07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

菅内ゲバ内閣とバケツの中の放射能、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、





    どうもこんにちは、



  最近は雨がすごいですね、もう雨を超越という感じですが、そうねぇ、激雨とか極雨とかそういう風に言うのかな、


  こういう場合は英語のほうが良いですね、ウルトラスーパー何とかといっておけばいいのだし、英語のいいところは極端な表現がしやすいところかもしれません、



  さてそれはいいのですが何か起きていますかね、、聞いたところでは菅と不快な仲間たちが暗躍しているようですね、


  菅のやつは自然エネルギーだと急にいい始めている、身の保身の延命のためのデマだろうが、薬害と同じ手でアピールが狙いかな、


  そして野田とか仙谷のクズグループも、菅を潰して人身御供、自分らは正当性を利権を保持しつつ何とか身の保身をしたいといっている、



  まあゴミの考えることはどっちも同じということで、菅派が権力を握ってそれを手放さないといけなくなったら、誰かを切ってそれを利用しようとする、


  完全に内ゲバですが、菅派の内部リンチが一方では自然エネルギー政策として現れ、もう一方では仙谷大連立の流れとして出ている、


  どっちも放射能みたいなもので、下手に被爆すると将来死亡したりする流れであるのだけど、

  いっそ国会に政治家処理施設でも作って、彼らの魂を浄化させたいものですが、高濃度の汚い汚泥とかが出そうなので、なんだかいやですね、



  次に、福島原発で汚染水を除去するシステムを作ったといっていますね、

  「どうせ失敗するんだろ?」、と多くの人々の期待の眼差しを受けつつ作業は進んでいるようですが、



  この件については何度も書いていますが、私がいいたいのは、高濃度の汚染水をフィルターで取ると、非常に強い放射性物質が出てしまう、


  今の段階でも1~2シーベルトくらいの汚染水の処理を考えているようだから、それがフィルターにかかると数百倍から、数千倍の濃度になる可能性がある、


  そうなってしまうと数百シーベルトから数千シーベルトの放射能がですから、それくらいになってしまうと人が接近しただけで死んでしまうような、そういうレベルになるので、


  だからそういう処理施設を作っても、全自動でないと作業はできないし、

  また何らかの事情で故障が起きたとしても、その作業も人間にはできない、


  つまり条件として全自動化と、作業や故障の対応をするロボットなり何なりが必要で、そこまでやらないとダメ、



  しかし現状だとそこまで考えているようには見えず、どうもメリットだけを考えて計画を立ててるように見える、


  例えば今やっているのは、汚染された水をろ過してそういう物質をとって、その水をまた原子炉に入れて水の循環を考えるといっているのだけど、


  そもそも原子炉に穴が開いている以上は、水の循環はできないはずだから、

  今いわれている方法は水棺システムと一体化したものであるわけで、水棺が出来なくなっている現状でやったところでどうなるのか、


  まあ流出している汚染水の除去にはなるかもしれないけど、そもそもの計画が汚染水をろ過して、その水を使った循環システムという、原子力村のお花畑計画であるから、その調合性はどうするのか、



  個人的に、汚染水の除去に特化していくというのならば、話が分からないでもないのだが全体の水の浄化システムとなると、このシステムが破損したり壊れたときに致命的な問題が起こる、


  システムは壊れることが前提であるから、壊れた時の被害の問題をどうするのか、ただの汚染水のろ過システムならば壊れてもそれほど大きい問題ではない、


  しかし水の循環とろ過を同時にやるとなると、殆ど不可能であるし、もし壊れたときのリスクも大きくなる、



  問題は全体の設計の問題だろうね、こうすれば上手く行く、こうすればいいのだという、原子力村の発想というかな、

  原発は安全だと思えば安全になるとでも言うような、どうもそういう考えが根本にあると思う、


  なんというか悲観的に考えていないんだよね、上手く行かないことを前提に考えていないから、結果的に問題だらけのことをしてしまう、


  ここら辺が官僚主義なのだろうね、書類上うまく行くように色々操作をした結果、現実的な意味がなくなったということなのだろう、



  この問題に関しては、私の見立てだと、今の福島原発は普通の冷却はもうできないので、水をある程度かけて出てきた汚染水を除去する、それしか手がないと思う、


  水の循環は欲張りすぎだろう、それは夢の見すぎじゃないのか?、

  そして、高濃度の放射能が出る以上は、設備等もよっぽど慎重にやらないといけないし、

  また、人間ができる作業じゃないから、メンテナンスや修理の体制も全自動やロボット操作でできるようにしないといけない、



  そこら辺を考えると、正直福島原発で作業をするよりは、汚染水を無人島にでも運んで処理をしたほうがいいと思うのだけどね、

  福島は地震の問題もあるから、正直そういうデリケートな作業には向いていない、



  だから、福島原発に関しては汚染水の処理に特化していって、その安全性をどんどん高めていくというのが正しいはずだけど、


  現状では、原発の復旧にこだわりすぎていて返って危険になっていると思う、

  正直今いわれている作業をすると、私は誰か死ぬんじゃないかという気がするのね、だってやっていることはバケツでウランを運んだあの事件と大差ないから、
 

  安全対策をしないまま高濃度の放射能が出る状態にあるわけだから、バケツでウランを運んでいた人は死んじゃったけど、今回の汚染水の処理施設も同じクラスの事が起こるにおいを感じるな、、



  まあともかく、日本はダメ金太郎飴でどこを切ってもダメですから、この汚染水処理もだめになりそうだけど、

  どうして日本は物事を否定的に見たり、問題を指摘するという考えがないのだろうか、

  そしてそれでいながら原発を運転して、事故が起これば安全対策もおざなりで、放射能が濃縮するような処理をする、


  発想がバケツでウランなんですよね、何か根本が間違っているのだけど、間違いすぎていてよく分からないのが日本の欠点のような気がします、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR