01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

放射能牛と怪しい菅直人、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、




    どもこんにちは、



  今日も暑いですね、毎年ながら思うのだけど平穏な年ってこないですよね、ここ十年くらい、

  今年は放射能で、少し前は自民党がアホ騒ぎをし、去年は検察が狂ったように騒いでいた、


  普通に季節を迎えるということがないんですよね、来年は何が起きているのでしょうか、、



  さてそれはいいとして何か起きていますかね、聞いたところでは福島の牛が売られていて、放射能牛を売っていたようだ、


  う~ん、確か最初の頃は飼料も水も問題がない牛が、なぜ放射能汚染されていたのかという、そんな話だった気がするけど、

  それが放射能の飼料を食べたから汚染されたといい始めた、



  そういえばそういう話は他でも聞いたことがありますね、確か100ミリシーベルトまで被爆しても大丈夫、被爆は気分の問題とかいっている、長崎大学の殺人教授が、

  
  福島などで見つかった牛が被爆していたのは、放射能の入った飼料を食べたからだといっていた、

  しかしその牛はそういうものを食べていなかったのね、牛の飼料というのは去年のものを食べることが多いから、今年のものを食べることは少なく、


  どうやらその牛は水かなんかで被爆したらしい、
 
  それを考えると、ちょっと裏がある気がするな、、



  時系列がはっきりしないのだけど、私が見た牛の問題では、その売られた牛が放射能に被爆する可能性がないものだったのに、なぜか被爆していたという前提だったはず、


  同じ牛かちょっと分からないのだけど、最近出ていた話題だから、多分同じものじゃないかと思うのだけど、

  それが飼料を食べたから被爆した言い始めたのはというのは、長崎大の被爆犯と同じ考えを持っていることになる、



  原因を特定して、それが誰であるかどれであるかといって、どうも狭く考えさせようとしているようには見えるのだが、

  しかし飼料も何も問題がなかったのに、高濃度に被爆していた牛が1~2ヶ月前に見つかっていたはずだから、そっちの可能性もあるんじゃないかな、


  つまり環境そのものが被爆していて、どれが問題であるか特定できない状態であるということ、

  そうなったら困るから飼料のせいにしたのかな、



  しかし飼料というのは干草とかでしょ?、それなら去年の物を使うほうがいいし、

  それがないなら今生えている草を食べたほうがいい、

  それなのになんで被爆した飼料を食べたのだろうか?、


  今生えている草を食べれば被爆する、それを干しても被爆する、

  干草を外においていたからといっているが、放射能は満遍なく降るから、室内であっても室外であっても、それほどの違いはないはず、

  飼料置き場などは密閉されていないでしょうし、どこにおいておいても被爆はするはず、



  う~ん、考えをまとめると、全部ダメなんじゃないかという気がしますね、

  内部被爆は調べれないし、殺して肉を調べればいいけどそれ以外の手はない、

  牛用のホールボディカウンターなんてあるわけないしね、家畜の被爆は調べる手段がないはず、



  そして、大きな問題としてあるのは、環境が被爆している以上は、飼料水等がすべて被爆しており、被爆していないものがそもそもないんじゃないかということで、


  つまり上で書いた、去年の飼料も殆ど全部だめになっているといえる、

  政府の対応は事故以後の飼料などの使用を止めているが、事故があったときに放射能が降った範囲にあれば、全部被爆しているわけだから全部ダメだろう、



  環境被爆の問題だろうね、環境そのものが被爆している場合は、安全対策がそもそもないということではないのか、

  事故があった時点で放射能が降った範囲にあるものは、すべてダメなはずでこれに対する対策はないはず、



  去年の飼料にしても地下水にしても全部だめだし、呼吸による被爆もあるから被爆の難から逃れる手段は、早急な家畜の避難しかなかったはず、


  チェルノブイリでは、実は人々の避難と同時に家畜の避難もしていて、家畜を危険なところから離すということをしている、

  それを日本政府はしなかったので、あの辺り一帯の家畜は全滅しているはずだが、全滅しているものを前頭検査するというのはどういう事だ?、



  放射能は初期対応がすべてなので、初期対応を間違うと全滅するんですよ、だからあの辺りの家畜は全滅しているはずなのに、よく分からない話になっていますね、


  緊急時に家畜を逃がして、帰ってきたときにたまたま飼料を食べて被爆したなら分かるけど、

  逃がさないでずうっといたものが被爆しているのは、当然じゃないのか、

  内部被爆は代謝で外に出るとはいうけど、それだって全部が出るわけではないし、環境そのものが被爆してしまえば、代謝で出るということも起きないわけで、内部被爆は永遠に続くはず、



  ベストな手段としては、事故時に家畜を逃がし放射能のないところに運び、代謝によって内部被爆している放射性物質を抜き、そこから出荷するならまだ分かるのだけど、


  何の対策もしていないのに、被爆牛を食べたら騒いで農家を叩いて自己責任論にして、風評論に摩り替えるわけか、酷いものだね、


  どうせ官僚だろうけどな、こんなことを考えてするのは、



  ともかく、環境そのものが被爆している以上、安全性の確保は出来ないはず、その地域一体は全滅していると見ていい、

  放射能は自然に解決しないので、あと百年くらいはこのままですから、その辺りはもうアウトです、


  初期対応をしていればまだ救いはあるのですけど、それがない以上は福島辺りの畜産は、もうダメでしょう、



  結局問題は原発の事故対策を考えていなかったことにある、

  チェルノブイリを見るとソ連は事故対策を考えてはいたが、日本政府にはそれがなかったということで、


  日本政府=官僚は原発をどう考えていたのかというのが気になりますね、もしかして原発から出る放射能は安全で問題がないという、そういう世界に住んでいたのではないかという気がします、



  次がストレステストネタを書いてみますか、

  まあこれは菅の延命ペテンネタだけど、これはIAEAがやろうとしていたもので、多分菅のやつもそれを読んでパクッたのだろうな、


  人まねパクリの菅直人だからね、人を騙す以外脳を使った事のないペテン師である以上は、こういう騒動に根本的な意味はないのだろうけどね、



  それでそのストレステストだが、二段階でやって一回目が簡易的なもので、二回目が厳重にやるといっている、

  となると一回目でOK出して再稼動、二回目やる頃には国民は忘れているから、適当に手を抜いて再稼動ということだろうか、



  なんだか時間差攻撃みたいな手段のようだが、まあストレステストに殆ど意味はないだろう、

  だいたいからして、今も節電節電、原子力を止めると電力代やCO2が増えるというペテンを繰り返しつつ、ストレステストをするというのでは一致していない、


  全体的に見ると、原子力の再稼動を目指している中で、ストレステストがどういう意味を持つかということで、全体の流れが間違っている以上は殆ど意味はないはず、



  抜本的にやらないとダメだということで、菅のアホはストレステストとか原子力依存を軽減とは言うけど、

  そもそもこいつはすぐやめるわけだし、無責任で言い放っているだけだから、そういうことが行われる可能性はない、



  結局は原子力再稼動と、それに類する連中の問題であるから、根本的解決が必要になる、


  原子力の根本にあるものは、中央集権的な権力主義=官僚主義ですから、官僚を是としている勢力では、どう転んでも解決にはならない、



  官僚主義という流れで原子力は出来ているわけだから、

  無責任事なかれ主義、問題は知りません利権は言いません税金は返しません、そういう凶悪寄生虫軍団ですから、


  菅の言うような原子力だ反原発だというのでは、闘牛の牛のようにいなされて意味を失う、



  知性を持って敵を見ないといけないということで、原発の稼動というものが前提にあるストレステスト、原発の削減を言ってみただけの原発依存の修正案、


  これは闘牛士のマントみたいなものだから、血が上ってつっこむと手痛い仕返しがある、


  本質的には官僚主義なんですね、官僚主義があって原発があって、爆発があったわけだから、火元である官僚管とでもいうものの栓を締めないといけない、



  そうしないとまた爆発するだろう、原発を作ったのは官僚なわけだから、官僚を排除しないとまた原発は爆発する、

  日本中に火薬をばら撒いて、それに火がついたらそこが問題だというのではなく、火薬をばら撒いている官僚の首根っこを押さえて、こいつらの動きを止めないといけない、
 


  官僚主義がここまで恐ろしいとは思わなかったけど、ともかく菅の行っているストレステスト、原子力の削減は、国民に血を上らせてつっこませるだけの、闘牛士のマントのように見える、


  つっこませた後始末しようというのが官僚の手ではないか、今度は国民を貫く剣をにぎにぎしているように見えるな、


  菅は囮くさくてどうも怪しい、こいつのいうこともさらに怪しい、となると菅の言い出した話は全般的に無視をして、そのチラチラするマントを引き裂いて、本体の官僚を引きずり倒すことを考えたほうがいいでしょう、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR