01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

汚染水の処理方法と目覚めた菅直人と官僚の天国、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、




    どうもこんにちは、



  今日は書こうかどうかと思っていたのですが、まあ書いてみますかね、


  聞いた所では自民党の石原が狂って、脱原発は集団ヒステリーだといったらしい、


  よし分かった、お前は福島原発に縛り付けてあげるから、それでもヒステリーにならないのならその意見を認めてやろう、

  ちなみに縛りつけるのは倒壊寸前の四号炉の下あたりが良いな、自分のやった罪をその目に焼き付けるがよかろう、
  

  ヒステリーも何も死ぬかもしれないのだから当たり前だろうが、こんなわけの分からない理由で死にたい国民がいるわけがないだろうに、

  やっぱり自民党は福島原発で、社会教育を一からやり直す必要があるようです、



  さて、それでその福島原発について何か書いてみましょうか、


  私は最近話題になっている放射能汚染水の除去をするという話は、無理があるんじゃないかと書いていたのだけど、

  なんとなくこういう狙いもあるんじゃないかという気がこの頃しています、

  それは何かというと海に水を捨てるんじゃないかということで、



  どういう事かというと、現状で見る限り一シーベルト以上が出ている汚染水を除去するのは難しいと思う、

  多分だが機械が壊れてしまうんじゃないかな、さっき見たネットの情報でも、一シーベルトとかになるとかなりの熱を持っているらしく、それが原因でフィルターや機械が壊れてしまうというので、この汚染水の除去が予定しているのは低濃度汚染水ではないかと思う、



  つまり処理のしやすい汚染の少ないものをろ過して放射線を減らし、それを海に捨てるんじゃないかと、

  現状で見ると、汚染水をどこに置くのかという手段がなく、今月中には容器がいっぱいになってしまい、海に捨てるしかなくなる、



  その話と今回の汚染水のろ過の話は、時期的にどうもかぶっているような気がするのだが、

  今のところ技術的に見て、汚染水のろ過は殆ど出来ないと思うので、それを考えるとろ過のしやすいものを選んで、それを捨てるという計画なのではないかと思う、



  まあ政府の無策なんだけどね、国の借金と同じで切羽詰れば、何しても良いだろうみたいなことを考えて次善の策を打っていない、
 
  3ヶ月あったのに汚染水をどこに置いておくのかも決めていないのだから、多分雨か台風が来たときある程度汚染を取り除いたものを、配管だけ海につないでおいて「台風だから仕方ないじゃん」、とか言いながら海にジャンジャン流す計画にようにも見えるね、



  現状では汚染水の保管場所もなければ処理方法もない、あるのは低濃度の汚染水の除去方法であり、そしてそろそろ台風や梅雨がくる、

  それを総合的に考えると、海に流して誰かがやめるとかそんな話かじゃないかな、


  そういや菅のアホはまだ辞めないといっているし、こいつが辞める辺りでドサクサという線はあるだろう、


  まあなんにしろ福島原発の放射能汚染水の対策は存在しない、そしてタイムリミットはあと少しだ、ここで原子力村がヒステリーを起こせば、福島近海は濃厚なプルトニウムの海になるでしょう、



  次に、菅のやつが自然エネルギーだ送電の分離だといっているね、

  まあ頭でも打ったのか車にでも轢かれたのか、新しい世界に目覚めつつあるようで、なんだか気味が悪いのだが、



  プロパガンダ的に言えば、まあ分かりやすいプロパガンダだね、対立軸を作ってわかりやすいスローガンを立てて、うまい演出をするが実は何もしない、


  対立という構図で社会を疲弊させて、実は本来の道から遠回りになっていて、迷路に迷い込むという典型的な形、

  戦後のイデオロギー論と良く似た形態であるが、

  ただどうなのか?という気もしますね、



  まずマスコミは金がほしい連中だ、東京電力と菅直人、どっちが金持ちで将来性があるかといえば東京電力だ、

  もしくは東京電力が潰れても、他のところで補填してもらえるのだから、菅の意見を信じる必要はない、


  なので菅の意見はマスコミでは封殺されている、小泉政権とはやはり役者が違うということか、

  まあ騙すのが上手いか下手かなら下手なほうがいいのだけど、いったい何が狙いなのだろうかな、、



  しばらく考えたけど良く分からないな、まあ多少の延命にはなるだろうけど、根本的に詰んでる現状に変わりはない、

  だから何をしたところで変わらないし、菅のやつが言っているそういう方面の法案も、実は骨抜き法案で殆ど意味がないと聞くし、一体なにがしたいのか良く分からない、



  あるとすれば菅派と菅をイメージ的に分けて延命を図ることかな、


  前も書いたけど菅のやつは菅派の延命のために人身御供にされつつある、

  そこで問題になるのは福島原発等の問題が全部菅のところに来て、大きなイメージダウンを受けることで、


  もう既にイメージは限りなくゼロに近い菅のやつだが、自称市民派としてイメージ戦略だけで生きてきたやつとしては、やはりイメージというものを気にするのかね、


  だから原発の問題が全部自分のところに来るのではなく、自分は脱原発といっていたアリバイ作りとしてあれこれ言っているのだろうか、



  確かに原発問題は菅派の問題で、菅はその中の一人に過ぎない、どちらかというと枝何とかや岡田の間抜けのほうが、本質的な害は大きかったように思う、


  もちろん菅の害も大きいが、菅派全体の問題であるから、菅を切ったところで菅派を潰さない限りは責任を取ったとはいえない、



  それに対する怨みかね、相変わらす小さい人間であるが、現状で言えば菅のやつが脱原発といっても何の意味もない、

  またその拠り所にしている法律も、電力会社を優遇するようなものであって、電力の自由化からは程遠い代物である、



  それで脱原発といっている以上、それが本心ではなく悪名を自分にきせないための詭弁という意味があるのだろう、


  ただし菅派が悪である以上菅も悪である、こいつの今までの罪は万死に値する、言い訳は認められないというしかないでしょうね、



  後はコンピューター監視法が可決するとか聞いていますね、盗聴法に近いものらしいが、どうなんだろね、

  あまり詳しくはないのだけど、ネットであれこれすると情報をすべて吸い上げることができるらしい、



  例えば私がネット上で何かをした場合、メール等が私の関わりあっている人物すべてを、令状なく検閲できるものらしい、

  それで問題があれば逮捕が出来るようだ、これは問題だと思うのだが、



  いくつかいえるのは、まず令状なしで情報を根こそぎ持っていけること、個人情報が今はネット上に沢山あるから、それを政府がいくらでも取れてしまうこと、


  プライバシーの観点からも問題があるし、私の見る限り政府は今まで、その手の情報を使って人の人生を捻じ曲げるようなことを意図的に行っていることが多いので、


  例えばそういう情報を司法的ではなく、行政や企業へ情報の提供をして、非常に差別的な社会を作る可能性も高く、


  ネットの自由を奪って、情報操作を強化し、気に入らない人間は冤罪で逮捕する、そういう社会を目指している気はする、



  日本の国家制度には客観性というものが全くないので、今のようにネットに色々な情報が流れると、それをデータベースにして国民を脅したり、政府にとって問題のある人間を破滅に追いやったりと、そういう手法論として使ってくる可能性が高い、



  ただでさえインチキな日本政府が、ウルトラスーパーインチキ国家に成長するわけで、日本の中国化、北朝鮮化を目指すものなのだろう、


  まあ政治家は気づいていないだろうけど、官僚の判断はそこだろうね、北朝鮮のほうが官僚にとっては都合が良い、独裁国家は官僚天国であるから、やつらの狙いは必ずそこへ行く、


  だが法案が通ってしまうらしいからね、政治家や官僚は奴隷として北朝鮮に売って、彼らの天国に旅立ってもらうしかなさそうです、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR