06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

この国には中身がない、

    どうもこんにちは


  いやー正月ですね、といいつつ、最近はテレビも新聞もあまり見ないので、あまり実感がないのですけど、冷静に考えると、マスコミが騒いでいる以外の正月の文化って、もうあまりないんですね、いつのまにかこの国もずいぶん変わってしまったものです。 さてそれはいいとして、今日はこの国は中身がない、ということでも、何となく多くの方が日本に対して、漠然とそういう感じを感じているような、そんな気がします、実はこの国は中身が空っぽなのではないか?、どことなく人々は疑い始めているように思います。


  何故中身がないのか?、何となくですが、小泉というアメリカの操り人形をみても分かるように、この国はアメリカの属国、もしくは植民地政策のようになっているのではないかなと思います。 例えばここ十年か二十年くらいの間、実質は日本の政治はアメリカの内政干渉によって大きく揺さぶられていたように思います。 

  、、と書きつつ実は、最初は小泉政権による日本の空洞化について書こうと思っていたのですけど、最近読んだ本で、「拒否できない日本、関岡秀之著、文芸春秋新書」 という本があったのですが、それを読んでみると、どうも小泉という人間はアメリカのエージェントのような人物にすぎず、根本はアメリカで、小泉という人物も多分米国に指示で動いているだけのように感じたのです。


  何故そう感じたかというと、アメリカのやり方は、一見正しい形を提供しつつ、その構造を操る方法を握って、実質的に支配をする、そういうやり方なのですね、その点、小泉政権のやり方もおなじで、一見正しいように見せて違う形を作る、後から見ると明らかにおかしい、または、人を騙すのは当然であり良い事であり、騙された方が悪である、というアングロサクソン的考え方に基づいている。 はっきりいうが小泉氏の考え方は日本人的ではなく、アングロサクソン的であり、小泉氏は日本人であるがゆえ、この人は何も考えず何もしていない可能性が高く、そして米国によって完全にコントロールされている可能性が高い。


  拒否できない日本という本に書かれている内容から察するに、アメリカのやる方法と、小泉政権のやる方法はほぼ同一といってよく、それは、政策的一致以上に、それを国民に対して具体的にどうするかという点でも同じなことを考えると、国民に対してどう接すればいいかも、アメリカの指示がある可能性を感じます、つまり、小泉政権自体がアメリカの傀儡政権であるように私には見えます。 あまりに一致しすぎているのですね、これはかなり細かい点まで、アメリカの指示で小泉政権が動いていると考えるしかないように思います。


  そしてこのまま続けていけば、むかし韓非子という人物が行ったように、外国の権限で動いている人物がその国の中心にいると、その国は滅ぶということになるように感じます、まあ、実際の韓非子の文章とは違いますが、意味的にはそういう意味で、結局外国の考え、外国の利権をもとにし、それを進めたとして、それはその国の考え方、その国の実情に合ったものではなく、無意味なものです、それを繰り返していけば行くほど、その国に住んでいる人々には意味のない政府になるのではないでしょうか?。 日本で言えば日本政府は日本国民にとって意味がなく、米国にとってのみ意味がある、つまりは米国による日本の植民地時代、そういう時代が来る可能性があるようにも感じます、この国の中身のなさ空洞化は、この国の内部が米国政府の物に変わりつつある、その現象なのかも知れませんね。



//

  どうもややこしい文章の書き方をしていますが、言っている事は日本のアメリカ化、そしてアメリカ化した日本に未来はあるかという内容のようです、

  確かに最近のTPPなどを見ても、日本のアメリカ支配は強く、特に政治分野に対するアメリカの支配意欲は強いようですが、

  アメリカのやり方というのは何度か書いた覚えがありますけどある種の宗教なんですね、アメリカは正しい、アメリカはいいのだという形を見せて、そういう形を押し付けつつ実はトロイの木馬のように内部支配をする構造を作っておくので、アメリカ的システムを作り出すといつのまにやら全てを奪われてしまう、

  パソコンでいうウイルスソフトとかスパイウェアみたいなもので、一見正しいものでクリックをしたくなるような形を持っていて、クリックすると終わってしまうような、そういうところがアメリカのやり方にはあるように思います、

  それに引っかかって、日本中スパイとウイルスまみれになっていますが、ここまで来ると修復できるのかどうかと思ってしまいます、


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR