01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

人工放射線と自然放射線の違いと企業の自家発電、アメリカ国債と菅の病、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、




    どうもこんにちは、


  今日は涼しめですね、とはいえ普通の夏くらいの温度はあるのですが、慣れるとなんだか涼しく感じます、


  さてそれで何か起きていますかね、、う~ん色々起きてはいるようですが、、ではひとまずは大きなことではなくて小さな話から書いてみましょうか、


  聞いたところでは昨日テレビで自然放射線と人工放射線の違いがないと放送していたようだ、

  これは完全に間違いなのだけど、普通に犯罪行為をするね、最近のテレビは、、


  で、その自然放射線と人工放射線の違いみたいなものを書いてみると、自然放射線というものは自然界にある放射性物質から出るもので、人工放射線というものは原子力等から出る放射性物質から出るものです、

  じゃあその二つの違いというものがなんであるかというと、出てくる線自体は多分殆ど同じものであって、放射線という観点で言えば同じものであるといえるのですけど、


  人工放射線と自然放射線の違いは、人間の耐性の問題で、放射線というものは放射性物質から出るもので、その放射性物質の性質が人工のものと自然のものは違い、その違いが放射線の違いにも現れます、

  自然ものは基本的に人体が理解をしているので、自然排出されて問題になる事は殆どないのに対し、人工のものは人体が理解をしていないため、体内に溜まりやすいのですね、


  それが結果的に被爆という点からして、体外排出がかなり起きづらい人工放射性物質は、自然放射線に比べると被爆ダメージが大きく、自然放射線と人工放射線を比べるのは間違いです、

  ついでに言えば医療の検査の放射線と今起きている原発の放射線を比べるのも間違いで、

  医療の放射線は貫通するものですから、一過性で自然放射線に近いものですから、人工的に出来た放射性物質を体内に取り込むことと比べてはいけません、


  原発の問題は人工放射性物質による内部被爆ですから、これは比べるものがなくほかの例から推察することも出来ない、

  なぜなら人体が人工放射線への対応が出来ておらず、エイズにかかった人がちょっとした病気で亡くなってしまうのと同じように、無防備にダメージを受けてしまうため、

  他の自然放射線や医療被曝と比較できるものではないので、人工放射線物質の内部被爆はどうなるかと、それだけで考えなければならない、


  そしてそこら辺の事が科学的に良く分かっていないということで、この辺りはどうもブラックボックスみたいなものになっているようです、


  それでもう一つの簡単な話として、節電詐欺の騒動がありますね、

  節電、節電といいながら電力あまりまくりという、恐喝詐欺みたいな話が蔓延していますけど、


  ではこの節電が必要であると言う話で、企業の自家発電を使えばいいのではないかと良く言われ、

  それに対し原子力村では、120万キロワットくらいしか発電力がないからダメだといっている、

  そこのことについて個人的に専門的に調べたわけではないのだけど、テレビ等で見た感じからするとこういう嘘である可能性があると見ています、


  それは何かというと、私の知っている情報からすると企業の自家発電を利用できない理由は、二つあるように見えます、

  こう書くと大そうな話に見えますが、実際はそんな大した話ではなくて、

  理由として挙げられることは、一つが電力の買取システムがないこと、そしてもう一つが企業の自家発電を自分で使ってしまうこと、この二つが企業の自家発電が潜在的に6000万キロワットあるのに、政府発表が120万キロワットであったことの理由ではないかと思っているのですが、


  で、一つ目の理由として買い取りシステムがないことというのは、

  これはテレビで見たのだけど、企業の自家発電が実は出来るのになぜしないかとインタビューをして、それに対して答えたのが、「自家発電は出来るか買い取ってもらえるかわからないので発電が出来ない、」といっていた、


  つまり自家発電をしてもその電力が必ず必要でなければ、買い取ってもらえないわけで、
  
  買い取ってもらえないのならば発電も出来ない、それが企業の自家発電電力が小さくなった理由だと思う、


  そしてもう一つが、企業が自家発電の電力を自分で使ってしまう事、

  今年の計画停電を見て、東京電力は危ないと考えた経営者は多いだろうから、当然自家発電で操業をしようと考えた企業や工場は多いはず、

  工場とかは電力が止まると全部だめになったりしますから、自家発電で電力をまかなったほうが安全ではないかと考えるだろう、


  そうなると自分のところで使ってしまうため、企業の自家発電設備からの供給が下がってしまう、

  が、ちょっと考えれば分かるように、自家発電を使うということはその分消費電力が落ちるわけで、トータルで見れば電力供給に寄与することになる、

  これを電力供給からだけ見たから、企業からの電力供給が出来ないという理論になったように見えるが、まあインチキですね、


  まとめると、企業の自家発電力が低いのは、まず電力を買い取る保証がないので発電をしないということ、そして次が自家発電を自分で使ってしまうので発電が出来ないということ、

  そういう部分を隠して企業の自家発電力がないといい、節電、節電と騒いでいるようには見える、

  ただこれは私のような一般の人間の情報からするとなので、何か間違っているのかもしれないのだけど、

  しかし、自家発電設備を使いたくないという政府の方針と、電力会社の思惑を考えると、こういう形であるかは分からないが、そういう企業の自家発電に対してちゃんとした対処をしていなかったと思うので、


  多分企業の自家発電は十分にあると思う、さすがに電力会社から買ったほうが安いだろうし、自家発電は日ごろは使っていないはずだから、それが潜在的に6000万キロワットあって、そのうち使えるのが120万キロワットというのはおかしいのだから、これもやらせかなにかではないかと思いますね、


  次に、簡単なわりに長い話になってしまいましたが、他に話があるとすれば、、

  アメリカのディフォルトの話がありますね、

  聞いたところではアメリカの債権の追加が出来ないので、アメリカの国債がディフォルトする可能性があるらしい、

  ただこれは一応財政削減策とセットで通ると聞いているが、どうなるんでしょうかね、、


  財政削減と国の借金の問題というのは、日本で良く現れていますけど、

  財政再建をしようとすると、なぜか借金が増えるんですよね、

  財政再建だと騒いでいた小泉政権が、実は一番借金を増やした政権であったことを見ても、財政再建一本やりでは国の借金は減らない、

  何故かというとうまく答えられないのだけど、国の経済を川の流れのように考えると、

  川の流れが悪い状態で、淀んだ水をくみ出しても流れがある以上は、それが変わるわけでもなく無駄な徒労をしてダメになる、


  私が思うのは、政策というか経済に対する考えというか、それが経済の流れを生んでいるけど、経済の流れの自主性というものがあるから、神の手じゃないですけど人間の認識と、実態の経済の流れの本流がずれてしまっているんじゃないかという気はします、


  日本でも高度経済成長が終わっていたのに、ああいうことが出来る、ああいう流れができるのだと考えて、莫大な借金を作ってしまった、

  経済は自然の流れみたいなところがあるので、知らず知らずと流れが変わっているときがある、


  今だって別に日本人が何かをしたわけでもなく、今までと同じような生き方そして経済政策をしたのにもかかわらず、経済の流れが変わってしまった、

  そしてそれを変えることも出来ない、国の借金てそういう問題じゃないかという気がするんです、


  まあ人間というものは素直になれませんから、今までの経済の流れがあって、それが正しいと考えている人が多く、

  そして経済の流れが変わったとしても、始まりの頃というのはあいまいですから、うまく説明できないの正当性の主張が出来ず、世論に流されて船頭が山に登るような意味不明なことになる、


  そういう意味で言えば、アメリカの経済のあり方や考え方の変化を経済の流れは要求しているけど、それを嫌っているので借金が増えているのではないかと思う、

  確かにアメリカの時代は終わり、アメリカも多極化の一極に過ぎない時代にはなりつつあるが、それによる経済の流れの変化をアメリカ人が受け入れられないのだろう、


  それが借金の問題なのだろうかな、そういう意味では借金の多い国は時代錯誤であったり、借金の多い企業もそういう錯誤があるようには思うけど、

  冷戦が終わったら世界の果てが見えて、先進国が次々とその崖から飛び降りているように見えるけど、本当はそれは錯覚で最初から崖に飛び降りるような考えの変化を起こしておけば、今のような手詰まりになるわけでもなく道を通り抜けれたのだろうけどね、


  ここまで手詰まりになると下手すりゃ戦争ですな、人間は高度なのか低度なのか良く分からない生物ですが、その歪な形がそろそろ現れそうですね、



  後は、、どうでもいい話だけど、海江田とか言うのが泣いたらしいね、

  あれだろ?、泣いて馬謖(バショク)を斬るとかそういう感じで、思い余って菅をグッサリとか、そういう感じなのだろうかな、


  と思いたかったが、なんだ菅をヤッていないのかつまらないね、、

  なんだか知らないが大の男が人前で泣くものじゃないけど、理由はなんとなく分かるね、

  こいつは菅を辞めさせるための経済産業省のフラグだろ?、

  海江田がやめれば菅もやめて原子力安泰とか、そんな意味で大臣をやっているわけだけど、


  菅は真性の真性であるから、人間の常識はまったくないので、詐欺師の小泉と同じく何をやったところでこいつは聞きやしない、

  で、海江田という人物の使い道がなくなっているわけだね、官僚にとっては政治家は使い捨てのゴミだとしか思っていないから、使い捨てれないと困るので海江田を潰して菅を潰せれば効率が良いと考えていたのだろう、


  ゴミの連鎖反応みたいなもので、ゴミに火をつけたら隣のゴミも燃えてくれたら良いなあと思っていたのだが、

  隣のゴミがとんでもない不燃物だったもので、どうにもならなくなって、海江田フラグが空振っているいるわけだ、


  そうなるとプログラムミスのようなエラーが出て異常行動が起こる、それが海江田の涙になるわけか、

  もともと海江田というのは菅を潰すために原子力村の村長から送り込まれた、哀れな村人Aにすぎないわけで実態としての意味はない、


  その点板ばさみになっている事は同情するが、そんな所に立つのが悪いのだから自業自得である、

  しかし菅つぶしが出来ないと、海江田はどうなるんだろね、

  それ以前に色々どうなるんだろねという気はするけど、


  菅のやつはあれだね、耐性菌てあるじゃないですか、多分それだ、

  何の薬も効かない病原菌、官僚主義が過ぎてそれに対する耐性菌のような人間が生まれ、今度は官僚そのものが菅菌によって汚染されつつあるんだろうな、

  この場合どれをどうすればいいのか分からないのだけど、バイオハザード的な汚染国家に住んでいるような気はします、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR