04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

小泉という馬の引く馬車、

    どうもこんにちは


  最近また急に寒くなってきましたね、暖かいんだか寒いんだかはっきりしてくれないと、こっちとしても対応に困るところですが、さて、それはいいとして、今日は、小泉という馬の引く馬車、ということでも書いてみようかと、この言葉は何となく思いついたのですが、考えてみると、ああ、確かにその通りだなと、納得できたのですが、まあ、ではそのことにでも書いてみようかと。


  
  まず、小泉という人物は、人というよりは、馬って感じがするのですね、なんとなく野生の生き物で、自分以外のことは考えてなくて、まあ、確かに人よりは馬力があるかなと、しかし、人のような自分以外の物事も考え、人の為にどう動くかという観点で動くとは思えません、どことなく獣っぽいというか、瞬発的に動くのが上手かったり、突き進む力もある、ただし人間らしい理性や人間性はなく、客観性もない。


  そしていま日本は、その馬に引かれて走る馬車のようなものではないか、と感じます、ただし問題があって、その馬車には御者がおらず、ただその馬が自分のしたいように、あちこちに何の考えもなく、日本という馬車を動かしている、ようは馬ですから、馬車をどうするかと考える事はできず、ただ自分のために、自分の勘のみであちこちに走り回っているような状態に見えます。 


  確かに小泉という人物は才能もあるし使えなくもない、しかし、任せて大丈夫な人間では無いように思います、この人は馬のように手綱を引いている人のために動くのであって、自分の引いている馬車の中の人間のために動く事はないからです、つまり、この人は操作をしなければ動かない人間、もしくは、操作をされると誰のためにでも平気で動いてしまう人間、私はそういう風に感じますね。 


  ならばどうすればいいのか?、それは、日本人自身が小泉という人間の手綱を握って、操るほかないでしょう、それしか手がないですから、それは、今までのような政治家にあれこれ任せておけばいい、という状態はもうなくなりつつあり、国民自身が判断をしなければもうこの国は危険な状況にあるということです。 ですのでそろそろ日本人も、馬車の内ら出て、まず今の日本という馬車が外から見てどうなっているのか、何処へ向かっているのか判断し、そして訳の分からない奇声を発している、この馬車を引いているこの馬を何とかコントロールするしかない、そのためにはまずこの馬の手綱を手に取り、何とか操れる状態までもっていかないといけないように思います。


  もしこのまま何もせずに放っておけば、いつのまにか座っている、アメリカという名前の御者とそれに操られた馬に引きずられるか、御者が居らず混乱し、暴れ馬となった馬に引かれ、馬車は崖から落ちるか、壁に激突するか、運がよければどこかに辿り着くかもしれませんが、そんな神頼みのような確率に、我々日本人の将来を託すのは、ちと無謀だと思いますね、私もそこまで酔狂ではないですし、多くの人にもそう思ってもらいたいなあとは思っているのですが。
  

  
    それでは今日は金曜ですので、次回は月曜ですね、では良い週末を。




//


これは詐欺師の小泉を馬にたとえた話ですね、いい例えだと思います、

確かにあいつは才能のようなものがないではなかった、人間に意味のあるものじゃないけど、動物的な勘の様な才能はあったように思う、

人の役にはたたないのだから何の意味もないのだけど、そいつを操らないとひどい目に合うという話で、

今度はまた野田豚という新しい家畜が生まれ、豚まで操らなければならなくなった訳ですが、日本はびっくり動物ショーの国ですから、まともな人間が出ることはまずないのでしょう、


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR