刑務所に入れることが出来て、それが司法関係者に気に入られるかどうかという基準しかないのでは、法律を無視して殺し合いで分かり合ったほうが現実的であるからだ、


  残念ながらそっちのほうが法律よりも正しい、決闘などで殺しあったほうが良い、

  しかしそれは中世の発想だ、裁判官がこいつが気にいらないからといって、無実の人を処罰し処刑する、

  それと同時に、無実の人は法を無視して司法関係者を殺そうとする、このままではそういう世の中になるだろう、


  近代化は近代化、中世は中世、混ぜては危険であって、混ぜ合わせてうまい話を作ろうとしてもそうは行かない、

  今回のことによって裁判所は日本でかなり危険な場所になってしまったといえよう、法律を守っても守らなくても気にいらなければ違法になる、そのための裁判所があっても意味はなく、ただ危険なだけである、


  原発の後は日本中の裁判所がメルトダウンして、わけの分からない恣意的判決を連発してきたようだが、このまま行けば裁判官も原子炉送りになるでしょう、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR