03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

菅派の弱体化と権力のメルトダウン、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、





     どうもこんにちは、



  梅雨と書いてまなつと読む今日この頃ですが、相変わらず暑いですねぇ、カンカン照りです、

  最近は春も秋も梅雨もなくなって、強欲な感じのする夏と冬ばかりになってしまってますが、紫陽花とかも干からびているのだろうなあ、、



  さてとそれで何か起きていますかね、、松木のやつは逝ったか?、いや辞めただけか、まあ一応辞めるだけ責任意識はあったのだね、



  個人的には菅の指名したやつだから、何があってもやめないという強情駄々っ子状態になると思っていたが、菅ほどの異常者ではなかったか、

  もしくは菅が異常者だからやめさせられたのかは分からないですが、ともかく辞めたようだね、



  聞いたところではこの松木という人物は、環境問題をしたかったのに、復興担当にさせられて不平を持っていた、

  また、菅のアホが辞めるべきだと常々思っているのに、辞めなかったのでその点でも不平を持っていたと聞く、



  だからといってあの言いようはないと思うが、正直私も唖然としたくらいだから、こいつはどういうアホなんだと思ったくらいなので、辞めて当然だけど、


  どうも不自然な感じもしないではないね、これは最初から感じていたのだけど、わざとやっているような感じは受けた、

  私の考えでは、前回書いたように小沢氏への攻撃という意図を、菅に受けて行動したのではないかと思っていたが、

  菅のやつが気に入らないと思っていたのならば、菅を潰そうとして行動したともいえる、



  現状でいえば、今回のことによって菅の復興をするという大儀はなくなり、脱原発ネタもかすんでしまったので、その辺りの効果はなくなったといえる、

  つまり菅の権力行使が詰まった状態を生んでいるので、松木の行動は恨みによる犯行かもしれないな、



  菅は妬みによる犯行を毎日しているから、そういう点では類は友を呼んでいはいるが、

  菅や菅派の弱体化が起きたとして、その流れを見ると、


  今回のことで岩手の知事がかなり国政に踏み込むような発言をしている、

  そして菅派の安住とかいうやつが、松木を批判してこれを個人的問題であり、私は無関係であると弁明をしている、

  ついでにいえば福島の大量殺人鬼の渡部のやつも、同じことをいっているね、私は福島を滅ぼした罪人だが、こいつとは関係ないとでもいっている、


  菅派の連中の本来の考えは菅を切って、菅派の安泰であるのに、今回のことは菅派の存続に関わる大きなもので、

  これで菅の解散権も封じ、復興支援詐欺も封じることが出来る、


  長期的には分からないが、短期的には菅や菅派の急激な弱体化が起こる、

  それに対して素直な対応が彼方此方で起きているようだが、復興担当が小沢派の人になったのも、菅派の弱体ともいえなくもないし、そんな流れはあるようだが、


  結局、権力抗争だけど、菅派が負けることはいいことなので、まあひとまずはよかったと思います、



  次に、日本の電力の問題でも書いてみましょうか、

  前回も書いたのですが、日本の電力行政というものは、ある種の末期状態にあるんですね、

  
  日本の電力というものは、江戸時代にはなかったので、明治維新以降電力事業というものが出て、それが発達して行ったのですが、


  当時は技術的に未熟だったので、周波数が一致していなかったり、電力がアンバランスだったため、

  その頃は電力は自由に発電が出来ていたのだけど、それを規制をして統一して行ったんですね、


  それが今みたいな地域独占の単一企業による発電の形態になったのですけど、その弊害が今出ているわけです、



  例えば今節電、節電といっているけど、実は電力は余っていて、原発が全部止まったとしても企業の自家発電力を使えば十分に電力は足りるし、さらにいえば余るくらいの発電力がある、


  じゃあ何で節電、節電というかというと、そういう電力を買ってしまうと、原発がなくても全然困らないことがばれることと、企業の電力を買うと実はそっちのほうが安いらしいので、自分らの発電している電力の高さがばれてしまうかららしい、



  電力会社はよくこういう、日本の電力発電は電力の質が非常に良いとね、

  それはそもそも上で書いたように、今の発電システムは不安定な発電状態からの改善を目指して作られたものなので、今の発電制度は電力の質が良いというもののためにある、だからそういうアピールをするのだけど、



  しかし実はそれは既に破綻していて、例えば今ある電力会社以外が発電をしても、電力の質は殆ど変わらず、

  また、電力の質という点では、受電をする機器の性能が上がっているため、少々の質の問題は関係なくなってきているので、

  今の電力会社の体制の存在意義である電力の質の維持という大義は、もう既に存在していない、


  つまり技術革新が起きてしまったので、電力会社の必要性がなくなり、必要がないのに存続し続けた結果、原発が爆発したような結果になっているわけです、



  これは今の日本の多くのことについていえるのだけど、統合して行って集中させて、力を高めて質を上げるという、日本的なやり方の限界が現れていて、

  時代そして状況とともに必要であるものは変わるのに、そうやって集約していったものの転換が出来なくなってきている、



  電力もそうで、技術革新が起きてしまって、既存の大電力体制が必要でなくなったのに、それを変えることが出来ない、

  今ある電力体制というものは、あくまで質のいい安定供給のためにあるもので、それが地域独占の集約的なものでなくても良くなって、必要性がないのに、


  力が強すぎて元に戻せない、本来であれば今の電力体制は必要性がないので、自由競争による発電の自由化を目指すべきものであるが、

  力が集まってしまっているので、それを分散させることが出来ない、



  他の分野の司法とか政官財の癒着とかもそうだけど、権力の集約は必要性があってやっているものなのに、集約すると権力欲で暴走を始める、


  原子力と全く同じ問題で、日本の司法も日本の政治も日本の電力会社も、ある意味においてはメルトダウンして水をかけて冷やすくらいしか手のない、末期状態にある、



  原子力はまだ人類の扱えるものではないという意見もあるが、それは日本の殆どの制度がそうであり、権力の集約というワンクッションをはさむものは、大概その時点でメルトダウンして人間にはどうにもならなくなる、


  組織主義や権力の集約は日本人の強みでもあるが、同時に弱点でもある、それが露呈したのが今回の原発事故だといえるけど、



  ともかく、今の電力体制というものは、不安定だった初期の頃の電力供給体制から生まれたもので、今となっては必要性はない、

  もちろんアメリカのような過度な競争をすれば、別の問題が起こるかもしれないけど、今のような硬直した体制は福島原発のような取り返しのつかない問題を生む、


  だから本来ならば電力の自由化をして、硬直した電力体制を治すべきであったが、そのタイミングを逃したので原発の爆発まで行ってしまったといえるだろう、
  


  なすべきことをしなければ道は開けない、ボーっと世の中を眺めていると、いつの間にやら放射能が降ってくる、

  ついでに冤罪も変な政治家も降ってくるということで、


  問題は、日本では権力の集約を必要性があってやっていることが多いのだが、

  しかしそれが時代変化によって必要性がなくなったときに、危険な害悪を降らせる物に変質する事が多く、それに気をつけねばならないということ、



  戦前でいえば権力の集約といえば軍部だった、だからあそこが一番害悪を降らせていた、

  今はそういう一つの点というものはないけど、企業にしろ司法にしろ電力にしろマスコミにしろ、害悪を降らせるものに取り囲まれで人々が生きている、



  だからこれからも、他の原発や他のものだ問題を降らせるだろうが、大概はそれが必要性がないものを存続させている問題が露呈している場合が多いので、ここはなあなあではなくきっちり問題の解決をしたほうがいい、


  さもなくは新しい権力のメルトダウンがどこかに起きて、にっちもさっちも行かなくなるので、問題を見つけたらさっさと処理をしたほうが身のためです、



  (そう考えると菅派も自民党もマスコミも権力のメルトダウンをしていますね、というかそういうのばっかじゃね?という気しかしません、)





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR