01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

自然エネルギー政策と福島原発の収束、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、





    どうもこんにちは、



  今日は寒いですね、まあ半そでだから寒いのだけど、最近は正直何を着ていればいいのか分からなくなってきています、



  さてそれはいいとして何か書いてみましょうかね、、ではまずは脱原発のことでも書いてみましょうか、



  最近は脱原発、脱原発とうるさいが、これもイデオロギー的な対立からの感情論に持っていて、本質を見えなくさせることに狙いがあるように見える、


  例えば今いわれている新エネルギー法案は、別に脱原発でもないし、原発と新エネルギーの共存を考えたもので、原発の問題とこの法案をリンクして考えることには無理がある、



  あくまで脱原発は脱原発、新エネルギーは新エネルギーとして考えるべきで、そこら辺の加減というか意味を考えないと、今言われていることは分からないと思う、


  つまり脱原発と新エネルギー政策は違うということ、そして今いわれている法案は別に急に出たわけでもなく、菅のやつが作ったわけでもなくて、民主党のマニフェストに書いてあったものをやっているだけであり、


  例えば鳩山氏がまだ政権にいたとしても出ていたものなので、別に脱原発ではない、あくまで自然エネルギーを考えるだけのものであるから、この法案をもって原発論や自然エネルギーを考えるべきではなく、

  一度白紙にして考え直すべきものである、



  ではどう考えるべきかと書いてみると、基礎となる知識として、まず原発の必要性というのは実は存在していない、


  なぜかというとコストが高く、リスクが大きいからで、

  原発は低コストであるといわれているが、そうではなく多額の税金が投入されているので、見かけ上安くなっているだけというのがあり、


  また、原価に対して原子力の燃料の管理と処理の費用が入っていないため、実際の発電の費用は非常に高く、実は自然エネルギーよりも割高であるらしい、



  さらに安いといわれている理由の一つに、古い原子炉を使っているというのがある、

  古い原子炉は初期投資が回収できているので、そういう負担がないんですね、

  本来であれば新規に建設をしなおすべきであるが、利益が出るので工事をしておらず、多数の危ない原子炉が稼動している、



  そういう形があるので、耐久年数をとっくに過ぎた原子炉ばかりで、建て替えの費用がかかっていないから安いという意味もある、

  だから原子力発電が安いということは、同時に原子力は耐久年数を過ぎた老朽炉ばかりなので、安くすんでいて電力会社からすれば利益にもなっている、という事情があるから、


  原子力が安いと考えると、それは危険な原子炉を容認することにもなるので、リスクがどんどん増加する、



  まとめると、原子力は実は下手すると一番コストの高い発電であるということ、

  そして低コストであるというのは、そういう老朽炉を使って利益を上げているからであり、それは同時に安い=危険な電力、という意味を持つから安かろう悪かろうの理論で、非常に悪い発電方式になってしまう、


  つまり表面上原子力は安いけど、潜在的には高く(税金の補填が莫大なので)、そして安い分だけ安全性もないということ、

  原子力を認めるということは、デメリットしかないということです、


  
  じゃあそれを基礎としてどうするかなんですが、現状でいえばガスタービン発電がいいらしいです、

  これが今一番安いので、原子力の発電料金は、上で書いたように税金とかでかさ上げしたインチキ料金なのだけど、

  それよりもガスタービンのほうが安いんですよ、だからこれを多くしたらどうかと思います、



  今買収された腐ったマスコミを見ると、原子力をやめると負担が増える、火力だと燃料代がかかるのでコストが上がるといわれているけど、

  それはインチキですから、このガス発電ならば燃料代がかかっても原子力より安くなるわけですから、原子力発電の必要性はどこにもないんですね、



  だからそういうガスタービン発電をして、既存の火力を使っていけばいいんじゃないですかね、
 
  原子力の危険性は、安いというからくりのために多額の税金が投入されていること、

  そして安いという話のために、老朽炉を使い続けて非常に危険であるということ、


  つまり原子力は安いからダメなのであって、その安い理由が最悪なのだからやめるしかない、



  で、火力重視にして自然エネルギーだろうね、ここまで読んでもらえば分かるように、まず脱原発というのは原発の問題点の指摘と、その上で効率のいい火力を使って発電の転換をするという基礎があって、


  そこから自然エネルギー論が始まるわけで、火力もなしにいきなり自然エネルギーというのは無理なので、まず原子力を火力に移してから、火力から自然エネルギーというのが正しいと思う、



  そうしないと原子力派の理論は崩せないからね、原子力の安さとかCO2に関しても、実はCO2の放出はトータルで見ると、原子力はかなり高いらしいので、原子力よりは火力のほうがいいという理屈を作って、


  それから自然エネルギーをやればいい、現状でいえば火力水力で日本電力は今の段階でも、全部まかなえるくらいの出力はあるので、原子力をやめても全く問題はない、

  ピーク用にガス発電をいれて、原子力のかわりに自然エネルギーを使えばいい、




  原子力には多額の税金が使われているわけですよ、

  地方の過疎とかに付け込んで、札束で原子力を売るような形で、何兆何千億という金が毎年のように使われている、

  それを自然エネルギーにまわして、地方の経済基礎にすればいいでしょう、

  原子力は発電の30%だというけど、逆に言えば日本はそのくらいの発電をまかなう予備発電力が既にあるので、原発をやめても全く問題はない、


  そして原発をやめた金を自然エネルギーに使えばいい、

  原発をやめた後の処理費用は発電所がもてばいいし、国が負担する必要性はあるまい、

 
  そして脱原発から火力、自然エネルギー政策と来たあたりで送電線の自由化をして、自然エネルギー政策に対しては既存の発電会社に規制をし、競争の自由化を促進する、



  まあプランとしてはこんな感じじゃないかな、

  ペテン師の菅のいっている詐欺話の本質は、こういう本来ならばかなり時間がかかって、幅のある話になるものを、

  一つの法案ですぐにでもできるといっていることであり、今いわれている自然エネルギ-法案は、そういう意図があって作られたわけじゃないのだけど、

  結果的には郵政法案と同じような意味を持っている、そして菅のアホに詐欺師的才能があるのならば、それが読めているのかもしれない、



  しかし本質は違う、世の中は簡単には変わらない、それなりのビジョンを持って時間をかける必要がある、

  こういうと面倒くさいし、短期的な話のほうが受けるような感じもするけど、

  そういう話だと、簡単にひっくり返されるから結果的に意味がない、



  これが脱原発だ自然エネルギーだという話だと思いますね、

  自然エネルギーといってもすぐにはできない、ひとまずは危険でデメリットしかない原発をやめて、火力重視にしつつ自然エネルギーを考える、


  確かに火力は投機筋の資源買いで、高コストになる可能性もあるけど、

  そのときに原子力をやめておけば、自然エネルギー発電でまかなえるし、多分そのあたりでは原子力も値上がりしてしまうと思うので、今のうちに封じておいたほうが良い、


  自然エネルギーだってちゃんと投資をすれば、リターンもあるはずだし、ここら辺を長い目で見て考えていけばいいと思います、




  次に、菅のアホは原子炉へ行けば良いので、後は何かあるかな、、

  じゃあ福島原発について書いてみましょうかね、


  何でも福島原発の二号炉でも、メルトスルーしてチャイナシンドロームらしいね、

  もう何がシンドロームなのか分からないのだけど、中が暑くて水位計も使えず中身は空っぽで良く分からないといっている、



  これは1号炉と一緒だな、あれも水位計が使えてなくて、調べたら中身がなかったようだが、となると次は三号炉が実は、、みたいな話が明後日辺りに来そうだけど、


  どうせ最初から全部ダメだと分かっていたのに、情報を小出しにするのはなぜだろうな、

  そういえば最近妙に、海の放射線量が下がっていたといっているが、まあこれは放射性物資が沈殿して海底にたまっているだけだろうけど、わざわざそんな事をいうところに不自然さがある、



  そして来月の初頭には、原発の汚染水のプールがいっぱいになって、海に捨てるしかなくなるわけだが、、


  そもそも今の福島原発の汚染水浄化の狙いは、浄化した水で原子炉を循環冷却することだが、

  一号炉と二号炉がメルトスルーして中が空っぽでは、循環は無理だろうな、


  穴が開いているわけだから、循環するとどこかにドバドバ出てしまうし、それに穴が開いてるということは燃料棒に入っていたウランとかも、どこにあるか分からない状態であるので、冷やす方法がない、



  シーソーの軸みたいなものだけど、汚染水の処理によってどう傾くかが決まっているのではないかな、

  うまく行かなければ海に捨てますだろうな、うまく行ったらもしくは多少難を越えたら、どういう話が待っているのだろうか?、



  原子炉がメルトスルーした以上は中身は空っぽ、だから循環冷却などできるはずがない、

  政府は冷温状態になったら安全対策を大幅に削減するといっているが、そういえば最近もなぜか防護服を着ないで危険区域に入っている人がいたが、冷温常態にすればすべて解決すると考えているのか?、


  政府の判断は循環冷却からの冷温状態で、問題が解決するという話だけど、原子炉の中身は空っぽだからそれは出来ない、



  う~ん、何だろうこれは、、夢と現実がごっちゃになっている感じか、まるで戦時中の軍部みたいだけど、


  通常の原子炉ならば、循環冷却をして冷温状態にすれば、安全は確保されたといえる、


  その前提で安全対策の大幅削減を想定していて、それが原子炉が空っぽであるという現実との突合せが出来ていないのか、



  そして海の放射線が下がっているというのは、海の捨てるための方便か、実はもう海に捨てていることのごまかしか、どっちかかは分からないが、海に注目しているのは、汚染水の保持ができなくなってきたからか、



  縦割り行政か、これ?、なんか明らかに思考が分裂しているのだが、、


  一方では通常の原子炉と同じように、冷温状態になれば放射能も安全になると考え、

  しかし現実的には原子炉は崩壊しているので、安定状態にもっていくことはできない、

  そして原子炉の対策としては、汚染水の問題もあるから汚染水対策もまとめてやるべきが、どうも別系統でやっているように見えるな、



  四方八方頑張って全滅する形か、戦前の軍部そのままだなこりゃ、

  ただいえるのは、これは全部だめになるんじゃないかという予測で、指揮系統がまったく取れていないのに、それぞれが妄想と利害関係で動いている、


  そして国民への被害は何も考えていないどころか増加している、


  どうもこのまま行くと福島原発より先に、日本政府の終息が来そうな気がします、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR