03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

顔の腐った菅直人と内部被爆の疑問、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、




    どうもこんにちは、



  今日はどうしようかと思ったのですが、ちょっと書いてみましょうかね、


  まあできれば短めにって感じですが、そうですね、色んなことが起きているようで、書こうかなと思いつつどれを書けばいいのかと、頭の中でぐるぐる回っているところですが、



  じゃあまずは菅のアホで行きますか、これが一番分かりやすいし、

  それで菅のアホネタですね、最近こいつのやることはパターン化してきて、何をしても裏が読めてしまうのだけど、最近こいつは自然エネルギーだなんだといい始めているようだ、


  そして昨日はその会合で、(私の顔を見たくないのか)*3、みたいなことをいっていたらしい、


  ああ見たくないよと誰もが思っただろうけど、そんなゴキ○リやゲジ○ジやム○デみたいなもの見たいやつがいるわけがあるまい、
  
  正直お前を見るときはモザイクをかけてほしいというのが一般世論である、


    
  まあそれは菅派自民党全体にいえることだが、なんかこいつら顔が捻じ曲がっているんだよね、人間の顔ではないというかな、

  お面とかで捻じ曲がった顔の表現のものがあるけど、ああいう感じ地獄へおちる人間の顔みたいな感じで、

  性根が腐ってその腐臭が顔面から出ていたら、顔が腐って人間が見れるものじゃなくなった、

  そんなゴミは見たくないのが一般世論だろうけど、  



  それでそういう菅の言っている自然エネルギーだが、どうも私には裏があるような気がする、


  これは勘なのだが、昔大正の頃政治的手詰まりから、民主主義活動が活性化し、大正デモクラシーというのが起き、

  そしてかなり民主化が進んだが、同時に治安維持法等の独裁の話も進んだ、


  確か民主化の法案と治安維持法は抱き合わせだったはずだが、今回の菅の自然エネルギーもその可能性が高い、



  例えば今菅のやつはコンピューター監視法を通している、これは治安維持法に近いもので、政府がいくらでも国民のコンピューターデータを抜き取れる法案で、しかも制限が全くない、


  なんでもし放題の法律であるから、本来ならば危険のはずがその日に菅のやつは、私の顔が見たくないを連呼している、


  小泉の頃もあったな、確かサッチーだスッチーだというのが騒いで、極端な抑圧法案が通っていた、  

  それとどうも似ているね、まあ今度は菅のやつがサッチーとかの変わりのようだが、言えるのはこの自然エネルギー政策は、何かとトレードになってしまうのではないかという気がする、



  しかもすごく分の悪いものにね、正当性は金になる、そして日本の権力は国民を騙すことしか考えていない、日本は末期であり権力者は戦前のようなクーデターによる、国民への責任転嫁を考えている、


  つまり、この自然エネルギー政策が大正デモクラシーにおける、民主化政策を認めさせたことと同じものになる可能性がある、

  それが危険な感じがするんですね、抱き合わせ商法というか、パンを買ったら爆弾がついてきたみたいな感じで、どうも割の合わない話が裏にあるように思う、



  特に、菅を潰すということはいいプロパガンダになるから、その利益がどうなるかというのがある、

  もちろん菅を生かしておいても同じ、菅を生かせば体制の崩壊という利益が、権力者に渡ってしまう、


  まあ始末の仕方みたいなものだね、菅は始末をするしかない、その始末の方法によってはかなり危険になるということか、


  ある意味菅は歴史上一番危険な政治家のような気がするな、善悪を超越した異常者、この狂人をどう潰すかが日本の課題のような気がします、



  次に放射能の被爆について書いてみようと思います、

  最近読んだ本に書いてあったのですが、実は内部被爆というものは測れないと書いてあったのですね、

  なんでもまだ測る機械がないと書いてありました、


  一応ホールボディーカウンターというのがあると聞いていますけど、これで測れるのはガンマ線だけですし、内部被爆はアルファ線ベータ線が主ですから、この機械では内部被爆は測れない、



  放射線被爆というのは、何度も書いていますが光線のように飛んでくるガンマ線と、塊のように飛んでくるアルファ線とベータ線があって、

  ガンマ線は殆どのものを通過してしまうので防げないのですが、アルファベータ線は遮蔽が簡単にでき防護がしやすいのですけど、



  それが逆に今の日本のように放射性物質が飛んでくると、それが体内に入りますからそうなると防護ができなくなり、内部被爆のアルファベータ線が問題になってくる、


  しかしアルファベータ線は簡単に遮蔽ができるので、体内に入ると外から分からなくなるから、どれくらい被爆しているかが分からなくなる、

  この問題ってどうするんだろう?、と思ったのだけど、



  今の政府やマスコミの論は、放射線の問題は大した事がなく、どうということはないといっている、

  それはある意味調べようがない被爆が起こるので、責任をとらないですむと考えているのではないかと思う、



  アルファ線やベータ線の被爆は、放射性物質が体内に付着し、特定のところを集中して攻撃するので、修復ができず大きな問題になる可能性があるといわれている、


  だから内部被爆が放射能の最大の問題なのだけど、それが殆ど測定ができないものであるというのが、どうも危険な問題と政府の狙いを含んでいるような気がする、



  政府は安全だ安全だといい、安全基準を何十倍にも引き上げて、わけの分からないことをいっている、

  安全基準を引き上げれば危険度が上がるのだから、安全でも何でもないのに安全だといっている、



  そしてそこで起こるのは食べ物等から来る内部被爆である、そしてその被爆はアルファベータ線のものであり、それは測定ができない、


  御用学者が、100ミリシーベルトまで大丈夫といっているが、そもそも内部被爆は測れないのだから、どこまで安全という基準もなく、


  また内部被爆と外部被爆はメカニズムが違うのだから、それを同様にいっているところに不自然さがある、


  外部被爆は一瞬だけだが、内部被爆はずうっと被爆するので、外部被爆のように修復をして解決というのはできない、ダメージを受け続けて弱体化することになる、


  体外に出るというが、そこらじゅうに放射性物質がある状態では、常に取り込んでしまうので体外排出は実質的には起きていないことになり、外部被爆とは違うレベルでの被爆が起こる事になる、



  ここら辺の理論が見えないのが不気味なんですね、何で内部被爆に関して意見を聞かないのか?、嘘でもいいのだが誰も何も言わない、


  内部被爆は調べることができない、そしてどうなるかはわからない、一時的環境によるものならば、体外排出によって解消するかもしれないが、環境そのものが汚染されてしまえばそれもできない、


  そうなると恒常的な内部被爆問題が発生するはずだが、それに対する意見を聞かないのはなぜだろうか?、



  分かってて、黙ってて、殺す気なのか、それともどうやっても分からないので黙っているだけか、

  
  内部被爆に関しては、環境を変える以外に手段がない、放射能のないところに住まない限りは、内部被爆は対処ができない、

  なぜかといえば内部被爆は調べれないし、どうなるか分からないから、放射性物質のないところに行くしかないからである、


  そしてそれが主であるのにいまだに外部被爆のシーベルト論が多い、どうもこの辺りの境目にインチキがある気がする、、



  私の勘だが、政府は分かっていて黙っていることがまだある気がする、


  ということで菅派の始末は急いだほうがよさそうだが、そうしたら自然エネルギープロパガンダか、、

  もしかすると菅の自然エネルギーネタの裏は、内部被爆の本質的で危険な問題が隠れている気がしますね、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR