01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

今日はメルトダウン記念日と福島原発の問題性、

    どうもこんにちは、



  今日はどうしようかと思ったのですが、まあちょっと書いてみますかね、


  それで最近は何か起きていますかね、、聞いたところでは福島原発の1~3号炉がメルトダウンをしていたといい始めているが、あれ、そうじゃないのか?、


  そもそもメルトダウンというのは、燃料棒が溶けることでしょ?、燃料棒はもう溶けているじゃない?、よく分からないな、、



  再臨界=メルトダウンという定義なのかも知れないけど、再臨界というのはまた燃料棒が反応し始めて、どんどん熱を持ってくることなのだけど、

  確かに再臨界はそれほどはしていないようだから、再臨界をあまりしていないからメルトダウンではないといっていたのかな、



  今回の場合は、チェルノブイリのときとは違って再臨界による燃料棒の破損ではなく、燃料棒の余熱によって燃料棒を包んでいるジルコニウムの被膜が破れ、それによって中にあった燃料棒が粉々になったような、そんな感じのものなので、


  チェルノブイリのように、再臨界してドカーンと爆発して、それをメルトダウンというのとは確かにイメージは違うけど、

  そもそもメルトダウンというのは、その名の通りメルト(=溶けて)ダウン(=落ちる)という意味だろうから、燃料棒が粉々になればメルトダウンだろう、



  再臨界は事故直後に多少は起きていたようだけど、その後は起きていないようだから、今回の場合は燃料棒の余熱によって燃料棒が溶けて、どろどろになって容器のそこにたまった状態であるので、


  そういう意味でいえば軽水炉タイプのメルトダウンは起きているわけだから、誰がどう考えてもメルトダウンでしょう、

  燃料棒というのは、聞いた所によると人間の指の関節ひとつ分くらいの容器に、濃縮ウランが入っていてそれをジルコニウムの長い筒に入れているものらしいから、

  熱や熱による水との反応でジルコニウムが融けてしまえば、中の燃料の小さい塊は落ちてしまうし、そういう塊は数千度の熱を持っていて、そういう熱を発し続けるから容器のそこにたまっていって、すごい熱が出る、


  そしてその熱によって底が抜けて外に出てしまうわけだけど、



  メルトダウンというのは燃料棒が本来の容器から外に出ることであって、そこでどろどろに融けた塊の状態になることを言うわけだから、


  最初からメルトダウンだろう、そうじゃなければこんな放射能が出るわけないじゃん、

  そしてメルトダウンによってどうなるかだが、私が今回のことで疑問に思うのは、メルトダウンした燃料が原子炉から完全に出てしまっていることで、


  昨日いっていたが、1号炉では建物の中に2000ミリシーベルトの線量の場所があり、どうやらそこにはメルトダウンした核燃料があるらしい、

  
  私の知っている話だと、燃料棒が融けたとしてもチャイナシンドロームというかな、そういう燃料棒の入っている入れ物を突き破って、その下の大きな入れ物がこれがコンクリート製で、非常に分厚いからここで止まるといっていたはずなのに、なぜそんな全然関係ないところに燃料棒があるんだという疑問があります、



  配管を通ってといっているけど、それも妙だな、

  確か福島原発では、水素爆発は起きていたが、それは原子炉内ではなく、その上の建物だけで起きたのであり、原子炉内への被害はないといっていた、


  しかし、その1号炉の現状を見ると、原子炉内で爆発が起きて、メルトダウンした核燃料が配管を伝わって、発電所内に飛び散っているようにしか見えないのだけど、


  そう考えると、恐ろしい考えだが燃料棒が発電所内に飛び散っていて、原子炉内には殆どない可能性があるのだが、ここら辺のことは大丈夫なのか?、



  大体からして、私が一番おかしいと思うのは、一番問題がなく、水位も安定し、燃料棒の入っている容器も、その容器が入っている大きな入れ物の損傷もないと言われていた1号炉で、

  何で水が殆どなく、両方の容器がこわてていて、燃料棒が施設内に飛び散っているのか?、



  また嘘をつきましたか東電さん、地獄への階段がまた一歩近づきましたね、

  さらにいえば、2~3号炉でも水位系の設定がおかしくて、高い水位が出ていただけといっているし、原子炉に水が入っているというのは、最初から最後まで嘘だった可能性がある、


  もっと言えば、水位系が狂っている以上温度計や圧力系が狂っている可能性も高いだろう、そして意図的に改ざんしている可能性も十分ある、



  いやーなんというか、正直こいつら何がやりたいんだという感じですが、もしかして福島原発って最初から最近まで何もしていなくて、これからも何もする気はないけど騙す気は満々とか、そんな感じのようにしか見えないんだけどなあ、


  これどうするんだろうね、、なんか頭痛の種が一テラほど増えた気分ですが、どこを直せばいいのか分かりません、ある意味日本は福島原発と同じです、




  次に、何を書きますかね、では今回の原発の問題について書いてみますか、

  今回の福島原発は、私の見たところチェルノブイリとスリーマイルのいいところと、悪いところが合わさっているように見えます、


  例えばチェルノブイリは多くの放射能が出て、大きな被爆が起きましたが、
  
  あれは爆発が起きたので、中の放射能が殆ど出てしまいましたから、ある意味において簡単だったのですね、

  何故かといえば原発には殆ど放射性物質が残っていなかったので、作業自体はやりやすかったからです、



  それに対し、スリーマイル事故では、あれは軽水炉タイプであったので、チェルノブイリのような爆発は起きませんでしたが、それが逆に問題を生んでいた、

  どういうことかというと放射性物質が残ってしまったので、対処ができなかったのですね、

  しかも軽水炉だから水の問題があって、十年以上たってやっと対策ができたらしい、



  その事と福島原発のことをあわせて考えてみると、

  福島原発では、チェルノブイリのような爆発は起きていないので、放射性物質はまだ多くが原発内にある、

  つまりチェルノブイリのように、近づいて対処をするというのが難しい、スリーマイルのように長時間かけて安定化するまでは、近づくことができないだろう、



  ただし逆にいえば、チェルノブイリのような爆発は起きていないので、急激で致命的な問題まで入っていない、福島はもうだめだろうがそこよりはなれたところならば、チェルノブイリほどのダメージではないと思う、



  そしてこれからが軽水炉の問題が出てきて、軽水炉というのはチェルノブイリのような爆発は起きづらくなっている、

  ただし爆発が起きない分、放射性物質が残りやすく、原子炉そのものに対する対策ができない欠点がある、

  また水を使っているため、常に水の問題が発生する、  



  トータルで見ると、福島原発は爆発をしなかったので、短期被害は近場でなければ起きない、

  ただし爆発をしなかったので、原発内の放射性物質が大量に残っているため、内部に入って対処をするというのが難しい、

  そして水を使っているので、水の問題が常に起こる、



  だからチェルノブイリのように短期決戦は多分無理で、スリーマイルのような長期戦を考えないといけない、


  そして水の問題がその長期的問題の引き金みたいなものになって、

  福島原発は、水で冷やさないといけないが、水で冷やすと二つの問題が出てくる、


  一つが原子炉に穴が開いているので、それが水や地面に染み渡ってしまうこと、

  そしてもう一つが、穴が開いているので冷却ができず、唯一の冷却方が気化熱による冷却だけなので、そうなると放射能を含んだ水蒸気が出ることになる、



  これがもしかすると数年続く、放射線に汚染された水が、海や周囲の地面を浸食し、

  そして放射能を含んだ水蒸気が出続けることになる、


  その一つ一つは小さな数値になるかもしれないが、放射能は基本的には減らないので、それがどんどんたまっていくと大きな問題になる、


  例えば東京で一日に100ベクレルくらいの放射能が降っても、そんな極端な量ではないが、

  それが一年降り続けば、36500ベクレルになる、5年降れば182500ベクレル、つまりは、20万ベクレルくらいになる、


  まあ半減期とかあるけど、放射能はまだらに出るから、平均してこうであるというのならば濃いところはもっとひどくなる、



  それが大きな問題じゃないかと思うね、福島原発はチェルノブイリとスリーマイルの中間、

  チェルノブイリのような急なものではないけど、スリーマイルのように長期的なものであるので、低いレベルの被爆が長期的に進み、それによる累積の問題が大きくなる可能性が高い、



  感覚的には劣化ウラン弾に近いね、あれが段々と増えていく感じ、

  だから政府の対応としては、できる限りきめ細かやかに、そしてそこら辺にたまっていく放射能の問題を考えないといけない、


  感じとしては火山灰の除去に近いかな、桜島が福島にできた感じかな、ああいう風に除去の対策と体制を作る必要がある、


  しかし政府にはその気は全くないので、場合によっては日本政府を一回潰さないといけない状況に、なっているような気がしますね、



  (タイトル遊び過ぎててすいません、なんかネタが思いつかなかったので、しかしこんな記念日は来てほしくなかったな、、)




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR