06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

ビンラディン氏の殺害と放射能の被爆、

    どうもこんにちは、



  最近は寒いのか暑いのかよく分かりませんが、今日は暖かいですね、



  さてそれで何か起きていますかね、、ふむ、聞いたところではビンラディン氏が殺されたようだね、突発的だったから奇妙な感じするが、政治的力学の問題であろうね、



  善悪はなかろう、都合と利害と時間軸による変化、昔の都合と今の都合、調合性のずれが何かを生んでいるようには見える、


  つまりはビンラディン氏が要らなくなったので、アメリカが干したというのが実態だろう、本質的にはアイドルの引退と一緒で、ショービジネスにならないので引退を強要したと見るべきだろうか、



  彼のようなアメリカよりのエージェントの引退=死ですけど、情報の出来の良さ、情報の収集のよさからして、予め工程表でもあってあたりをつけて殺したようには見える、


  本当はカダフィ大佐の方を殺そうとしていたように見えるが、それが失敗したので代わりという事だろうか、死体の代役とは彼も運がない、



  ビンラディン氏に関しては、アメリカとの結びつきからして、アメリカ政府のスパイか二重スパイか、そういう可能性の高い人物であるから、

  今回手際よく、都合よく殺せたのもそういう利害関係があったからであろうし、イラクのフセイン氏と同じように、アメリカの都合の代役者という人物であったのだろう、



  アメリカが殺した理由は、演出効果の期限切れと、潰したときの利益と残したときの利益を天秤にかけ、潰したほうが得になったことを見越してのことだろうが、

  もしカダフィ大佐を殺せていれば、ビンラディン氏はまだ生きていたかもしれない、



  まあ遅かれ早かれですがね、ともかくアメリカとしては在庫一掃セールをして、負債を減らそうとして入るようだが、その手口が暗殺というのが気になる、


  まるでテロリストのようなことをアメリカはしているわけで、アメリカにとってはそういう方法論は得であるだろうが、特定の人物の抹殺は社会や政治的なゆがみを生み、最終的には大きな波になることがある、



  権力者にとっては個人は点であるが、社会にとってはその点がレースのひと編みのようなものであり、そこを引きちぎったり引っ張ったりすれば、全体の構図が変わり全体の意味も変わる、


  大きな争いは小さな争いから生まれる、特定の個人を叩く権力者の都合が、権力そのものを叩く社会運動になることは多い、

  ビンラディン氏に共感する人は少ないだろうが、今回の暗殺のような手口は、見た目以上に社会影響が強く、繰り返すと世の中が目茶苦茶になる、


  それをアメリカの馬鹿が理解できるかどうかだが、まあ無理ですね、




  次に、よく書いている放射能の話でも書いてみましょうか、

  放射能に関してはあれこれ調べているのですが、最近はやっと情報が出てきたり、今まで賛成派であったインチキ学者が、俺の言っていたことは実は間違いだった、けど俺は悪くないといいはじめ、夜逃げの準備に余念がないようですが、


  まあそういう、もうだめだ情報を流しつつ隠蔽して、俺は逃げようという、盗人猛々しい原子力行政のあり方が露見し、そろそろ国民は後ろから銃で撃たないといけなくなっているようですけど、



  そういう犯罪者の根城であった福島原発ですが、分かったことというと、、


  まず、放射能の発生量が思った以上に多かったらしい、

  例えば福島原発の付近では10シーベルト以上の放射能が出ており、例えば今福島原発の近くの村で被爆が20ミリを超えるからといって、疎開させようとしているけどもうすでにその辺りでは、100ミリ以上の被爆が起きているようだ、



  これは前もいったけど、今の被爆線量の累積というのは、原子炉の爆発時の非常に強い数値を勘定しておらず、それを除外した数値なので実はもっと高い、


  それが最近公開されて、福島原発付近では10シーベルト、これは原子炉の「付近」なのではなくて近くの町を含んだくらいの範囲が、それぐらいの被爆になっていたようだ、



  それがかなり遠くまで行っていて、政府の無策があらわになり、菅のアホ一行は原子炉に放り込む以外手がなくなったわけだが、

  ほんとね、原子力というのは初動が大事で、今だったらその辺りも年で数十ミリシーベルトだけど、
  
  爆発時はほんの数日で、数百から数千ミリシーベルトの被爆をしてしまうのだから、さっさと逃げれは良いのに菅のアホは逃がさなかった、



  これで小沢氏が首相だったら逃がしていただろうに、政治は権力であるし権力抗争はあるかもしれないが、それでやっていい事と悪いことがあると思うのだけどね、


  それが分からないのならば菅のアホに分からせるしかない、どっちにしろ福島原発の問題は菅のアホには対処は出来ない、こいつの首は切るしかないだろう、




  後は、もうちょっと放射能について書くと、放射能というと今は内部被爆の問題が大きくて、まあ食べ物とか飲み物とかによる被爆が重要になりますが、


  ではどのくらいの被爆までが大丈夫かというと、大体キロあたリ10~20ベクレルまでのようです、



  政府の基準は目茶苦茶で、2000ベクレルとか数百ベクレルとか言っていますが、実際は10~20ベクレルまでしかだめなので、それ以上が出ているものは食べないほうが良いようだ、


  しかしも測定がでたらめで、安全だといわれているものの半分くらいを実は測定していないらしく、安全性の確保は全くできていない、


  だから現状では、安全といわれているものの多くが、測定自体をしていない場合が多く、そしてその安全という基準もゆるすぎるので、その基準を通ったとしても安全にはならない、



  つまり、安全といえる食品は日本にはない状態であり、食品の安全性を確保することは殆ど無理な状態にある、  


  そして、海産物も段々汚染されてきているので、大きな魚であっても汚染されてきているので、食べれるところがない、



  これも政治や人災、そして菅の馬鹿が原因なのだけど、

  まず安全だという基準を作って、それを守るための制度やシステムを作り、安全性を上げていく必要性があるのだが、

  それが全くやっていないので、今いわれている安全基準も別に安全でもなんでもない基準なので、その基準以内であっても安全ではなく、

  しかもその多くは全く調査や検査もしていないので、安全だといわれているものが検査されたものである可能性は、それほど高くはない、



  となると風評で判断するしかないね、福島付近や一度でも高い数値が出たところはアウトというしかないが、

  風評、風評と政府は言うが、現状でいえば風評が一番的をついていることが多いので、

  しばらくは政府やマスコミのいうことを無視して、自分や周りのひとの考えやネットの情報を元にして、判断するしかないようです、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR